HitBTC(ヒットビーティーシー)の特徴・登録方法・口座作成方法

HitBTC(ヒットビーティーシー)

海外取引所で人気急上昇中のHitBTC(ヒットビーティーシー)の取引所をご紹介します。

今回は、この「HitBTC(ヒットビーティーシー)」について、そもそも「HitBTC(ヒットビーティーシー)」とは何なのか、その特徴からわかるメリットとデメリット、そして気になる手数料を紹介していきます。

にゃんこ

にゃんこ
最近購入したIXTは、HitBTCで購入したにゃん。
ビット先生

ビット先生
ええっ??にゃんこが海外取引所で売買しているとは・・・。凄く驚いたぞぃ。

Hitbtc(ヒットビーティーシー)の公式サイト

HitBTC(ヒットビーティーシー)って何?

HitBTC(ヒットビーティーシー)
HitBTC(ヒットビーティーシー)は、2013年に設立された海外の仮想通貨取引所です。

公式ホームページの対応言語が英語、中国語になっているため、日本語は通じません。

しかし、仮想通貨の取引に慣れた人であれば、グーグル翻訳を使えば公式ホームページの大体の内容は把握できます。

口座開設なども翻訳機能を活用すれば全く問題なく行えます。(翻訳機能を利用しなくとも、いくつかの海外取引所を利用したことがある人であれば、感覚で操作できます)

HitBTC(ヒットビーティーシー)では口座開設時に本人確認が不要です。
メールアドレスとパスワードさえ設定すれば、それだけで口座を開設できてしまいます。

本人確認が必要になるのは米ドル、ユーロを入金し、取引を行う場合だけです。
また口座開設費、維持費ともに無料です。

本人確認無しということでセキュリティに少し不安を感じてしまいますが、二段階認証、自動ログアウト、ログイン履歴の確認などは使用可能です。

ただし、この3つは口座開設後に自分で設定する必要がある点に注意が必要です。

海外取引所なので日本円は使用できません。使える法定通貨は米ドル、ユーロのみとなっています。

日本から利用する場合、所有するビットコインかイーサリアムをHitBTCに送付して取引を行うのが一番簡単です。

HitBTC(ヒットビーティーシー)では、ほとんどの取り扱いコインをビットコインかイーサリアム建てで取引することができるからです。

この二つ以外でも、例えばビットコインキャッシュを送付し、それをビットコインかイーサリアムに替え、そこから他のアルトコインと取引ということもできるので、日本円が使えないというのは特にデメリットにはなりません。

仮想通貨を送金した後、届いたコインを取引用の口座に移さないと取引ができない点に注意です。

入金後はHitBTC(ヒットビーティーシー)の入金専用口座にコインが届いているため、それを取引用の口座に移さないと取引は始められません。

以下の画像の『Main Account』を『Trading Account』に移動させます。
移動は、『Transfer』の→を押すだけなので非常に簡単です。

HitBTC(ヒットビーティーシー)の利用方法

取引画面を操作するだけなので簡単なのですが意外と気づかず、あせりの元になってしまいます。

HitBTCにスマホアプリはありませんので、PCで操作しましょう。

HitBTC(ヒットビーティーシー)の特徴

HitBTC(ヒットビーティーシー)の特徴
HitBTC(ヒットビーティーシー)には、日本の取引所にはない大きな魅力があります。

手数料が非常に安い

海外取引所は日本国内に比べ、全般的に手数料が安い傾向にあります。

そのなかでも、HitBTCの手数料の安さはトップクラスです。

取引手数料が一律で0.1%と日本でも人気のBinance(バイナンス)と同等であり、BITTREX(ビットレックス)の0.25%よりも安くなっています。

これだけでも十分な利点なのですが、注文が即時に実行されない場合0.01%の払い戻しが受け取れるというのもうれしい点です。

取り扱いコインは、日本の取引所とは比較にならないほどに多いです。

他の取引所ではなかなかお目にかかれないようなアルトコインがズラリと並んでいます。

ネットやTwitterを駆使して情報を集め、値上がりしそうな草コインを探しても、取り扱っている取引所がない、そういう場合に真っ先に見てみる価値のある取引所です。

そして、ここで上記の利点が活きてきます。人気のない、取引の少ないコインは手数料が割高になってしまいがちですが、HitBTCではその心配はありません。

HitBTCではICOにも積極的

上場直後に取り扱いが始まるものあり、公式ホームページでの募集まで行っています。

草コインやICOの取り扱いに慎重な取引所が多い中、早めの投資ができるというのは、目を引く点です。

ICOはリスクが大きく、万人に勧められるようなものではありません。
取り扱うICOはそれなりに厳しく審査をしているようですが、それにも限度があるでしょう。

安易に投資の対象にするようなものではありませんが、情報感度の高い人、積極的にハイリスク、ハイリターンを狙っていく人には、HitBTCは魅力的な取引所になります。

HitBTCはビットコインのハードフォークに関しての対応も早く、日本ではほとんど馴染みのないビットコインゴールドをすぐに付与しました。

日本の取引所でも扱う意思を表明している所はありますが、いまだ実現していないのを見ても、HitBTCの積極性がよくわかると思います。

上記の点を見ていくとよくわかることかと思いますが、リスクと隣り合わせの非常に攻めた姿勢がHitBTCの特徴であり、魅力でもあります。

HitBTC(ヒットビーティーシー)の特徴 ~まとめ~

HitBTC(ヒットビーティーシー)の特徴 ~まとめ~
 HitBTCの評判を見ていくと、探していたアルトコインを見つけた喜びや、ビットコインゴールドをいち早く受け取ったという喜びの声がある一方で、送金の遅さやサポートの遅さを嘆く人が多く見うけられます。

一時的な混乱が生じているだけの可能性もありますが、注意が必要です。

海外取引所を使用する場合、問題が起きたら外国語で対応しなければなりません。

必要以上にストレスを感じることになってしまいます。冷静に対応できないと、投資判断に悪影響を及ぼすことになってしまうかもしれません。

HitBTCは海外取引所だけあって、やや敷居が高いです。

また、本人確認不要や事業所の位置もはっきりしていなかったりと怖い面が見える一方で、積極的にICOを取り扱ったり、草コインを取り扱ったりと、攻めの姿勢が際立つのがこの取引所の特徴です。

リスクと向き合い自分の責任で取引できる人、特に草コインやICOの取引に積極的な人にお勧めできる取引所がHitBTCです。

Hitbtc(ヒットビーティーシー)の公式サイト


~ポチっと応援を宜しくお願いします~

LINE@にて、ビット先生からの非公開情報や最新情報を受け取る!

  • ビット先生が仮想通貨開始から4ヶ月で3,000万円以上稼いだ銘柄選定方法
  • ブログでは公開していない通貨・ICO情報
  • 仮想通貨の最新ニュース
  • オススメの取引所
  • その他、仮想通貨に関する情報を配信
友だち追加
【公式】仮想通貨取引所

仮想通貨は、市場規模が70兆円を超え、非常に注目されている市場です。

FXの市場が500兆円、株式市場が6,500兆円ということを考えると、ここから数年で10倍、20倍と拡大を続けることが予想されます。

まだ仮想通貨を始めていない方は、先ずは口座開設から始めてください。

全て無料で作成できますのでご安心ください。

【日本国内の取引所】

【海外の取引所】

仮想通貨取引所・徹底比較ランキング

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。