取引所・販売所の選び方(倒産・破綻の可能性)

FidentiaX(FDX)の購入方法・買い方

仮想通貨を買う上で、必ず決めなければ行けないものが仮想通貨を購入する場所の「取引所・販売所」ですよね。

仮想通貨取引所を選ぶ際、何を基準に、どういう点に注意するべきかを知ることは重要な事です。

今回は、仮想通貨の取引所で実際にあった事件に触れながら、主にセキュリティについての確認すべき事項を紹介していきます。

にゃんこ

にゃんこ
仮想通貨の取引所であった事件って、何だか怖いにゃん。
ビット先生

ビット先生
この事件は仮想通貨を利用している人、利用していない人共に、仮想通貨の怖さを実感した事件なので、しっかり理解しておくとよいぞい。

取引所の選び方

取引所の選び方

取引所の選び方としては、3つの事を確認して、選ぶことが出来ます。

  1. 「取り扱っている仮想通貨の種類」
  2. 「知名度」
  3. 「セキュリティ」

1.「取り扱っている仮想通貨の種類」について

「取り扱っている仮想通貨の種類」は、もちろん自分が取引をしたい仮想通貨を取り扱っている取引所を選ばなければ、意味がありませんよね。

取引所によって、取り扱っている仮想通貨の種類は違いますので、まずは、自分が欲しい仮想通貨を扱っている取引所を確認することが重要です。

※各取引所・販売所が取り扱っている仮想通貨の種類は、『仮想通貨取引所・徹底比較ランキング』で確認ができます。

2.「知名度」について

「知名度」が高ければ、取引所・販売所についての情報が、インターネット上で集め易い利点があります。

どの取引所・販売所で、どんなサービスが開始されたのか、新たに取り扱いが始まる仮想通貨がある場合も、素早くたくさんの情報がインターネット上に集まるという点でも重要なことです。

3.「セキュリティの高さ」

「セキュリティの高さ」です。取引所自体のセキュリティに関しては、私たちが扱えるものではありませんよね。

こればっかりは取引所の頑張りに掛かっていますが、使いたい取引所でどのようなセキュリティが使えるのかを調べることはできますよね。

セキュリティは大丈夫だろう~。と思わずに、しっかりと自分自身で情報を確認することがとても重要です。

取引所は完璧ではない

取引所は完璧ではない

まず知っておくことは、「取引所は完璧ではない」ということです。

お金を扱う取引所が完璧ではないというのは、とても不安に感じるかもしれませんが、取引所は人間が作ったものです。

セキュリティに関しても絶対安全ということはあり得ません。また、電気が止まってしまえば、取引所を動かすこともできません(極論ですが。。)。

そして、資金が無くなれば、当然その取引所は運営が終わってしまいます。

こういった点から、「取引所は完璧ではない」ということを肝に銘じておきましょう。

 

その例として、2014年に起こった「マウントゴック(Mt.Gox)」という取引所の事件があります。ここでは「マウントゴックス事件」と呼びましょう。

にゃんこ

にゃんこ
私が気になっているのは、この事件だにゃん。どんな事件だったのかにゃん。

▼マウントゴックス事件

「マウントゴックス事件」は、日本中に”仮想通貨への不信感”を広めた、インパクトのある事件でした。

未だに、仮想通貨は危険という認識が根付いているのも、この事件が切っ掛けではないでしょうか。

当時ではビットコインを扱う最先端の取引所であり、世界のビットコインの約7割がマウントゴックスで取り扱っていました。

この時点では、規模も大きいので信頼に値する取引所ですよね。

「マウントゴックス事件」が起きてしまった大きな理由は、顧客情報の管理方法(セキュリティの甘さ)だったのではないでしょうか。

価値の上がってきたビットコインを盗むために、ハッカー(正確にはクラッカー)による攻撃を受けてしまったのです。

ハッカー(クラッカー)が行ったのは、顧客情報を改ざんし、みんなが取引のために、マウントゴックス取引所に預けっぱなしにしているビットコインをどんどん奪っていったのです。

ビットコイン自体は、改ざんや不正のできないシステムで動いていますが、取引所はいわばビットコインを取引するだけの場所です。

ですので、取引所に求められることは、顧客情報の徹底した管理なのです。

 

顧客情報が改ざんされてしまうと、その人が持っているビットコインは簡単に盗まれてしまいます。

これは、ビットコインの仕組み以前の問題で、会社としてのセキュリティの問題なのです。

簡単にいうと、顧客情報を保管している部屋の鍵を開けっぱなし、あるいは簡単に偽造できるようなカギで保管し、しかもその顧客情報はこの部屋にしかなく、改ざんされたら確認のしようが無い、という状態で保管されていたのです。

本来ならば、顧客情報は、改ざんされてもそれが不正であると確認できるように、分散管理すべきでした。

例え改ざんされたとしても、その情報に不正が無いかどうかをチェックする仕組みを持つべきだったのです。

これが、マウントゴックスという取引所のセキュリティの甘さだったのだと思います。

にゃんこ

にゃんこ
にゃるほどぉ~。セキュリティは物凄く重要だにゃん。マウントゴックス・・・世界のビットコインの7割が影響を受けたってことは、ほとんどの人が影響を受けたってことになるにゃん。怖すぎる・・・。
ビット先生

ビット先生
そう。だからこそ、どの取引所もセキュリティを強化するようになったんじゃ。

取引所のセキュリティ

取引所のセキュリティ

仮想通貨を買った場合は、やはり取引所が推奨しているセキュリティは確実に設定しておくことが大前提です。

取引所で行えるセキュリティで、絶対にやっておくべき設定は「2段階認証」です。

「2段階認証」を設定しておけば、たとえ、最悪ログインIDとパスワードが盗まれてしまっても、もう一段階の認証を終えないと、ログインできません。

「2段階認証」には、例えば、ログインする際にSMS(電話番号メッセージ)に送信されるコードを入力する方法や、1分未満しか有効にならない「アプリを使ったコード」の認証などがあります。

これらは現在、ほとんどの取引所が実施しているセキュリティ設定です。

もちろん、日本を代表する次の3つの取引所でも、設定が出来ます。

そして、この中でも「bitFlyer(ビットフライヤー)」と「coincheck(コインチェック)」は、「2段階認証」までちゃんと設定しておくことで、補償サービスが受けられます。

このように、取引所が用意したセキュリティを、私たちユーザーがしっかりと設定をしておくことがとても重要です。

にゃんこ

にゃんこ
今からすぐに設定するにゃん。。。

安全のために自分で出来るセキュリティ

仮想通貨の自分でできるセキュリティ対策

自分の資産を守るためのセキュリティは、取引所だけに任せていいものではありません。

自分自身でしっかりと管理することが大切です。

▼登録時にできるセキュリティ

まずは、上に書いたように、取引所が用意した「2段階認証」をしっかりと設定しておくこと。これは大前提ですね。

また、登録する際のメールアドレスやパスワードも、自分自身でしっかりと考えることが大切です。

メールアドレスは、できれば普段使っているものではなく、仮想通貨用に用意すると便利です。

ネットショッピングやその他のSNSなど、色々なサービスに登録しているメールアドレスは、それだけインターネット上に知れ渡っているということですよね。

また、パスワードもこれまでに使ったことのない、意味をなさない文字・数字の羅列を使わなければなりません。

パスワードの使い回しは大変危険ですし、ネットショッピングやSNSに使っているメールアドレスとパスワードをそのまま使い回すことは、本当に危険ですので避けましょう。

どの取引所にも起こり得る「マウントゴックス事件」からみる、取引所の選び方

マウントゴックス事件からの取引所の選び方

「マウントゴックス事件」以来、各取引所は事件を教訓に、顧客管理やシステムのセキュリティを意識した管理を行っているはずです。

しかし、どんなに用心をして運用していても、ハッカー(クラッカー)の攻撃や、その他の事情で、いつ取引所が倒産・破産するかは誰にもわかりません。

どこの取引所にも起こり得ることです。

これは、絶対に潰れないといわれている大企業が、世界情勢をきっかけに倒産してしまうのと同じです。

何が切っ掛けで、自分の資産を失うかは誰にも分からないのです。

ですので、一つの取引所だけに決めて仮想通貨を取引することは避けるべきなのです。

「bitFlyer(ビットフライヤー)」や「coincheck(コインチェック)」、そして「Zaif(ザイフ)」などの取引所には全て登録し、どこか一つの取引所だけに資産を預けるのではなく、できるだけ、投資する資産は「分散」することをお勧めします。

いつでも、どんなに優れたセキュリティを導入している取引所でも、「マウントゴックス事件」は起こり得るという心構えが大切です。

にゃんこ

にゃんこ
1つの取引所依存は非常にあぶないとは知らなかったにゃん。ビット先生はどの口座を持っているにゃ!?
ビット先生

ビット先生
口座は、ビットフライヤー、コインチェック、Zaif(ザイフ)、ビットバンク、GMOコインと主要な取引所は全て持っているぞぃ。資産もしっかり分散させておるから、リスクヘッジはしっかり取っているぞい。
にゃんこ

にゃんこ
驚いたにゃん。そんなにしっかりしてたとは・・。

取引所・販売所の選び方 ~まとめ~

取引所・販売所の選び方 まとめ

セキュリティは、取引所側だけが行うものではありません。

取引所を使うユーザーであるあなた自身もセキュリティについて理解する必要があります。

そして何より、仮想通貨の取引で、絶対に守らなければいけないのは自分自身の資産です。

『誰かに頼りっきりになったり、どこか1か所を信用しすぎたり』ということはとても危険です。

「マウントゴックス事件」はいつでも起こり得ます。

そのことを意識して、しっかりと自分の資産を管理しましょう。

 

リスク分散をさせるために口座開設を考えている人はこちらを参考にしてみてください。

仮想通貨の取引所ランキング
仮想通貨を安全・安心に購入できるオススメ取引所をご紹介します。 実際に私が利用している取引所が日本最大規模のビットフライヤーと、アルトコインが...

ランキング1位を狙っています。記事が役に立ったら応援お願いします!


にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

ビット先生

ビット先生
~1日1回、上記2つにポチっと応援を頼むぞぃ。皆の力が必要じゃ。

LINE@にて、ビット先生からの非公開情報や最新情報を受け取る!

  • ビット先生が仮想通貨開始から4ヶ月で3,000万円以上稼いだ銘柄選定方法
  • ブログでは公開していない通貨・ICO情報
  • 仮想通貨の最新ニュース
  • オススメの取引所
  • その他、仮想通貨に関する情報を配信
友だち追加
【公式】仮想通貨取引所

仮想通貨は、市場規模が70兆円を超え、非常に注目されている市場です。

FXの市場が500兆円、株式市場が6,500兆円ということを考えると、ここから数年で10倍、20倍と拡大を続けることが予想されます。

まだ仮想通貨を始めていない方は、先ずは口座開設から始めてください。

全て無料で作成できますのでご安心ください。

【日本国内の取引所】

【海外の取引所】

仮想通貨取引所・徹底比較ランキング

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。