Enjin(ENJ)の特徴・買い方・購入方法・将来性

Enjin(ENJ)エンジンの買い方・購入方法

Enjin(ENJ・エンジン)は、ゲームと非常に深く関わる仮想通貨です。

簡潔にEnjin(ENJ・エンジン)の特徴を言えば、『最大のゲーマー向けオンラインプラットフォーム。コミュニティを形成したり店舗を作って自分の経験を売れる。』ということです。

Enjin(ENJ・エンジン)は今後、ゲームの世界と現実世界をつなげるものになるのではないでしょうか。

また、ゲームの世界のアイテムが、リアルな世界で売買可能となれば、新たなる消費促進にもつながるかもしれません。

そこで今回は、そもそもEnjin(エンジン)とはどのようなものなのか、そしてEnjin(エンジン)の特徴から見える可能性と将来性について紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

Enjin(エンジン)のポイントは、「ゲーム上のアイテムの所有権」です!

にゃんこ

にゃんこ
ゲーマー向けオンラインプラットフォーム?
ビット先生

ビット先生
ユーザー数は既に1,800万人以上というから、相当拡大の余地があるぞぃ

ちなみにビット先生は2017年12月8日に購入し、2018年1月4日には10倍を達成しました。

ENJ購入

Enjin(ENJ・エンジン)10倍達成のチャートがこちら

ENJ(エンジン)10倍達成のチャート

Enjin(ENJ・エンジン)って何?

Enjin(ENJ)エンジンとは

Enjin(エンジン)は、ゲーム上で使用するため「ENJ」という仮想通貨を発行しています。

通貨の単位は「ENJ」で取引されています。

Enjin(エンジン)は2009年にシンガポールを拠点に設立されました。

時価総額は2017年12月現在、107位とまだまだ伸び幅も期待できそうですね!

一口に「ゲーム上で使用する仮想通貨」といっても、使い道はいろいろ想像できると思います。

特に、ゲームに精通している人にとっては、ゲームと仮想通貨そしてブロックチェーンの組み合わせにはワクワクする人も多いのではないでしょうか。

それでは、Enjin(エンジン)にはどのような特徴があるのかを見てきましょう。

Enjin(エンジン)の特徴

Enjin(エンジン)の特徴

Enjin(エンジン)の特徴は、仮想通貨をゲームに関連付けることで「ユーザーにゲーム上のアイテムの所有権を与える」というのが最大の特徴ですね。

ゲーム上のアイテムの所有権を与える

ゲーム上のアイテムを所有すると言われても、ちょっとピンとこない部分がありますよね。

でも、所有の仕方はその他の仮想通貨と同じです。

ゲーム内で買ったアイテムを、自分のパソコンやスマートフォンに保管しておける”ウォレット”に入れることができるのです。

自分の”ウォレット”に入れるということなら、イメージができるのではないでしょうか。

※仮想通貨のウォレットについては「初心者でも理解できるビットコインの特徴のまとめ」に分かりやすく紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

ゲーム上のアイテムをユーザー同士で取引する

ゲームユーザーたちは、上に書いたように、自分のアイテムを自分のウォレットに所持することができるようになります。

すると、ユーザーたちは、自分のウォレットに入っているアイテムを、交換することができるのです。

もちろん、交換以外にもその他多くの機能を持たせることが可能になるそうです。

仮想通貨のように、アイテムを取引することができるようになるわけですね。

異なるゲーム間でもアイテム取引

また、ゲーム自体は、様々なゲームに対応する予定です。

同じアイテムを使うゲームになるのか、それとも世界観の違うゲーム同士でのアイテム交換ができるようになるのかは分かりませんが、ゲームの垣根を超えてアイテムを自分が所有できるというのは、画期的な試みではないでしょうか。

ゲーム内の報酬とする

例えばゲーム内でEnjin(エンジン)の通貨単位「ENJ」を稼ぐことができれば、それが報酬となり、かつウォレットに入れて所持できるとなると、仮想通貨のトレードにも使えるのではないかと、期待が膨らみますよね。

プロではなく、一般のゲーム好きな人でも、ゲームをすることで報酬を得ることができるようになるということですね。

なんだかワクワクしますね。

仮想商品店を作る

仮想商品を販売するお店も作るという構想があるようです。

どのようなスタイルになるのかは分かりませんが、実店舗(家電量販店など)で、ゲーム内のアイテムを販売し、それを「ENJ」コインで買うことができるようになるのでしょうか。

現実世界と、ゲームの世界が繋がる瞬間でもあるわけですね。

このような特徴をもつEnjin(エンジン)ですので、これまでにない”ゲームと現実世界”を繋ぐような未来がすぐそこに来ているのかもしれません。

Enjin(エンジン)の今後・将来性

Enjin(エンジン)の今後・将来性

Enjin(エンジン)に関わるチームには、ゲーム業界の知識とブロックチェーンの知識を兼ね備えた人材がしっかりとサポートしています。

現在のチーム人数は8名です。

少ないと感じるかもしれませんが、それぞれが専門知識をもったプロフェッショナルです。

また、この人数で始めて、時価総額を107位まで引き上げたということも事実ですよね。

これらを踏まえて、今後のEnjin(エンジン)の将来性を期待しましょう。

ゲーム業界とブロックチェーンの融合

「ENJIN COIN」の創始者のひとりは、9年間ゲーム業界の経験があり、さらにブロックチェーン業界については2011年から携わるなど、両方の業界に精通する人物とのことです。

オンラインゲームにブロックチェーンを組み合わせるという発想がとても面白く、さらに”アイテムに所有権を持たせる”というのは、どちらの業界にも携わる人ならではの発想ですね。

アジアのゲーム市場の大きさも理解している

ゲーム市場といえばアジアが非常に大きな規模となります。

そのようなゲーム市場も把握したうえで、日本や中国、韓国そして拠点のあるシンガポールをターゲットとしています。

「ENJ」でアイテムを購入する利点

現在は、ゲーム内アイテムを既存の通貨(ドルなど)で購入することも可能とのことですが、既存の通貨で購入したアイテムは、アカウントが停止されてしまうと全て無くなってしまいます。

しかし、「ENJ」で購入したアイテムは”あなたに所有権がある”ため、ウォレットに入れて管理することができますよね。

ですので、アカウントが削除された場合でもアイテムは残るというわけです。

Enjin(エンジン)の買い方・購入方法

Enjin(エンジン)の買い方・購入方法

それでは、Enjin(エンジン)の購入方法を紹介します。

現在(2017年12月現在)は、日本の仮想通貨取引所では取引が出来ませんので、海外の仮想通貨取引所で購入することになります。

「ENJ」は以下の仮想通貨取引所で購入することができます。

・バイナンス(Binance)

・クリプトピア(CRYPTOPIA)

・ヒットビーティーシー(HITBTC)

・タイデックス(TIDEX)

・ライブコイン(LIVECOIN)

・イーサデルタ(EtherDelta)

・コス(COSS.IO)

どれも海外の仮想通貨取引所ですが、バイナンスやクリプトピアはアルトコインの取り扱いが多いことから、使っている人も多いのではないでしょうか。

そして、バイナンスに関しては、日本語も使えるうえに、先日、仮想通貨の取引高が世界一位になったことでも、安心できる取引所ではないでしょうか。

※バイナンス(Binance)については「【総まとめ】Binance(バイナンス)の特徴・登録方法・評判・口コミ」でわかりやすく紹介しています。

※クリプトピア(Cryptopia)については「Cryptopia(クリプトピア)の特徴・評判・登録・使い方 ~海外取引所~」で分かりやすく紹介しています。

日本語も使えるということもあり、バイナンス(Binance)での購入を例に紹介していきますね。

Binance(バイナンス)の公式サイト

購入までの流れ:

  1. 日本の取引所に日本円を入金
  2. 日本の取引所でビットコイン(あるいはイーサリアム)などを購入
  3. 日本の取引所から購入できる海外取引所に送金
  4. Binance(バイナンス)などのENJを扱っている取引所でENJコインを購入

※2017年12月現在、ビットコインの送金速度低下と手数料が高くなっていることから、イーサリアムでの送金・購入のほうがストレスはありません。

まずは、日本の仮想通貨取引所の登録と、海外の仮想通貨取引所の登録をしてください。

※日本の取引所を開設されていない方は、Zaif(ザイフ)をオススメします。

マイナス手数料で、最安で通貨を購入することができます。

Zaif(ザイフ)
仮想通貨を買うには、まず仮想通貨取引所に口座を作る(登録する)必要があります。 日本で主要な仮想通貨取引所は「bitFlyer(ビットフラ...

Enjin(エンジン)購入までの4つのステップ

1.日本の仮想通貨取引所に日本円を入金する。

日本の仮想通貨取引所でビットコイン(あるいはイーサリアム)の購入をするため、日本円を入金してください。

2.日本の仮想通貨取引所にて、イーサリアムを購入。

Zaif(ザイフ)で購入1

~日本から海外へ送金~

3.購入したビットコイン(あるいはイーサリアム)を、Enjin(エンジン)を購入する取引所に送金する。

ETHを入金

ビットコイン(あるいはイーサリアム)を購入したら、Enjin(エンジン)を購入する取引所にビットコイン(あるいはイーサリアム)を送金してください。

~「ENJ」を購入する取引所での作業~

4.Enjin(エンジン)を購入する

日本の仮想通貨取引所から送金が完了したら、「ENJ」を探してください。

検索窓がありますので、そこに「ENJ」と入力すればすぐに見つけることが出来ます。

着金したビットコイン(あるいはイーサリアム)にて、「ENJ」を購入してください。

ENJをバイナンスで購入

Enjin(エンジン)の特徴~まとめ~

Enjin(エンジン)の特徴~まとめ~

Enjin(エンジン)は、ゲーム内のアイテムを自分自身で所有できるという魅力があります。

これって、意外と嬉しいものですよね。

また、万が一アカウントが削除されても、購入したり入手したアイテムを自分のウォレットに持っておけるというのは、”所有欲”を満たしてくれるのではないでしょうか。

最後に、Enjin(エンジン)の特徴についてまとめておきますね。

・ゲーム業界とブロックチェーンの融合。

・Enjin(エンジン)は、ゲーム上で使用するために作られている仮想通貨である。

・「ユーザーにゲーム上のアイテムの所有権を与える」というのが最大の特徴。

・ゲーム内で買ったアイテムを”ウォレット”に入れることができる。

・自分のウォレットに入っているアイテムを、ユーザー同士で交換することができる。

・アイテムをウォレットに入れているため、ユーザーアカウントが消えてもアイテムは所有し続けることができる。

・異なるゲーム間でもアイテム取引ができるようになる。

・仮想商品を販売するお店も作る。

・日本や中国、韓国そして拠点のあるシンガポールをターゲットとしている。

まだまだ開発中ではありますが、これが全て実現すればゲームのアイテムに関する価値が、現在とは全く違ったものになってくるのではないでしょうか。

現実世界とゲームの世界、まさに仮想世界が繋がるということですよね!

ゲームが好きな人はもちろん、今はそれほどゲームに触れないという人でも、この仕組みはワクワクしてしまいますよね!

Enjin(エンジン)は、今後の展開に期待しながら、応援していきたいですね!!

Enjin(エンジン)を購入するのであれば、世界No1の取引量を誇るBinance(バイナンス)がオススメです。

Binance(バイナンス)の公式サイト


~ポチっと応援を宜しくお願いします~

LINE@にて、ビット先生からの非公開情報や最新情報を受け取る!

  • ビット先生が仮想通貨開始から4ヶ月で3,000万円以上稼いだ銘柄選定方法
  • ブログでは公開していない通貨・ICO情報
  • 仮想通貨の最新ニュース
  • オススメの取引所
  • その他、仮想通貨に関する情報を配信
友だち追加
【公式】仮想通貨取引所

仮想通貨は、市場規模が70兆円を超え、非常に注目されている市場です。

FXの市場が500兆円、株式市場が6,500兆円ということを考えると、ここから数年で10倍、20倍と拡大を続けることが予想されます。

まだ仮想通貨を始めていない方は、先ずは口座開設から始めてください。

全て無料で作成できますのでご安心ください。

【日本国内の取引所】

【海外の取引所】

仮想通貨取引所・徹底比較ランキング

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。