MCO(MONACO・モナコ)の特徴・買い方・購入方法・将来性

MCOの特徴・買い方・購入方法・将来性

MCO(MONACO・モナコ)は、「仮想通貨が使えるデビットカード」を作ります。

これ、ワクワクしますよね!!

既にVISA(シンガポール)では、Monacoデビットカードが承認されていますし、今後もヨーロッパ市場、そして今年、2018年にはアメリカでの提供も視野に入れていています。

今、投資や投機目的で購入している仮想通貨は、デビットカードを通して世界中で使えるようになるかもしれません!

今回は、仮想通貨をさらに使いやすくしてくれる「MCO(モナコ)」について、そもそも「MCO(モナコ)」とは何なのか、そして「MCO(モナコ)」のデビットカードはなぜそんなに期待されているのかを、特徴と将来性を交えながら紹介します。

最後に、「MCO(モナコ)」の買い方・購入方法についても触れていますので、ぜひ参考にしてください!

にゃんこ

にゃんこ
デビットカードの普及って時間がかかりそうだにゃん。
ビット先生

ビット先生
確かに時間はかかるが、仮想通貨とリアルな世界を繋げるには必須な取り組みだぞぃ。その中でもMCOは注目銘柄じゃぞぃ。

MCO(MONACO・モナコ)ってなに?

MCO(モナコ)ってなに?

MCO(モナコ)は、『仮想通貨が使えるデビットカードを作ろう!』というプロジェクトです。

また、仮想通貨取引所で取引される単位は「MCO」です。

MCO(モナコ)は2017年5月に公開され、7月に取引が開始された、まだまだ若いコインではありますが”デビットカードで仮想通貨決済ができる”というのはとてもインパクトがあります。

2018年1月時点では、仮想通貨は”通貨”と呼ばれるわりには、実際に”通貨”として使うほど便利ではありませよね。

今は主に投資・投機の対象で、”仮想通貨で支払いをするという日常”はまだまだ先という感覚です。

仮想通貨をデビットカードで使えるというのは、待ち望んでいる人も多いのではないでしょうか。

ここで、MCO(モナコ)の基本情報をまとめておきますね。

MCO(MONACO・モナコ)の基本情報

通貨名 MCO(Monaco) 公開日 2017年5月20日
プラットフォーム イーサリアム 最大発行数 31,587,652 MCO
Webサイト https://www.mona.co/
ホワイトペーパー https://goo.gl/8N89E1
購入できる取引所
  • バイナンス(Binance)
  • ビットレックス(Bittrex)
  • ヨービット(Yobit)
  • リクイ(Liqui)

MCO(MONACO・モナコ)のチャート

MCOのチャート

2018年1月3日現在、MCO(モナコ)の時価総額は250億弱とまだまだ高騰とは程遠い状況です。

チャートとしては、上昇傾向にあるため、仕込むタイミングとしても良いと思います。

今後も多数の上場先を控えていることから、十分期待できる銘柄です。

MCO(MONACO・モナコ)の特徴と将来性・今後

MCO(モナコ)の特徴と将来性・今後

MCO(モナコ)の特徴としては「仮想通貨が使えるデビットカードを作る!!」という、インパクトの大きいものですが、期待できる内容をさらに掘り下げてみましょう。

意識するのは銀行間の取引レートとMonacoへの1%だけ!

仮想通貨のデビットカードを作るプロジェクトはいくつかあります。

その中でも、”銀行間為替レート(銀行への手数料は乗っていない)”で使えるというのが「MCO(モナコ)」の最大の特徴といっても過言ではありません。

通常、デビットカードを海外で使用した場合、さまざまな手数料が取られます。

一般的なデビットカードの手数料

  1. カードを発行している金融機関への手数料
  2. カードを使用した国への手数料
  3. VISAへの手数料(これらをマークアップといいます)
  4. その日の銀行間為替レート(円高や円安などの価格差)

と私たちがデビットカードを利用すると、多くの手数料が上乗せされます。

しかし「Monacoデビットカード」では、これら様々な手数料の中から、支払うのは2つの手数料のみ。

Monacoデビットカードの手数料

  1. 銀行間為替レート
  2. 支払い金額の1%

上記2つの手数料を支払うだけで、Monacoデビットカードを使用することができるのです!

円高になったとか円安になったとか、こういった価格差は国を超えれば当然意識することですし、Monacoデビットカードへの1%なんて、買い物をするために、外貨へ両替した時の手数料と比べれば”無い”に等しい金額です。

このように考えると、Monacoデビットカードがどれほど”期待”できるモノなのかがわかりますよね!

VISA加盟店で使えるようになる

Monacoは既に、VISA(シンガポール)に公式に承認を受けているのです。

しかも、仮想通貨事業としては初の快挙です!

今後は、ヨーロッパやアメリカなど、アジア以外でも承認を受けることができれば、世界中で「仮想通貨をデビットカードで使う」ことが出来るようになるわけです。

この事実は、おそらく想像を超えるほどの”利便性”をもたらしてくれるはずです!

ユーザー同士も手数料無料でリアルタイム送金

MCO(モナコ)にはスマートフォンアプリがあります。

Monacoアプリです。

Monacoアプリでは、アプリのユーザー同士で送金を行うことができ、手数料無料でリアルタイム送金が可能なのです。

近い将来、友達同士の現金の受け渡しも無くなるかもしれませんね。

Monacoカードを使えばキャッシュバックは最大10%

Monacoカードで支払いをすれば、最高で10%のキャッシュバックがもらえます。

※契約するカードのランクによって変わってくるようです。

MCO(MONACO・モナコ)の買い方・購入方法

MCO(モナコ)の買い方・購入方法

それではMCO(モナコ)の購入方法を紹介していきますね。

MCO(モナコ)の仮想通貨単位は「MCO」です。

2018年1月3日現在、以下の仮想通貨取引所でMCO(モナコ)の購入が可能です。

・バイナンス(Binance)

・ビットレックス(Bittrex)

・ヨービット(Yobit)

・リクイ(Liqui)

など。

すべて海外の仮想通貨取引所ですが、実績(世界No1の取引所)や知名度、そして日本語も使えるという理由から、バイナンス(Binance)での購入がオススメです。

まずは、Binance(バイナンス)のアカウントを作成してください。

Binance(バイナンス)の公式サイト

日本の仮想通貨取引所の登録と、海外の仮想通貨取引所の登録が終わっていれば、次の購入ステップに沿って、MCO(モナコ)を購入してください。

※日本の仮想通貨取引所の登録をされていない方は、Zaif(ザイフ)がオススメです。マイナス手数料と最安で取引することができます。

Zaif(ザイフ)
仮想通貨を買うには、まず仮想通貨取引所に口座を作る(登録する)必要があります。 日本で主要な仮想通貨取引所は「bitFlyer(ビットフラ...

購入までの流れ:

※2018年1月3日現在、まだまだビットコインの送金に時間がかかるようです。機会損失や送金の不安を軽減するためにも、今回はイーサリアム(ETH)での購入を例に紹介します。

1.日本の仮想通貨取引所に円を入金する。

日本の仮想通貨取引所でイーサリアム(ETH)の購入をするため、日本円を入金して、イーサリアム(ETH)を購入してください。

2.日本の仮想通貨取引所にて、イーサリアムを購入。

Zaif(ザイフ)で購入1

~日本から海外へ~

3.購入したイーサリアム(ETH)を、MCO(モナコ)を購入する取引所に送金する。

ETHを入金イーサリアム(ETH)を購入したら、MCO(モナコ)を購入する取引所にイーサリアム(ETH)を送金してください。

~MCO(モナコ)を購入する取引所での作業~

4.MCO(モナコ)を購入する

日本の仮想通貨取引所から送金が完了したら、「MCO」を探してください。

検索窓がありますので、そこに「MCO」と入力すればすぐに見つけることが出来ます。

着金したイーサリアム(ETH)にて、「MCO」を購入してください。

MCOの買い方・購入方法

※送金に時間がかかっていると不安になると思いますので、だいたいの送金時間をまとめた「仮想通貨の送金時間・手数料比較表とレビュー」を確認してみてください。

MCO(MONACO・モナコ)の特徴 ~まとめ~

MCO(モナコ)のデビットカードは、すでにVISA(シンガポール)の承認もあり、とても期待できる展開となっています。

もちろん、提携には国によってさまざまなルールがあり、特にアメリカはコンプライアンスが他国よりも複雑だと言われているようですが、ぜひ成功させて欲しいですね!

それでは、最後にMCO(モナコ)の特徴をまとめておきますね。

・意識するのは銀行間の取引レートとMonacoへの1%だけ!

・VISA(シンガポール)に公式に承認を受けている。

・ユーザー同士も手数料無料でリアルタイム送金できる。

・Monacoカードを使えばキャッシュバックは最大10%

「MCO(モナコ)」は、仮想通貨の”コイン”にも”デビットカードの普及”にも、とても期待がもてます。

今後の動向に注目して、応援していきたいですね!

Binance(バイナンス)の公式サイト


~ポチっと応援を宜しくお願いします~

LINE@にて、ビット先生からの非公開情報や最新情報を受け取る!

  • ビット先生が仮想通貨開始から4ヶ月で3,000万円以上稼いだ銘柄選定方法
  • ブログでは公開していない通貨・ICO情報
  • 仮想通貨の最新ニュース
  • オススメの取引所
  • その他、仮想通貨に関する情報を配信
友だち追加
【公式】仮想通貨取引所

仮想通貨は、市場規模が70兆円を超え、非常に注目されている市場です。

FXの市場が500兆円、株式市場が6,500兆円ということを考えると、ここから数年で10倍、20倍と拡大を続けることが予想されます。

まだ仮想通貨を始めていない方は、先ずは口座開設から始めてください。

全て無料で作成できますのでご安心ください。

【日本国内の取引所】

【海外の取引所】

仮想通貨取引所・徹底比較ランキング

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。