Patron(パトロン・PAT)の特徴・買い方・購入方法・将来性

Patron(パトロン・PAT)の特徴・買い方・購入方法・将来性2

【注目のICO!】patron(パトロン・pat)とは?

※先ず始めに、ボードメンバーは日本人で構成されているICO案件です。

PATRONは日本人が運営

そんな注目のPatron(パトロン・PAT)というプロジェクトのICOが始まりました。

  • Pre-ICO:2018年2月14日~2月28日まで
  • ICO: 2018年3月1日~3月31日まで

Patron(パトロン・PAT)は、だれもがSNSによって、自分の価値を自由に発信できるようになった世の中を、さらに飛躍的に発展させるシステムです。

特に「インフルエンサー」と呼ばれる人たちの活躍の場を大きく広げていくことができます。

いったい、Patron(パトロン・PAT)のなにが革新的なのでしょうか?

今回は、Patron(パトロン・PAT)の特徴や将来性、ICOの詳細情報から参加方法までを、わかりやすく解説していきます!

にゃんこ

にゃんこ
最近、インフルエンサーって用語が流行しているにゃん。これからの市場はインフルエンサーを活用したマーケティングが拡大すると思っているにゃん。
ビット先生

ビット先生
にゃんこ。勉強してるなぁ~。そうそう。インフルエンサー市場は、急拡大中だぞぃ。日本人がボードメンバーなので、いつも以上に気になってしまうぞぃ。

Patron(パトロン・PAT)の公式サイトはこちら

目次

Patron(パトロン・PAT)ってなに?

Patron(パトロン・PAT)は、ブロックチェーン技術を活用して「インフルエンサー」と呼ばれる人たちを、飛躍的に活躍させるプラットフォームです。

Patron(パトロン・PAT)の魅力を理解するためには、まず、このインフルエンサーとは、どのような人たちなのかを理解する必要があります。

インフルエンサーは、テレビやインターネットというメディアを通して、自分の持つ個性や才能、スキル、考え方を全国規模で発信して、世の中の人々に大きな影響を与える人たちを指します。

そんな、インフルエンサーと呼ばれる人たちの例を紹介すると、

たとえば、テレビで見る‘‘芸能人‘‘は、番組で何かをコメントしたり、Twitterでつぶやいた内容が、とても話題になりますよね。

‘‘プロ・スポーツ選手‘‘は、そのスポーツをしている人たちにとって憧れの存在です。

「自分の尊敬している選手が使っているテニス・ラケットだから買う」

というように、人気のある選手が広告塔になれば、そのスポーツ用品は爆発的に売れるようになります。

インターネット上で活躍するインフルエンサーも続々と出てきています。

若い世代ほど、テレビよりもインターネットから情報を得るようになっている現代では、むしろ、インフルエンサーは、「インターネットで影響力を持っている人」の意味の方が強いかもしれませんね。

代表的な‘‘Youtube(ユーチューバー)‘‘は、大手動画投稿サイト「YouTube(ユーチューブ)」で面白い動画を投稿して、 子供や若者を中心に支持を集めています。

YouTube をテレビに出る芸能人に負けないぐらいの影響力を持つようになっており、 SNS のフォロワー数なども大きく、彼らの起こす行動や発言は、無視できないものになっています。

自分のブログから広告収入を得る‘‘ブロガー‘‘という人たちも、自分のオススメする商品を紹介したり、自分の考え方をブログやSNSに書き込んで、ファンをつくり、多くの影響を与えています。

また、言葉でなくても、たとえば、‘‘インスタグラマー‘‘は、トレンドになっているファッションなどの写真を人気の写真掲載SNS「 Instagram(インスタグラム)」にアップすることで、影響力を持ち始めています。

インターネットが成熟した現代では、企業でも、このようなインフルエンサーを積極的に宣伝に起用することで、利益を得ようという動きが活発になっています。

Patron(パトロン・PAT)は、一言で例えるなら、インフルエンサー版のAirbnb(エアー・ビーアンドビー)といったところです。

Airbnb(エアー・ビーアンドビー)は、使われていない物件を、宿泊用スペースとして安く提供することで人気のサービスです。

従来のホテルよりも安い宿泊宿を探している客と、使われていない物件を有効利用したい持ち主が、両方とも利益を出せることが、宿泊業に、それまでになかった革新性を運び込みました。

おなじように、Patron(パトロン・PAT)は、さまざまな個性やスキルを持ったインフルエンサーたちと、彼らを宣伝のために起用したい企業・ビジネスパーソンとをアプリケーションを使って、効率よくマッチングさせようとしているのです。

Patron(パトロン・PAT)の特徴と今後・将来性

Patron(パトロン・PAT)の特徴と今後・将来性

Patron(パトロン・PAT)が、どのように使われるのでしょうか?

気になってきませんか?

使い方も使い道も分からなければ、魅力が伝わりませんからね。

まず、Patron(パトロン・PAT)は、PCやスマホ、タブレット端末で、ブロックチェーンを使ったプラットフォームを起動させて利用します。

以下にPatron(パトロン・PAT)の使い方を具体的に紹介します。

世界中にいるインフルエンサーやSNSのユーザーが、自分のプロフィールを載せて、需要を求めている人との間で仕事の受注・発注をする。

自分の価値を、より世の中に発信していきたいインフルエンサーは、Patron(パトロン・PAT)のプラットフォームに登録をして、プロフィールにスキルや経歴を掲載します。

そして、自分を起用してくれるクライアント(顧客)を探します。

一方で、自社の商品やサービスを宣伝したい企業・ビジネスパーソンは、プラットフォームに登録されているプロフィールを見て、求めるスキルや経歴を持つインフルエンサーを探します。

そして、お互いが、より良い仕事を求めているインフルエンサーと企業・ビジネスパーソンとの間で、適切な相手が見つかれば、マッチングが成立して、事業の話に進むことができます。

このマッチングをブロックチェーンを使ったアプリケーション・プラットフォーム上で行うことには、今までのマッチング・ビジネスとは違う、大きな意味があります。

それは、仲介手数料がかからないということです。

従来は、企業がインフルエンサー側にオファーを出すときは、事務所などを通して、40%ほどの仲介手数料がかかりました。

この手数料がかかる分、企業は、多大なコストを支払わなければならず、大きな障害となっていました。

インフルエンサー本人に支払う報酬も、手数料が差し引かれた分しか支払われなくなります。

Patron(パトロン・PAT)では、ブロックチェーンを活用することで、この、お互いが不満な結果を残すことになる、手数料という問題を解決することができます。

ひとつのプラットフォームで、SNSとLive配信機能を兼ね合わせている

Patron(パトロン・PAT)では、SNS形式のプラットフォームとなっています。

FacebookやTwitterなどの、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)と同じように、アカウントをつくり、世界中にいる多くの人と交流することができます。

自分の求めるスキルや個性を持っているインフルエンサーを探したい企業・ビジネスパーソンは、登録されている彼らのプロフィールを閲覧して、探し出して、仕事の依頼ができるようになります。

インフルエンサーがPRするSNSの配信枠は、トークンで売買されます。

また、Patron(パトロン・PAT)では、インフルエンサーが自分の動画をリアルタイムで発信できるLive動画機能が装備されています。

インフルエンサーは、自分のコンテンツをリアルタイムで発信することで、さらに多くのファンを惹きつけることができます。

自分の価値を発信する最高の環境がPatron(パトロン・PAT)には備わっているのです。

ICO・クラウドファンディングシステムを備えている

Patron(パトロン・PAT)のプラットフォームでは、インフルエンサーが自分の発案したプロジェクトを行うためのICOやクラウドファンディングを行うことができます。

Patron(パトロン・PAT)を使えば、発信の場だけでなく、発信するためのモノやお金などの手段も手に入れることができるのです。

このように、自分の価値を発信したい人には、まさに夢のようなシステムであるPatron(パトロン・PAT)ですが、プロジェクトが成功するための信憑性はあるのでしょうか?

Patron(パトロン・PAT)のメンバーは日本人!!

Patron(パトロン・PAT)のメンバーは日本人!! Patron(パトロン・PAT)のメンバーは日本人② Patron(パトロン・PAT)のメンバーは日本人③

日本のインフルエンサー発、世界中のSNSメディアをシェアリングエコノミーということで、日本人なら応援したい気持ちになりますね。

Patron(パトロン・PAT)のアドバイザーが凄い!!

どんなに「こんなプロジェクトをしようと思ってるんだ!」と声をあげても、プロジェクトを実行するためには、メンバーにも、ある程度の信頼や実績などの積み重ねが必要になってくるものです。

Patron(パトロン・PAT)のプロジェクトメンバーには、「EasyNe」、「RealNames」といった1,000億円単位の業績を誇る企業の運営を成功させているTeare氏が参加しています。

さらに、創業時顧問には、時価総額トップ10に入っている注目の通貨「IOTA(アイオータ)」の開発メンバーであるDavid A. Cohen氏、世界的に有名な仮想通貨メディアCoinTelegraph(コイン・テレグラフ)の共同創設者のToni Lane Casserly氏が就任しています。

Patron(パトロン・PAT)のプロジェクトメンバー

すでに、十分な実績を持つメンバーを中心に運営しているということで、プロジェクトの信頼度は十分と言えるでしょう。

Patron(パトロン・PAT)のパートナー企業

Patron(パトロン・PAT)のパートナー

パートナーには、既にICOを実現している名前がズラリ!!

現在、ICOを実施しているTraDove(BBcoin)の名前もあります。

TraDove(BBcoin)は、ICOで資金調達30億円を突破している人気ICOです。

Patron(パトロン・PAT)のロードマップ

Patron(パトロン・PAT)のロードマップ

Patron(パトロン・PAT)のロードマップを紹介します。

  • 2017年8月 エントリー
  • 2017年10月 カンファレンス
  • 2017年12月 プレミアムセール開始
  • 2018年1月 プレICO開始
  • 2018年2月 ICO開始
  • 2018年3月 アプリ開発開始
  • 2018年4月 patron(パトロン)オフィス設立
  • 2018年6月 アプリリリース

Patron(パトロン・PAT)のICO基本情報

Patron(パトロン・PAT)のICO基本情報

Patron(パトロン・PAT)のICO基本情報を紹介します。

  • 通貨正式名称:PATRON(パトロン
  • 通貨単位:PAT
  • 総発行枚数:400,000,000PAT
  • トークンセール発行枚数:240,000,000PAT
  • 初期登録インフルエンサー宛発行枚数12,000,000PAT
  • プレミアムセール発行枚数:24,000,000PAT
  • プレICO発行枚数:48,000,000PAT
  • ICO.vol.1.84,000,000
  • ICO.vol.2.48,000,000
  • ICO.vol.3.24,000,000
  • プラットフォーム作成プロトコル:ERC20

Patron(パトロン・PAT)の買い方・購入方法

Patron(パトロン・PAT)のICO参加登録方法
1.公式サイトにアクセスしてください。

Patron(パトロン・PAT)の公式サイトはこちら

2.サイト右上の「sign up」をクリックしてください。
Patron(パトロン・PAT)の特徴・買い方・購入方法・将来性
3.表示されている必要事項を入力する作業をします。
Patron(パトロン・PAT)の買い方・購入方法
  • 自分の名前を入力してください。
  • 「I will purchase …」には何も入力しなくて大丈夫です。
  • メールアドレスを入力してください。
  • パスワードを設定してください。
  • 同じパスワードを再度入力してください。
  • 「I accept terms and conditions」にチェックを入れてください。
  • 「I am not a US or the P.R.C citizen」にチェックを入れてください。
  • 「SIGN UP」をクリックしてください。
4.入力したメールアドレスにメールが送信されますので、記載されているURLをクリックしてください。
Patron(パトロン・PAT)の買い方・購入方法2
5.ログイン画面が表示されたら、メールアドレスとパスワードを入力して「SIGN IN」をクリックしてください。
Patron(パトロン・PAT)の買い方・購入方法・登録
6.ページにある「PATを買う」をクリックしてください。
PATRONの買い方・購入方法(管理画面)

画面で、トークンの購入数量と、支払いに使う通貨を選択してください。

※ETH(イーサリアム)、BTC(ビットコイン)での支払いが可能です。

7.送金アドレスを取得する
Patron(パトロン・PAT)の購入方法

クリックすると、送金用のアドレスが表示されます。

8.取引所及びウォレットから購入したい数量の通貨を送金
Patron(パトロン・PAT)の送金アドレスに入金

送金アドレスをコピーして、購入したい数量の通貨を送金すると完了です。

※ETHの場合は取引所から送金せずに、必ずERC20に対応しているウォレットから送金してください。MyEtherWallet(マイ・イーサ・ウォレット)から送金するようにしましょう。MyEtherWalletについてはこちらの記事をご覧ください。

ICOへの参加は、これで完了です。

セキュリティ向上のための認証作業

セキュリティ対策 認証コード

次に、セキュリティ向上のための認証作業を進めていきます。

  • ページの「My profile」でスマホ・携帯端末の電話番号を入力してください。
  • 「Get an SMS with a code」をクリックしてください。
  • 電話番号を登録したスマホ・携帯端末に認証コードが送られてきます。
  • 入力欄に送られてきたコードを入力してください。
  • コードを送信すれば、携帯認証は完了です。

本人認証

Patron(パトロン・PAT)の本人認証

続いて本人認証を行っていきます。

  • ページの「Proof of ID」からセルフィーで身分証明書を提出できます。
  • 「Proof of residence」から、水道代や電気料金の明細書を送ることができます。

身分証明書も明細書もファイルをアップロードできるようになっていますので、送信してください。

Patron(パトロン・PAT)の特徴~まとめ~

Patron(パトロン・PAT)の特徴~まとめ~

Patron(パトロン・PAT)は、個人で自由に自分を表現・発信できる時代に、必ず求められるようになります。

そんなPatron(パトロン・PAT)の特徴をまとめておきますね。

  • ボードメンバーは、日本人で構成
  • 「インフルエンサー」を、飛躍的に活躍させるプラットフォーム
  • SNSとLive配信機能を兼ね合わせている
  • ICO・クラウドファンディングシステムを備えている
  • アドバイザーには、「IOTA(アイオータ)」の開発メンバーDavid A. Cohen氏
  • パートナー企業には、人気ICOのTraDoveが入っている

インフルエンサーが直接に、自分を求めている人たちとビジネスができる未来に使われるPATトークンは、物凄い可能性を秘めていますね。

Patron(パトロン・PAT)の公式サイトはこちら

ランキング上位を狙っています。記事が役に立ったら応援お願いします!


~ポチっと応援を宜しくお願いします~

LINE@にて、ビット先生からの非公開情報や最新情報を受け取る!

  • ビット先生が仮想通貨開始から4ヶ月で3,000万円以上稼いだ銘柄選定方法
  • ブログでは公開していない通貨・ICO情報
  • 仮想通貨の最新ニュース
  • オススメの取引所
  • その他、仮想通貨に関する情報を配信
友だち追加
【公式】仮想通貨取引所

仮想通貨は、市場規模が70兆円を超え、非常に注目されている市場です。

FXの市場が500兆円、株式市場が6,500兆円ということを考えると、ここから数年で10倍、20倍と拡大を続けることが予想されます。

まだ仮想通貨を始めていない方は、先ずは口座開設から始めてください。

全て無料で作成できますのでご安心ください。

【日本国内の取引所】

【海外の取引所】

仮想通貨取引所・徹底比較ランキング

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。