COMSAと仮想通貨の違い(ICO・トークン?)

COMSAって何!?

仮想通貨の情報の中に、COMSA(コムサ)というものが頻繁に出てくると思います。

にゃんこ

にゃんこ
COMSAって名前だけ聞いたことがあるけど何なのかにゃ?最近話題になってるっぽいよね。
ビット先生

ビット先生
仮想通貨をしている人ならCOMSAは理解しておいた方が良いぞ。なんたって、100億円の資金調達に成功したICOだから。初心者の方でも理解できるようにわかりやすく紹介していくぞい。
COMSAの購入

これって何だろう?と思って調べても、専門用語が多すぎて、説明を読むのを断念してしまう人は少なくありません。

 

なぜ読む気を無くしてしまうのかというと、COMSAについては、仮想通貨の他に、株式に似た(あくまでも株式とは別物です)概念が出てくるからではないでしょうか。

トークン」という言葉も出てきますが、仮想通貨を調べる上では何度か目にした人も少なくないでしょう。

そして「ICO(アイ・シー・オー)」などの、見知らぬ単語も飛び出してくると思います。

今回、そもそも「COMSA(コムサ)」とは何なのか、そして「ICO(アイ・シー・オー)」とは何なのか、また「トークン」は仮想通貨度どう違うのかを簡単に、できるだけわかりやすく説明したいと思います。

また、COMSAの買い方についても説明していますので参考にしてみてください。

最後に、COMSAには、ちょっとした騒動(本当は、私自身も巻き込まれた大騒動)がありましたので、こちらも簡単に経緯を載せています。

 

少し長くなりますが、興味のある部分を重点的に読んでいただければと思います。

※出来る限り簡素に書いているため、ある程度調べられている人が読めば、ツッコミどころ満載かもしれませんが、噛み砕いて、出来得る限り専門用語を使わずに書いているため、その点ご了承ください。

COMSA(コムサ)ってなに?

COMSAとは

まずは「COMSA」についてです。

ビット先生

ビット先生
さて、本題だぞい。先ずは、COMSAの基礎について理解してみましょう。

COMSAは「コムサ」と読む人と「コンサ」と読んでいる人がいますが、ここでは主流の「コムサ」と呼びます。(記述ではCOMSAと書きますので、頭の中では「コムサ」と読んでください)

株をやっている人には理解しやすい概念なのですが、株を知らないとなかなか理解し難い内容ですよね。

COMSAが何かと言うと、「企業が仮想通貨で資金集めをする場所(プラットフォーム)」であり、資金調達したい企業に対し、私たちが「仮想通貨で企業に投資する場所(プラットフォーム)」です。

株の場合は、証券取引所の市場に上場して(厳しい審査があります)、上場された(厳しい審査を通過した)株を私たちが証券取引所を使って投資をします。

ですので、COMSAは株の世界で言う証券取引所のような役割を果たします。

COMSAの購入は、Zaif公式サイトのみ

なぜCOMSAができたの?

これまで、企業が仮想通貨で資金調達(ICO)をしようとすれば、審査なんてものはなく、お金が欲しいと思った企業は好き勝手にお金集めが出来ました。

※ICO(アイ・シー・オー)については後述します。

好き勝手に、仮想通貨で資金調達ができると何が起こるのか。

そう、詐欺が横行したのです。これで騙される人も少なくありませんでした。(現状でも、詐欺は存在しますので注意が必要です)

また、仮想通貨で資金調達(ICO)したい場合、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨で投資してもらうことになりますよね。

ですので、仮想通貨を受け取るための仕組みとして、資金調達したい企業も「企業独自の仮想通貨(トークン)」を発行する必要があります。

※トークンについても後述します。

仮想通貨と交換する電子的な株券みたいなもの(トークン)が必要なのです。

独自の仮想通貨(トークン)を作るというのは、仕組みを理解したり、それを作るためのコストがかかったりと、企業には負担がありハードルの高いものとなりますよね。

そこで登場したのが「COMSA」です。

COMSAは、この詐欺が横行する仮想通貨投資を、株の世界のように厳しい審査を用意し、詐欺の無い健全な世界に変えると共に、仮想通貨で資金調達(ICO)をする際の企業のハードル負担を軽減するために立ち上がった、日本発で日本初の「仮想通貨で資金調達をする場所(プラットフォーム)」なのです。

にゃんこ

にゃんこ
COMSAって、仮想通貨のインフラを担っているってことだにゃ。仮想通貨って怪しい・詐欺みないたイメージがあるけど、COMSAがその怪しいイメージを払拭してくれるんだにゃ。

ICOってなに?

先ほども少し出てきた「ICO(アイ・シー・オー)」ですが、これは「仮想通貨で資金調達をするために取引所に新規上場する」ということです。

株の世界にはIPOというものがあります。このIPOと簡単に比較するとこうなります。

IPO:「お金(法定通貨)で資金調達」するために、証券会社に株を新規上場する

ICO:「仮想通貨で資金調達」するために、COMSAに新規上場する

企業はこのICOをすることで、仮想通貨で資金を調達し、その仮想通貨をお金(法定通貨)に換金し、事業資金として運営をします。

※先にも書きましたが、世界中にICOは存在します。しかし現在、残念な事に詐欺である可能性が否定できません。COMSAがこれら詐欺を一掃してくれることを期待しましょう!

トークンってなに?

仮想通貨として取引されているものには「ビットコイン」と「アルトコイン」そして「トークン」と呼ばれるものがあります。

トークンとは一言で言うと「誰でも独自に発行できるコイン」です。

これだけ聞くと「へー、そうなんだ」という感想だけで終わってしまいそうなので、もう少し具体的に、「ビットコイン」「アルトコイン」「トークン」を簡単に分類して説明します。

まず、「ビットコイン」は仮想通貨の代表格であり、実際に”通貨”として現実世界で決算に使えます。例えばビックカメラやメガネスーパーなどでお買い物が出来ちゃいますね。

「アルトコイン」はビットコイン以外の仮想通貨のことを指します。いわば「ビットコインの代わりになるコイン」です。これらは、取引所でビットコインを買うことが出来ます。しかし現実世界でのお買い物はできません。

「トークン」は主に、仮想通貨で資金調達したい人たちが「勝手に作ることのできるコイン」です。これらは、取引所でもビットコインやアルトコインを買うことは出来ません。もちろん、現実世界でのお買い物は出来ません。

また、仮想通貨は「通貨(カレンシータイプ)」と「資産(アセットタイプ)」に分けることが出来ます。

「通貨(カレンシータイプ)」というのは、強力なコンピュータと電気代さえ使うことが出来れば誰でも採掘(マイニングといいます)ができます。

石炭や石油を採掘するようなイメージです。

そして、石炭や石油の資源に限界があるように、採掘できるコインの枚数も決まっています。

枚数が決まっているということは、採掘が終わり(発行上限に達し)、もう自分で採掘できない状態になると、貴重なコインになる(希少価値が上がり)値段もどんどん上がる可能性があるということです。

これが「ビットコイン」や「イーサリアム」です。

「資産(アセットタイプ)」というのは、勝手に採掘が出来ないコインで、すべて管理者が独自に作り出します。

ですので、極端に言えば管理者の意思でどれだけでも作り出すことができるのです。

管理者が少なく発行すれば希少価値が上がり値段も上がりますが、たくさん発行すれば希少価値が下がり値段も下がるということです。

ただし、管理者も価値が無くなるのは嫌なので、適当にどんどん発行するということはあまり考えられません。

※市場価値を調整するために増やすことはあり得ます。

これが、「トークン」です。

また、アルトコインの「リップル」もこのタイプに分類されます。

COMSAとCOMSAトークンの違いってなに?

COMSAを理解する

それでは、「COMSA」と「COMSAトークン」の違いとは何でしょうか。

にゃんこ

にゃんこ
COMSAについては理解したけど、ここでトークンという専門用語が登場だにゃ。COMSAトークンについてもわかりやすく教えて欲しいにゃ。

これまで書いてきた通り、COMSAは「仮想通貨で資金調達をする場所(プラットフォーム)」です。

このCOMSAでのICO第一弾として売り出されたのが「COMSAトークン」なのです。

要するに、COMSAという「仮想通貨で資金調達をする場所(プラットフォーム)」が、COMSA自身をICO案件として「COMSAトークン」を売り出したのですね。

ですので、COMSAは場所、COMSAトークンはICO案件なのです。

なんだかややこしいですよね・・・。

それでは、この「COMSAトークン」は何の役に立つのでしょうか。

COMSAトークンって何に使えるの?

COMSAトークンとは

COMSAトークンでは、今後COMSA上で取り扱うICO案件を購入することが出来ます。

通常、COMSA上のICO案件を購入する場合、下のような4つの仮想通貨でしか購入できません。

  1. ビットコイン
  2. イーサリアム
  3. NEM(XEM)
  4. Zaifトークン

しかし、COMSAトークンでICO案件を購入すれば、5%のボーナスが貰えるという特典があります。

ビット先生

ビット先生
COMSAトークンってめっちゃお得だぞい。購入したくなってきた。

他の仮想通貨でICO案件のトークンを購入するよりも”お得”ということですね!

COMSAトークンってどうやって買うの?

COMSAトークンの購入方法

「COMSAトークン」を購入するには、COMSAへの登録が必要です。そして、購入する仮想通貨の種類も限られています。

COMSAへの登録

COMSAトークンを購入するにも、それ以外のICO案件に参加するにも、COMSAへの登録が必要です。

COMSAへの登録は「メールアドレス」と「パスワード」だけで登録できます。

COMSAの購入は、Zaif公式サイトのみ

使用できる仮想通貨の種類

COMSAトークンを購入するには、以下の仮想通貨が必要です。

  1. ビットコイン
  2. イーサリアム
  3. NEM(XEM)
  4. Zaifトークン

いずれの仮想通貨も「Zaif取引所」で購入することが出来ます。

・COMSAトークンは購入できる期限がある

COMSAトークンは以下の期間まで購入できます。

2017年10月2日~2017年11月6日の14:00

この期間を過ぎてしまうと、COMSAトークンの購入は一旦締め切りとなります。

※COMSAトークンセールは、今後もう一度くらいあるのではないか、と言う噂もありますが、確実に購入したい場合は11月6日までに購入した方がよいかと思います。

COMSAへの登録やCOMSAトークン購入を検討されている人は、Twitterやブログなどでの情報収集を頻繁に行うことが重要ですね。

COMSAの購入は、Zaif公式サイトのみ

COMSA開始前後の大混乱と収束

COMSA開始後の大混乱

COMSAの資金調達は順調に進み、2017年10月16日現在、約82501792.89729080 USD相当(約9,225,860,000円(92億円))となっています。

驚異的な数字ですよね。

 

これはCOMSAへの期待が非常に高いということに他なりません。

しかし、これだけの資金が集まるまでには、色々な大事件がありました。

COMSAへの期待

仮想通貨取引所には、日本だけでも主要な取引所とされる場所が3か所あります。「ビットフライヤー」「コインチェック」そして「Zaif」です。

COMSAはテックビューロという会社が立ち上げた、期待のICOプラットフォーム(仮想通貨で資金調達をする場所)です。

そして実は、テックビューロ社は仮想通貨取引所「Zaif」を手掛ける会社なのです。

「Zaif」取引所には、そこでしか扱っていない「Zaifトークン」があります。

と、いうことは!

これまで何の価値もなかったZaifトークン(使い道がないトークンは沢山存在します)でCOMSAトークンと連携すれば、Zaifトークンの価値は一気に高騰することは火を見るより明らかです。

※一部ではある有名なブロガーさんの発言がきっかけだったとも言われています。

誰もが期待する理由がわかりますよね。

当然のように、Zaifトークンが暴騰したのです。

その勢いは凄まじく、一気に8倍の価値になりました。

そして、そのままさらに過熱することを誰もが予想していたはずです。

しかし、突然、Zaif公式Twitterでこんな発言がありました。

サポートに余りにも質問が多いので言葉を慎重に選んで言いますが、ZAIFトークンとCOMSAプロジェクトは、今のところまだ連携などの予定はありません。是非一度落ち着いてください。なお、これ以上の質問にはサポートもお答えしませんのでご了承を。変更がある場合はまた別途お知らせします。

21:03 – 2017年8月27日

にゃんこ

にゃんこ
これは、危険なニオイがするにゃ。

大混乱からの収束

公式にこんな事を発表されたら、COMSAとZaifトークンの連携を期待して買った人はがっかりしますよね。

そして、不安になりますよね。

ここから、期待してZaifトークンを購入した人が一気に手放し始めます。

 

価値が下がる前にとにかく売り抜く!ということです。

 

事実、Zaifトークンの大暴落が始まったのです。

情報を知った人たちが一斉に売り始めるということは、Zaif取引所のサイトに一斉にアクセスが集中するということです。

結果、Zaif取引所はサーバがダウンしてしまいました・・・・。

価値が暴落しているZaifトークンを売ることも買うこともできないのです。

どんどん資産は減っていきます。

でも、手も足も出せない状態になってしまったのです。

まさに・・・大混乱です。

そして、当然、Zaifの公式Twitterには多くの問い合わせが入りました。

確かに投資は自己責任とはいえ、とにかく何とかしてくれと苦情が殺到したのです。

その結果、テックビューロの社長が動きました。

ZAIFトークンで混乱が起こっていますので、今から1時間わたしが直接こちらの臨時チャットで直接対応します。

それからもしばらくZaif取引所のサーバは不安定でしたが、つながった人は次々にZaifトークンを売ってしまい、結果、8倍にもなった価値がそこから一気に1/4にまで暴落してしまったのです。

そして、暗い余韻を残したまま、ついに「COMSAトークンセール」前日となりました。

しかし、ここでまた事件が起きます。

当初から予定され(ホワイトペーパーにも記載されていた)、COMSAへのICO参加企業が「参加する約束なんてしてないよ?」という発表をしたのです。

※これには企業間の色々な言い分がありますので、興味のある方は調べてみたください。

これによって、さらにCOMSAには不信感が募り、Zaifトークンの価値もさらに下がるかと思った矢先、またZaif取引所のサーバがダウンしたのです。

サーバは徐々に回復を見せ、Zaif取引所で取り扱っているほとんどの仮想通貨は取引可能な状態になりましたが、最後までZaifトークンは取引のできない状態が続きました。

ビット先生

ビット先生
このときは、本当に悲惨な状況だったぞい。COMSAへの不信感はとても大きかった。

そんな状況の中で、COMSAトークンセール開始の時間が来ました。

がしかし、ここでまた問題です。

COMSAのサーバがダウンして、アクセス不能となったのです。

ここまでくると、おそらく多くの人が「またかよ・・・」という気持ちだったと思います。

しかし、時間が経つにつれて(かなりの時間待たされましたが)接続できる人も増え「無事にCOMSAトークンを買えた!」という報告も伝わってくるようになりました。

このような、数々のトラブルを乗り越えたテックビューロ社と、トラブルがあってもZaifと仮想通貨とCOMSAの可能性を信じ抜いた人たちによって、現在のCOMSAトークンは約90億円を上回る資金を集めているのです。

ビット先生

ビット先生
これだけの問題が勃発しても、多くの人が購入するCOMSAって相当な期待だぞい。

そして現在、Zaif取引所のサーバも強化され、アクセスできないということは無くなりました。

Zaifトークン自体も、現在価値は落ちているものの、また何かの切っ掛けで一気に高騰するかもしれませんね。

COMSAについてのまとめ

COMSAについてのまとめ

現在のCOMSAは、色々な経緯を経て、今のところ大成功を収めています。

 

投資の世界でこのような大事件が起こることは少ないのかもしれませんが、仮想通貨では実際に起こった出来事です。

 

投資をする場合、COMSAトークン以外にも仮想通貨を買う場合は、いくら儲かりそうな情報があっても、それが噂であっても事実であっても「絶対」はありません。

損をしてしまうとお金は戻ってきません。

 

ですので、どんなに調べても調べたりない情報の中で、突然トラブルが起こっても日常生活に深刻なダメージを受けるようなことはせず、しっかりとしたリスク管理を行ったうえで仮想通貨を楽しみましょう。

少々、COMSAに関する暗い話をさせて頂きましたが、

COMSAの資金調達額を再度記載させて頂きます。

2017年10月16日現在、約82501792.89729080 USD相当(約9,225,860,000円(92億円))となっています。

COMSAへの期待は非常に高いです。

COMSAのことをまだまだ知らない人が世の中には多数おられます。この記事を読んでいる方は既に勝ち組の第一歩を手にしている可能性があります。

ビットコインや、アルトコインと異なり、今しか購入できないCOMSAに期待をかけて、COMSAを購入するかどうかはご自身で判断をしてください。

ちなみに、私は既にCOMSAを購入致しました。

実際に利益になるかどうかわかりませんが、実態がわからないときに購入するからこそ大きな価値を生みます。

ビットコインを初期で購入された方は数百倍の資産になり、億越えの方が多数輩出されています。仮想通貨・COMSAで人生大逆転の可能性もあります。

今の時代に生まれたからこそ、COMSAにかけてみたい。

私個人的な見解は、今が勝負だと思っています。

買い煽りみたいな文章を書きましたが、投資はあくまで自己責任です。COMSAを購入できる期限は、2017年11月6日までです。

100億円の資金調達に成功したCOMSAに投資するなら今しかありません。

COMSAの購入は、Zaif公式サイトのみ

【公式】仮想通貨取引所

仮想通貨は、市場規模が70兆円を超え、非常に注目されている市場です。

FXの市場が500兆円、株式市場が6,500兆円ということを考えると、ここから数年で10倍、20倍と拡大を続けることが予想されます。

まだ仮想通貨を始めていない方は、先ずは口座開設から始めてください。

全て無料で作成できますのでご安心ください。

【日本国内の取引所】

【海外の取引所】

仮想通貨取引所・徹底比較ランキング

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

COMSA(コムサ)購入を実際にやってみた。

COMSA(コムサ)を購入してみた!!(購入方法も解説)

COMSAが上場

COMSAがついに上場(2017年12月4日)

COMSAって何!?

COMSA(コムサ)暴落!?高騰!?今仕込みました!!