仮想通貨の購入:取引所と販売所の違い

LODE(ロード)のICO参加方法

仮想通貨の取引を行う場所には「取引所」と「販売所」があります。

bitFlyer(ビットフライヤー)やcoincheck(コインチェック)を使っている人は、メニューで「取引所」と「販売所」に分かれているので、ご存知の人もいるかと思います。

仮想通貨を取引する際に、「取引所」を使うか「販売所」を使うかでは、かなりインパクトの違いがありますので、しっかり理解した上で利用しなければいけません。

そして、理解することで、自分の環境ではどちらの方が利用しやすいのかを判断しましょう。

今回は、この「取引所」と「販売所」の違いについて紹介したいと思います。

にゃんこ

にゃんこ
販売所!?取引所!?さっぱりわからないにゃん。
ビット先生

ビット先生
仮想通貨の購入において、販売所と取引所の違いは理解しておく必要があるぞぃ。わかりやすく開設していくのでしっかり勉強して欲しいぞぃ。

取引所ってなに?

仮想通貨の取引所ってなに?

取引所というのは、簡単に言うと「取引のマッチング会場」です。

自分の好みと相手の好みが合えば、取引が成立します。

これは、自分の希望する金額と希望するコイン枚数が一致すれば取引が成立するということです。

逆に、一致しなければ取引はできません。

欲しい通貨の金額がいくら下がっていても、その金額で売りたいという人がいなければ、コインを買うことは出来ないのです。

そのかわり、自分の希望する金額を提示することができます。

 

取引に慣れてくると、チャートや最新情報を見ながら、欲しいコインが今後どのくらいの金額になるのかを分析できるようになりますよね。

ですので、売買する金額を指定する(指値する)というのは非常に重要な要素になってきます。

 

取引所のメリットとデメリットをまとめると、次のようになります。

・メリット:自分の好きな金額を指定(指値)して取引ができる

・デメリット:希望する金額の取引相手がいなければ、取引ができない

販売所ってなに?

販売所というのは、簡単に言うと「自動販売機」です。

例えば、先に例をあげた「bitFlyer(ビットフライヤー)」や「coincheck(コインチェック)」のアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)は「販売所」での取引となります。

これら「販売所」のコインは、各取引所が決めた値段で販売されていますので、取引所が決めた値段で売買しなければなりません。

自分で決めることができるのは、買うコインの”枚数”だけです。

チャートを分析したり、”いくらになったら買いたい(または売りたい)”というやり取りが面倒、あるいは精神的にきつい・・・という人には、楽に売買できるという利点があります。

また、買いたい金額で確実に売買できるので、ストレスからも解放されますね。

ただし「販売所」に表示されている金額には、いわゆる”見えない手数料”が上乗せされています。

例えば、Zaif取引所とcoincheck販売所の価格を比べてみてください。

若干上乗せされているのが分かると思います。

これは、100円のジュースを買うときに、コンビニなら108円で買えますが、自動販売機だと120円ですよね。

自動販売機を設置するための電気代やジュースの輸送費など、もろもろのコストが最初から上乗せされているのです。その代わり、いつでもどこでもジュースを買うことができるというメリットがあります。

このように「販売所」には、bitFlyerやcoincheckがあらかじめ仕入れたコインを、コストを上乗せして陳列することで、いつでも売買ができるというメリットを提供しているのです。

販売所のメリットとデメリットをまとめると、次のようになります。

メリット:欲しい値段の時に、いつでも売買ができる

デメリット:取引所に比べると”見えない手数料”が上乗せされているので若干高い

取引所と販売所はどちらが得なの?

「取引所」と「販売所」を比べるとどっちが得なのでしょうか。

これは、購入する人の環境によると思います。

チャート分析や、情報収集が十分にできる人、また自分の欲しい値段を決めてじっくり売買が出来る人にとっては「取引所」が得ではないでしょうか。

逆に、あまり取引に時間が取れず、情報を得た瞬間に、瞬発的に、かつ確実に売買したい場合は「販売所」が便利ですね。

極論を言うと、喉が渇いた時に、ジュースを持っている人を探しに行くか、目の前の自動販売機で買うかの問題です。

手数料の問題で言うと「取引所」が得、時間の問題で言うと「販売所」の方が効率的と考えて良いのではないでしょうか。

仮想通貨の取引所と販売所の違い ~まとめ~

「取引所」と「販売所」には、それぞれメリットとデメリットがあります。

どちらが良い、と言うわけではありませんが、そこには明確な違いがあります。自分の環境や、取引したい仮想通貨の種類によっても、どちらを使うかが変わってきますよね。

どちらを使うかという簡単な基準は次の通りです。

取引所:自分の好きな値段で取引を行えるが、マッチングしないと取引は成立しない

販売所:自分の好きな時にいつでも取引が成立するが、”見えない手数料”が存在する

仮想通貨の取引も、実際のお金が動く投資・投機です。

ですので、細かな違いや分からないことは、自分自身でしっかり調べて、納得してから取引を行うことが大切ですね。

※個人的には、手数料がほぼ存在していない取引所の購入の方が安いのでオススメです。

 

いかがですか。取引所と販売所の違いについて理解できましたでしょうか。

いずれにしても、仮想通貨の購入には、口座開設が必須です。

先ずは、無料で作成できる口座から開設しましょう。

仮想通貨の取引所ランキング
仮想通貨を安全・安心に購入できるオススメ取引所をご紹介します。 実際に私が利用している取引所が日本最大規模のビットフライヤーと、アルトコインが...
【公式】仮想通貨取引所

仮想通貨は、市場規模が70兆円を超え、非常に注目されている市場です。

FXの市場が500兆円、株式市場が6,500兆円ということを考えると、ここから数年で10倍、20倍と拡大を続けることが予想されます。

まだ仮想通貨を始めていない方は、先ずは口座開設から始めてください。

全て無料で作成できますのでご安心ください。

【日本国内の取引所】

【海外の取引所】

仮想通貨取引所・徹底比較ランキング

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

仮想通貨の購入方法

仮想通貨の購入方法

リップル(XRP)の買い方・購入

【仮想通貨の種類】注目したい10選

ビットコインハードフォークの際には付与されるかも!

仮装通貨の仕組み【初心者向け】

仮想通貨取引所ハッキング被害まとめ

仮想通貨に課される税金のまとめ

仮想通貨に課される税金のまとめ

二度とログイン出来なくなる!?仮想通貨取引所の2段階認証における注意点!!