仮想通貨の確定申告(会計ソフトを徹底比較)

仮想通貨の確定申告(会計ソフトを徹底比較)

仮想通貨での利益計算はとても複雑で、専門家に問い合わせても未だに答えがマチマチだったり、仮想通貨の相談は断るといった専門家もいます。

そこには、仮想通貨についての法整備が追いついていないということ、仮想通貨についての知識が浸透していないことが大きな理由として上げられるのです。

確定申告をしなければ、脱税という違法行為になってしまいますので、面倒だからと放っておかず、必ず確定申告を行うようにしましょう。

今回は、仮想通貨に関する確定申告について、どのような条件の場合に利益とみなされるのか、また、確定申告に必要な計算を、できる限り簡単に行う方法について、会計ソフトや損益計算サイトを比較しながら紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

確定申告が必要と分かっている人は「確定申告に使えるサービス」から参考にしてください。

にゃんこ

にゃんこ
仮想通貨の確定申告って難しそうで不安だにゃん。
ビット先生

ビット先生
今年は多くの人が仮想通貨の確定申告に挑むぞぃ。流れを理解して短期間で整理していきましょう。

※会計ソフトの選定において、弥生会計の『白色、やよいの青色申告オンライン』は1年以上無料で利用することができるので、初めての確定申告なら弥生会計が大変お得です。(ビット先生は弥生会計を利用しました)

やよいの青色申告オンラインで作成した書類がこちら

平成29年分所得税青色申告決算書(一般用) 平成29年分確定申告書B

凄く簡単に作成ができ、かつ、完全に無料で利用することができましたので、本当にオススメです。

弥生会計の公式サイト(全ての機能が1年間無料)※セルフプラン

目次

仮想通貨取引で確定申告をしなくてはいけない人

仮想通貨取引で確定申告をする人

仮想通貨取引で利益確定をすると、確定申告をしなければなりません。

もちろん、確定申告をしなければいけないという金額のラインは決まっています。

もしあなたが、仮想通貨取引で20万円以上の利益を上げていた場合は、必ず確定申告をしてください。

しかし、一口に20万円といっても、仮想通貨の取引には様々なパターンがあり、該当する取引によっては計算方法も違ってきます。

その一部を、国税庁の情報より抜粋して紹介します。

仮想通貨売却のパターン

「保有する仮想通貨を売却(日本円に換金)した場合、その売却価額と仮想通貨の取得価額との差額が所得金額」

これは、私たちが基本的に意識している申告すべき所得ですね。

仮想通貨での商品購入パターン

「保有する仮想通貨を商品購入の際の決済に使用した場合、その使用時点での商品価額と仮想通貨の取得価額との差額が所得金額」

ビットコインはビックカメラなどの家電量販店で支払いに使うことができますよね。

例えば、ビットコインが10万円の時に1ビットコインを取得したとします。
その後、ビットコインの価格が50万円になったとします。

その時、30万円のカメラをビットコインで買った場合、最初に取得したビットコインの価額が10万円であるため、20万円が所得となります。

モノを買った時の差額も意識しておくことが必要です。

仮想通貨と仮想通貨の交換パターン

「保有する仮想通貨を他の仮想通貨を購入する際の決済に使用した場合、その使用時点での他の仮想通貨の時価(購入価額)と保有する仮想通貨の取得価額との差額が、所得金額」

このパターンが、私たちにとって一番厄介な計算ですよね。

例えば、ビットコインが10万円の時に取得して、それが30万円に値上がりした時に、そのビットコインでイーサリアムを買った場合、差額の20万円が所得となります。

沢山のトレードをしている人にとって、非常に面倒な計算が必要になりますね。。

仮想通貨の分裂(ハードフォーク)パターン

「仮想通貨の分裂(分岐)に伴い取得した新たな仮想通貨については、分裂(分岐)時点において取引相場が存在しておらず、同時点においては価値を有してないと考えられます。

したがって、その取得時点では所得が生じず、その新たな仮想通貨を売却又は使用した時点において所得が生じる」

これは、ハードフォークしたパターンになります。

簡単に言うと、ビットコインを所有していて、ハードフォークでビットコインゴールドを付与された場合、付与されたビットコインゴールド自体は所得にはならないという事です。

しかし、ビットコインゴールドに価値が付き、ビットコインゴールドを取引した瞬間に所得になります。

因みに、このビットコインゴールドの取得価額は0円ですので、取引が始まった時点で所得が発生するという理解で良いかと思います。

損失の扱い(損益通算について)

「雑所得の金額の計算上生じた損失については、雑所得以外の他の所得と通算することはできません」

これは、雑所得における損益通算の考え方です。

仮想通貨取引で損失が出た場合、その損失は雑所得内でしか通算できないということです。

簡単に言うと、仮想通貨取引で出た損失を、自身が行っている事業の税金対策には使えないということですね。

※損益通算についての考え方については「仮想通貨に課される税金のまとめ」に分かりやすく紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

仮想通貨の証拠金取引でのパターン

「仮想通貨の証拠金取引による所得については、申告分離課税の適用はありませんので、総合課税により申告をしていただくことになります。」

仮想通貨取引での証拠金取引(FX)についても、それによって利益を得た場合には雑所得での計算となります。

証拠金取引(FX)だからといって、外国為替証拠金取引のような申告分離課税の対象にはならない、ということです。

外国為替証拠金取引のように分離課税ならば、税率が低くなる可能性があるのですが、仮想通貨取引においては、その可能性は無いということです。

とにかく、仮想通貨取引に関わると、一番高い税率で納税することになります。

ですので、もし確定申告をせずに、後々申告漏れが発覚した場合は、より大きな負担として税金を納めることになりますので、必要な人はしっかりと確定申告をしておきましょう。

その他、「仮想通貨のマイニング」に関する考え方も回答がありますので、以下の国税庁の個人課税課によるPDF資料を参考にしてください。

・国税庁の資料URL:https://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/joho-zeikaishaku/shotoku/shinkoku/171127/01.pdf

所得別課税一覧

仮想通貨取引においての税金は所得額によって違いますので、以下の一覧を参考に、ある程度の計算をしておきましょう。

仮想通貨の利益額 所得税率 控除額 住民税
195万円以下 5% 0円 10%
195万円を超え 330万円以下 10% 97,500円 10%
330万円を超え 695万円以下 20% 427,500円 10%
695万円を超え 900万円以下 23% 636,000円 10%
900万円を超え 1,800万円以下 33% 1,536,000円 10%
1,800万円を超え 4,000万円以下 40% 2,796,000円 10%
4,000万円以上 45% 4,796,000円 10%

確定申告に使えるサービス

仮想通貨の確定申告(会計ソフト)

ここまでで、『やはり自分は確定申告をすることになりそうだ』という人は、以下の確定申告に使えるサービスを紹介しますので、参考にしてください。

会計ソフト

フリーランスや副業を持っている人は既に使っている人も多いかと思いますが、個人でも使える有名どころの会計ソフトで雑所得の確定申告書作成ができます。

以下に紹介する会計ソフトは、全てクラウド対応であり、サポートもしっかりとしたところです。

MFクラウド会計

MFクラウド会計ソフト

MFクラウドの公式サイト

MFクラウドの特徴

  • 業界最安水準

個人事業主は、初期費用無料、基本機能無料。
全機能をフルに使える有料プランは個人事業主が月額800円、
法人は月額1980円と業界最安水準です。

  • Macも使えます

クラウド型なので、OSを選ばずMacも対応。
PCはもちろん、タブレットでも利用可能です。

  • 手入力の手間を無くします

銀行やカードの口座情報を登録するだけで、
毎日自動で入出金データを自動取得し、日別内容別に情報を整理。
従来の会計ソフトでは都度手入力を行い、口座や支払明細と照合していましたが、
そうした手間を省くことができます。

  • 会計の知識が無くても安心

取得した入出金データは、その文言を元に半自動で仕訳を行います。
(例:東京電力からの請求は「水道光熱費」、NTTからの請求は「通信費」など)。
あとは内容を確認して登録ボタンを押すだけ!1件ずつ確認したり、まとめて一括確認することが可能です。
仕訳学習機能が一度登録した仕訳を覚え仕訳精度をさらに向上。
どんどんお客様の手間を減らします。

  • 申告書・決算書を自動作成

仕訳されたデータから、個人事業主なら確定申告に必要な「確定申告書B」、
「青色申告決算書」を自動作成でき、法人なら会社法に対応した決算書類を作成できます。
今まで手作業で集計していた作業が自動化され、キャッシュフローレポートなど、
事業に役立つレポートを簡単に確認できます。

さらに、見積・請求書管理機能を使えば、請求書発行とともに売掛金管理を開始し、
登録した銀行口座に入金があると、即座に照合を行い、入金消し込みを自動で行います。
万が一、期限までに入金されない場合は、アラートがあがります。この機能により、
これまでエクセルや人力でチェックしていた手間を省けます。

MFクラウドの概要

マネーフォワードという、Webやスマートフォンアプリにも対応している家計簿サービスにも連携でき、ほとんどそのまま確定申告書を作成してくれます。

銀行やクレジットカード、Suicaなどにも連携出来るので、普段の買い物や支払いを連携させておくことで、いちいち手入力をしなくても、自動的に仕訳をしてくれます。

確定申告書も自動的に作成してくれるので、非常に便利です。

ただし、雑所得に関しては手入力となります。

また、仮想通貨の自動計算などの連携機能サービスは今のところ行っていないということです。

以下、MFクラウドに直接問い合わせた時の回答を記載しておきます。

「MFクラウド確定申告に仮想通貨申告について特化した自動計算や取り込み機能は有しておらず、また、「仮想通貨申告サポートプログラム」につきましても税理士をご紹介させていただく趣旨でございますので、弊社で直接サポートを行うということでもございません。」

各仮想通貨取引所から、csvファイルなどで取引データをダウンロードしても、それを直接アップロードして計算してくれる機能は無い、ということですね。

その代わり、マネーフォワードでは「仮想通貨申告サポートプログラム」があり、仮想通貨に関する確定申告をサポートしてくれる税理士を紹介するサービスを行っています。

「仮想通貨申告サービス」については、マネーフォワードの公式サイトから応募することができます。

概要としては、仮想通貨取引の確定申告に関して、書類準備から申告書作成までを、MFクラウド公式メンバー且つ一般社団法人日本仮想通貨税務協会により認定された税務処理のプロ税理士を紹介してくれるとのことです。

期限は、2018年2月19日までとなっていますので、必要な方はなるべく早く申し込みをしてください。

申し込み期間:2018年2月2日〜2018年2月19日
※申し込み期間については、2018年2月15日まででしたが、2018年2月19日までに期間延長されました。
対象:2017年度、仮想通貨取引による確定申告が必要な方
料金:54,000円~
申込:お申込は終了しました。

サービス料金プランは次の通りです。

最初の30日間は無料で使えますので、仮想通貨の確定申告のみならば、とりあえずフリープランで試してみることもできます。

フリープラン ベーシックプラン ベーシックプラン

あんしん電話サポート付き

月額プラン(税抜) 無料 800円
年額プラン(税抜) 無料 8,800円 17,200円
仕訳件数 月50件まで 無制限 無制限

詳しい料金や機能については、MFクラウドの公式サイトの料金を参照してください。

MFクラウドの公式サイト

弥生会計(やよいの青色申告オンライン)

弥生会計 オンライン(会計ソフト)2

弥生会計の公式サイト(全ての機能が1年間無料)※セルフプラン 

弥生会計の特徴

  • クラウド会計ソフト利用シェアNo.1 

今最も利用されているクラウド会計ソフトです。 ※「クラウド会計ソフトの利用状況調査」(2016年3月)-MM総研調べ

  • ダントツの価格メリット

フリーランス・個人事業主向け確定申告ソフト「やよいの白色申告 オンライン」は初期費用・月額“ずっと0円“。 また、「やよいの青色申告 オンライン」は”初年度0円キャンペーン”を実施中! どちらのソフトも無料で確定申告を終わらせることができ、サポート付きのプランも”初年度半額キャンペーン”を実施中! 小規模法人向け会計ソフト「弥生会計 オンライン」は、起業家向けキャンペーン適用でサポート付きのプランを最大14か月0円で利用可能。

  • 会計ソフト利用がはじめてでも、かんたんに使える製品設計

日々の記帳から確定申告/法人決算までおまかせ! 簿記・会計の知識がなくても、シンプルなデザインと分かりやすいナビゲーション、一目でわかるカンタンな機能で、はじめての方でも迷わせません。

  • 業界最大規模のカスタマーセンターによるサポート力

ベーシックプランでは電話・メール・チャット・画面共有案内で会計業務を徹底フォロー!! 操作方法はもちろん、仕訳相談や確定申告、法人会計経理業務のご質問、 お困りごとと、さまざまな質問に応えてくれます。

弥生会計の概要

弥生会計は、会計ソフトの中では老舗で、パソコンにインストールするソフトタイプと、Web上で管理するタイプがあります。

弥生会計オンラインについてもサポートに問い合わせ確認をしましたが、雑所得は手入力となり、各仮想通貨取引所からcsvファイルをダウンロードしても、自動的に計算してくれる機能はありません。

弥生会計は電話サポートも、とても丁寧に対応してくれますので、分からないことがあれば電話サポートを利用してみてください。

サービス料金プランは次の通りです。

無料体験プラン セルフプラン ベーシックプラン
初年度無料(セルフプラン) 8,640円(税込)/年 12,960円(税込)/年

詳しくは、弥生会計オンラインの公式サイトを参照してください。

弥生会計の公式サイト(全ての機能が1年間無料)※セルフプラン

freee(フリー)

freee(フリー)のクラウド会計ソフト

freee(フリー)の公式サイト

freee(フリー)の特徴

  • 【クラウド会計シェア No.1 60万ユーザーが利用】

‐クラウド会計ソフト市場シェア40%(※2016年8月デジタルインファクト調べ)

  • 【対応金融サービス数 No.1】

‐全国3,630の銀行・クレジットカードと連動し経理自動化(※2016年11月現在)

freee(フリー)の概要

freeeに関しては、仮想通貨の所得計算を自動計算してくれる機能があります。

各仮想通貨取引所からcsvなどでダウンロードしたファイルを、freeeにアップロードすることで、申告すべき所得を雑所得として計上してくれます。

非常に便利なのですが、現状において対応している仮想通貨取引所が以下の2つしかありません。

bitFlyer
bitbank

該当する仮想通貨取引所を使っている場合は、freeeのサービスは魅力的ですね。

※今後も取引所との連携が強化されると思いますので、期待したいところです。

サービス料金プランは次の通りです。

無料 スターター スタンダード
0円 980円(税抜)/月

9,800円(税抜)/年

1,980円(税抜)/月

19,800円(税抜)/年

30日間無料で試したい方 まずは確定申告をしたい方 日々の経理の効率化から確定申告までしたい方

詳しくは、freeeの公式サイトにて参照してください。

freee(フリー)の公式サイト

仮想通貨の収益計算に使えるサイト

ここで紹介するサイトは、無料で仮想通貨取引の損益計算をしてくれるサイトです。

特に、以下に紹介する2つのサイトは、対応している仮想通貨取引所が多いので、これらのサイトで損益計算をしてから、その結果を会計ソフトの雑所得に記載するという流れになります。

~CRYPTACT~

cryptact.comの損益計算

CRYPTACTの公式サイト

仮想通貨の損益計算を自動で行ってくれるサイトです。

各仮想通貨取引所から、取引データをcsvでダウンロードして、そのファイルをCRYPTACTにアップロードするだけで、損益計算してくれます。

また、国内の仮想通貨取引所だけではなく、Binanceなどの海外の仮想通貨取引所にも対応しているので、使っている取引所はほぼカバーできるのでは無いでしょうか。
以下、CRYPTACTが対応している仮想通貨取引所です。

  • bitFlyer
  • coincheck
  • Zaif
  • KRAKEN
  • bitbank
  • GMOコイン
  • QUOINEX
  • POLONIEX
  • BINANCE
  • BITTREX
  • BITFINEX
  • CRYPTOPIA
  • Changelly
  • HitBTC
  • COINEXCHANGE.io

各仮想通貨取引所からダウンロードしたファイルを、CRYPTACTにアップロードすると、瞬時に損益を計算してくれるので、その数字を確定申告書に記載するのがシンプルですね。

また、未対応の取引でも、自分でcsvファイルを作ることで、アップロードすれば計算してくれます。

〜G-tax(β版)〜

G-tax(仮想通貨の損益計算)

G-taxの公式サイト

G-taxも、CRYPTACT同様に、ファイルをアップロードすることで損益を自動計算してくれます。
やはり無料でのサービスですので、登録すればすぐに使うことができます。

G-taxが対応している仮想通貨取引所は以下の通りです。

  • Zaif
  • bitFlyer
  • coincheck
  • bitbank
  • BITTREX
  • POLONIEX
  • KRAKEN
  • HitBTC
  • QUOINEX
  • BITFINEX
  • BINANCE
  • Changelly
  • YObit.net

※以下順次対応

  • GMOコイン
  • BTCBOX

※部分的な対応

  • Liqui

こちらも、順次対応している状況ですので、まだまだ対象となる仮想通貨取引所は増えていきます。

損益計算に使えるサイトは、どちらを使用しても大差はないと思います。

対応している仮想通貨取引所が若干違うくらいですので、自分に合った方を選びましょう。

仮想通貨の確定申告を行う流れ

仮想通貨の確定申告を行う流れ

収益計算サイトを使えば、会計ソフトは使い慣れているもの、または料金などで選択しても良いでしょう。

大まかな流れとしては、次のようになります。

  1. 使用している仮想通貨取引所から、取引データをダウンロード
  2. ダウンロードしたファイルを、CRYPTACTなどの収益計算サイトにアップロード
  3. 計算された金額を、会計ソフトの雑所得に記載

ここでは「CRYPTACT」と「MFクラウド」を例に手順を紹介します。

使用している仮想通貨取引所から、取引データをダウンロード

各仮想通貨取引所で、取引履歴をダウンロードしてください。

ダウンロード方法については、一例として「Zaif」と「Binance」のダウンロード方法を説明します。

※その他の仮想通貨取引所でも、それほど違いはありませんので、インターネットなどで確認してください。

~「Zaif」の取引履歴ダウンロード方法~
  1. Zaifの公式サイトにログインする
  2. 右上の「アカウント」をクリックする
  3. 「各種サービス」をクリックする
  4. 「取引履歴CSV」をクリックする
  5. 「他の年を選択」タブをクリックして「2017」をクリックする
  6. 「ファイル名」の下に出てきた「trade~」というファイルをダウンロードする
~「Binance」の取引履歴ダウンロード方法~

Binanceに関しては、3ヵ月単位でのダウンロードとなりますので、3ヵ月ごとのファイルダウンロードが必要です。

  1. Binanceにログインする
  2. 上部メニューの「Orders」にマウスポインタを当てて、下に出てきたメニューから「Trade History」をクリックする
  3. 右部分にある「Export Complete Trade History」をクリックする
  4. 表示された画面の「Coustom(max range 3 months)にチェックを入れる
  5. 期間を選択して「Export」ボタンをクリックする
    ※3ヵ月ごとのデータになりますので、複数回に分けてダウンロードしてください。

ダウンロードしたファイルを、CRYPTACTなどの収益計算サイトにアップロード

「CRYPTACT」などにファイルをアップロードして、確定申告が必要な金額かどうかを判断してください。

「CRYPTACT」を使用する際には、メールアドレスでの登録が必要です。

  1. 「CRYPTACT」にログインする
  2. ダウンロードした取引ファイルをアップロードする
  3. 計算された損益を確認する
    右上に金額が表示されますので、ここの金額で判断しましょう。
CRYPTACT(仮想通貨の確定申告)

ここで、20以上ならば、確定申告が必要です。
ここで、20万円未満(199,999円まで)ならば、確定申告の必要はありません。

計算された金額を、会計ソフトの雑所得に記載

普段使っている会計ソフトがある場合は、使い慣れているもので構いません。

会計ソフトを使ったことが無い場合は、どれを使っても大差はありません。

bitFlyerやbitbankだけを使っている人は、freee(フリー)が簡単です。

ですので、判断基準としては、各会計ソフトの利用料金で選んで問題ありません。

結局、会計ソフトはどれが一番使いやすい?

結局、会計ソフトはどれが一番使いやすい?

会計ソフトについては、1年以上無料で利用することができる弥生会計がお得だと思います。

一方で、bitFlyerとbitbankのみ使用している人は「freee(フリー)」が便利です。

その他にも、様々な取引所を使っている人は、損益計算サイトで計算すると思いますので、金額が確認できたら、どの会計ソフトを使っても差違はありません。

無料の「CRYPTACT」で収益を計算して、クラウド画面上にチャットサポートが付いている「MFクラウド」で確定申告書を作成するのも非常に簡単です。

もともと使っている会計ソフトがある場合は、そのまま継続で慣れたものを使うのが良いかと思います。

仮想通貨の確定申告(会計ソフトを徹底比較) ~まとめ~

仮想通貨の確定申告(会計ソフトを徹底比較) ~まとめ~

仮想通貨取引で20万円以上の利益を上げている人は、必ず確定申告を行ってください。

それでは最後に、会計ソフトの利用料金と、無料で使える仮想通貨の損益計算サイトをまとめておきますね。

会計ソフトの利用料金まとめ

・MFクラウド

フリープラン ベーシックプラン ベーシックプラン

あんしん電話サポート付き

月額プラン(税抜) 無料 800円
年額プラン(税抜) 無料 8,800円 17,200円
仕訳件数 月50件まで 無制限 無制限

MFクラウドの公式サイト

・弥生会計オンライン

無料体験プラン セルフプラン ベーシックプラン
初年度無料 8,640円(税込)/年 12,960円(税込)/年

弥生会計の公式サイト(全ての機能が1年間無料)※セルフプラン

・freee(フリー)

無料 スターター スタンダード
0円 980円(税抜)/月

9,800円(税抜)/年

1,980円(税抜)/月

19,800円(税抜)/年

30日間無料で試したい方 まずは確定申告をしたい方 日々の経理の効率化から確定申告までしたい方

freee(フリー)の公式サイト

・損益計算サイト

CRYPTACT G-tax
  • bitFlyer
  • coincheck
  • Zaif
  • KRAKEN
  • bitbank
  • GMOコイン
  • QUOINEX
  • POLONIEX
  • BINANCE
  • BITTREX
  • BITFINEX
  • CRYPTOPIA
  • Changelly
  • HitBTC
  • COINEXCHANGE.io
  • Zaif
  • bitFlyer
  • coincheck
  • bitbank
  • BITTREX
  • POLONIEX
  • KRAKEN
  • HitBTC
  • QUOINEX
  • BITFINEX
  • BINANCE
  • Changelly
  • YObit.net

※以下順次対応

  • GMOコイン
  • BTCBOX

※部分的な対応

  • Liqui

仮想通貨の確定申告では、複雑な計算を行う必要がありますので、たくさんの取引を行った人や、合っているかどうか自信が無いという人は、MFクラウドなどのキャンペーンを使うなどして、専門家に相談することをオススメします。

手っ取り早く自分でやりたいという人は、無料の損益計算サイトで所得を算出し、会計ソフトの雑所得に記載する、という手順が一番シンプルだと思います。

自身に合った最善の方法を選択してみてください。

ランキング1位を狙っています。記事が役に立ったら応援お願いします!


にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

ビット先生

ビット先生
~1日1回、上記2つにポチっと応援を頼むぞぃ。皆の力が必要じゃ。

LINE@にて、ビット先生からの非公開情報や最新情報を受け取る!

  • ビット先生が仮想通貨開始から4ヶ月で3,000万円以上稼いだ銘柄選定方法
  • ブログでは公開していない通貨・ICO情報
  • 仮想通貨の最新ニュース
  • オススメの取引所
  • その他、仮想通貨に関する情報を配信
友だち追加
【公式】仮想通貨取引所

仮想通貨は、市場規模が70兆円を超え、非常に注目されている市場です。

FXの市場が500兆円、株式市場が6,500兆円ということを考えると、ここから数年で10倍、20倍と拡大を続けることが予想されます。

まだ仮想通貨を始めていない方は、先ずは口座開設から始めてください。

全て無料で作成できますのでご安心ください。

【日本国内の取引所】

【海外の取引所】

仮想通貨取引所・徹底比較ランキング

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

仮想通貨に課される税金のまとめ

仮想通貨に課される税金のまとめ

仮想通貨のウォレットの種類

仮想通貨のウォレットの種類(メリット・デメリット)について

モナコイン暴騰・高騰の理由

人気の仮想通貨(ビットコイン・イーサリアム・リップル)

仮想通貨の購入方法

仮想通貨の購入方法

仮想通貨のブロックチェーンの仕組み・メリット・デメリット

仮想通貨のマイニングとは!?やり方・方法・利益