仮想通貨の基本的な知識

仮装通貨の仕組み

仮想通貨の基本的な知識

仮想通貨とはいったい何だろう?と調べる人の中には「仮想通貨に興味を持ち、実際に取引するために調べる」という人と、「必要に迫られて仮想通貨を調べなければいけない」という人がいると思います。

必要に迫られて・・・という人の中にはきっと、専門用語が出てくると読む気を失ってしまう人もいるのではないでしょうか。

今回は「必要に迫られて仮想通貨を調べなければならない」という人に、出来るだけ専門用語を使わずに、簡素に仮想通貨を説明します。

法定通貨と仮想通貨の違いや、電子マネーと仮想通貨の違い、そして仮想通貨は何に使えるのかを見ていきましょう。

仮想通貨ってなに?

仮装通貨って何?

インターネットで仮想通貨を調べると、名称として「仮想通貨」と「暗号通貨」が出てきますが、ここでは、金融庁が発表した資料に記載されている「仮想通貨」という名称を使用します。参考資料:「仮想通貨」にかかる消費税に関する整理(金融庁)

仮想通貨とは電子的(コンピュータ上)に作られ、インターネット上でやり取りされる、仮想的なお金です。

仮想的なお金とは、実際にコインやお札のように手で触れることが出来るお金ではなく、インターネットに接続されたパソコンやスマートフォンなどから見ることしか出来ないお金という存在です。

実際に触ることはできません。所持する仮想通貨を確認する方法は、パソコンあるいはスマートフォンを経由したインターネットに書いてある数字のみなのです。

※パソコンなどにウォレットと呼ばれるソフトをインストールすることで、インターネットに繋がれていないパソコンやスマートフォンでも確認できる通貨もあります。

法定通貨と仮想通貨の違い

法定通貨と仮装通貨

法定通貨は、普段皆さんが使っている100円玉や500円玉、1000円札や10000円札のことです。

これらは国や日本銀行が必要に応じて発行している通貨で、実際に手で触れて、買い物や送金に使うことができ、持っているという実感がある通貨です。

仮想通貨は、上に書いたように実際に触れることのできないバーチャル(仮想)な通貨なので、手で触れることができません。

パソコンやスマートフォンを通した数字を見て、持っていることを確認しなければなりません。

電子マネーと仮想通貨の違い

仮装通貨と電子通貨の違い

仮想通貨はパソコンやスマートフォンを通して数字で確認するものだと説明しましたが、Suicaやnanacoなどの電子マネーも同じような印象を受けるかもしれません。

しかし、Suicaやnanacoなどの電子マネーとも違いがあります。

電子マネーは法定通貨(円)でチャージをして使います。ですので電子マネーは法定通貨(円)の代替通貨です。

そして、Suicaやnanacoは法定通貨(円)のみでしかチャージができません。

また、電子マネーを使用する場合は、基本的にSuicaカードなどの手で触れられる”物”を所持することがほとんどです。
(現在はiPhoneなどのスマートフォンでも管理・使用できます)

仮想通貨は、インターネット上に存在する仮想通貨の取引所や販売所で買うことができますが、買うことが出来る通貨は法定通貨(円)だけではありません。

仮想通貨の一種であるビットコインやイーサリアムなど、仮想通貨同士でも売買が可能です。

仮想通貨の種類

仮装通貨の種類

現在、仮想通貨といえばビットコインが有名ですが、実は仮想通貨には色々な種類があります。

現実の法定通貨でいうと、円・ドル・ユーロなどの種類が存在するのと同じ感覚です。
有名な仮想通貨の種類をいくつか紹介します。

 

ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
リップル(XRP)
ネム(XEM)
モナーコイン(MONA)

聞いたことがある仮想通貨もあるかもしれません。

因みに、モナーコインは日本初の仮想通貨で、有名な巨大掲示板「2ちゃんねる」のソフトウェア板の人が開発したものです。

このように、一口に仮想通貨といってもビットコインを筆頭に、現在1000種類以上存在するのです。

仮想通貨は何に使えるの?

仮装通貨の購入方法

仮想通貨には1000種類以上あるということですが、実際に活発に取引されているものは数十種類です。

その中でも、実生活で使える仮想通貨は今のところビットコインがメインとなっています。

例えば日本国内では、ビックカメラやメガネスーパー、コジマやソフマップなどがビットコインでの決済を行っています。

それ以外にも、ネットショップではビットコイン決済可能なお店がどんどん増えている印象がありますね。

ただ、仮想通貨は現在、決算というよりは投機目的で取引されているのが現状です。

毎日、何かしらの仮想通貨が暴騰暴落を繰り返しています。

それに乗じて投機することにより、莫大な利益を手にしている人もいますし、もちろんその裏では莫大な損失を負っている人がいるのも事実です。

仮想通貨の買い方

仮装通貨の価格変動

それでは実際に仮想通貨を買う場合、どのようにすればよいのでしょうか。

一般的な方法としては、日本の仮想通貨取引所・販売所に登録をして、そこを通して仮想通貨を買うことが出来ます。

手順を簡単に説明すると、以下のようになります。

1.取引所に口座開設
2.取引所のアカウントへ法定通貨(円)を入金
3.取引所内の仮想通貨を購入

国内では「ビットフライヤー」「コインチェック」「ザイフ」などの取引所が有名です。

仮想通貨は一日でレートが大きく変動します。ですので、仮想通貨を購入する際は、購入する銘柄の情報を十分に調べて、無理のない範囲で購入することをお勧めします。

一度にたくさんのお金を投機しすぎると、数時間あるいは数分で損をすることも少なくありませんので注意が必要です。

まとめ

仮装通貨の口座開設

現在の仮想通貨はまだまだ生まれたばかりです。

以前、ビットコイン取引所がサイバー攻撃によって、莫大な被害を出したことも記憶に新しいと思います。

沢山の種類がある仮想通貨の中には、詐欺のために作られた仮想通貨も存在します。ですので、仮想通貨と聞いて懐疑的な印象を持つ人も少なくありません。

しかし、インターネットが普及し始めた時も、インターネットに悪い印象を持っていた人が多かったもの事実です。

今はインターネット無しでは、生活が成り立たないというくらい当たり前の存在になっていますよね。

それと同じように、仮想通貨は今後当たり前のように使われる「通貨」となるのではないでしょうか。もちろん、このまま衰退していく可能性だってあります(あまり考えられませんが・・・)。

仮想通貨を決済に使うにしても、投機目的で取引をするにしても、目的の仮想通貨について自分自身で深く調べて、無理な投機にならないようくれぐれも注意しましょう。

仮想通貨取引所・オススメランキング

ランキング1位を狙っています。記事が役に立ったら応援お願いします!


にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

ビット先生

ビット先生
~1日1回、上記2つにポチっと応援を頼むぞぃ。皆の力が必要じゃ。

LINE@にて、ビット先生からの非公開情報や最新情報を受け取る!

  • ビット先生が仮想通貨開始から4ヶ月で3,000万円以上稼いだ銘柄選定方法
  • ブログでは公開していない通貨・ICO情報
  • 仮想通貨の最新ニュース
  • オススメの取引所
  • その他、仮想通貨に関する情報を配信
友だち追加
【公式】仮想通貨取引所

仮想通貨は、市場規模が70兆円を超え、非常に注目されている市場です。

FXの市場が500兆円、株式市場が6,500兆円ということを考えると、ここから数年で10倍、20倍と拡大を続けることが予想されます。

まだ仮想通貨を始めていない方は、先ずは口座開設から始めてください。

全て無料で作成できますのでご安心ください。

【日本国内の取引所】

【海外の取引所】

仮想通貨取引所・徹底比較ランキング

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

POW・POS・PoI・PoCの違い

POW・POS・PoI・PoCの違い

LODE(ロード)のICO参加方法

仮想通貨の購入:取引所と販売所の違い

挨拶

Bitcoin(ビットコイン)をこれから始める皆様にご挨拶

仮想通貨救済!復旧・復活させる方法!(XRP・LTC・ADA・BCH・その他)

話題のアービトラージの基本情報・やり方・リスクを理解

【初心者向け】仮想通貨の始め方 ~まとめ~