KuCoin(クーコイン)の登録方法・買い方・使い方

KuCoin(クーコイン)の口座作成・登録方法・使い方
にゃんこ

にゃんこ
Binanceが新規登録一時停止になったんだって。
ビット先生

ビット先生
そうなんだぞぃ。そこで、第二のBinanceと噂されているKuCoin(クーコイン)が注目されているので紹介するぞぃ。

仮想通貨を取引する際には、国内の仮想通貨取引所や海外の仮想通貨取引所を使う方法があります。

それぞれの仮想通貨取引所には特徴があり、取引したい仮想通貨や、自分が使いやすい取引所を選び、仮想通貨を取引していると思います。

今回は、世界の仮想通貨取引所の中でも、日本語も使える仮想通貨取引所である「KuCoin(クーコイン)」について紹介したいと思います。

Binance(バイナンス)の登録ができなかった人も慌てず、第二のBinance(バイナンス)候補のKuCoin(クーコイン)を理解していきましょう。

ご紹介内容は、以下の通りです。

  • KuCoin(クーコイン)って何?
  • KuCoin(クーコイン)の特徴
  • KuCoin(クーコイン)の口座作成・登録方法
  • KuCoin(クーコイン)の使い方

海外取引所で日本語対応しているのはKuCoin(クーコイン)とBinance(バイナンス)ぐらいなので非常に貴重ですね。

KuCoin(クーコイン)(海外取引所 香港)
Kucoinの登録 公式サイト
KuCoin(クーコイン)は、世界No1の取引量を誇るBinance(バイナンス)と同様の中国の取引所で、『質の高い仮想通貨しか扱わない』ということをコンセプトに運営されています。設立から4ヶ月程度ですが、サーバーは安定稼動、24時間チャットでの顧客対応、簡単かつ便利ということで世界的に利用者急上昇中です。さらに、日本語にも対応しているため、日本人の利用者も飛躍的に拡大しています。最も大きな特徴は、取引所独自のトークン「KucoinShares(KCS)」があり、所有していると取引手数料の50%から配当を得ることができます。
手数料 0.1%
レバレッジ
評価
アルトコインの取扱い 65種類以上(急速に拡大中)
取引所の実績 2017年9月
取引所の公式サイト KuCoin(クーコイン)の公式サイト

KuCoin(クーコイン)って何?

Binance(バイナンス)の取引所って何?

KuCoin(クーコイン)とは、中国(香港)の仮想通貨取引所です。

2017年9月15日に開設された、比較的新しい仮想通貨取引所ですね。

海外の取引所には興味があるけど、言語の不安とか情報を集める時に面倒だな・・・なんて思いから、海外取引所を敬遠している人もいると思います。

でも、この中国(香港)の仮想通貨取引所「KuCoin(クーコイン)」は日本語にも対応しており、またアルトコインの取り扱いも多いことから、日本人に限らず世界でも使っている人が、どんどん増えています。

利用者が増えているという事は、魅力的だという事ですね。

それでは、KuCoin(クーコイン)にはどのような魅力的特徴があるのでしょうか。

KuCoin(クーコイン)の特徴(魅力ポイント)

KuCoin(クーコイン)の特徴(魅力ポイント)

KuCoin(クーコイン)を使いたいと思える魅力的な特徴を紹介します。

KuCoin(クーコイン)は、質の高い通貨しか扱わない

海外取引所の多くは、草コインなどを多数取り扱うため、場合によっては詐欺などの可能性がある通貨も多く混じっています。そのため魔界と呼ばれており、また、上場への障壁が少ないことから、通貨を作成したタイミングでは無名の取引所に上場させることがよくあります。

一方で、KuCoin(クーコイン)は、『質の高い通貨』をコンセプトに運営されておりますので、Binance(バイナンス)同様に何でも上場させるということはありえません。

上場のハードルが高いということです。

そのため、私達購入者にとっては、選別されたアルトコインを購入することができるため、ある程度安心感を得ることが出来ます。

また、厳選されたアルトコインであるため、KuCoin(クーコイン)に上場した後に数倍の価値になることがよくあります。これもBinance(バイナンス)と同様の運営形態だからこそ実現できている内容ではないでしょうか。

そのため、急成長の取引所でありながら、大人気の取引所であるため、安心して口座開設・登録することができます。

日本語に対応している

何より安心なのが、日本語に対応しているということです。

海外の取引所を見てみると、ほとんどが英語ですよね。

もちろん取引所をある程度使い慣れている人は、英語であろうと特に難しいことは無いのですが、文字を見て瞬時に意味を理解できるのと、「これは・・・この操作だよね・・・」と確認しながら操作をするのでは、安心感が違います。

24時間チャットでのサポート付き

KuCoin(クーコイン)のチャットサポート

困ったことがあれば、リアルタイムでチャット上よりサポートしてくれます。

こちらのチャットでは日本語対応はしておりませんが、英語で解決できます。

『英語なんてできないよ。』という方でもGoogleの翻訳機能を使えば、全く困ることなくサポートを得ることが出来ます。

実際に私は、KuCoin(クーコイン)から他の取引所への送金を試みたときに、やり方がわからなかったこともあり、チャットにてサポートして頂きました。

無事解決できましたので、このサポートは本当に助かります。

アルトコインの種類が豊富

先程、質の高い仮想通貨に厳選されているという話をしましたが、一方で厳選をしながらも取り扱いの種類が急速に増えています。

ロードマップでは、2017年12月末までに50種類を扱う予定でしたが、既に65種類以上あり、ロードマップを上回るペースで実現できています。

KuCoin(クーコイン)で取り扱っている一部のアルトコインを抜粋します。

数が多いので文字が小さいですが、日本人に馴染みがある『日本の取引所に存在するアルトコインや、バイナンスに存在するアルトコイン』などを中心に赤枠で囲っています。

そこには、ライトコイン、ダッシュ、ビットコインゴールド、ビットコインダイアモンドもあります。

KuCoin(クーコイン)の取り扱い通貨の種類日本の取引所だけを使っている人にとって、日本語を使えて65種類も取引できる場所は、Binance(バイナンス)とKuCoin(クーコイン)しかありません。

KuCoin(クーコイン)の公式サイト

取引所独自のトークン「KucoinShares(KCS)」の存在

KuCoin(クーコイン)の特徴で一番面白いのが、KucoinShares(KCS)というKuCoin(クーコイン)の取引所のみに存在するトークンです。

KucoinShares(KCS)を保有するユーザーは、取引手数料の50%から配当を得ることができます。

※取引手数料は購入時/売却時ともに0.1%

発行上限の2億KucoinShares(KCS)が四半期ごとに一定数(純利益の10%)が消却され、市場に出回る数は減少していくことになっています。

結果として、KucoinShares(KCS)保有者への配当比率は高くなる仕組みです。

こんな素晴らしい仕組みであることから、現在のチャートは物凄いことになっています。

KucoinShares(KCS)のチャート

KucoinShares(KCS)

いかかですか。

KuCoin(クーコイン)が既にどれだけ人気があるかご理解頂けたのではないでしょうか。

KuCoin(クーコイン)が、第二のBinance(バイナンス)と呼ばれる理由が理解できますね。

ビットコインハードフォークの際には付与されるかも!

ビットコインハードフォークの際には付与されるかも!

ビットコインは今後も、いくつかのハードフォーク(分裂)を控えています。

ハードフォーク(分裂)とは、簡単にいうと、ビットコインからコインが分裂し、別のコインが生まれることです。

現在では、ビットコインキャッシュやビットコインゴールドがハードフォーク(分裂)から生まれた仮想通貨ですね。

※ハードフォーク(分裂)については「ビットコインキャッシュ(BCH)/特徴・仕組み・将来性」で分かりやすく説明していますので、参考にしてみてください。

以前、ビットコインがビットコインキャッシュとハードフォーク(分裂)した時を覚えているでしょうか。(2017年8月にハードフォーク)

ハードフォーク(分裂)の日までに持っていたビットコインと同じ枚数のビットコインキャッシュが付与されたのです。

ビットコインを持っていた人は、自動的に”ただ”でビットコインキャッシュをもらうことができたのですね。

勝手に、自動的に無料で資産が増えたわけです。

ビットコインがハードフォーク(分裂)した場合、今後もこのようなことが起こり得るということなのです。

しかし、すべての取引所がこういった措置を行ってくれるわけではありません。

ハードフォーク(分裂)した後の仮想通貨(以前の場合はビットコインキャッシュ)を取引所が取り扱わないと決めれば、もちろん付与されることはありませんよね。

では、どういった仮想通貨取引所で、ハードフォーク(分裂)時の”付与”が行われるのかというと、”新しい仮想通貨を積極的に取り入れる取引所”なのです。

そして、KuCoin(クーコイン)は、こういった新しい仮想通貨を積極的に取り入れる可能性がとても高い仮想通貨取引所でもあるのです。

というのも、2017年10月にビットコインはハードフォーク(分裂)して、ビットコインゴールドという仮想通貨が誕生しました。

その時もいち早く、ビットコインゴールドの取り扱い(上場)を発表したのがKuCoin(クーコイン)なのです。

ビットコインゴールド(BCG)のチャートがこちら

ビットコインゴールド(BCG)のチャート

1ビットコイン=1ビットコインゴールドが付与されました。

ビットコインゴールド誕生時の価値は、約3万円前後です。

ビットコインを持っているだけで無料で3万円が貰えると考えると非常にお得ですよね!?なお、2018年1月現在、日本の取引所ではビットコインゴールドは付与されておりません。

また、2017年11月のビットコインのハードフォーク時には、ビットコインダイアモンドという仮想通貨が誕生しており、こちらもKuCoin(クーコイン)では該当者に付与しています。

ビットコインダイアモンド(BCD)のチャートがこちら

ビットコインダイアモンド(BCD)のチャート

1ビットコイン=10ビットコインダイアモンドが付与されました。

価値として、2017年11月26日の価格は、10ビットコインダイアモンドで8万3,000円になっていました。なお、ビットコインダイアモンド(BCD)誕生時は、5万円~18万円の価値です。1ビットコインを持っているだけで、無料で5万円~18万円を貰えるということです。

これだけの価値を付与されるかどうかは、取引所次第なのですが、日本の多くの取引所は付与されませんでした。

KuCoin(クーコイン)の取引所がいかに魅力的か理解できますよね~。だからこそ、日本人の登録が急拡大中です。

今後、ビットコインがハードフォーク(分裂)した時、仮想通貨分裂時の”付与”がとても期待できるのですね!

これで、安心してKuCoin(クーコイン)にビットコインを預けることができます。

ビットコインのハードフォーク時に、どこの取引所が付与するのか!?そんな情報がギリギリになって出回りますが、情報収集するのって本当大変ですよね。

今までは、多くの方がBinance(バイナンス)に預けておりましたが、Binance(バイナンス)に登録できない状況を踏まえると、KuCoin(クーコイン)を上手く活用しましょう。

KuCoin(クーコイン)の特徴 ~まとめ~

Binance(バイナンス)特徴 ~まとめ~

KuCoin(クーコイン)の魅力を存分に理解して頂けたのではないでしょうか。

ポイントをまとめました。

  • 質の高い通貨しか扱わない。
  • 日本語に対応している。
  • アルトコインの種類が豊富。
  • KucoinShares(KCS)の独自トークン保有で配当が貰える。
  • ビットコインのハードフォークの際に新コインが付与される可能性がある。

これだけ魅力的な取引所ですので、今後も十分期待ができるのではないでしょうか。

KuCoin(クーコイン)の公式サイト

 

ここまで、KuCoin(クーコイン)のことを学んできました。

直ぐに自分で口座作成をされたい方は上記公式サイトより進めてください。

一方で、海外の口座なので口座作成方法を理解されたい方も多いと思います。

順を追ってご説明します。

にゃんこ

にゃんこ
これは地味に嬉しいにゃん。海外取引所は初めての挑戦だにゃん。
ビット先生

ビット先生
大丈夫。大丈夫。凄い簡単じゃぞぃ。ビット先生も実は昨日口座開設をしたんだぞぃ。

KuCoin(クーコイン)の登録・口座作成方法

1.KuCoin(クーコイン)の公式サイトからアカウント作成

KuCoin(クーコイン)の登録・口座作成方法
  1. 先ずは、公式サイトにアクセス 公式サイトはこちら
  2. 右上より言語を日本語に変更
  3. 新規登録ボタンをクリック

2.メールアドレス、パスワードの登録

kucoin(クーコイン)の登録方法
  1. メールアドレスを入力
  2. パスワードを入力
  3. 上記で作成したパスワードを再度入力
  4. 「次」をクリック

「次」をクリックすると、登録されたメールアドレスにメールが届きます。

3.メールにて内容を確認

KuCoin(クーコイン)の登録 メールアドレス

上述のボタンをクリックすると、登録が完了します。

※メールが直ぐに届かない場合があります。5分程時間がかかることがあるようですので、確認して届いていない場合には少々待ちましょう。

先ほど登録したメールアドレスとパスワードでログインすることができますのでご確認ください。

 

いかがですか。

海外取引所の口座だから難しいと思ってしまいますが、日本語対応なので非常に簡単です。是非トライしてみてください。

KuCoin(クーコイン)の公式サイト

【公式】仮想通貨取引所

仮想通貨は、市場規模が70兆円を超え、非常に注目されている市場です。

FXの市場が500兆円、株式市場が6,500兆円ということを考えると、ここから数年で10倍、20倍と拡大を続けることが予想されます。

まだ仮想通貨を始めていない方は、先ずは口座開設から始めてください。

全て無料で作成できますのでご安心ください。

【日本国内の取引所】

【海外の取引所】

仮想通貨取引所・徹底比較ランキング

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。