gate.ioの取引所・登録・開設・口座作成方法と使い方

gate.ioの特徴・登録方法・口座作成方法

gate.io(ゲート)は中国の仮想通貨取引所です。

コインチェックの事件で、仮想通貨取引所というものに危機感を感じている人も多いと思います。

その危機感はとても大切なものです。

どこの取引所を使用するか、使用する取引所のセキュリティは大丈夫なのか、自分自身でもチェックする必要があります。

今回は、gate.io(ゲート)とは何なのか、そしてgate.io(ゲート)の特徴について、どのようなセキュリティを使っていて、どのような優位性があるのかを中心に紹介します。

最後に、gate.io(ゲート)の登録方法も紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください!

にゃんこ

にゃんこ
gate.io(ゲート)なんて聞いたことがないにゃん。
ビット先生

ビット先生
今、人気急上昇している取引所だぞぃ。

gate.io(ゲート)の公式サイト

gate.io(ゲート)ってなに?

gate.io(ゲート)ってなに?

「gate.io(ゲート)」は、中国の仮想通貨取引所です。

取引所ランキングでも20位に位置する取引所です。

残念ながら、日本語には対応していないのですが、取り扱っている仮想通貨の種類が多く、またBinance(バイナンス)の取り扱いが始まる前の仮想通貨をいち早く購入することが出来る可能性が高いのです。

gate.io(ゲート)の基本情報

gate.io(ゲート)の基本情報を確認しておきましょう。

通貨種類 200種類以上
取引手数料 0.2%
セキュリティ ・二段階認証

・コールドウォレット管理

コインチェックの事件でも問題となった、コールドウォレット管理にもきちんと対応している部分は安心感がありますね!

取り扱い仮想通貨の種類

gate.io(ゲート)で取り扱いのある仮想通貨の一部を紹介します。

なお、これら仮想通貨は、「USDT」「BTC」「ETH」「ATUM」にて取引が可能です。

ETH(イーサリアム) BTC(ビットコイン) XRP(リップル)
GTC(Global Tour Coin) DOGE(Dogecoin) ADA(Cardano)
QTUM(Qtum) EOS(EOS) LRC(Loopring)
MED(MediBloc) BTM(Bytom) BCD(Bitcoin Diamond)
QLC(QLINK) BOT(Bodhi) SNT(Status)
QBT(Qbao) LRC(Loopring) LLT(LLToken)
AE(Aeternity) ETC(EthereumClassic) BTM(Bytom)
MDT(easurable Data ) PST(Primas) BAT(Basic Attention Token)
SNT(Status) FUEL(Etherparty) BTG(Bitcoin Gold)
XMR(Monero) PAY(TenX) TNT(Tierion)
BNTY(Bounty0x) RDN(Raiden Network Token) GNT(Golem)
STX(Stox) TNT(Tierion) LLT(LLToken)
PAY(TenX) KNC(Kyber Network) WAVES(Waves)
LINK(ChainLink) MKR(Maker) ARN(Aeron)
SALT(SALT) MCO(Monaco) CTR(Centra)
QASH(キャッシュ) TRX(トロン) DASH(ダッシュ)
MED(MediBloc) DBC(DeepBrain Chain) NAS(Maecenas)
QBT(Qbao) ZSC(Zeusshield) SMT(SmartMesh)
QTUM(Qtum) LRC(Loopring) INK(Ink)
EOS(EOS) ICX(ICON) GTC(Game)
SMT(SmartMesh) INK(Ink) ZSC(Zeusshield)
VEN(EventChain) GNX(Genaro Network) QLC(QLINK)
SBTC(Super Bitcoin) QBT(Cubits) HSR(Hshare)
HSR(Hshare) KNC(Kyber Network) RCN(Ripio Credit Network)
MDA(Moeda Loyalty Points) DATA(Streamr DATAcoin) BOT(Bodhi)
FUEL(Etherparty) DATA(Databits) STORJ(Storjcoin X)
ELF(aelf) ZEC(Zcash) QSP(Quantstamp)
MDA(Moeda Loyalty Points) XTZ(ezos (Pre-Launch)) CVC(Civic)
DAI(Dai) POWR(Power Ledger) DPY(Delphy)
OAX(OAX)    
LTC(ライトコイン) BCH(ビットコインキャッシュ)
NEO(ネオ) GTC(Global Tour Coin)
NAS(Nebulas) ETC(Ethereum Classic)
DBC(DeepBrain Chain) TSL(Energo)
XMR(Monero) MANA(Decentraland)
LEND(ETHLend) NEO
ZEC(Zcash) TSL(Energo)
MDS(MediShares) BCX(BitcoinX)
DRGN(Dragonchain) ZRX(0x)
IOTA(IOTA) ICX(ICON)
OMG(OmiseGO) BCDN(BlockCDN)
DPY(Delphy) POWR(Power Ledger)
BCX(BitcoinX) BNTY(Bounty0x)
GAS(Gas) CTR(Centra)
WINGS(Wings) DGD(DigixDAO)
LSK(Lisk) REP(Augur)
GNX(Genaro Network) BTM(Bytom)
HSR(Hshare) NAS(Nebulas)
AE(Aeternity) BCH(eBitcoinCash)
STORJ(Storj) FIL(Filecoin)
BTS(BitShares) QLC(QLINK)
CDT(CoinDash) KICK(KickCoin)
MDS(MediShares) SBTC(Super Bitcoin)
LEND(ETHLend) CDT(CoinDash)
KICK(KickCoin) FUN(FunFair)
LUN(Lunyr) PST(Primas)
REQ(Request Network) BTG(Bitgem)
STX(Stox) RCN(Ripio Credit Network)
MKR(Maker) DNT(Dai)

gate.io(ゲート)の特徴

gate.io(ゲート)の特徴

手数料が安い

gate.io(ゲート)は取引手数料が安く、0.2%となっています。

取引手数料が安いということは、仮想通貨取引所を選ぶ際には重要視すべき点ですよね。

取り扱い通貨も多い

取り扱う仮想通貨の種類が豊富です。

Binance(バイナンス)では取り扱いの無い仮想通貨もありますので、気になる仮想通貨を見つけたら、Binance(バイナンス)に上場する前にしっかりと調べ、購入しておくことで先に仕込んでおくことができますね。

積極的に新規通貨を取り扱い

Binance(バイナンス)もそうですが、gate.io(ゲート)でも新規通貨を積極的に取り入れています。

その結果が、取り扱い通貨の数に反映されていますね。

gate.io(ゲート)に上場した後バイナンスへ上場という流れがある

ここ最近の流れとして、あくまでも一説ですが、gate.io(ゲート)に上場された後、Binance(バイナンス)に上場されるという流れが形成されつつあるようです。

これについては100%の流れではありませんので、gate.io(ゲート)に上場されている通貨を先に調べておき、どれがBinance(バイナンス)に上場されると聞いても、対応できるようにしておきたいですね。

取引所ランキングでは20位

仮想通貨ランキングでは20位に位置します。

若干、取引画面が使いにくいという意見もありました。

しかし、どんな取引画面でも、使いにくいと感じても、対応できるようになっておくと良いですね。

珍しいコインが買えるという位置付けで使用するのが良いかもしれません。

登録はメールアドレスだけ

海外の仮想通貨取引所のほとんどは、メールアドレスとパスワードだけで登録が出来ます。

gate.io(ゲート)も同じで、必要なものはメールアドレスだけです。

不安もあるかも知れませんが、ログインした後には、二段階認証設定なども行えます。

gate.io(ゲート)の登録方法・口座作成

gate.io(ゲート)の登録方法・口座作成

それでは「gate.io(ゲート)」の登録方法を見ておきましょう。

登録のために以下のものを準備しておきましょう。

・ユーザーネーム

・メールアドレス

・パスワード(パスワードの使い回しはできるだけ避けましょう)

登録は次の3ステップで完了します。

1.gate.io(ゲート)の公式サイトにアクセス

下記からgate.io(ゲート)の公式サイトにアクセスしてください。

gate.io(ゲート)の公式サイト

2.gate.io(ゲート)に情報入力

gate.ioの登録・開設

下記情報を入力してください。

gate.ioの口座開設
  • Username:ログインにも使えるアカウント名です。
  • Password:ログイン時に使用するパスワードです。
  • E-mail:ログインに使ったり、通知を受け取るメールアドレスです。
  • Fund password:入出金時に使うパスワードですので、できるだけ強固なパスワードを設定しましょう。
  • Captcha code:右隣にかいてある情報を入力しましょう。

3.届いたメールのリンクをクリック

登録したメールアドレスにgate.io(ゲート)からメールが届きます。

そこに書いてあるURLをクリックして、登録を完了させましょう。

gate.io(ゲート)のメール返信

~二段階認証の設定~

ログインをしたら、最初に二段階認証を必ず設定してください。

gate.io(ゲート)の二段階認証

gate.io(ゲート)の特徴 ~まとめ~

gate.io(ゲート)の特徴 ~まとめ~

gate.io(ゲート)が扱うコインの種類は豊富です。

まだ、世間でも認知が低いコインも揃っています。

有力なコインをチェックし、先に購入しておくことで先手を打つことが出来ますね。

その後Binance(バイナンス)などに上場されれば、高騰する可能性も秘めています。

また、コインチェックの事件も受けて、仮想通貨取引所のコイン管理にも注目が集まっていますね。

gate.io(ゲート)ではコールドウォレットで管理されています。

こういった管理方法もしっかりと理解した上で利用することが重要ですね。

それでは最後に、gate.io(ゲート)の特徴をまとめておきますね。

  • 二段階認証がある
  • 仮想通貨はコールドウォレット管理
  • 手数料が安い
  • 取り扱い通貨も多い
  • 積極的に新規通貨を取り扱い
  • gate.io(ゲート)に上場した後バイナンスへ上場という流れがある
  • 取引所ランキングでは20位
  • 登録はメールアドレスだけ

知名度の低いコインは、情報も少ないので十分に調べることが大切です。

興味のあるコインを見つけたら、自分自身でしっかりと調べたうえで購入するようにしましょう。

gate.io(ゲート)の公式サイト


~ポチっと応援を宜しくお願いします~

LINE@にて、ビット先生からの非公開情報や最新情報を受け取る!

  • ビット先生が仮想通貨開始から4ヶ月で3,000万円以上稼いだ銘柄選定方法
  • ブログでは公開していない通貨・ICO情報
  • 仮想通貨の最新ニュース
  • オススメの取引所
  • その他、仮想通貨に関する情報を配信
友だち追加
【公式】仮想通貨取引所

仮想通貨は、市場規模が70兆円を超え、非常に注目されている市場です。

FXの市場が500兆円、株式市場が6,500兆円ということを考えると、ここから数年で10倍、20倍と拡大を続けることが予想されます。

まだ仮想通貨を始めていない方は、先ずは口座開設から始めてください。

全て無料で作成できますのでご安心ください。

【日本国内の取引所】

【海外の取引所】

仮想通貨取引所・徹底比較ランキング

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。