MOOVER(ムーバー・MOVE)の特徴・買い方・購入方法・将来性

MOOVER(ムーバー)の購入・買い方

MOOVER(MOVE・ムーバー)という優良銘柄がICOを開催しています。

ICOの販売開始は、2018年2月1日~2月14日 ※完売次第、期間の途中で終了

MOOVER(ムーバー)を一言で言えば、世界中のモバイルデータ通信を共有します。

モバイル業界のシェアリングエコノミーといえば、わかりやすいかもしれません。

にゃんこ

にゃんこ
MOOVER(ムーバー)の凄さを実感できていないにゃん。
ビット先生

ビット先生
モバイルデータって余ることが多い中で、今までは次の利用用途もなく無駄にしていたはずじゃ。余った通信データを世界の人々にシェアすることができるって凄いことだと思うぞぃ。

シェアリングエコノミーで有名なUber(タクシーや一般の車を配送)の企業価値は、5兆円以上、Airbnb(空き部屋を宿泊施設として提供)の企業価値3兆円以上となっており、これをみてもどれだけの市場規模が見込まれるか想像できますよね。

さて今回は、MOOVER(MOVE・ムーバー)とはそもそも何なのか、そしてどのような特徴があるのかを紹介します。

最後に、MOOVER(MOVE・ムーバー)のICOの参加方法を紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

MOOVER(MOVE・ムーバー)の登録・購入

MOOVER(MOVE・ムーバー)ってなに?

MOOVER(MOVE・ムーバー)は、世界中のモバイルユーザーと余ったモバイルデータ通信量のシェアを可能にし、世界中の誰もが、より安く、より快適に本当に自由なインターネットを手にするためのプロジェクトです。

毎月余ったモバイルデータ通信量ってもったいないですよね~。

モバイルデータ通信量が余ったとしても、差額が返金されることはありません。

しかし、MOOVER(MOVE・ムーバー)は、MOVEトークンによって価値をもらたし、誰もが販売・購入することができるシェアリングエコノミーなのです。

にゃんこ

にゃんこ
シェアリングエコノミーって最近よく聞くワードだにゃん。
  • シェアリングエコノミー

物・サービス・場所などを、多くの人と共有・交換して利用する社会的な仕組み。

最近では、乗り物、住居、家具などをシェアすることが増えましたよね~。

このシェアリングエコノミーをモバイルデータ通信量で世界基準で行うことを考えているのがMOOVER(MOVE・ムーバー)です。

にゃんこ

にゃんこ
凄さを理解してきたにゃん。

なので、キャッチフレーズは、

『誰もが、より安く、より快適に本当に自由なモバイル通信を手にする。』

なのです。

どんな人がMOOVERを必要としているのか!?

日本人はご存知の通り、世界的にみて裕福な国です。

インターネットが普及しており、インターネットの接続に困ることはほぼないですよね~。

一方で世界的にみると、固定回線が整備されておらず、またインターネット回線の接続が高額であることから、利用することができない国があります。

また、スマートフォンの普及が急速に進む中で、インターネット回線の接続料金については固定回線だけではなく、同様に悩ましい問題を抱えています。

日本やアメリカなど通信インフラの発達した国の人々は、毎月のモバイルデータ通信量を余らせている現実があり、これらをMOOVERネットワークによりシェアすることにより、必要な通信量のみを購入することができるようになる訳です。

現在、ICO案件(仮想通貨で資金調達)です。

※ICOについては「ICOとは!?ICOを理解する」で分かりやすく紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

MOOVER(ムーバー)の基本情報

通貨名 MOVE 公開日 2017年12月
プラットフォーム 最大発行数
Webサイト https://goo.gl/SrwKdU
ホワイトペーパー https://goo.gl/DFsyBs
購入できる取引所 未定

MOOVER(MOVE・ムーバー)の今後・将来性

TraDove(BBcoin)の特徴と今後・将来性

それではMOOVER(MOVE・ムーバー)の将来性を見ていきましょう。

先ずは、冒頭で記載させて頂いたシェアリングエコノミーで有名な企業の企業価値を再度確認しましょう。

  • Uber(タクシーや一般の車を配送)の企業価値5兆円以上
  • Airbnb(空き部屋を宿泊施設として提供)の企業価値3兆円以上

シェアリングエコノミーの利用は、世界規模で発展しています。

にゃんこ

にゃんこ
可能性が感じるにゃん。

MOOVER(ムーバー)のロードマップ

  • 2018年2月:AIのチームメンバーがアサイン
  • 2018年8月:シェアリングシステムのアルファ版がアップデート
  • 2019年2月:MOOVERネットワークのベータ版リリース
  • 2020年:世界規模へ展開
MOOVER(ムーバー)のロードマップ

2020年の東京オリンピック開催時には既にリリースされているかもしれませんね~。

インターネットの通信容量が少ないからMOOVERを使わなければ・・・なんて声が出ているかも。。。

MOOVER(MOVE・ムーバー)のチームメンバー

MOOVER(ムーバー)のチーム構成

CEO:John Peterson

1971年4月3日生 (46歳)
アメリカ カリフォルニア州出身。
両親ともに医師である一家に生まれ育つ。幼少期の頃から医師を目指し、学業は優秀だが、運動は苦手だった少年時代を過ごす。アマチュア無線に興味を持った事から通信技術に魅せられ、医師の道を捨て、通信技術者になる事を決意。マサチューセッツ工科大学卒業後、アメリカ国立技術研究所(NIST)の情報技術研究部門ITLに所属。インド最大手通信Bhari Airtelで共同研究する等グローバルに活躍。その後、国際電気通信連合ITUの途上国支援プログラムに参画するも、自身の理念との相違から、モバイルデータ通信をシェアリング可能にするMOOVERプロジェクトを立上げ今日に至る。

MOOVER(MOVE・ムーバー)の登録・購入

MOOVER(MOVE・ムーバー)のICO基本情報

Live Stars(ライブスターズ)の買い方・購入方法(IOCの参加方法)

それでは、MOOVER(MOVE・ムーバー)のICO基本情報を見ていきましょう。

MOOVER(MOVE・ムーバー)の資金調達額・トークン価格

  • 資金調達額の目標は、5,000万ドル(日本円で約55億円)です。
  • MOVEトークンの価格は、1ドル:100MOVE、1BTC:700,000MOVE
  • 1アカウントの購入規制があり、最小購入額は100ドル(約11,000円)、最大購入額は5万ドル(約550万円)

MOVEトークンのICOスケジュール

MOVEトークンのICOスケジュール

MOOVERでは、一般的な早期ボーナス特典だけではなく、フェーズ毎にエアドロップを実施しています。
2月1日より実施される、フェーズ2で作成されたMOVEトークンの7%が終了後1ヶ月以内にエアドロップされるなど、フェーズ終了後にエアドロップを獲得できます。

2017年12月に実施されたフェーズ1は、完売しました。

MOOVERがどこまでのポテンシャルを秘めているのかわからなく、当時参加しておりませんでしたが、完売とは正直に驚きました。

※14日で2,500万ドル(日本円で約27,5億円)

MOOVER(MOVE・ムーバー)の買い方・購入方法(ICOの参加方法)

それでは、MOOVER(MOVE・ムーバー)のICO参加方法を見ていきましょう。

1.MOOVERを日本語訳で紹介しているサイトにアクセス

MOOVER(MOVE・ムーバー)の登録・購入

MOOVER 日本語HP

2.MOOVER公式サイトにアクセス(日本語対応になっています)

moover(MOVE)を購入・買い方

フェーズ2に参加するをクリック。

3.メールアドレスを登録し、自動返信メールのリンクをクリック

メールアドレスを登録 moover(MOVE)の自動返信メール

日本語で自動返信メールが届くので安心ですね。

4.ログインをして、MOOVERを購入

MOOVER(MOVE)を購入・買い方の詳細

BTC(ビットコイン)での購入になります。

購入予定額(BTC)を入力し、『送金アドレスを取得する』をクリック

MOOVERを購入する

送金アドレスをコピーしましょう。

5.BTCを保有している取引所よりコピーしたアドレスに送金

※今回の例は、Zaif(ザイフ)のBTC送金場所です。

Zaif(ザイフ)から送金

先ほどコピーした送金アドレスを入力して、出金申請。

6.BTCがMOOVERに届くと購入完了

MOOVERを購入完了

日本語表記で購入することができるので、安心して購入することができます。

MOOVER(MOVE・ムーバー)の登録・購入


~ポチっと応援を宜しくお願いします~

LINE@にて、ビット先生からの非公開情報や最新情報を受け取る!

  • ビット先生が仮想通貨開始から4ヶ月で3,000万円以上稼いだ銘柄選定方法
  • ブログでは公開していない通貨・ICO情報
  • 仮想通貨の最新ニュース
  • オススメの取引所
  • その他、仮想通貨に関する情報を配信
友だち追加
【公式】仮想通貨取引所

仮想通貨は、市場規模が70兆円を超え、非常に注目されている市場です。

FXの市場が500兆円、株式市場が6,500兆円ということを考えると、ここから数年で10倍、20倍と拡大を続けることが予想されます。

まだ仮想通貨を始めていない方は、先ずは口座開設から始めてください。

全て無料で作成できますのでご安心ください。

【日本国内の取引所】

【海外の取引所】

仮想通貨取引所・徹底比較ランキング

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。