FidentiaX(FDX)の特徴・買い方・購入方法・将来性

FidentiaX(FDX)の特徴・買い方・購入方法・将来性

FidentiaX(FDX)は、保険のトレードに関するプラットフォームを提供するプロジェクトです。

特にアメリカでは「生命保険のトレード」という市場が存在します。

日本では馴染みのない(法律で禁止されている)市場ではありますが、仮想通貨は世界の市場です。

世界が求めるものならば、投資する意味はありますよね。

※投資する場合は、自分自身でもしっかりと調べることが大切です。

この市場にブロックチェーンを融合させ、市場の流動性をより良くすることを目的としています。

今回は、FidentiaX(FDX)とはそもそも何なのか、そして「生命保険のトレード」という概念を交えながら、その特徴や将来性を紹介します。

キーポイントは「生命保険のトレードとブロックチェーン」です。

にゃんこ

にゃんこ
IXTと同じ保険業界の通貨なのかにゃん?
ビット先生

ビット先生
おぉ~。最近、しっかり勉強しているな!!その通り。保険業界で有望な銘柄じゃぞぃ。

最後に、FidentiaX(FDX)の購入方法についても紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

FidentiaX(FDX)の購入はCOSSがオススメ

FidentiaX(FDX)って何?


FidentiaX(FDX)は、保険取引にブロックチェーンを融合したプロジェクトであり、仮想通取引では「FDX」という単位で取引されます。

FidentiaX(FDX)は、ブロックチェーン上で保険商品を扱うマーケットプレイスを作ることを目的としています。

私たちが普段加入する”個人との保険契約”にブロックチェーン技術を導入することで、生命保険の取引をスムーズにできるようなプラットフォームを提供してくれるのです。

といっても、私たち日本人からすれば、生命保険の取引というのがいまいちピンときませんよね。

アメリカなどでは、生命保険のトレードという市場があって、生命保険の再販?が行われているようです。

例えば、会社も退職し、70歳を超えたAさんが、歳も取ったし、元気なうちに世界旅行などいろいろな体験をしたいと考えたとします。

しかし、手元にはそれほどお金がありません。

そこで、自分にかかっている生命保険をすぐに現金化したいと考えます。

日本では、保険業法というものがあり、生命保険の売買は出来ないのですが、可能な国もあるのですね。

現金が欲しいAさんは、生命保険を売買するブローカーにお願いして、生命保険と現金をトレードするわけです。

ブローカーは生命保険の権利を受け取る代わりに、投資家たちから集めた現金をAさんに渡します。

ですので、Aさんの生命保険の権利はブローカーに渡るわけですね。

Aさんが亡くなった後は、Aさんが受け取る予定だった生命保険金は、ブローカーに支払われ、支払われた保険金を投資家たちに分配するわけです。

日本人の私には、身近に感じる事のできない商売ですが、財産を使い切るという意味では、合理的な考え方かもしれませんね。

このような背景から、FidentiaX(FDX)は、保険のトレードに透明性を持たせ、よりスムーズに保険の取引ができるプラットフォームを提供しようとしているのです。

”保険契約”と聞いて「iXledger(IXT)」を連想した人もいるのではないでしょうか。

確かにどちらも”保険”に関するプロジェクトですね。

FidentiaX(FDX)とiXledger(IXT)で決定的に違うのは、取引する対象が”大衆(私たち個人や企業)”か”保険会社”かというところです。

FidentiaX(FDX)とiXledger(IXT)の違いを簡単にまとめると次のようになります。

・FidentiaX(FDX):大衆を対象とした保険取引プラットフォーム

・iXledger(IXT):保険会社と再保険会社を対象としたプラットフォーム

また、FidentiaX(FDX)とiXledger(IXT)は、この二つの市場を盛り上げるため、提携することも発表しています。

IXTを持っている人は、FDXも持っているという人も多いのではないでしょうか。

※「iXledger(IXT)」については「IXTの特徴・買い方・購入方法・将来性」で分かりやすく紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

FidentiaX(FDX)の基本情報

通貨名 FDX 公開日 2017年11月6日
プラットフォーム イーサリアム 最大発行数 130,000,000 FDX
Webサイト https://www.fidentiax.com/
ホワイトペーパー https://goo.gl/vULP78
購入できる取引所 ・COSS.io(コス)

・EtherDelta(イーサデルタ)

・EthBits(イーサビッツ)

FidentiaX(FDX)のチャート

FidentiaX(FDX)のチャート

2018年1月15日現在の「FDX」のチャートです。

まだまだ横ばいに推移しているようですが、期待はできる銘柄だと思います。

FDXの時価総額

時価総額でも1200位と、まだまだこれからという仮想通貨ですが、iXledger(IXT)と提携という情報は期待せずにはいられませんね!

FidentiaX(FDX)の特徴と今後・将来性

COSS(コス)の特徴と将来性

FidentiaX(FDX)は、私たち個人の保険契約にも大きく関わってきます。

といっても、日本と海外の保険契約取引の仕組みに差があるため、多少イメージしにくい部分もありますが、大まかには次のようなものです。

(生命保険のトレードが無い日本でも、仕組みとしては流用できる部分もあるかもしれませんね)

※大雑把なイメージとして説明しているため、語弊が生じる場合があります。

生命保険の取引時に、無駄を省くことが出来る

基本的に、売り手と買い手(生命保険を売りたい人と買いたい人)が取引をする時、仲介をするブローカーやバイヤーは契約内容を詳しく調査することが出来ないため、売り手と買い手と一緒に集まり、詳しい条件の確認や取引内容の精査をしなければなりません。

しかし、FidentiaXプラットフォームを使うことで、安全で機密性を維持した状態で情報を確認することが出来るので、わざわざ皆で集まって内容を詰める必要が無くなります。

バイヤーが潜在的な購入者とのマッチングをしやすくなる

メンバーシップ(会員)になることで、ブロックジェーンで保護されたリストを見ることができるので、保険を取引したいと思っている人を探すことが出来ます。

そして、条件の合うもの同士のマッチングを見つけることも容易になるのですね。

保険の売買に第三者が必要なくなる

fidentizXプラットフォーム上で購買資金と契約に関わる文書を渡すことが出来る(ここがブロックチェーンの使いどころですね)ため、資金の移動や書類作成をするための第三者を挟む必要がなくなるということです。

Binance(バイナンス)に上場するとの噂も!?

テレグラムのコミュニティでは、まもなくBinanceに上場する可能性がある、との情報もあるようですね。

確定情報ではないので、興味のある人は情報を追ってみてください。

このように、保険のトレードが行われている国では、とても重要な役割を果たすプラットフォームであることが分かりますね。

FidentiaX(FDX)の購入方法・買い方

FidentiaX(FDX)の購入方法・買い方

それでは「FidentiaX(FDX)」の購入方法を紹介しますね。

FidentiaXの仮想通貨単位は「FDX」です。

2018年1月15日現在、以下の仮想通貨取引所で「FDX」の購入が可能です。

・COSS.io(コス)

・EtherDelta(イーサデルタ)

・EthBits(イーサビッツ)

どちらでも購入可能ですが、COSS.io(コス)が一番使いやすいと思いますので、「FDX」の購入についてはCOSS.io(コス)をオススメします。

海外の仮想通貨取引所を使う場合、使い勝手もさまざまですので、できるだけ情報の多い場所での取引が安心です。

COSS.ioの公式サイト

日本の仮想通貨取引所の登録と、海外の仮想通貨取引所の登録が終わっていれば、次の3つのステップで「FDX」を購入してください。

※日本の仮想通貨取引所の登録をされていない方は、Zaif(ザイフ)がオススメです。マイナス手数料と最安で取引することができます。

Zaif(ザイフ)
仮想通貨を買うには、まず仮想通貨取引所に口座を作る(登録する)必要があります。 日本で主要な仮想通貨取引所は「bitFlyer(ビットフラ...

購入までの流れ:

※2018年1月15日現在、まだまだビットコインの送金に時間がかかるようです。機会損失や送金の不安を軽減するためにも、今回はイーサリアム(ETH)での購入を例に紹介します。

1.日本の仮想通貨取引所に円を入金する。

日本の仮想通貨取引所に日本円を入金して、イーサリアム(ETH)を購入してください。

Zaif(ザイフ)で購入1

~日本から海外へ~

2.購入したイーサリアム(ETH)を、FDXを購入する「COSS.io」に送金する。

イーサリアム(ETH)を購入したら、FDXを購入する「COSS.io」にイーサリアム(ETH)を送金してください。

ETHを入金

~FDXを購入する「COSS.io」での作業~

3.FDXを購入する

日本の仮想通貨取引所から送金が完了したら、「FDX」を探してください。

着金したイーサリアム(ETH)にて、「FDX」を購入してください。

※送金時間について、「COSS.io」の例はありませんが、だいたいの送金時間をまとめた「仮想通貨の送金時間・手数料比較表とレビュー」を確認してみてください。

FidentiaX(FDX)の特徴 ~まとめ~

FidentiaX(FDX)の特徴 ~まとめ~

FidentiaX(FDX)は、保険のトレードという観点から、ブロックチェーンを用いてその現状を便利に変えていこうというプロジェクトです。

それでは最後に、FidentiaX(FDX)の特徴をまとめておきますね。

・保険取引にブロックチェーンを融合したプロジェクト

・仮想通取引の単位は「FDX」

・日本国外における”生命保険の売買”が主な対象

・生命保険の取引時に、無駄を省くことが出来る

・バイヤーが潜在的な購入者とのマッチングをしやすくなる

・保険の売買に第三者が必要なくなる

・Binance(バイナンス)に上場するとの噂も!?

現状、日本人の私たちには直接インパクトはありませんが、投資という意味ではとても興味深い案件です。

「iXledger(IXT)」と提携したという話もあるので、二つのプロジェクトを同時に追っていく必要がありそうですね!

COSS.ioの公式サイト


~ポチっと応援を宜しくお願いします~

LINE@にて、ビット先生からの非公開情報や最新情報を受け取る!

  • ビット先生が仮想通貨開始から4ヶ月で3,000万円以上稼いだ銘柄選定方法
  • ブログでは公開していない通貨・ICO情報
  • 仮想通貨の最新ニュース
  • オススメの取引所
  • その他、仮想通貨に関する情報を配信
友だち追加
【公式】仮想通貨取引所

仮想通貨は、市場規模が70兆円を超え、非常に注目されている市場です。

FXの市場が500兆円、株式市場が6,500兆円ということを考えると、ここから数年で10倍、20倍と拡大を続けることが予想されます。

まだ仮想通貨を始めていない方は、先ずは口座開設から始めてください。

全て無料で作成できますのでご安心ください。

【日本国内の取引所】

【海外の取引所】

仮想通貨取引所・徹底比較ランキング

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。