【総まとめ】Binance(バイナンス)の特徴・登録方法・評判・口コミ

Binance(バイナンス)の取引所
にゃんこ

にゃんこ
今、話題のBinance(バイナンス)の取引所の話だにゃ!?楽しみだにゃん。
ビット先生

ビット先生
Binance(バイナンス)のことを勉強すれば、魅力がしっかり理解できるぞぃ。是非、最後まで確認して欲しいぞ!

仮想通貨を取引する際には、国内の仮想通貨取引所や海外の仮想通貨取引所を使う方法があります。

それぞれの仮想通貨取引所には特徴があり、取引したい仮想通貨や、自分が使いやすい取引所を選び、仮想通貨を取引していると思います。

今回は、世界の仮想通貨取引所の中でも、日本語も使える仮想通貨取引所である「Binance(バイナンス)」について紹介したいと思います。

「Binance(バイナンス)ってなに?」という部分で、Binance(バイナンス)という取引所の概要が分かります。

「Binance(バイナンス)の特徴・評判」では、Binance(バイナンス)を使う魅力を紹介します。

そして、ビットコインハードフォークの際には付与されるかも!」ということで、今後行われるビットコインのハードフォーク(分裂)時、Binance(バイナンス)がどれくらい期待できるのか!?

また、中国の取引所ということで「Binance(バイナンス)を使うのは不安?」についても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

と、色々書きますが、多くの人が気になっていること、結論を最初に書きますね。

目次

ビットコインのハードフォーク時に付与はあるのか!?

結論、これからのビットコインのハードフォークは、Binance(バイナンス)では全て付与される可能性が非常に高いです。

Binance(バイナンス)の公式twitterにて、以下のようにコメントがされました。

Binance(バイナンス)で付与

Leonardさんが、スーパービットコインはサポートするのか!?と質問をしたところ、公式twitterのアカウントで、『Binance(バイナンス)は全てのハードフォークをサポートする』と回答しています。

これで、Binance(バイナンス)の考え方が明確になりましたね。

ビットコインのハードフォークに備えて、Binance(バイナンス)にビットコインを移動させて、是非、新ビットコインを無料で手に入れましょう。

Binance(バイナンス)の公式サイト

Binance(バイナンス)(海外取引所 世界1位)
Binance(バイナンス)取引所
Binance(バイナンス)は、中国の取引所でありながら、設立5ヶ月で取引所の出来高ランク世界1位となりましたアルトコインの取り扱いは141種類以上となっており、世界的に利用者急上昇中です。日本語にも対応しているため、日本人の利用者も飛躍的に拡大しています。Binance(バイナンス)が注目されている理由として、ビットコインのハードフォークの際に分岐されるコインが付与されるためです。つい先日のビットコインが分岐する際に、ビットコインダイアモンドを付与してくれた取引所がBinance(バイナンス)です。日本の取引所は付与してくれないため、ビットコイン保有者は必ず口座開設されることをオススメします。※ビットコインダイアモンドの付与は、金額にして7万円相当でした。
手数料 0.1%
レバレッジ
評価
アルトコインの取扱い 141種類以上(急速に拡大中)
取引所の実績 2017年7月
取引所の公式サイト 仮想通貨の詳細

Binance(バイナンス)ってなに?

Binance(バイナンス)の取引所って何?

Binance(バイナンス)とは、中国の仮想通貨取引所です。

2017年7月に開設され、今や世界を代表する仮想通貨取引所になりました。

海外の取引所には興味があるけど、言語の不安とか情報を集める時に面倒だな・・・なんて思いから、海外取引所を敬遠している人もいると思います。

でも、この中国の仮想通貨取引所「Binance(バイナンス)」は日本語にも対応しており、またアルトコインの取り扱いも多いことから、日本人に限らず世界でも使っている人が、どんどん増えています。

利用者が増えているという事は、魅力的だという事ですね。

それでは、Binance(バイナンス)にはどのような魅力的特徴があるのでしょうか。

Binance(バイナンス)の特徴(魅力ポイント)

Binance(バイナンス)の特徴

Binance(バイナンス)を使いたいと思える魅力的な特徴を紹介します。

Binance(バイナンス)は取引高が世界No1

先程、設立5ヶ月程度と記載を致しましたが、たったの5ヶ月で世界No1の取引所になりました。No1になるのも納得の理由が・・・。

それは、「取り扱う(上場する)仮想通貨の種類を投票で決める」ということです。

投票ということは、世界の人が欲しいアルトコインがBinance(バイナンス)に存在するようになる!ということです。

ですから、実際にアルトコインを調べると、欲しいアルトコインの大半はBinance(バイナンス)にあることに気づきます。

さらに、Binance(バイナンス)で上場したアルトコインの多くが数倍の価値となっています。

そのため、急成長の取引所でありながら、大人気の取引所であるため、安心して口座開設することができます。

▼日本語に対応している

何より安心なのが、日本語に対応しているということです。

海外の取引所を見てみると、ほとんどが英語ですよね。

もちろん取引所をある程度使い慣れている人は、英語であろうと特に難しいことは無いのですが、文字を見て瞬時に意味を理解できるのと、「これは・・・この操作だよね・・・」と確認しながら操作をするのでは、安心感が違います。

▼アルトコインの種類が豊富

取り扱っている(上場している)アルトコインの数がとても豊富です。

2017年11月現在では、141種類にも上ります。

Binance(バイナンス)の取り扱っている一部のアルトコインを抜粋します。数が多いので文字が小さいですが、日本人に馴染みがあるアルトコインを赤枠で囲っています。そこには、ビットコインゴールドや、ビットコインダイアモンドもあります。

仮想通貨(アルトコインの種類)BittrexやPoloniexといった海外取引所を使っている人には物足りないかもしれませんが、日本の取引所だけを使っている人にとって、日本語を使えて141種類も取引できる場所はこのBinance(バイナンス)しかありません。

Binance(バイナンス)の公式サイト

▼取り扱うアルトコインはみんなの投票で決める

Binance(バイナンス)の特徴で一番面白いのが、「取り扱う(上場する)仮想通貨の種類を投票で決める」ということです。

Binance(バイナンス)を使っているユーザーが、取り扱ってほしい仮想通貨の種類を投票できるのです。

これって、すごく面白い仕組みですよね。

自分の使っている仮想通貨取引所で「この仮想通貨を扱ってくれないかな・・・」なんて考えたことはありませんか?

希望はあっても、取り扱う(上場する)仮想通貨を決めるのは仮想通貨取引所なので、期待しながら待つしかありませんでしたよね。

この仕組みは、本当に魅力的だと思います。

ビットコインハードフォークの際には付与されるかも!

ビットコインハードフォークの際には付与されるかも!

ビットコインは今後も、いくつかのハードフォーク(分裂)を控えています。

ハードフォーク(分裂)とは、簡単にいうと、ビットコインからコインが分裂し、別のコインが生まれることです。

現在では、ビットコインキャッシュやビットコインゴールドがハードフォーク(分裂)から生まれた仮想通貨ですね。

※ハードフォーク(分裂)については「ビットコインキャッシュ(BCH)/特徴・仕組み・将来性」で分かりやすく説明していますので、参考にしてみてください。

 

以前、ビットコインがビットコインキャッシュとハードフォーク(分裂)した時を覚えているでしょうか。(2017年8月にハードフォーク)

ハードフォーク(分裂)の日までに持っていたビットコインと同じ枚数のビットコインキャッシュが付与されたのです。

ビットコインを持っていた人は、自動的に”ただ”でビットコインキャッシュをもらうことができたのですね。

勝手に、自動的に無料で資産が増えたわけです。

ビットコインがハードフォーク(分裂)した場合、今後もこのようなことが起こり得るということなのです。

 

しかし、すべての取引所がこういった措置を行ってくれるわけではありません。

ハードフォーク(分裂)した後の仮想通貨(以前の場合はビットコインキャッシュ)を取引所が取り扱わないと決めれば、もちろん付与されることはありませんよね。

では、どういった仮想通貨取引所で、ハードフォーク(分裂)時の”付与”が行われるのかというと、”新しい仮想通貨を積極的に取り入れる取引所”なのです。

そして、Binance(バイナンス)は、こういった新しい仮想通貨を積極的に取り入れる可能性がとても高い仮想通貨取引所でもあるのです。

というのも、2017年10月にビットコインはハードフォーク(分裂)して、ビットコインゴールドという仮想通貨が誕生しました。

その時もいち早く、ビットコインゴールドの取り扱い(上場)を発表したのがBinance(バイナンス)なのです。

ビットコインゴールド(BCG)のチャートがこちら

ビットコインゴールド(BCG)のチャート

1ビットコイン=1ビットコインゴールドが付与されました。

ビットコインゴールド誕生時の価値は、約3万円前後です。

ビットコインを持っているだけで無料で3万円が貰えると考えると非常にお得ですよね!?なお、2017年11月現在、日本の取引所ではビットコインゴールドは付与されておりません。

 

また、2017年11月のビットコインのハードフォーク時には、ビットコインダイアモンドという仮想通貨が誕生しており、こちらもBinance(バイナンス)では該当者に付与しています。

ビットコインダイアモンド(BCD)のチャートがこちら

ビットコインダイアモンド(BCD)のチャート

1ビットコイン=10ビットコインダイアモンドが付与されました。

価値として、2017年11月26日現在の価格は、10ビットコインダイアモンドで8万3,000円になっています。なお、ビットコインダイアモンド(BCD)誕生時は、5万円~18万円の価値です。1ビットコインを持っているだけで、無料で5万円~18万円を貰えるということです。

これだけの価値を付与されるかどうかは、取引所次第なのですが、日本の多くの取引所は付与されませんでした。

Binance(バイナンス)の取引所がいかに魅力的か理解できますよね~。だからこそ、日本人の登録が急拡大中です。

さらに、新情報をアップデートします。

暴騰に記述した内容ですが、再度確認しましょう。

公式twitterのアカウントで、『Binance(バイナンス)は全てのハードフォークをサポートする』と回答しています。

Binance(バイナンス)で付与

今後、ビットコインがハードフォーク(分裂)した時、仮想通貨分裂時の”付与”がとても期待できるのですね!

これで、安心してBinance(バイナンス)にビットコインを預けることができます。

ビットコインのハードフォーク時に、どこの取引所が付与するのか!?そんな情報がギリギリになって出回りますが、情報収集するのって本当大変ですよね。

考えるまでもなく、Binance(バイナンス)に登録しましょう。

ちなみに、今後、ビットコインはハードフォーク(分裂)するのでしょうか。

▼今後のハードフォークへの期待

数々のハードフォーク(分裂)に対応してきたバイナンスです。

Binance(バイナンス)を利用するかどうか後からでも考えられます。しかし、これだけの魅力条件が整っておりますので、口座開設だけでもしておき、ビットコインのハードフォークに備えることが重要です。

Binance(バイナンス)の公式サイト

Binance(バイナンス)を使うのは不安?

Binance(バイナンス)を使うのは不安?とはいっても、中国の取引所ということで不安を感じる人も少なくないと思います。

特に、最近では、ビットコインはダメだとかICOは禁止だとか、仮想通貨市場を抑圧するような発表が騒がれました。

 

そして、2017年9月頃は、たくさんの取引所が停止したという事実があります。

これらの情報で、中国の仮想通貨取引所に関してネガティブなイメージを持ってしまったという人も多いのではないでしょうか。

しかし、Binance(バイナンス)は、しっかり対策しました。

▼中国の仮想通貨事情に対するBinance(バイナンス)の対策

仮想通貨のトレードやICOの規制について、Binance(バイナンス)は大きく次のような対策をとっています。

~ICOについて~

対策:規制されそうなICO案件(通貨)は取引所から削除

~仮想通貨のトレードについて~

対策:中国国内からのトレードを、IPアドレス単位で制限

~中国国内トレードを制限した分の、トレード量減少に対する穴埋め~

対策:中国国外の海外ユーザーを対象としてサービスを拡大

※日本語が使えるのもこのおかげですね

このように、だめなものは排除し、世界に目を向けるという展開でサービスを拡大しています。

世界を対象とする仮想通貨取引所ならば、取引量も多くなりますし、ますます盛り上がることが期待できますね!

Binance(バイナンス)特徴 ~まとめ~

Binance(バイナンス)特徴 ~まとめ~日本でも有名な海外の仮想通貨取引所はいくつもありますが、その中でも、中国の取引所はネガティブなイメージがありました。

しかし、中国国内の問題にちゃんと対策をして、さらにサービスを広げているBinance(バイナンス)には期待できます。

そして、新しい仮想通貨を積極的に取り扱う(上場する)点についても、取り扱う(上場する)仮想通貨をユーザーの投票で決めるという点についても、今後期待のできる仮想通貨取引所ではないでしょうか。

Binance(バイナンス)の公式サイト

 

ここまで、Binance(バイナンス)のことを学んできました。直ぐに自分で口座作成をされたい方は上記公式サイトより進めてください。

一方で、海外の口座なので口座作成方法を理解されたい方も多いと思います。

順を追ってご説明します。

にゃんこ

にゃんこ
これは地味に嬉しいにゃん。海外取引所は初めての挑戦だにゃん。
ビット先生

ビット先生
大丈夫。大丈夫。凄い簡単じゃぞぃ。ビット先生も実は昨日口座開設をしたんだぞぃ。

Binance(バイナンス)の口座作成方法

1.Binance(バイナンス)の公式サイトからアカウント作成

Binance(バイナンス)の口座作成方法

2.メールアドレス、パスワードの登録

Binance(バイナンス)に口座登録2
  1. メールアドレスを入力
  2. パスワードを入力 ※半角英数記号を組み合わせた文字を設定しましょう。(大文字、小文字、数字)
  3. スライドを右側へドラッグ
  4. 利用規約を確認しチェックボックスをオン
  5. 「登録」をクリック

「登録」をクリックすると、メールが届きます。

3.メールにて内容を確認

Binance(バイナンス)に口座登録3

上述のボタンをクリックすると、登録が完了します。

先ほど登録したメールアドレスとパスワードでログインすることができますのでご確認ください。

いかがですか。

海外取引所の口座だから難しいと思ってしまいますが、日本語対応なので非常に簡単です。是非トライしてみてください。

Binance(バイナンス)の公式サイト

ランキング1位を狙っています。記事が役に立ったら応援お願いします!


にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

ビット先生

ビット先生
~1日1回、上記2つにポチっと応援を頼むぞぃ。皆の力が必要じゃ。

LINE@にて、ビット先生からの非公開情報や最新情報を受け取る!

  • ビット先生が仮想通貨開始から4ヶ月で3,000万円以上稼いだ銘柄選定方法
  • ブログでは公開していない通貨・ICO情報
  • 仮想通貨の最新ニュース
  • オススメの取引所
  • その他、仮想通貨に関する情報を配信
友だち追加
【公式】仮想通貨取引所

仮想通貨は、市場規模が70兆円を超え、非常に注目されている市場です。

FXの市場が500兆円、株式市場が6,500兆円ということを考えると、ここから数年で10倍、20倍と拡大を続けることが予想されます。

まだ仮想通貨を始めていない方は、先ずは口座開設から始めてください。

全て無料で作成できますのでご安心ください。

【日本国内の取引所】

【海外の取引所】

仮想通貨取引所・徹底比較ランキング

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

XPのバイナンス上場 投票

仮想通貨XPのバイナンス上場に向けて投票・登録