CEDEX(セデックス・CED)の特徴・買い方・購入方法・将来性

CEDEX(セデックス・CED)の特徴・買い方・購入方法・将来性

CEDEX(セデックス・CED)は、ブロックチェーン技術を使ったダイヤモンド取引所を実現します。

ロンドン証券取引所に上場しているテックフィナンシャルズ社が親会社であることからも、信頼性のあるICO案件だと言えるのではないでしょうか。

今回は、CEDEX(セデックス・CED)とはそもそも何なのか、またCEDEX(セデックス・CED)の特徴や将来性を、どのような後ろ盾があり、どのような技術でダイヤモンド取引所を実現するのか、”信頼性”と”安心”という観点から紹介します。

キーポイントは「ブロックチェーンとダイヤモンド」です。

なお、プレセールの日時:2018年3月17日 午前4時 ~ 4月14日

にゃんこ

にゃんこ
ブロックチェーンにダイヤモンド!??
ビット先生

ビット先生
ダイヤモンドの市場は大きいぞぃ。

最後に、CEDEX(セデックス・CED)のICO参加方法も紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

※日本在住のお客様は、CEDEXコイン・トークンセールにてCEDEXコインを購入することはできません。非日本居住者の日本人に関しましては購入は可能です。

CEDEX(セデックス・CED)の公式サイト

CEDEX(セデックス・CED)ってなに?

CEDEX(セデックス・CED)は、ダイヤモンドを適正な価格で取引をするための取引所です。

まだ、ICO(仮想通貨での資金調達)の段階で、扱われるトークンは「CED」です。

私たちがICOに参加する場合は「CED」を購入することになります。

※ICOについては「ICOとは!?ICOを理解する」で分かりやすく紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

現在、ダイヤモンドは小売店で購入はできるものの、それを簡単に再販することができません。

なぜなら、ダイヤモンドの評価には、大きさや形、カットの技法など、様々な要素を合わせた上で評価・査定が行われ、価格に反映されるからです。

例えば、金(ゴールド)だと、量=重さという明確な基準だけで評価することが出来、取引額も明快ですよね。

しかし、ダイヤモンドは、金(ゴールド)のように量=重さだけでの単純な評価が出来ないのです。

そこで登場するのがCEDEX(セデックス・CED)です。

CEDEX(セデックス・CED)では、ブロックチェーン技術をプラットフォームに取り入れることで、取引の透明性を保ち、また学習機能付アルゴリズム(プログラム)である「DEX」で、ダイヤモンドの評価・査定のばらつきを防ぎ、透明性のある公正な価格で取引を行うことができる取引所を目指しています。

またCEDEX(セデックス・CED)の取引所では、ダイヤモンド自体に個人投資をしたり、高価なダイヤモンドには複数人で共同投資も行えるようになります。

CEDEX(セデックス・CED)は、ダイヤモンドを金(ゴールド)と同じように、取引をする上で扱いやすいものにしてくれるのです!

CEDEX(セデックス・CED)の基本情報

通貨名 CED 公開日 2018年3月16日 
プラットフォーム イーサリアム 最大発行数 50,000,000 CED
Webサイト https://cedex.com/ja/#header
ホワイトペーパー https://goo.gl/cFViUA
購入できる取引所 未定

CEDEX(セデックス・CED)のロードマップ

それでは、CEDEX(セデックス・CED)のロードマップを確認しておきましょう。

~2017年 第1四半期~

・ダイヤモンドの市場調査

・技術的実現性評価

・学習機能付アルゴリズム「DEX」の開発開始

~2017年 第2四半期~

・組織組成

・事業戦略

・ブロックチェーン技術の実装

~2017年 第3四半期-第4四半期~

・スマートコントラクトの開発

・マーケティング戦略

・トークンセールのセキュリティ監査

・DEX α版の提供開始

~2018年 第1四半期~

・トークンプレセール開始

・トークンセール開始

・CEDEXプラットフォーム(取引システム)の開発

・CEDEXコインの利用開始

~2018年 第3四半期~

・CEDEXプラットフォーム稼働開始

~2019年 第1四半期~

・投資手法の拡大

・空売り(信用売り)、ETF取引、レバレッジ取引、ローン取引

~2019年 第1四半期~

・販売地域拡大

このように、しっかりとしたロードマップを提示しているプロジェクトは安心できますよね。

ただし、あくまでも予定ですので、時期は前後する可能性もありますので、随時確認が必要です。

CEDEX(セデックス・CED)の特徴と今後・将来性

CEDEX(セデックス・CED)の特徴と今後・将来性

これからICOを行い、そして取引システムもこれから開発するということで、実際にどの程度信用できるのか、というところが気になる部分でもありますよね。

そこで、CEDEX(セデックス・CED)の特徴と将来性について、紹介したいと思います。

CEDEX(セデックス・CED)の親会社がしっかりしている

CEDEX(セデックス・CED)は、テックフィナンシャルズ社を親会社とするICO案件です。

テックフィナンシャルズ社は、ロンドン証券取引所に上場しており、テックフィナンシャルズ・ジャパンと呼ばれる日本向けの取引プラットフォームも提供しています。

ロンドン証券取引所に上場していること、また日本へのサービスも提供しているという事実は、これだけでCEDEX(セデックス・CED)の信頼性を担保するものになりますね!

公式サイトは日本語にも対応している

CEDEX(セデックス・CED)公式サイトは日本語にも対応

親会社のテックフィナンシャルズ社は日本にもサービスを提供していることから、日本語への対応もしっかりとしています。

公式サイトを見れば全て日本語で書いてあり、これはとても安心できる要素になりますね!

既にIDEX(国際ダイヤモンド取引所)と協力体制にある

CEDEX(セデックス・CED)は、ダイヤモンドの取引所を無から始めようとしているのではありません。

IDEX(国際ダイヤモンド取引所)という、プロのダイヤモンドトレーダーが利用する取引所との協力体制にあるのです。

IDEX(国際ダイヤモンド取引所)は、現在約7,000人のプロトレーダーが利用するダイヤモンド取引所で、アントワープ(ベルギー)、ムンバイ(インド)、ラマトガン(イスラエル)、ニューヨークなどのいわゆる”ダイヤモンド都市”で活動しています。

すでに実績のある取引所との協力体制を作ることで、ダイヤモンドの価格設定に関するノウハウや、実際のデータ、取引の指標などのデータを、CEDEX(セデックス・CED)が開発した「DEX」に学習させることで、ダイヤモンドの適正な価格と透明性を持たせるのです。

システムの裏付けとなるものが、このように分かりやすく示されていることも信頼に値する情報ですよね。

実現したい事が明確

CEDEX(セデックス・CED)は、とにかく実現したい事が明確です。

それは、適正な価格での「ダイヤモンド取引所」です。

ICO案件には、目的が不明瞭なものや、イメージしにくいものが沢山ありますよね。

そんな中でも、CEDEX(セデックス・CED)のように目的が明確なICOは数えるほどしかありません。

親会社も信頼でき、ダイヤモンド市場にも精通する企業とも協力体制にあるという、これほど明確にイメージできるICOには期待が出来ますね!

取引画面もシンプルで見やすい

CEDEX(セデックス・CED)の取引画面もシンプルで見やすい

取引画面も非常に見やすい、分かりやすモノになるでしょう。

公式サイトにもデモ画面が出ていますのでチェックしてみてください。

※日本在住のお客様は、CEDEXコイン・トークンセールにてCEDEXコインを購入することはできません。非日本居住者の日本人に関しましては購入は可能です。

CEDEX(セデックス・CED)の公式サイト

CEDEX(セデックス・CED)の買い方・購入方法(ICOの参加方法)

CEDEX(セデックス・CED)の買い方・購入方法(ICOの参加方法)

それでは、CEDEX(セデックス・CED)のICO参加方法を紹介します。

登録には下記の情報が必要になりますので、あらかじめ用意しておくとスムーズです。

  • 名前
  • メールアドレス
  • パスワード
  • 購入金額
  • イーサリアムウォレット(MyEtherWallet)のアドレス

※ICO参加にはイーサリアムウォレットの「MyEtherWallet」が必要ですので、あらかじめ「MyEtherWallet」をPCにインストールし、設定しておく必要があります。

それでは登録していきましょう。

1.公式サイトにアクセス

まずは下のURLから公式サイトにアクセスしましょう。

※ここからアクセスすると、通常ボーナス+2%のボーナスコインが加算されます。

CEDEX(セデックス・CED)の公式サイト

2.「プレセール登録」をクリックする

CEDEX(セデックス・CED)の「プレセール登録」

公式サイトの赤枠部分をクリックしてください。

※どちらからでも登録画面にアクセスできます。

3.項目を入力

CEDEX(セデックス・CED)の登録・項目を入力

ここで、「名前」「名字(苗字)」「Eメール」「パスワード」を入力して、登録をして下さい。

4.購入金額とイーサリアムウォレットのアドレスを入力

購入金額とイーサリアムウォレットのアドレスを入力

ここで、購入金額とイーサリアムウォレットのアドレスを入力して、登録を完了してください。

購入金額については、1ETH=500CEDXコインですので、購入したいCEDEXコインの枚数を入力してください。

5.登録完了メールからアカウントを有効化する

メールアドレス返信内容

登録が完了すると、登録したメールアドレスに承認メールが届きますので、メール内のリンク「メールアドレスの承認のためにはここをクリック」をクリックして、有効化してください。

あとはプレセールの開始を待ちましょう!

【プレセール日時】

2018年3月16日 午後7時~

日本時間:2018年3月17日 午前4時 ~ 4月14日

CEDEX(セデックス・CED)の特徴 ~まとめ~

CEDEX(セデックス・CED)の特徴 ~まとめ~

CEDEX(セデックス・CED)は、信頼ある親会社と、実績のあるダイヤモンド取引所の協力という、強力な後ろ盾があります。

信頼性という意味では抜群のICOではないでしょうか。

また、今後のロードマップもしっかりと計画されているので、とても期待できますよね!

それでは最後に、CEDEX(セデックス・CED)の特徴をまとめておきます。

・CEDEX(セデックス・CED)は、ダイヤモンドを適正な価格で取引をするための取引所

・ダイヤモンド自体に個人投資をしたり、高価なダイヤモンドには複数人で共同投資も行える

・CEDEX(セデックス・CED)は、テックフィナンシャルズ社を親会社とするICO案件

・公式サイトは日本語にも対応している

・既にIDEX(国際ダイヤモンド取引所)と協力体制にある

・実現したい事が明確

・取引画面もシンプルで見やすい

期待と信頼性のあるICO案件ですので、その他のICO案件に比べても安心感がありますね。

ぜひICOに参加して、今後の展開に注目しましょう!!

※ここからアクセスすると、通常ボーナス+2%のボーナスコインが加算されます。

※日本在住のお客様は、CEDEXコイン・トークンセールにてCEDEXコインを購入することはできません。非日本居住者の日本人に関しましては購入は可能です。

CEDEX(セデックス・CED)の公式サイト

ランキング1位を狙っています。記事が役に立ったら応援お願いします!


にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

ビット先生

ビット先生
~1日1回、上記2つにポチっと応援を頼むぞぃ。皆の力が必要じゃ。

LINE@にて、ビット先生からの非公開情報や最新情報を受け取る!

  • ビット先生が仮想通貨開始から4ヶ月で3,000万円以上稼いだ銘柄選定方法
  • ブログでは公開していない通貨・ICO情報
  • 仮想通貨の最新ニュース
  • オススメの取引所
  • その他、仮想通貨に関する情報を配信
友だち追加
【公式】仮想通貨取引所

仮想通貨は、市場規模が70兆円を超え、非常に注目されている市場です。

FXの市場が500兆円、株式市場が6,500兆円ということを考えると、ここから数年で10倍、20倍と拡大を続けることが予想されます。

まだ仮想通貨を始めていない方は、先ずは口座開設から始めてください。

全て無料で作成できますのでご安心ください。

【日本国内の取引所】

【海外の取引所】

仮想通貨取引所・徹底比較ランキング

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。