DeepBrain Chain(ディープブレインチェーン・DBC)の特徴・買い方・購入方法・将来性

DeepBrain Chain(DBC)の特徴・買い方・購入方法・将来性

DeepBrain Chain(ディープブレインチェーン・DBC)」は、既に始まっている”人工知能(AI)の導入”を更に加速させます。

これから、私たちの生活には人工知能(AI)が不可欠になります。

そんな私たちの生活や社会を、更に発展させるべく立ち上がったプロジェクトが「DeepBrain Chain(ディープブレインチェーン・DBC)」です。

これはワクワクしますよね!

今回は、そもそも「DeepBrain Chain(ディープブレインチェーン・DBC)」とは何なのか、また「DeepBrain Chain(ディープブレインチェーン・DBC)」が人工知能(AI)の未来にどのようなアプローチをするのかを、特徴や将来性を交えながら紹介していきます。

キーワードは「人工知能(AI)とブロックチェーンの融合」です!

最後に、DeepBrain Chain(ディープブレインチェーン・DBC)のコイン「DBC」の購入方法も紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

にゃんこ

にゃんこ
時代のAIだにゃん。AI関係は1つ購入したいにゃん。
ビット先生

ビット先生
随分安易だなぁ~。とはいえ、DBCは良い銘柄だぞぃ。

DeepBrain Chain(ディープブレインチェーン・DBC)って何?

DeepBrain Chain(ディープブレインチェーン)は何?

DeepBrain Chain(ディープブレインチェーン・DBC)とは、人工知能(AI)とブロックチェーンを融合したプラットフォーム(基盤)であり、仮想通貨取引所では「DBC」という単位で取引されています。

「人工知能(AI)とブロックチェーンを融合した」と言われても、なんか難しそう、凄そう、と思うだけで、実際に何役に立つのかは分かり難いですよね。

しかし、DeepBrain Chain(ディープブレインチェーン・DBC)が目指す「人工知能(AI)とブロックチェーンの融合」には、企業はもちろん、私たちの普段の生活にも大きく影響する仕組みなのです。

最近、人工知能(AI)という言葉は多く使われていますよね。

人工知能(AI)を使った製品は、実用段階に入っているのです。

例えば、車の自動運転や冷蔵庫の食品管理機能、そして私たちが取引している為替取引、また株式取引でも、既に人工知能(AI)に自動売買をさせている人もいるのが現状です。

為替取引や株式取引については、全員が使っているわけではなく、人工知能(AI)の機能を買うことが出来るごく一部のお金持ちや企業だけです。

お金があるところにお金が集まるというのは当然ですが、正直、不公平ですよね。

でも、お金持ちしか使えない人工知能(AI)ですが、これを低価格で使うことが出来たら嬉しくないですか?

私は嬉しいです!

そんな期待に答えるかのように、人工知能(AI)を低コストで使えるプラットフォーム(基盤)を提供しようとしているのが「DeepBrain Chain(ディープブレインチェーン・DBC)」なのです!!

DeepBrain Chain(ディープブレインチェーン・DBC)の基本情報

通貨名 DBC 公開日 2017年12月14日
プラットフォーム NEO 最大発行数 100億DBC
Webサイト https://goo.gl/JcNeiE
ホワイトペーパー https://goo.gl/fHJChZ
購入できる取引所 KuCoin(クーコイン)

 

DeepBrain Chain(ディープブレインチェーン・DBC)のチャート

DeepBrain Chain(ディープブレインチェーン・DBC)のチャート

2018年1月11日現在の「DBC」のチャートです。

今年に入ってから高騰しており、2018年1月10日に最高値を付けています。

DeepBrain Chain(ディープブレインチェーン・DBC)のロードマップ

DeepBrain Chain(ディープブレインチェーン・DBC)は2018年、以下のような予定を立てています。

2018年4月までの予定。

  1. DeepBrain Chain(DBC)年次総括会議
  2. DeepBrainスキルストアはDBCを介して購入したスキルやサービスをサポートします。
  3. 関連する人工知能のオペレーティングシステムモジュール、ブロックチェーン統合アプリケーションの為のR&Dの3番目のフェーズが完了
  4. DeepBrain Chain(DBC)プラットフォームは公式NEOブロックチェーンです。全てのコードオープンソースとマイニングソフトウェアをリリース

・2018年8月までの予定

  1. 国際一流大学と共同でブロックチェーン技術研究所を建設
  2. DeepBrain Chain(DBC)イノベーションアプリケーションの競争が開始
  3. 主要な四半期情報の開示
  4. DeepBrain Chain(DBC)プロモーションとベンダーアクセス
  5. 世界の人工知能市場に到達する為の進捗を増加させる。

このように、しっかりとしたプランがあるというのも、期待感を持てますよね。

※あくまでも”予定”であることは理解してください。

※ロードマップは公式サイトに掲示してあるので、確認してみてください。

DeepBrain Chain(ディープブレインチェーン・DBC)の特徴と将来性

DeepBrain Chain(ディープブレインチェーン・DBC)のロードマップ

AI製品の低コスト利用

人工知能(AI)の開発や導入には、莫大なコストがかかります。

ですので、企業でも手軽に導入できるようなモノではないのですね。

例えば、開発にも時間がかかりますし、人工知能(AI)のシステムが完成しても、それを動かすためのサーバに莫大な電気代もかかります。

そのような、人工知能(AI)を導入するためのハードルを下げるため、DeepBrain Chain(ディープブレインチェーン・DBC)は、AIコンピューティング(人工知能の開発と稼働)を導入しやすくするプラットフォーム(基盤)を提供してくれるのです。

プライベートな人工知能(AI)が利用できる

DeepBrain Chain(ディープブレインチェーン・DBC)が提供するプラットフォーム(基盤)には、ブロックチェーン技術が使われています。

そこには、所有権などの情報も持つことができる仕組みになっているため、人工知能(AI)を導入したい企業は、低コストでかつ所有権を約束された自分たちだけのプライベートな人工知能(AI)を作り、使うことが出来るのです。

所有権が約束されていないと、せっかく優秀な人工知能(AI)を作っても、マネされたり取られたりしたら話になりませんよね。

もちろん、他の企業が使いたい場合は使用権を渡すことも出来ます。

ブロックチェーンのスマートコントラクト(契約情報などを管理する仕組み)を使うことで、所有権や使用権を、改ざんや不正利用の心配もなく、しっかりと管理することが出来るのですね。

※NEOは中国版のイーサリアムと言われることもあり、イーサリアムの売りである”スマートコントラクト”が使えます。

分散型人工知能コンピューティングでセキュリティも確保

DeepBrain Chain(ディープブレインチェーン・DBC)では、所有権や使用権のデータはもちろん、あらゆるデータを暗号化した上で、分散して管理しているため、ハッキングなどの被害も最小限に抑えることが出来ます。

このような特徴が全て提供されることにより、より低コストに、より安全に人工知能(AI)を取り入れることが出来るようになり、近未来の私たちの生活も便利になっていきますね!

DeepBrain Chain(ディープブレインチェーン・DBC)の買い方・購入方法

DeepBrain Chain(ディープブレインチェーン・DBC)の買い方・購入方法

それでは「DBC」の購入方法を紹介しますね。

DeepBrain Chain(ディープブレインチェーン・DBC)の仮想通貨単位は「DBC」です。

2018年11日現在、以下の仮想通貨取引所で「DBC」の購入が可能です。

・KuCoin(クーコイン)

国内の仮想通貨取引では取り扱いがないので、海外の仮想通貨取引所で購入することになります。

「DBC」は、KuCoin(クーコイン)で購入しましょう。

KuCoin(クーコイン)の公式サイト

※KuCoin(クーコイン)は日本語も対応しています。

日本の仮想通貨取引所の登録と、海外の仮想通貨取引所の登録が終わっていれば、次の3つのステップで「DBC」を購入してください。

※日本の仮想通貨取引所の登録をされていない方は、Zaif(ザイフ)がオススメです。マイナス手数料と最安で取引することができます。

Zaif(ザイフ)
仮想通貨を買うには、まず仮想通貨取引所に口座を作る(登録する)必要があります。 日本で主要な仮想通貨取引所は「bitFlyer(ビットフラ...

購入までの流れ:

※2018年1月11日現在、ビットコインもイーサリアムも送金に時間がかかるようです。機会損失や送金の不安を軽減するためにも、一度少額で送金テストを行ってから、本送金をしたほうが良いかもしれません。

1.日本の仮想通貨取引所に円を入金する。

日本の仮想通貨取引所に日本円を入金して、ビットコイン(BTC)(あるいはイーサリアム(ETH))を購入してください。

2.日本の仮想通貨取引所にて、ビットコイン(BTC)(あるいはイーサリアム(ETH))を購入してください。

Zaif(ザイフ)で購入1

~日本から海外へ~

3.購入したビットコイン(BTC)(あるいはイーサリアム(ETH))を、DBCを購入する「KuCoin(クーコイン)」に送金する。

ETHを入金

ビットコイン(BTC)(あるいはイーサリアム(ETH))を購入したら、DBCを購入する「KuCoin(クーコイン)」にビットコイン(BTC)(あるいはイーサリアム(ETH))を送金してください。

~DBCを購入する「KuCoin(クーコイン)」での作業~

4.DBCを購入する

日本の仮想通貨取引所から送金が完了したら、「DBC」を探してください。

着金したビットコイン(BTC)(あるいはイーサリアム(ETH))にて、「DBC」を購入してください。

KuCoinの購入方法

※送金時間について、「KuCoin(クーコイン)」の例はありませんが、だいたいの送金時間をまとめた「仮想通貨の送金時間・手数料比較表とレビュー」を確認してみてください。

DeepBrain Chain(ディープブレインチェーン・DBC)の特徴 ~まとめ~

EthereumBlue(イーサリアムブルー・BLUE)の特徴 ~まとめ~

自動車やショッピング、家電がインターネットに繋がり(IoT)、私たちの行動情報を人工知能(AI)で分析して、交通事故を減らしたり、今あなたに必要なものを教えてくれたり、生活をあらゆる面で便利にしてくれます。

まるでSFの世界だと思われる人もいるかもしれませんが、おそらくこういった”便利”であり”不安”である未来は確実にやってきます。

その一端を担うのが「DeepBrain Chain(ディープブレインチェーン・DBC)」です!

それでは最後に、DeepBrain Chain(ディープブレインチェーン・DBC)の特徴についてまとめておきますね。

・DeepBrain Chain(ディープブレインチェーン・DBC)とは、人工知能(AI)とブロックチェーンを融合したプラットフォーム(基盤)

・仮想通貨の単位は「DBC」

・AI製品の低コスト利用

・プライベートな人工知能(AI)が利用できる

・分散型人工知能コンピューティングでセキュリティも確保

私たち人間はもう、人間と人工知能(AI)が共存する世界に立っているのです。

そして、今後も人工知能(AI)を利用したモノは増え続けます。

色々な人たち、様々な企業が人工知能(AI)を開発するからです。

ということは、人工知能(AI)の開発や導入を助けるプラットフォーム(基盤)を提供する「DeepBrain Chain(ディープブレインチェーン・DBC)」には、将来性と期待しかありませんね!

KuCoin(クーコイン)の公式サイト


~ポチっと応援を宜しくお願いします~

LINE@にて、ビット先生からの非公開情報や最新情報を受け取る!

  • ビット先生が仮想通貨開始から4ヶ月で3,000万円以上稼いだ銘柄選定方法
  • ブログでは公開していない通貨・ICO情報
  • 仮想通貨の最新ニュース
  • オススメの取引所
  • その他、仮想通貨に関する情報を配信
友だち追加
【公式】仮想通貨取引所

仮想通貨は、市場規模が70兆円を超え、非常に注目されている市場です。

FXの市場が500兆円、株式市場が6,500兆円ということを考えると、ここから数年で10倍、20倍と拡大を続けることが予想されます。

まだ仮想通貨を始めていない方は、先ずは口座開設から始めてください。

全て無料で作成できますのでご安心ください。

【日本国内の取引所】

【海外の取引所】

仮想通貨取引所・徹底比較ランキング

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。