POW・POS・PoI・PoCの違い

POW・POS・PoI・PoCの違い

仮想通貨はブロックチェーンという技術によって成り立っています。

ブロックチェーンは、特定多数のユーザーの持つパソコンによって、通貨の取引の記録作業を行ない、情報をすべて共有することによって、不正をできなくする革新的な技術です。

実はこのブロックチェーンにも、記録の方法に、いくつかの種類があるのをご存知ですか?

記録には、おもに「PoW」、「PoS」、「PoI」、「PoC」の4つの方法が使われています。

ブロックチェーンの記録方法の違いは、その仮想通貨の将来性があるかどうかに、とても大きく影響します。

ブロックチェーンの記録方法を知ることで、どの仮想通貨に投資をすればよいのか理解するのに、とても役に立ちますよ!

にゃんこ

にゃんこ
難しい用語でわからないにゃん。
ビット先生

ビット先生
大丈夫!大丈夫!この記事を読めば理解できるようになるぞぃ。

今回は、このブロックチェーンの4つの記録方法の違いや、メリット・デメリットを紹介していきます!

1.仮想通貨の取引はユーザーが承認することで成り立っている

仮想通貨の取引はユーザーが承認することで成り立っている

ブロックチェーンでは、中央で取引を管理をしません。

仮想通貨の売買の取引をユーザーが承認するのです。

取引をしている仮想通貨のユーザーたち自身が、自分たちのパソコンで「いつ、どこの、だれが通貨を買った&売った」という取引の承認作業をしてすれば、取引が成立します。

このことによって、特定の組織や人が通貨を支配しない、自由なお金の仕組みを作っているのです。

しかし、この承認作業は、無償のボランティアでは、誰もしてくれません。

そこで、仮想通貨のシステムでは、ユーザーの中で、取引の承認作業を行ってくれた人に、報酬をあげるようにしています。

報酬は、新しく発行した仮想通貨で支払われます。

では、この承認作業は、無数のユーザーの中から一体誰が行うのでしょうか?

この承認作業を行うユーザーを決めるための仕組みが、「PoW」、「PoS」、「PoI」、「PoC」という4つの方法なのです。

2.PoWとは?

PoWとは?

PoWは、正式名称で、Proof of Work(プルーフ・オブ・ワーク)という承認方法です。

PoWは、取引の承認に必要な作業、つまりパソコンをつかった計算で、一番早く処理ができた人に、取引の承認をする権利を与える仕組みです。

PoWを採用している、代表的な通貨はビットコインです。

世界中で行われている取引の承認を、より多く行った人を、よりその通貨の運営に貢献したとみなして、優先的に報酬を与えることにしています。

PoWのメリットは、このシステムによって、報酬を手に入れるために積極的に承認作業に参加する人が出てくるようになることです。

PoWのデメリットは、より、承認作業をするために、より計算能力の高いパソコンを所有している必要があるということです。

ビットコインなどの取引の承認作業をするためには、家庭用のパソコンでは、不可能で、スーパーコンピューターで計算をしなければなりません。

計算処理のために、消費する電力も、とても高額なものになります。

なので、一般の人が参加しづらく、高額な設備への投資ができる財力のある人たちに、承認する権利が集中してしまう難点があります。

3.PoSとは?

PoSとは?

PoSは、正式名称で、Proof of Stake(プルーフ・オブ・ステーク)という承認方法です。

PoSは、PoWのデメリットを改善するために発案されたシステムです。

PoSでは、通貨をより多く保有している人に、優先的に承認作業をさせる仕組みです。

その通貨をより多く保有している=よりその通貨のコミュニティに貢献しているとみなし、優先的に報酬を与えることにしています。

PoSには、2つの方法があります。

1つは、「通貨を保有している期間」と「通貨の保有量」を掛け合わせて算出されるcoin age(コインエイジ)という数値が大きい人ほど、承認作業がしやすくするものです。

2つ目は、取引を承認する人をランダムに選ぶ方法です。

選ばれる確率を、 通貨の保有量が多い人ほど高くします。

PoSを採用している代表的な通貨はイーサリアムです。

PoSのメリットは、PoWのように高度な計算処理が必要にならず、電力も消費しないので、とても省エネルギーであるということです。

反対に、デメリットは、ユーザーが承認作業をするために、通貨をより多く保有しようとするために、その通貨の流動性が低くなってしまうという点です。

4.PoIとは?

PoIとは?

PoIは、正式名称で、Proof of Importance(プルーフ・オブ・インポータンス)という承認方法です。

PoIを採用している代表的な通貨は、NEM(ネム)です。

PoIは、「通貨の保有量」と「通貨の利用料」を組み合わせた、その通貨に関わる「重要度」が高い人に、取引の承認をする権利を与える仕組みです。

PoIでは、ただ、通貨を多く保有しているだけでは、承認の権利は与えられません。

保有している通貨を、自分で実際に利用して、流通させることで、承認作業をすることができます。

このPoIのシステムのメリットは、通貨の流通を積極的に高められるという点です。

デメリットとして挙げられるのは、現状では、ある程度の通貨保有量が求められるので、財力がある人に承認作業が集中してしまうのではないか、という点です。

5.PoCとは?

PoCとは?

PoCは、正式名称で、Proof of Consensus(プルーフ・オブ・コンセンサス)という承認方法です。

PoCを採用している代表的な通貨は、Ripple(リップル)です。

PoCは、事前にすでに信用力が高いとみなされている人に承認する権利を与える仕組みです。

PoCのメリットは、あらかじめ承認する人が決まっているために、承認スピードがとても速いという点です。

デメリットは、あらかじめ承認する人が決まっていることによって、世界中の不特定多数の人に、承認する権利が行き渡らず、特定の人が管理支配する通貨となってしまう点です。

POW・POS・PoI・PoCの違いのまとめ.

POW・POS・PoI・PoCの違いのまとめ.

4つの承認方法は、それぞれが、通貨をよりよく利用してもらうための工夫なのです。

それぞれのメリットとデメリットをよく理解して、自分が関わりやすそうだと感じた通貨に投資してみるのがオススメですよ!

ランキング1位を狙っています。記事が役に立ったら応援お願いします!


にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ
~1日1回、上記2つにポチっと応援を宜しくお願いします~

LINE@にて、ビット先生からの非公開情報や最新情報を受け取る!

  • ビット先生が仮想通貨開始から4ヶ月で3,000万円以上稼いだ銘柄選定方法
  • ブログでは公開していない通貨・ICO情報
  • 仮想通貨の最新ニュース
  • オススメの取引所
  • その他、仮想通貨に関する情報を配信
友だち追加
【公式】仮想通貨取引所

仮想通貨は、市場規模が70兆円を超え、非常に注目されている市場です。

FXの市場が500兆円、株式市場が6,500兆円ということを考えると、ここから数年で10倍、20倍と拡大を続けることが予想されます。

まだ仮想通貨を始めていない方は、先ずは口座開設から始めてください。

全て無料で作成できますのでご安心ください。

【日本国内の取引所】

【海外の取引所】

仮想通貨取引所・徹底比較ランキング

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

モナコイン暴騰・高騰の理由

人気の仮想通貨(ビットコイン・イーサリアム・リップル)

仮想通貨救済!復旧・復活させる方法!(XRP・LTC・ADA・BCH・その他)

仮想通貨取引所ハッキング被害まとめ

仮想通貨FXをやってみる前の心構え

仮想通貨FXをやってみる前の心構え

仮想通貨の購入方法

仮想通貨の購入方法

ETH(イーサリアム)のハードフォーク総まとめ