仮装通貨の仕組み【初心者向け】

ビットコインハードフォークの際には付与されるかも!

この記事を読んでいる皆さんは、仮想通貨とは!?と疑問に持たれている方ではないでしょうか。

まずは、こちらをご覧ください。

仮想通貨って何!?

さらに、「仮想通貨の仕組み」を調べようとすると、必要な知識や用語が多数出てきます。

にゃんこ

にゃんこ
正直、仮想通貨って難しい用語が本当多いにゃん。

「なぜ難しい用語がたくさん使うの?」「なんで簡単に一言で説明してくれないの?」という疑問もあると思います。

にゃんこ

にゃんこ
正直、疑問だらけだにゃん。
ビット先生

ビット先生
そうだと思ってたので、ゆっくり説明していくぞい。

「仮想通貨の仕組み」を説明しようとすると、大きく分けて3つのことを知る必要があります。

 

まず「仮想通貨の成り立ち」、「PoWとは何なのか」、そして「ブロックチェーンとは何なのか」です。

 

仮想通貨の仕組みを知る場合、この3つの知識の中で、よく見聞きする「ブロックチェーン」は最後になります。

 

成り立ちを知ることで「ビットコインがシステムである」ことが分かります。

 

PoWを知ることで「なぜ不正が出来ないのか」が分かります。

 

ブロックチェーンを知ることで「なぜビットコインは不正が無くみんなで管理されているのか」ということが分かります。

 

今回は、この3つの知識を使って、仮想通貨がどのように成り立っているのかを、出来る限り噛み砕いて紹介したいと思います。

にゃんこ

にゃんこ
わかりやすく説明して欲しいから頼むにゃん。

※より分かりやすく表現するため、細かく言えば「それは語弊がある」という部分もあるかとは思いますが、あくまでも仮想通貨の概念を説明します。

仮想通貨の成り立ち

仮想通貨の仕組みとビットコイン

まずは、仮想通貨の成り立ちです。

 

この成り立ちこそが「仮想通貨=ビットコイン」という認識になった基礎であり、その認識は間違いではありません。

 

仮想通貨とはもともと、サトシナカモトという名義で発表された「Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System」という”システム(仕組み)”なのです。

 

日本語にすると「ビットコイン:P2P 電子キャッシュシステム」です。

 

サトシナカモトという名義の人は、

 

「特定の人が取引を管理するのではなく、参加する人みんなで管理しましょう。そうすれば特定の人に負担がかかることもないでしょ!」

「みんなの合意が無ければ取引できないようにすれば不正も防げるよ!」

 

という仕組みを発表したのです。

※もちろん発表された技術はこれだけではなく、コインに対する価値についても書いてあります。

にゃんこ

にゃんこ
日本人がビットコインの仕組みを発表したにゃん!?

この仕組みを見て「これはすごい!!」と思った世界中のプログラマーが、みんなで役割分担して、改良を重ね、今の仮想通貨を支える仕組み(システム)が出来上がりました。

 

そして2009年ごろ、ちらほらと「ビットコインを採掘した!!」とか「ビットコインの送金ができた!」などの声が上がり始めました。

 

ちなみに、サトシナカモトという名義は、「サトシナカモトさん」という個人なのか、「サトシナカモトという開発集団」なのかは、未だに分かっていません。

 

不正が出来ない監視の仕組み「PoW」とは

仮想通貨の仕組みで不正はできない

PoWとは「Proof of Work」と呼ばれる技術の略称です。

 

これは、インターネット上でビットコインなど価値のある情報を取引するうえで重要な技術であり、よく目にする「ブロックチェーン」を知る上でも絶対に必要な知識です。

 

簡単に言うと「不正が出来ないようにみんなで監視できる仕組み」と言えます。

 

ブロックチェーンを検索してみると、「ブロックチェーン」自体が”不正が出来ない仕組み”のように書かれていることも多いと思います。

 

しかし、ここではあえて「ブロックチェーン」と「不正が出来ない仕組み」は分けて説明します。

 

この技術は「みんなの合意が無ければ取引できないようにすれば不正も防げるよ!」の部分に当たります。

 

ビットコインを取引する場合、誰が誰にどのくらいのコインを送ったのかという情報を記録します。

 

銀行からお金を移動(送金や引落しなど)した時、通帳に記帳される事と同じです。

 

銀行からお金を送金した場合は、その銀行がお金の動きを把握して、記録していますよね。

 

ビットコインを送金した場合は、みんなでそれを把握し、記録をします。

 

そして、世界中の人(厳密には、ビットコインを採掘している人達)が「この送金には不正はない!」と判断し、合意して、誰が誰にどのくらいのコインを送金したのかという記録がみんなの管理台帳(みんなが見ることのできるビットコインの通帳)に記録され、初めて送金が完了します。

 

不正があれば、必ず誰かが見つける(コンピュータでの計算が合わない)ので合意が取れず、送金は出来ません。

 

※「誰が誰に」という部分は、もちろん個人が特定される情報ではなく、コンピュータが理解するためのアドレスです。

 

もっと簡単にイメージをしてみましょう。

 

にゃんこA、にゃんこB、にゃんこCがビットコインの採掘をしているとします。

にゃんこ

にゃんこ
おぃおぃ、私のことじゃないかにゃ!?
ビット先生

ビット先生
例え話だから、安心して欲しいぞい。

続けましょう。

にゃんこ達はそれぞれ、取引の記録が書かれた「管理台帳」を持っています。

 

この「管理台帳」の内容はみんな同じ情報(同期)にされています。

 

そこで、ビット先生がビットコインを送金しました。

ビット先生

ビット先生
ビットコインを送金するぞぃ。

にゃんこ達は、それぞれ自分が持っている「管理台帳」を見ながら、ビット先生が不正をしていないか、他のにゃんこ達が改ざんしていないかをチェックし始めます。

 

そして「ビット先生は不正をしていない」と、にゃんこ達が合意したら、それぞれの管理台帳にビット先生の取引記録を記載し、取引を完了させます。

 

このように、みんながビットコインの流れを確認し、間違いがないと合意する形こそが「PoW」という仕組みなのです。

にゃんこ

にゃんこ
ほほぅ。皆の合意が重要とは難しそう。。。

 

そして、「PoW」にはもう一つの役割があります。

 

それは「通貨の発行(ビットコインの採掘)」です。

 

どうして「にゃんこ達」がわざわざ他人の取引を監視するのか。

 

それは、「ビットコインを貰う(採掘)」するためです。

 

不正が無いかどうかを確認するには、コンピュータで膨大な計算を行う必要があります。それには、膨大な電気代と時間がかかるのです。

 

しかし、取引に不正が無いかどうかを判断すれば、ビットコインが貰えます。

 

ビットコインが貰えるのは、早く取引に不正が無いかどうかを判断したにゃんこです。

 

誰かが取引を行うと、その取引に不正が無いかを確かめるために、ビットコインを貰うための熾烈な競争が始まります。

 

膨大な電気代と計算量を消費し「この取引は正しい」と証明できたにゃんこが、ビットコインという報酬をもらえるのです。

 

こういった「不正が無いかをチェックし、いかに早く正しいと証明するか」という”仕事”により、不正のチェックやビットコインの採掘が同時に行われるのです。

にゃんこ

にゃんこ
不正を取り締まるのは得意だにゃん。

ビットコインに使われている仕組み「ブロックチェーン」とは!?

ブロックチェーンとは

それでは、よく耳にする「ブロックチェーン」とは何なのでしょうか

 

このブロックチェーンこそ、「特定の人が管理をするのではなく、みんなで管理しましょう」の部分です。

 

先ほどの「にゃんこ達」の例で見てみましょう。

 

にゃんこ達は、それぞれが管理台帳を持っていました。

 

これがもし、一つの管理台帳に書き込んでいるならば、それは「中央管理」といって、現在の銀行と変わりません。

 

しかし、にゃんこ達の管理台帳は”それぞれが別々の管理台帳”を持っており、それぞれが競争しながら取引に不正が無いかを調べていました。

 

そして、ビット先生が取引をした結果を台帳に書き込んでいます。

 

取引をしているのはビット先生だけではないですよね。

 

世の中様々な人が取引を行っています。

 

ですので、世の中で取引を行った全ての人の取引結果が、にゃんこ達の管理台帳には書かれているのです。

 

仮に、1つの取引につき1枚の取引用紙に取引結果を書くとします。10個の取引があれば10枚の取引用紙があることになりますよね。

 

この取引用紙を「ブロック」と呼びます。そして、これらの取引用紙を「チェーン(鎖でつなげる)」ことで、一冊の管理台帳が作られます。

 

そしてこの管理台帳は、にゃんこ達それぞれが持っています。そしてこれらの管理台帳は全て同じ情報(同期)になっています。

 

にゃんこ達がそれぞれ個別に持っている管理台帳の内容を、同期させるには何が必要かと言うと、にゃんこ達みんなの管理台帳を繋ぐことですよね。

 

この場合、にゃんこA管理台帳、にゃんこB管理台帳、にゃんこC管理台帳がそれぞれ「ブロック」となります。

そして、それら管理台帳を同期させるために「チェーン(鎖でつなぐ)」します。

 

これが、「ブロックチェーン」の仕組みです。

にゃんこ

にゃんこ
にゃるほどぉ~。これがブロックチェーン。。。

そしてこれが、「中央管理」ではく「分散管理」と言われる技術なのです。

 

「ブロックチェーンは不正ができない」という表現は、あながち間違いではありません。

仮想通貨のブロックチェーン技術を実現するために、ブロックチェーン技術にはPoW技術が必要だからです。

ブロックチェーンの活用

ブロックチェーンの活用

この「ブロックチェーン」には様々な活用方法があります。

 

そして、この技術に、さらに技術を進化させることで、実際に色々な種類の通貨が生まれています。

 

技術を進化させるとは、機能を付け加えたり、セキュリティを強化したりするということです。

 

例えば、現在の「ブロックチェーン」には、管理台帳をばらばらに管理することで不正を防ぎ、不正を防ぐ仕事をすることで報酬をもらえる「PoW」という技術と、そのばらばらに管理されている管理台帳を全てつなげる「ブロックチェーン」という技術で作られていますよね。

 

しかし、実現できることは不正の無い”価値のやり取り”であり、不正の無い「コインの決済」だけです。

 

現在のビットコインのシステム(決済だけできる)に、「契約を自動的にできる」機能をつけると、さらに技術を活用できる幅が広がります。

 

決済と契約が自動的に不正なく行うことが出来れば、お店の在庫管理で、在庫が無くなれば自動的に補充することが出来るようになります。

 

人がわざわざ仕入れる個数を業者に注文(契約)し、それに対して支払い(決済)する仕事を、自動的に安全に行うことが出来るようになるのです。

 

実際、この「契約」機能を追加した仕組み(システム)が「イーサリアム」です。

 

仮想通貨の中でも「イーサリアム」が人気なのは、「イーサリアム」という”システム”が実際の世の中を便利にすると期待されているからなのです。

結局、仮想通貨ってなんなの?

仮想通貨って何

このように見てみるとわかるように、現在「仮想通貨」と呼ばれているものは全て”仕組み(システム)”であることが分かります。

 

ビットコインに関しても、もともとは「仮想通貨を運用するための仕組み(システム)」ですよね。

 

そして、その仕組み(システム)の中で仕事(不正が無いように監視)することで得られる報酬も「ビットコイン」という仮想通貨でした。

 

「ビットコイン」という名称には、2つの意味があるということですね。

 

イーサリアムなどのアルトコイン(ビットコイン以外のコイン)は、今のところ完全に”仕組み(システム)”です。

 

イーサリアムに値段が付いているのは「イーサリアムの仕組みをみんなが期待している」からなのです。

 

ビットコインだけが分けて考えられる理由は、今のところビットコインだけが、ビックカメラやメガネスーパーなどの実生活で使えるコインだからです。

 

仮想通貨とは何かというと、「仕組み(システム)」なのです。

仮想通貨の仕組みのまとめ

仮想通貨の仕組みのまとめ

「ビットコイン」という名称や、テレビや新聞で騒がれているニュースの見出しなどで、仮想通貨というものをややこしくしている印象があります。

 

ビットコインを取り扱っていた「マウントゴックス」という取引所が、事件により閉鎖した時も、ニュースの見出しが「ビットコインの元CEO逮捕」など、わけのわからない表現で取り上げられました。

 

ビットコインは会社じゃないので、CEOは存在しませんよね。。

 

先日は、リップルを取引していた”ただの人”が詐欺を行った時も、「リップル詐欺」などと、リップル自体が詐欺のような見出しだったと思います。

 

これらは「仮想通貨」のイメージを損なうだけでなく、「仮想通貨が詐欺」という間違った印象まで与えてしまう誤った表現ですよね。

 

このような安易な表現に惑わされないように、仮想通貨の仕組みを理解しておくことが大切です。

 

そして、仮想通貨の仕組みを理解することで、なぜ仮想通貨に価値が付いているのかも理解することが出来、今後、どの仮想通貨の”仕組み(システム)”に価値が出るのかを調べることもできるのです。

にゃんこ

にゃんこ
なるほどぉ~。仮想通貨の仕組みは勉強になるにゃん。
ビット先生

ビット先生
仮想通貨を語るには、先ずは仕組みからの理解をすることが大切だぞい。

まだ、仮想通貨の取引所(口座)を開設していない方はこちらよりお急ぎください。

仮想通貨の盛り上がりは、まだまだ序章だと思いますよ。

仮想通貨取引所・徹底比較オススメランキング

ランキング1位を狙っています。記事が役に立ったら応援お願いします!


にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

ビット先生

ビット先生
~1日1回、上記2つにポチっと応援を頼むぞぃ。皆の力が必要じゃ。

LINE@にて、ビット先生からの非公開情報や最新情報を受け取る!

  • ビット先生が仮想通貨開始から4ヶ月で3,000万円以上稼いだ銘柄選定方法
  • ブログでは公開していない通貨・ICO情報
  • 仮想通貨の最新ニュース
  • オススメの取引所
  • その他、仮想通貨に関する情報を配信
仮想通貨の教科書(ビット先生)
【公式】仮想通貨取引所

仮想通貨は、市場規模が70兆円を超え、非常に注目されている市場です。

FXの市場が500兆円、株式市場が6,500兆円ということを考えると、ここから数年で10倍、20倍と拡大を続けることが予想されます。

まだ仮想通貨を始めていない方は、先ずは口座開設から始めてください。

全て無料で作成できますのでご安心ください。

【日本国内の取引所】

【海外の取引所】

仮想通貨取引所・徹底比較ランキング

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

仮装通貨の仕組み

仮想通貨の基本的な知識

ICOの詐欺の手口を公開!!

ICOの詐欺の手口を大公開!!

リップル(XRP)の買い方・購入

【仮想通貨の種類】注目したい10選

仮想通貨のウォレットの種類

仮想通貨のウォレットの種類(メリット・デメリット)について

仮想通貨の確定申告(会計ソフトを徹底比較)

仮想通貨の確定申告(会計ソフトを徹底比較)

仮想通貨FXをやってみる前の心構え

仮想通貨FXをやってみる前の心構え