Ledger Nano S(レジャー・ナノ / レジャー・ナノS) の特徴・使い方

Ledger Nano S(レジャー・ナノ レジャー・ナノS) の特徴・使い方

自分の仮想通貨資産を守るためには、いくつか方法があります。

どれも”ウォレット”に管理するという方法ですが、できるだけ「インターネットに繋がっていない場所」で管理することで、セキュリティを上げることが出来ます。

一番盗まれてはいけないものが”秘密鍵”です。

今回は、その”秘密鍵”をオフライン管理できるハードウェアウォレット「Ledger Nano S(レジャー・ナノ / レジャー・ナノS)」について、どういったものなのか、またどんな特徴があるのか、そして「Ledger Nano S(レジャー・ナノ / レジャー・ナノS)」を購入する際の注意点について紹介します。

また、Ledger Nano S(レジャー・ナノ / レジャー・ナノS)の初期設定や使い方についても簡素に説明をしていますので、ぜひ参考にしてください。

にゃんこ

にゃんこ
ついにハードウェアウォレットに辿りついたにゃん。成長したにゃん。
ビット先生

ビット先生
おぃおぃ。自画自賛とは・・・・。

Ledger Nano S(レジャー・ナノS)の公式サイト

Ledger Nano S(レジャー・ナノ / レジャー・ナノS)ってなに?

Ledger Nano S(レジャー・ナノ / レジャー・ナノS)ってなに?

Ledger Nano S(レジャー・ナノ / レジャー・ナノS)は、フランスのLedger社が開発した、仮想通貨の秘密鍵を保存しておくハードウェアウォレットです。

パソコンにUSB接続をして使うもので、仮想通貨をネット上のオンラインウォレットや、パソコンに保存しておくオフラインウォレットよりも、USBメモリのようにパソコンから切り離して保存が出来るため、高いセキュリティでの仮想通貨の保存が可能です。

コインチェックなどの事件では、ほとんどの人が仮想通貨取引所に仮想通貨を預けたままだったので、今では引き出すことも出来なくなっていますよね。

そんな場合でも、Ledger Nano S(レジャー・ナノ / レジャー・ナノS)などのハードウェアウォレットに保存しておけば、慌てることもありません。

もちろん、頻繁に取引をする人にとっては少々面倒になってしまいますが、取引をそれほどしないのであれば、『ある程度のコインだけを仮想通貨取引所に残し、残りは全てハードウェアウォレットで保管する』といった使い方で、リスク管理にもなりますね。

※ハードウェアウォレットに保管するといっても、実際には、仮想通貨自体をハードウェアウォレットに保管するわけではなく、Ledger Nano S(レジャー・ナノ / レジャー・ナノS)にはブロックチェーンにアクセスするための秘密鍵を保管しておくものです。

Ledger Nano S(レジャー・ナノ / レジャー・ナノS)の特徴

Ledger Nano S(レジャー・ナノ / レジャー・ナノS)の特徴

それではLedger Nano S(レジャー・ナノ / レジャー・ナノS)の特徴を見ていきます。

マルチカレンシーに対応

Ledger Nano S(レジャー・ナノ / レジャー・ナノS)は、仕組みの異なる仮想通貨を一緒に管理することが出来ます。

管理できる仮想通貨の種類には次のようなものがあります。

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • LTC(ライトコイン)
  • DASH(ダッシュ)
  • XRP(リップル)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • ETC(イーサリアムクラシック)
  • NEO(ネオ)
  • BTG(ビットコインゴールド)

など。

コインチェックで取り扱っているコインも多数ありますね。

ハッキングリスクを最小限に抑えられる

Ledger Nano S(レジャー・ナノ / レジャー・ナノS)は、インターネットに接続してあるパソコンに接続してから使います。

普段はインターネットには接続されていない状態で保管することになりますね。

いわゆるコールドウォレットですので、インターネット経由でのクラッキング(ハッキング)被害は最小限に抑えることができます。

PINコードがあるから盗まれても無くしても安心

Ledger Nano S(レジャー・ナノ / レジャー・ナノS)はUSBメモリくらいの大きさなので、無くしてしまったり、または盗まれてしまう可能性はゼロではありません。

しかし、例え盗まれたとしても、PINという4桁のコードが分からない限り、あなたの仮想通貨を盗むことはできません。

本体が壊れても復元できる

Ledger Nano S(レジャー・ナノ / レジャー・ナノS)には、リカバリーフレーズというものがあります。

このリカバリーフレーズを保管しておくことで、万が一本体が壊れた場合でも、復旧することができます。

ですので、リカバリーフレーズだけは絶対に無くさないようにしましょう。

Ledger Nano S(レジャー・ナノ / レジャー・ナノS)の使い方

Ledger Nano S(レジャー・ナノ レジャー・ナノS)の使い方

Ledger Nano S(レジャー・ナノ / レジャー・ナノS)の初期設定から使い方まで、簡単に紹介します。

Ledger Nano Sの初期設定

1.Ledger Nano S(レジャー・ナノ / レジャー・ナノS)本体をUSBケーブルでパソコンに接続する

USBケーブルを接続することで、Ledger Nano S(レジャー・ナノ / レジャー・ナノS)の電源が入ります。

2.PINコードの設定

4桁の暗証番号を設定します。

「Choose your PIN code」という表示が出たら、2つのボタンを同時に押すことで次に進めます。

左右のボタンで、数字を決定してください。

Ledger Nano S(レジャー・ナノ / レジャー・ナノS)を使う際、毎回必要なコードですので、PINコードは絶対に忘れないようにしてください。

3.リカバリーフレーズをメモする

リカバリーフレーズは24個の英単語です。

これを保管しておくことで、万が一Ledger Nano S(レジャー・ナノ / レジャー・ナノS)が壊れた際にも、復元することができます。

「Write down your recovery phrase」と表示されるので、1から24の英単語を、付属の用紙にメモしてください。

英単語は一つずつ出てきます。

右ボタンを押すことで、次の英単語を表示させることが出来ます。

左ボタンで、一つ前の英単語を確認することが出来ます。

メモが終わったら、左右のボタンを同時押してください。

4.リカバリーフレーズの確認

「Confirm your recovery phrase」と出てきたら、先ほどメモした番号の英単語を選択してください。

最後に「congratulations」と表示されたら、初期設定は完了です。

PINコードとリカバリーフレーズは、忘れないようにしっかりと管理してください。

Ledger Nano Sの使い方

初期設定が終わると、Ledger Nano S(レジャー・ナノ / レジャー・ナノS)の液晶画面に仮想通貨のロゴが表示されます。

1.アプリのダウンロード

Ledger Nano S(レジャー・ナノ / レジャー・ナノS)を使用するためには、アプリのダウンロードが必要です。

次のURLから、管理したい仮想通貨のソフトウェアをダウンロードしてください。

URL:https://www.ledgerwallet.com/apps

2.アプリを起動してLedger Nano S(レジャー・ナノ / レジャー・ナノS)を接続する

アプリのインストールが終わったら、アプリを起動してください。

それからLedger Nano S(レジャー・ナノ / レジャー・ナノS)をUSBケーブルでパソコンに接続して、PINコードを入力します。

Ledger Nano S(レジャー・ナノ / レジャー・ナノS)の画面で操作したい仮想通貨の種類を選択(左右ボタンを同時押し)することで、接続が出来ます。

あとは、アプリの画面に従って、送受信を行ってください。

Ledger Nano S(レジャー・ナノ / レジャー・ナノS)を購入する前の注意事項

Ledger Nano S(レジャー・ナノ / レジャー・ナノS)を購入する前の注意事項

Ledger Nano S(レジャー・ナノ / レジャー・ナノS)を買う場合は次のことに注意してください。

必ず正規の代理店から購入する

メルカリやヤフオクなどの中古や、正規代理店以外のお店から買うことは絶対に避けてください。

買う前にマルウェア(ウィルス)を仕込んで販売している人もいます。

マルウェアなどが仕込まれていると、あなたの仮想通貨は、簡単に盗まれてしまうことになります。

ですので、購入する時は絶対に正規代理店から購入してください。

Ledger Nano S(レジャー・ナノS)の公式サイト

自分が保管したい通貨に対応しているかを確認する

保管したい仮想通貨に対応していることを確認してください。

取り扱っている主要通貨は次のものです。

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • LTC(ライトコイン)
  • DASH(ダッシュ)
  • XRP(リップル)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • ETC(イーサリアムクラシック)
  • NEO(ネオ)
  • BTG(ビットコインゴールド)

下の図のでも確認をしてください。

Ledger Nano S(レジャー・ナノ / レジャー・ナノS)特徴 ~まとめ~

Ledger Nano S(レジャー・ナノ / レジャー・ナノS)特徴 ~まとめ~

コインチェックの事件を受けて、やはり仮想通貨の管理を真剣に考えている方も多いと思います。

ウォレットにはいくつか種類がありますが、Ledger Nano S(レジャー・ナノ / レジャー・ナノS)のようなハードウォレットか、あるいは紙に印刷してしまうというペーパーウォレットがセキュリティの高さとしては上位になりますね。

それでは最後に、Ledger Nano S(レジャー・ナノ / レジャー・ナノS)の特徴と注意事項を確認しておきましょう。

  • マルチカレンシー対応なので、仕組みの異なる仮想通貨を一緒に管理することが出来る
  • ハッキングリスクを最小限に抑えられる
  • PINコードがあるから盗まれても無くしても安心
  • リカバリーフレーズで、本体が壊れても復元できる
  • 必ず正規の代理店から購入する
  • 自分が保管したい通貨に対応しているかを確認する

今回私たちは、万が一が起こり得る事を理解することが出来たと思います。

それを回避するためにも、自分自身でリスク管理をすることは非常に大切なことですね。

Ledger Nano S(レジャー・ナノS)の公式サイト

Ledger Nano S(レジャー・ナノ / レジャー・ナノS)のさらなる便利な使い方はこちらの記事もどうぞ!!

仮想通貨取引所で取引を行なった後、仮想通貨を取引所に置きっ放しにしている人も少なくないと思います。 しかし、仮想通貨を保有する上で大切な事は、...

ランキング1位を狙っています。記事が役に立ったら応援お願いします!


にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ
~1日1回、上記2つにポチっと応援を宜しくお願いします~

LINE@にて、ビット先生からの非公開情報や最新情報を受け取る!

  • ビット先生が仮想通貨開始から4ヶ月で3,000万円以上稼いだ銘柄選定方法
  • ブログでは公開していない通貨・ICO情報
  • 仮想通貨の最新ニュース
  • オススメの取引所
  • その他、仮想通貨に関する情報を配信
友だち追加
【公式】仮想通貨取引所

仮想通貨は、市場規模が70兆円を超え、非常に注目されている市場です。

FXの市場が500兆円、株式市場が6,500兆円ということを考えると、ここから数年で10倍、20倍と拡大を続けることが予想されます。

まだ仮想通貨を始めていない方は、先ずは口座開設から始めてください。

全て無料で作成できますのでご安心ください。

【日本国内の取引所】

【海外の取引所】

仮想通貨取引所・徹底比較ランキング

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

仮想通貨のウォレットの種類

仮想通貨のウォレットの種類(メリット・デメリット)について

Ledger Nano S (レジャー・ナノS)とマイイーサウォレットの便利な使...

MyEtherWallet(マイイーサウォレット) の公式サイト

My etherwalletの登録・作り方・使い方