NEM(XEM)の特徴・仕組み・将来性

NEM(XEM)の特徴のまとめ
にゃんこ

にゃんこ
今日はNEM(ネム)の話って聞いたから楽しみにしてたにゃん
ビット先生

ビット先生
にゃんこがNEM(ネム)を知っているということは、世の中の認知が進んでいるということか・・・。

仮想通貨の中で、NEM(ネム)に興味のある人も少なくないと思います。

ただ、NEM(ネム)を買おうとすると、取引所内には「NEM(ネム)」の文字はありませんよね。

NEM(ネム)は「XEM(ゼム)」という単位で取引されているからです。

そもそも、「NEM(ネム)ってなに?」というところから、他の仮想通貨との違いを「ビットコイン」と比較して紹介していきます。

また、「NEM(ネム)」に関連してくる「mijin(ミジン)」についても、できるだけ身近に感じられる例を挙げながら紹介しています。

なんだかわかりにくいし、そもそもNEM(ネム)ってなんなんだろう、という人は是非今回の記事を参考にしてみてください。

にゃんこ

にゃんこ
凄く楽しみにしてたにゃん。

NEM(ネム)ってなに?

NEM(XEM)とは

NEM(ネム)は、ザイフ(Zaif)やコインチェック(coincheck)などの取引所で取引される場合「XEM(ゼム)」という単位(名称)で取引されています。

現在、実際に取引所で仮想通貨取引を行っている人は見たことがあるのではないでしょうか。

NEMはもともと「New Economy Movement」という”新しい経済活動”を意味する略称です。

どのような経済活動かというと、金銭の自由や分散化、そして平等をコンセプトに作られたプロジェクトです。

簡単に言うと「富の再分配」とも言えるかもしれません。

この「富の再分配」を念頭に置いた、仮想通貨システムを作ろう!という”プロジェクト”なのです。

ビットコインなどのシステムに比べると、後発の仮想通貨システムで、それまでに存在したビットコインやイーサリアムのシステムに比べ、これらの弱点も克服したシステムを作ったプロジェクトと言えます。

NEM(ネム)プロジェクトが発行する仮想通貨の名前は「XEM(ゼム)」と呼ばれ、XEM(ゼム)の総発行量は8,999,999,999XEMで、これらはすでに、全て発行済みです。

発行済みということは、ビットコインのように”新たに採掘(マイニング)できない”という意味を持ちます。

ビットコインを採掘(マイニング)するには、高性能なコンピュータと膨大な電力(電気代)が必要なのですが、XEM(ゼム)はすでに全て発行済みなので、採掘(マイニング)というエネルギーを使う仕事が必要ありません。

それとともに、高性能なコンピュータや電力(電気代)を使うことが出来る一部の人だけに採掘(マイニング)のチャンスがあるような、”かたよった利益”が生まれないということです。

ここに”富の再分配”という思想が反映されているという見方もできますよね。

それでは、実際にNEM(ネム)の仕組みはどうなっているのでしょうか。

にゃんこ

にゃんこ
NEM(ネム)が”富の再分配”!??どういうことなのかにゃ。ビットコインとの違いが知りたいにゃん。

NEM(ネム)の仕組み~ビットコインとの違い~

NEM(XEM)の仕組み

NEM(ネム)の仕組みで特質すべき事は「報酬の仕組みの違い」と「省エネ」、そして「取引速度の速さ」ではないでしょうか。

ここで、ビットコインの仕組みと比べながら、NEM(ネム)がどのように優れているのかを見ていきましょう。

▼報酬の仕組みの違い(PoWとPoI)

仮想通貨は全てブロックチェーン上で動いていますが、そこに含まれる仕組みは、ビットコインやイーサリアム、リップルといった仮想通貨ごとに違いがあり、NEM(ネム)もまた、オリジナルな仕組みを使っています。

ビットコインには「PoW(Proof of Work)」と呼ばれる仕組みを使っています。

これは「取引に不正が無いことを、より早く検証できた人に報酬をあげますよ!」という仕組みです。

ということは、高性能なコンピュータを買える人、高額な電気代が払える人だけが報酬をもらうことができる仕組みと言えますよね。

一方NEM(ネム)は「PoI(proof of Importance)」という仕組みを使っています。

これは「XEM(ゼム)をたくさん保有している人と、たくさんXEM(ゼム)を取引している人に、手数料という報酬をあげるよ!」という仕組みです。

ということは、高性能なコンピュータが買えなくても、高額な電気代が払えなくても報酬がもらえる仕組みだと言えますよね。

極端な比較になりますが、簡単に言うと次のようなことです。

・ビットコイン:たくさんお金を持っている人だけが報酬をもらえる

・NEM(ネム):たくさんの取引さえすれば、だれでも報酬がもらえる

このように、ビットコインとNEM(ネム)は、報酬のもらい方に根本的な違いがあります。

▼電力の消費量

上でも書いたように、ビットコインの報酬をもらうには、高性能なコンピュータを動かす必要があり、そのためには沢山の電力が必要です。

一方で、NEM(ネム)で報酬をもらうには、特に高性能なコンピュータを使う必要はありませんし、高性能なコンピュータを動かさないため膨大な電力も必要ありませんよね。

個人的にXEM(ゼム)を取引する上ではあまり意識しないことかもしれませんが、仮想通貨の報酬を受け取ろうとする人が世界中で活動した場合、ビットコインで報酬をもらうために行う仕事と、XEM(ゼム)をもらうために行う仕事を比較すれば、当然、電力消費の少ない方が優れていると判断されます。

大容量の電気を世界中で使うことは、将来的に地球規模のエネルギー問題を抱えることになりますよね。

▼取引速度の速さ

NEM(ネム)は今後、システムのアップデートを控えています。

これは「カタパルト」と呼ばれ、みんなが待ち望み”期待”をしているアップデートです。

この「カタパルト」というシステムのアップデートに期待される機能の一つが”取引速度が速くなる”ということです。

ビットコインの取引速度は、1秒間に7つの取引しかできません。

1秒間に取引できる数が少ないとなぜ困るのかと言うと、取引が完了しなければ送金が出来ないからです。

ビットコインは、この取引の速度が遅いことから、結構な頻度で送金処理が詰まって、待ち時間が長くなっているのです。

一方、NEM(ネム)がアップデート(カタパルト)すると、1秒間に4000取引が出来るようになります。

※因みに、リップルは1秒間に1000取引です。

 

もう少し、日常に照らし合わせて、銀行のATMを想像してください。

ビットコインが扱えるATMと、NEM(ネム)が扱えるATMの2種類があるとします。

ビットコインを扱えるATMは7個あります。

NEM(ネム)を扱えるATMは4000個あります。

この場合、ビットコインを取引できる人は最大7人で、8人目以降の人は後ろに並ばなければいけませんよね。

だから、待ち行列が発生します。

待ち行列に並んでいる人は、イライラしますよね・・・。

 

一方、NEM(ネム)は、4000人が一気に押し寄せても、みんな同時にATMを使えるわけです。

世界中で仮想通貨を取引しているわけですから、ATMは多い方が取引が早いに決まっています。

これは、みんなが期待するのもわかりますよね!

にゃんこ

にゃんこ
NEM(ネム)の技術力は優れているにゃん。これは期待さわる訳だにゃん。

NEM(ネム)の存在に見え隠れする「mijin(ミジン)」とは!?

NEM(XEM)とmijin(ミジン)

NEM(ネム)について調べていくと、「mijin(ミジン)」や「テックビューロ(Zaif取引所を運営している会社)」が見え隠れしますよね。

なぜかというと、この3つには深いかかわりがあるからなのです。

そして、これもNEM(ネム)が期待されている要因の一つではないでしょうか。

 

「mijin(ミジン)」とは、NEM(ネム)の仕組みを利用して、テックビューロが開発したシステムです。

mijin(ミジン)は「プライベートチェーン」と言われます。

仮想通貨は「ブロックチェーン」というシステムの上で動いています。

そして、このブロックチェーン上で動く仮想通貨の取引は、”みんな”で監視して、誰が誰と取引したかを承認して記録をしています。

また、”みんな”が取引の記録(記録台帳)をそれぞれで持っているため、誰かが無くしても(一つのデータが壊れても)問題が無く、バックアップを取らなくて良いのです。

そしてこれは、世界中の誰もが参加できる「承認と記録」のシステムです。

この繋がりのことを「パブリックチェーン」と言います。

 

一方、mijin(ミジン)は、この監視を、もっと小規模な空間で取引を承認して記録します。

この小規模の繋がりを「プライベートチェーン」と言います。

なかなか分かりにくいですよね。

にゃんこ

にゃんこ
ちょっとイメージがしずらいにゃん。

もっと身近なもので、できる限り小さい出来事に例えてみます。

※かなり噛み砕いた表現ですので、語弊が生じる場合がありますが、あくまでもイメージです。

例えば「パソコンを買う」ということについて、考えてみましょう。

会社をパブリック、家族をプライベートと仮定します。

自分が勤めている会社(パブリック)でパソコンを買うことになりました。

パソコンを買うには、自分だけの判断では買えませんよね。

上司や会社の経理、社長の(みんなの)承諾が必要です。

この人達が「パソコンを買うことは必要だから買って良し!」と判断して、初めて会社で使うパソコンを購入するが出来ます。

パブリック(会社)がパソコンを買うことを承認して記録します。

※もちろん、取引の記録は「買って良し!」と判断した、上司や経理、社長ひとりひとりが大事に保管していることとします。

会社で何かを買うのには、時間がかかるものですね。

 

一方、家族(プライベート)の場合、家族がパソコンを欲しいと思えば、家計を握る人(特定の人)がパソコンを買うことを決心して購入することができます。

プライベート(特定の人)がパソコンを買うことを承認して、家計簿に記録します。

※もちろん、誰が何を買ったという記録の家計簿は、家族全員が持っていることとします。

自分の買いものは、判断する人が自分(あるいは家族)だけなので、速いですよね。

かなり小規模な話になりましたが、広い範囲の不特定多数が監視するか、もっと小さな範囲の特定の人が監視するか、の違いなのです。

この二つを比べて分かるプライベートチェーンの強みは、承認と記録をする人を数人に特定しておくことで「取引の承認が迅速に行える」ということと、誰かが家計簿を無くしても、みんなが同じ記録の家計簿を持っているので慌てる必要が無いという「ブロックチェーンの強み」も同時に実現できることです。

ですので、データを一人が無くしても安心なブロックチェーン技術を使いたいけれども、誰もが監視できては都合が悪い(例えば銀行などの金融機関や企業内だけのシステムとして使いたい)場合に、管理者も特定の人を選べるし、ブロックチェーンの仕組みがあるからデータのバックアップも必要ないという「mijin(ミジン)」は、とても期待されているシステムなのです。

※もちろんここに取り上げたのは、「mijin(ミジン)」についての一部の機能です。

にゃんこ

にゃんこ
ビットコインでは賄えない仕組みがmijin(ミジン)には存在するってことだにゃん。凄い!!

NEMの将来性

NEM(XEM)の将来性

NEM(ネム)には今後、たくさんの”期待”があります。

その中でも一番の期待は、先にも書いた通り「カタパルト」です。

当初2017夏ごろには「カタパルト」が実施されるという話がありましたが、延期され、今では2018年になるのではないかと言う話もあります。

しかし、確定したアナウンスがなかなか出ないため、XEM(ゼム)の価格が伸び悩んでいるのが現状です。

そして、NEM(ネム)の世界的な認知度もまだまだ低いのかもしれませんね。

現在、NEMのチームは、NEM(ネム)を知ってもらうために、世界中を回りながらミートアップ(説明会のようなもの)を開いています。

そんな中、期待の材料が飛び込んできています。

 

NEM(ネム)が”韓国の仮想通貨取引所にリストアップ(上場)されます”

2017年11月11日、韓国の仮想通貨取引所「Coinroom」にNEM(ネム)が上場することになりました。

こういった、取引所への上場(取り扱い開始)はかなりの”期待”材料ですね。

世界で広く認知され、取引する人が増えるということは、事実上の価格の上昇に繋がります。

こういった明るい話題も、来年にはもっと増えてくるのではないでしょうか。

にゃんこ

にゃんこ
NEM(ネム)を買っておくべきかにゃ!?

NEM(XEM)の特徴 ~まとめ~

NEM(XEM)のまとめ

2017年11月3日現在、XEM(ゼム)の価格はずいぶん下落していますが、これだけの期待がありながら価値が下がってしまうのもまた仮想通貨という黎明期にあるのかもしれません。

NEM財団やテックビューロ社は協力関係にあり、NEM財団の理事などが関わる「COMSA」は今、大成功を収めていますよね。

NEM(ネム)の通貨であるXEM(ゼム)も今後、盛り上がり大成功を収めることを”期待”します。

NEM(ネム)のシステムは非常に優れたものです。

NEM(ネム)は、今後も目を離すことのできない仮想通貨の一つではないでしょうか。

ビット先生

ビット先生
NEM(ネム)が注目されている理由が分かって頂けたのではないじゃろうか。これからが楽しみだぞぃ。

 

NEM(ネム)が購入できる仮想通貨の取引所は、コインチェックとZaifです。

その中でも取引手数料のことを考えるとZaif(ザイフ)がマイナス手数料となっており、非常にお得です。

Zaif(ザイフ)は、NEM(ネム)を応援していることもあり、迷わずZaif(ザイフ)で良いと思います。

Zaif(ザイフ)
仮想通貨を買うには、まず仮想通貨取引所に口座を作る(登録する)必要があります。 日本で主要な仮想通貨取引所は「bitFlyer(ビットフライヤ...

ランキング1位を狙っています。記事が役に立ったら応援お願いします!


にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ
~1日1回、上記2つにポチっと応援を宜しくお願いします~

LINE@にて、ビット先生からの非公開情報や最新情報を受け取る!

  • ビット先生が仮想通貨開始から4ヶ月で3,000万円以上稼いだ銘柄選定方法
  • ブログでは公開していない通貨・ICO情報
  • 仮想通貨の最新ニュース
  • オススメの取引所
  • その他、仮想通貨に関する情報を配信
友だち追加
【公式】仮想通貨取引所

仮想通貨は、市場規模が70兆円を超え、非常に注目されている市場です。

FXの市場が500兆円、株式市場が6,500兆円ということを考えると、ここから数年で10倍、20倍と拡大を続けることが予想されます。

まだ仮想通貨を始めていない方は、先ずは口座開設から始めてください。

全て無料で作成できますのでご安心ください。

【日本国内の取引所】

【海外の取引所】

仮想通貨取引所・徹底比較ランキング

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。