Phore(フォア・PHR)の特徴・買い方・購入方法・将来性

Phore(PHR)の特徴・買い方・購入方法・将来性

Phore(フォア・PHR)は、ブロックチェーン技術を使用したクラウドファンディングのプラットフォームを提供してくれます。

匿名性通貨が注目される中、Phore(フォア・PHR)についても新たな分野での匿名性通貨として注目されつつあります。

今回は、Phore(フォア・PHR)とはそもそも何なのか、また、Phore(フォア・PHR)にはどのような特徴があるのかを紹介していきます。

キーポイントは「匿名性とクラウドファンディング」です。

最後に、Phore(フォア・PHR)の購入方法についても紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

にゃんこ

にゃんこ
匿名性とクラウドファンディング!??難しい用語だにゃん。
ビット先生

ビット先生
Phore(フォア・PHR)は、まだまだ注目されてるとは言い難いですが、評価は非常に高い内容になっているぞぃ。ビット先生は少額で購入しているぞぃ。

目次

Phore(フォア・PHR)って何?

Phore(フォア・PHR)って何?

Phore(フォア・PHR)とは、匿名で小規模なクラウドファンディングを行うためのプラットフォーム(基盤)を提供するプロジェクトで、仮想通貨取引では「PHR」という単位で取引されています。

クラウドファンディングとは、企業があるプロジェクトを行うための資金を不特定多数の個人など広い範囲から融資を募る資金調達方法です。

2017年には、クラウドファンディングという言葉を良く聞くようになりましたよね。

Phore(フォア・PHR)では、このクラウドファンディングを匿名で行うことが出来るという部分が最大の特徴となります。

もともとは、2014年5月にKryptKoin(KTK)という名前で配布が始まりましたが、KryptKoinの機能をバージョンアップするために、プログラムを作り直した際に名前を変更して「Phore(フォア・PHR)」となりました。

Phore(フォア・PHR)の基本情報

通貨名 PHR 公開日 2017年9月12日
プラットフォーム イーサリアム 最大発行数 11,626,642 PHR
Webサイト https://phore.io/
ホワイトペーパー https://goo.gl/5H7igY
購入できる取引所 Cryptpiaのの公式サイト

Phore(フォア・PHR)のチャート

PHRのチャート

2018年1月13日現在の「PHR」のチャートです。

去年末くらいから、着実に上昇しているのがわかりますね。

Phore(フォア・PHR)のロードマップ

Phore(フォア・PHR)のロードマップ

Phore(フォア・PHR)のロードマップについて、いくつかピックアップして紹介します。

~2017年度3-4四半期~

ゼロコインプロトコル

匿名性に関する弱点を修正できる技術を導入しました。

購入したものやその取引が全て匿名性で保護されて、資産の移動などを追跡することが出来ないようになりました。

匿名性通貨の基本ですね。

マスターノードガバナンス

マスターノードの保有者は、ウォレットの機能で匿名にするか否かを自分で選べるようになりました。

Online Marketplace

全てのデバイスに適合したUI(ユーザインターフェース)を持つオンラインマーケットプレイスに対応しました。

~2018年度1四半期~

Segregated Witness

ブロック当たりのトランザクション数が増加します。

これにより、簡単に言うと送金が速くなるということですね。

分散型の少額クラウドファンディング

クラウドファンディングをしたい!という企業や個人が、Phore(フォア・PHR)のプラットフォーム上で、低コストでの資金調達を可能にすることが目的です。

Phore財団の設立

長期的のPhore(フォア・PHR)プロジェクトを持続させるため、財団を設立するということですね。

~2018年度2-4四半期~

スマートコントラクト

Phore(フォア・PHR)でもスマートコントラクトを採用します。

スマートコントラクトは、お金の決算以外の機能を持たせることができる技術です。

これを使うことで、市場予測や分散市場などを予想できるようになる、とのことです。

iOSとandroidのアプリ

スマートフォンアプリを作ります!ということですね。

これにより、パソコンやスマートフォンのどちらでも、Phore(フォア・PHR)のクラウドファンディングに参加できるようになるということですね。

Phoreラボ設立

ブロックチェーンを使った技術開発や、市場の成長を応援しますということですね。

~2018年度2-4四半期以降~

Phore財団の奨励金

優秀なプログラマーなら、Phoreのプログラムを改善に協力することで推奨金をもらえるようになるそうです。

Phore財団による慈善寄付

慈善寄付も予定しているとのことです。

などなど。

このように、ロードマップはホワイトペーパーにちゃんと開示されています。

ほとんどが今年2018年から本格的に動き出す、といったプロジェクトということが分かりますね。

Phore(フォア・PHR)の特徴と将来性

Phore(フォア・PHR)の特徴と将来性

それでは、Phore(フォア・PHR)の特徴を見ていきましょう。

匿名性

徐々に匿名性通貨の価値は注目されていますね。

個人の資産の移動や、購入履歴など、全てが世界中に監視されてしまうというのは、不正が出来ないという利点もありますが、プライバシーの侵害という危険性の両方の側面を持っています。

特に、投資という面では、誰がどのくらいどこに投資したかということを全て開示するのは好ましくない面もありますよね。

そういった意味では、Phore(フォア・PHR)のようにクラウドファンディングの基盤となる部分については、匿名性という機能は重要な要素になります。

PoSを採用

PoSとは「Proof of stake(プルーフ・オブ・ステーク)」の略称で、ブロックチェーン技術において重要な役割を果たす”マイニング技術”の一つです。

ビットコインでは”PoW”というマイニング技術が採用されており、不正や改ざんが無いことを検証し承認することで報酬を得られる仕組みです。

ビットコインが採用する”PoW”では、膨大な電気量とスペックの高いパソコンが必要ですが、”PoS”は、それとは異なります。

”PoS”は、仮想通貨の保有量が多い人が報酬をもらえる仕組みです。

Phore(フォア・PHR)では”PoS”を採用しているので、「PHR」をウォレットに保持しておくだけで報酬がもらえるということになります。

マスターノードを建てられる

Phore(フォア・PHR)では、マスターノード機能を使うことが出来ます。

マスターノードとは、取引の承認をする場所のことです。

マスターノードは、ある程度(大量)の「PHR」を保有すれば、マスターノードを建てることが出来ます。

マスターノードを建てれば、取引手数料が自分に入ってくるので、資産を増やすことができるのです。

※マスターノードを建てる場合は、かなりのコイン保有数も必要ですが、みんなの取引を承認するサーバーを作るということですので、責任重大です。マスターノードを建てようと思っている方は、しっかりと仕組みを理解した上で、参加するようにしてくださいね!

Phore(フォア・PHR)の買い方・購入方法

それでは「Phore(フォア・PHR)」の購入方法を紹介しますね。

Phore(フォア・PHR)の仮想通貨単位は「PHR」です。

2018年1月11日現在、以下の仮想通貨取引所で「PHR」の購入が可能です。

・Cryptopia(クリプトピア)

国内の仮想通貨取引では取り扱いがないので、海外の仮想通貨取引所で購入することになります。

Cryptpiaのの公式サイト

日本の仮想通貨取引所の登録と、海外の仮想通貨取引所の登録が終わっていれば、次の3つのステップで「PHR」を購入してください。

※日本の仮想通貨取引所の登録をされていない方は、Zaif(ザイフ)がオススメです。マイナス手数料と最安で取引することができます。

Zaif(ザイフ)
仮想通貨を買うには、まず仮想通貨取引所に口座を作る(登録する)必要があります。 日本で主要な仮想通貨取引所は「bitFlyer(ビットフラ...

購入までの流れ:

※2018年1月11日現在、ビットコインもイーサリアムも送金に時間がかかるようです。機会損失や送金の不安を軽減するためにも、一度少額で送金テストを行ってから、本送金をしたほうが良いかもしれません。

1.日本の仮想通貨取引所に円を入金する。

日本の仮想通貨取引所に日本円を入金して、ビットコイン(BTC)(あるいはイーサリアム(ETH))を購入してください。

2.日本の仮想通貨取引所にて、ビットコイン(BTC)(あるいはイーサリアム(ETH))を購入してください。

Zaif(ザイフ)で購入1

~日本から海外へ~

3.購入したビットコイン(BTC)(あるいはイーサリアム(ETH))を、PHRを購入する「Cryptopia」に送金する。

ETHを入金

ビットコイン(BTC)(あるいはイーサリアム(ETH))を購入したら、PHRを購入する「Cryptopia」にビットコイン(BTC)(あるいはイーサリアム(ETH))を送金してください。

~PHRを購入する「Cryptopia」での作業~

4.PHRを購入する

日本の仮想通貨取引所から送金が完了したら、「PHR」を探してください。

着金したビットコイン(BTC)(あるいはイーサリアム(ETH))にて、「PHR」を購入してください。

PHRの買い方・購入

※送金時間について、だいたいの送金時間をまとめた「仮想通貨の送金時間・手数料比較表とレビュー」を確認してみてください。

Phore(フォア・PHR)の特徴 ~まとめ~

Phore(フォア・PHR)の特徴 ~まとめ~

2017年はクラウドファンディングを良く聞くようになった年でもありました。

そんな中、ブロックチェーン技術を基盤にクラウドファンディングの場所を提供してくれるのがPhore(フォア・PHR)です。

それでは最後に、Phore(フォア・PHR)の特徴をまとめておきます。

・Phore(フォア・PHR)とは、匿名で小規模なクラウドファンディングを行うためのプラットフォーム(基盤)

・仮想通貨取引の単位は「PHR」

・PoSを採用

・マスターノードを建てられる

・ホワイトペーパーは日本語に対応している

今後、クラウドファンディングが広がっていくに比例して、Phore(フォア・PHR)も必要とされていくプロジェクトではないでしょうか。

世の中の流れを見ながら、Phore(フォア・PHR)の動向も追っていきたいですね。

Cryptpiaのの公式サイト


~ポチっと応援を宜しくお願いします~

LINE@にて、ビット先生からの非公開情報や最新情報を受け取る!

  • ビット先生が仮想通貨開始から4ヶ月で3,000万円以上稼いだ銘柄選定方法
  • ブログでは公開していない通貨・ICO情報
  • 仮想通貨の最新ニュース
  • オススメの取引所
  • その他、仮想通貨に関する情報を配信
友だち追加
【公式】仮想通貨取引所

仮想通貨は、市場規模が70兆円を超え、非常に注目されている市場です。

FXの市場が500兆円、株式市場が6,500兆円ということを考えると、ここから数年で10倍、20倍と拡大を続けることが予想されます。

まだ仮想通貨を始めていない方は、先ずは口座開設から始めてください。

全て無料で作成できますのでご安心ください。

【日本国内の取引所】

【海外の取引所】

仮想通貨取引所・徹底比較ランキング

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。