The Bee Token(ビートークン)の買い方・購入方法・将来性

The Bee Token(ビートークン)の買い方・購入方法・将来性

The Bee Token(ビートークン)はBeenest(ビーネスト)というプラットフォーム上で動くトークンです。

主に宿泊施設を利用する際のプラットフォームで、お金の代わりにやり取りされる仮想通貨となるかもしれません。

民泊サイトのairbnbをイメージすると分かりやすいですね。

トークンセールは、日本時間の2018/02/01 午前5:00からとなりますが、現在ホワイトリストへの登録が開始されています。

今回は、The Bee Token(ビートークン)とはそもそも何なのか、そして、どのような特徴があるのかを、既存の民泊サービスであるairbnbと比較しながら紹介していきます。

最後に、トークンセールに参加するまでの流れを、ホワイトリストへの登録から順に解説していますので、ぜひ参考にしてください。

The Bee Token(ビートークン)ってなに?

The Bee Token(ビートークン)ってなに?

The Bee Token(ビートークン)とは、Beenest(ビーネスト)という宿泊施設のマッチングプラットフォームに使われるトークンです。

Beenest(ビーネスト)とは、既存の民泊サービスであるairbnbなどに置き換わり、安全で手数料もかからないサービスになることを目的とするプラットフォームです。

airbnbはホスト(空き部屋を貸す人)とゲスト(旅行などで短期的に空き部屋を借りる人)のマッチングする際の、サイト利用手数料などで成り立っています。

このホストとゲストのマッチングサイトにブロックチェーンを導入することで、「手数料の削減」と「信頼性とセキュリティの向上」を目指すプラットフォームがBeenest(ビーネスト)であり、そこに流通するのが「The Bee Token(ビートークン)」です。

The Bee Token(ビートークン)の基本情報

The Bee Token(ビートークン)の基本情報
通貨名 BEE 公開日 2018年1月31日 予定
プラットフォーム イーサリアム 最大発行数 500,000,000 BEE
Webサイト https://www.beetoken.com/
ホワイトペーパー https://goo.gl/hkfUk7
購入できる取引所 未定

The Bee Token(ビートークン)のロードマップ

The Bee Token(ビートークン)のロードマップ

The Bee Token(ビートークン)のロードマップを紹介しておきますので、参考にしてください。

Q3-Q4 2017

– Whitepaper Complete(ホワイトペーパーの完成)

– Private Alpha on Testnet(テスト用ネットワークでの運用試験)

Q1-Q2 2018

– Beenest Alpha Live in SF(Beenest AlphaがSFでライブ)

– Launch Bee Protocols on Testnet(テスト用ネットワーク上でBee Protocolsを起動)

Q3-Q4 2018

– Launch Bee Protocols on Mainnet(メインネット上でBeeプロトコルを起動する)

– Onboard 2-5 dApps on Bee Protocol(Beeプロトコル上で オンボード2-5 dApp)

2019

– Expand up to 5 US Cities(最大5つの米国の都市へ)

– Onboard 5-10 dApps on Bee Protocol(オンボード5-10 dAppのBeeプロトコル)

2020+

– Target London, Korea, Singapore(ロンドン、韓国、シンガポールを視野に入れる)

– Bee Protocols = Golden standard of sharing protocols(Bee Protocols =共有プロトコルのゴールデンスタンダード)

The Bee Token(ビートークン)の特徴と今後・将来性

The Bee Token(ビートークン)の特徴と将来性

それでは、The Bee Token(ビートークン)の特徴と将来性を見ていきましょう。

仲介業者を無くし利用手数料を削減する

ホストとゲストを繋ぐ現在のプラットフォーム(airbnbなど)は、利用するだけで様々な手数料がかかります。

・プラットフォーム手数料

プラットフォームを使うだけで、ホストとゲストはどちらも利用手数料が掛かってしまいます。

・金融機関の手数料

例えばairbnbを使って、民泊を予約した場合、クレジットカードで支払いますよね。

このクレジットカード支払いには、やはり手数料が乗っかっているのです。

・外国の取引手数料

海外旅行で民泊を利用した場合、支払をした時にカード会社への手数料がかかってしまいます。

・通貨換算手数料

為替レートの手数料ですね。

これも、海外旅行のために民泊を利用して、支払をする時は、その時点での為替レートでの手数料がかかります。

現在のプラットフォームを利用すると、これだけの手数料が上乗せされて請求されているわけです。

しかし、Beenest(ビーネスト)を使うことで、支払いはBeeToken(ビートークン)を使用することが出来ます。

手数料のかかるクレジットカード決済をしなくても良い、ということですよね。

ホストとゲストは仲介を排除することで、手数料の無い、正規の価値をやり取りすることができるのです。

ブロックチェーンを使うことで不正や改ざんの無い信頼性とセキュリティを実現する

現在、airbnbの利用者はどんどん増えています。

その分、セキュリティの問題が出てきてるのです。

利用者が増えれば、それを利用した詐欺なども増えてしまうのですね。

そこで、ブロックチェーン(イーサリアムのスマートコントラクト)を利用することで、ホストやゲストの情報に信頼性を持たせるのです。

大きくは5段階評価になっていて、例えばThe Bee Token(ビートークン)を支払うためのウォレット情報を登録していない人の信頼性は低く評価したり、レビューの評価が良ければ信頼性を高く評価したりと、信頼性もブロックチェーンで管理することで、不正も改ざんも無い、平等な評価を得られることが出来ます。

それを元に、サービスを提供することで、信頼性を向上させるといった仕組みになっています。

レビュー(口コミ)の透明性を確保できる

先にも書いたように、レビューは信頼性の評価に直結します。

しかし、このレビューが改ざんされたり、都合の悪者は消されたりしたら、信頼性もなにもありませんよね。

やはりここでもブロックチェーン(イーサリアムのスマートコントラクト)を使うことで、改ざんや不正を阻止し、レビューの透明性を実現することが出来るのです。

メンバーが凄い!!

Beetokenのメンバー

The Bee Token(ビートークン)のメンバーは、GoogleやFacebook、Uberの元従業員が所属しており、技術的な面でも期待できる豪華メンバーになっています!

コミュニティは4万人を突破している!

テレグラムのコミュニティは2018年1月16日現在、4万人を突破しています!

非常に注目されているということが分かりますね。

コミュニティが盛り上がるプロジェクトは、期待が出来ますよね!

The Bee Token(ビートークン)の買い方・購入方法(ICOの参加方法)

The Bee Token(ビートークン)の買い方・購入方法(ICOの参加方法)

The Bee Token(ビートークン)はICO案件で、2018年1月16日現在、販売はまだ行われていません。

ですので、ICOの参加方法について紹介しますね。

簡単な流れとしては3ステップです。

・ホワイトリストへ登録 → KYCの登録 → トークンセール

日程などをよく確認して、トークンセールでの買い逃しを防ぎましょう!

1.ホワイトリストへ登録する

ホワイトリストへ登録しておくことで、トークンセールに参加する資格を得ることが出来ます。

ホワイトリスト登録:終了致しました。

登録期間:2018/1/10 12:00 PM PST ~ 2018/1/17 11:59 PM PST

※日本時間:2018/1/11 午前5:00 ~ 2018/1/18 午前4:59

2.KYCの登録

KYCとは本人証明のことです。

ホワイトリストに登録すると、次の期間にKYC(本人証明)を登録します。

登録期間:2018/1/20 12:00 PM PST ~ 2018/1/24 11:59 PST

※日本時間:2018/1/21 午前5:00 ~ 2018/1/25 午前4:59

3.トークンセールスタート

あとはトークンセールを待つだけですね!

しっかりと時間を確認しておきましょう。

トークンセール:2018/1/31 12:00 PM PST ~ 2018/2/28 11:59 PST (or until sell out)

日本時間:2018/02/01 午前5:00 ~ 2018/03/01 午前4:59

まずは、ホワイトリスト登録を行って、トークンセールを待ちましょう!

The Bee Token(ビートークン)の特徴 ~まとめ~

The Bee Token(ビートークン)の特徴 ~まとめ~

民泊サイトをはじめ、ホストとゲストを繋ぐマッチングの利用者は、どんどん増えています。

利用者が増えれば、予期せぬ危険や、詐欺なども増えていくのです。

そこに信頼性の基軸をもたらすのがブロックチェーンだということを再認識できるICOかもしれませんね。

それでは最後に、The Bee Token(ビートークン)の特徴をまとめておきますね。

・The Bee Token(ビートークン)とは、Beenest(ビーネスト)という宿泊施設のマッチングプラットフォームに使われるトークン

・仲介業者を無くし利用手数料を削減する

・マッチングにブロックチェーンを使うことで不正や改ざんの無い信頼性とセキュリティを実現する

・レビュー(口コミ)の透明性を確保できる

・メンバーが凄い!!

・コミュニティは4万人を突破している!

The Bee Token(ビートークン)は、かなり期待できるICO案件ですね!

ランキング1位を狙っています。記事が役に立ったら応援お願いします!


にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

ビット先生

ビット先生
~1日1回、上記2つにポチっと応援を頼むぞぃ。皆の力が必要じゃ。

LINE@にて、ビット先生からの非公開情報や最新情報を受け取る!

  • ビット先生が仮想通貨開始から4ヶ月で3,000万円以上稼いだ銘柄選定方法
  • ブログでは公開していない通貨・ICO情報
  • 仮想通貨の最新ニュース
  • オススメの取引所
  • その他、仮想通貨に関する情報を配信
友だち追加
【公式】仮想通貨取引所

仮想通貨は、市場規模が70兆円を超え、非常に注目されている市場です。

FXの市場が500兆円、株式市場が6,500兆円ということを考えると、ここから数年で10倍、20倍と拡大を続けることが予想されます。

まだ仮想通貨を始めていない方は、先ずは口座開設から始めてください。

全て無料で作成できますのでご安心ください。

【日本国内の取引所】

【海外の取引所】

仮想通貨取引所・徹底比較ランキング

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。