Dorado(ドラード・DOR)のICO・買い方・購入方法・将来性

Dorado(ドラード・DOR)の特徴・買い方・購入方法・将来性

Dorado(ドラード・DOR)は、現在のオンデマンドデリバリーに革命をもたらします。

それは、商品を買う私たちユーザー、商品を売るショップ、商品の注文を受けるシステム、商品を配送する手段、これら全てに大きなインパクトを与え得るプロジェクトです。

Dorado(ドラード・DOR)の動画を少しご覧ください。

配達のために次の 「Uber」

Dorado(ドラード・DOR)は次のUber Dorado(ドラード・DOR)のICO

※Dorado(ドラード・DOR)からICO情報として追加情報がありました。

プロジェクトの本気度合いが記載されていましたので、ポイントを整理してここに記述致します。

  • 情熱的で、経験豊かで、意欲的なチーム
Doradoチームは、Doradoの長期的ビジョンと成功を信じているだけでなく、
コミットメントを証明する行動も取っています。
Doradoチームのトークンは、3年間トークンをロックしています。
この期間中にDORトークンを売買することはできません。
これは、Doradoチームが一生懸命働いて、
長続きする有益なビジネスを構築する意欲が高いことを意味します。
  • 上場
DORは、主要上位15取引所の1つにリストされていることが既に保証されています。
ただし、法的理由により、ICOが終了された後でのみ、取引所一覧を発表します。
  • ビジネスの成功
Doradoは既に成功したビジネスに基づいて構築されており、
過去3年間で4億以上の受注を達成し、6227%の成長を達成しました。
蓄積されたノウハウとICOで調達された資金を使って、飛躍的にビジネスを加速させます。
  • パートナーシップと買収
積極的にパートナーシップを構築し、
異なる市場で主要な納入業者を獲得するために取り組んでおり、
1日目から収益を生み出すことができます。 
CEE /北欧の電子商取引のプレイヤーであるPigu Groupと
健康と健康のエコシステムであるLympo.ioとのパートナーシップを結んでいます。
近日、ポーランドでの最新の買収に関するニュースを発表予定。
たくさんのエキサイティングなパートナーシップがあります!
  • VC投資家によるバックアップ
ヨーロッパで最も有名で信頼できるベンチャーキャピタル企業のいくつかは、
Doradoに投資しています。
  • DORのトークンについて
純売上高の7%はDOR保有者に四半期ごとに支払われます。
DORの需要はプラットフォームの成長によってもたらされるため、
Doradoが大きくなるほど、トークン所有者の利益が増えます。
保持できる時間が長くなればなるほど、潜在的な価値の分布が広がります。

今回は、Dorado(ドラード・DOR)とはそもそも何なのか、そしてDorado(ドラード・DOR)が目指している未来について、特徴や将来性を交えながら紹介していきます。

また、最後にDorado(ドラード・DOR)のICOの買い方・購入方法(参加方法)についても紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

にゃんこ

にゃんこ
オンデマンドデリバリーに革命!???
ビット先生

ビット先生
AIによるデリバリー革命だぞぃ。これは注目されそうじゃが。。。

※仮想通貨取引所の利用、また仮想通貨取引やICOへの参加については、リスクを伴うことがあります。これらリスクを自分自身でしっかりと把握した上で、無理のない資金で取引を行うことが大切です。自身でリスク管理をしっかりと行いましょう。

※ここから購入すると特別ボーナス特典として+3%付与されます。

Dorado(ドラード・DOR)の公式サイト

目次

Dorado(ドラード・DOR)ってなに?

Dorado(ドラード・DOR)は、商品の注文から配送までの仕組みに、ドローンやロボットそしてAIを導入し、さらにそれらをブロックチェーンによって管理するというオンデマンドデリバリーに革新をもたらすプロジェクトです。

また、Dorado(ドラード)で使用される通貨単位は「DOR」で、仮想通貨取引所に上場された際、私たちが取引をする単位になります。

Dorado(ドラード・DOR)は、これらオンデマンドデリバリー(ネット注文のピザデリバリーのような仕組み)の新たなプラットフォーム(基盤)を作ることによって、販売者と購入者の直接的な繋がりや、商品管理、配送の手段やそれらにかかるコストの削減を実現します。

主な役割は次のように置き換わるでしょう。

  • 配送担当者や配送車 → ロボットやドローン
  • 問い合わせ処理や商品管理オペレーター → AI(人工知能)
  • 商品管理や顧客情報などのデータ管理 → ブロックチェーンとAI(人工知能)

こういった”役割の置き換え”は、もちろん業種を問わずにこれから起こる変革でもあると思います。

その中でも、Dorado(ドラード・DOR)のプロジェクトは、分かりやすい例の一つになるのではないでしょうか。

また、Dorado(ドラード・DOR)は、既に実績のあるビジネスモデルを持っています。

それが「Foodout」です。

「Foodout」は既に大成功しているヨーロッパ中心のフードデリバリーです。

そしてこの「Foodout」のブランド変更として生まれたのが「Dorado(ドラード)」なのです。

Dorad(ドラード・DOR)は、「Foodout」で培ったノウハウやデータなど全てを踏襲し、そこにロボットやドローン、AIとブロックチェーンを融合させて、業界を革新に導く壮大なプロジェクトと言えます。

実績の後ろ盾にもあり、とても期待できるプロジェクトですね!

Dorado(ドラード・DOR)の基本情報

通貨名 DOR 公開日 2018年2月7日
プラットフォーム イーサリアム 最大発行数 55,000,000 USD
Webサイト https://www.dorado.tech/
ホワイトペーパー https://goo.gl/P35SFS
購入できる取引所 未定

Dorado(ドラード・DOR)のICO基本情報

ソフトキャップ 3,000,000 UDS
ハードキャップ 55,000,000 UDS
購入通貨 ETH、BTC、LTC

Dorado(ドラード・DOR)のICOタイムライン

期間 ボーナス ハードキャップ
2月7日~2月21日 33% 70,000,000 DOR
2月21日~3月7日 30% 70,000,000 DOR
3月7日~3月21日 27% 70,000,000 DOR
3月21日~4月4日 22% 75,000,000 DOR
4月4日~4月18日 17% 75,000,000 DOR
4月18日~5月2日 12% 75,000,000 DOR
5月2日~5月16日 7% 75,000,000 DOR

トークン最大共有:510,000,000,000 DOR

ICO benchの評価

Dorado(ドラード・DOR)のICobenchは3.8

Dorado(ドラード・DOR)のICobenchは3.8となっています。

Dorado(ドラード・DOR)のロードマップ

  • 2014年:Dorado(ドラード)の前身「Foodout」の開始。
  • 2017年:Foodoutグループは、6ヵ国で成功(ウクライナ、ベラルーシ、リトアニア、ラトビア、エストニア、イラン)
  • 2018年~2020年:新しい業種(業界)へのサービス展開。3年で14ヵ国へのサービス拡大準備が完了
  • 2020年~2022年:さらに10ヵ国へのサービス拡大をするための積極的なマーケティングを行う

Dorado(ドラード・DOR)の特徴・今後・将来性

Dorado(ドラード・DOR)の特徴・今後・将来性

それでは、Dorado(ドラード・DOR)の特徴と将来性を見ていきましょう。

既に成功している既存のビジネスモデルを元にしている

Dorado(ドラード・DOR)の売上

Dorado(ドラード・DOR)は、「Foodout」という前身となるフードデリバリーの実績を持っています。

年間売上は、既に5,000万ドル(日本円で約50億円以上)を突破!!

オンデマンドデリバリのノウハウやデータも踏襲されているのです。

Dorado(ドラード・DOR)のプロジェクト自体は、これからICOを経て徐々に完成させていくものですが、何も無いところからのプロジェクトではないので、不安よりも期待のほうが大きくなりますね。

ロボット・ドローン・AIを使った未来の配送プラットフォーム

ロボット・ドローン・AIを使った未来の配送プラットフォーム

Dorado(ドラード・DOR)が作り上げるプラットフォームは、配送にはロボットやドローン、商品管理やオペレーターにはAI、また顧客情報と販売店の繋がりや商品のデータ管理の根本となるシステムにはブロックチェーンを用いるという、いわゆる”新技術”が詰まったプラットフォームです。

例えるならば、商品を注文してから手元に届くまでの工程が全て無人で行われるAmazonをイメージすると分かりやすいかもしれませんね。

私たち消費者がオンラインで商品を注文すると、消費者のあらゆるデータや、消費者と販売者の決済や取引データも改ざん余地のないブロックチェーンに書き込まれ、そのデータを元にAI(人工知能)が配送手配や決済情報を管理し、ドローンが私たち消費者の元に商品を届けてくれます。

もちろん、消費者と販売者共に評価システムも構築されるでしょう。

その評価についても改ざんや不正の無い、公平で信頼性のあるものになるはずです。

AI搭載のスマートフォンアプリ

AI搭載のスマートフォンアプリ

Dorado(ドラード・DOR)では、スマートフォンアプリについても説明があります。

スマートフォンアプリでは、AI(人工知能)を用いることで、注文の時間や場所、これまでの消費者の行動を分析して、この時間この場所でどういったものを望んでいるのかを予測し、必要なものをオススメしてくれます。

使えば使うほど、AIのアシスタントは正確になっていくということでしょうか。

既に数千以上の店舗と提携済み

Dorado(ドラード・DOR)は既に、数千に上る店舗と提携を果たしており、検索をすることで近くの店舗の商品を近い順に表示してくれます。

商品としてはレストランのメニューだけではなく、薬局や食料品など様々な商品を注文することが出来ます。

既にこれだけの数の店舗と提携をしているというのは、実績と言う意味でも信頼出来るのではないでしょうか。

誰でも商品を提供できる

取引の信頼性を担保することで、商品の販売は販売業者に限らず、個人である誰もが商品を提供できるプラットフォームにもなります。

日本で言うところの「メルカリ」のようなイメージかもしれませんが、ここに強固な信頼性が担保されるということです。

偽商品や詐欺まがいの小さな注意書きで相手を欺くようなことがあれば、それは半永久的にブロックチェーンに履歴として残り、その商品提供者はAIに弾かれてしまうことでしょう。

逆に評価の良い出品者は、AIからのオススメ販売者として信頼を手に入れることが出来るかもしれませんね。

80%~90%のコスト削減が可能

共同創業者兼ロジスティクス・アンド・イノベーション・オフィサー、エルファン・へサム(Erfan Hesa​​m)氏

「ロボットは会社の文学的に動く広告掲示板です。私たちの計画は、世界中の主要都市にこのようなロボットを導入することです」

Dorado(ドラード・DOR)のプラットフォームが実現し、社会に普及すれば、あらゆる作業に人間の入る余地は無くなります。

また、配送によるエネルギーも大幅に削減されるでしょう。

これらを総じて削減されるコストは80%~90%という目標が提示されています。

確証の得られる数値ではありませんが、確実にコスト削減には繋がるプラットフォームになるという事です。

オンデマンドのデリバリ市場は2,150億ドルと推定される市場

公式ホームページにも記載されていますが、オンデマンドデリバリー市場には、潜在的な価値として2,150億ドルという推定が成されています。

これはモルガン・スタンレーのアナリストが試算した数値とのことです。

このような市場での成功は、経済界でも大きなインパクトを残すことになるのではないでしょうか。

数値だけを見ると、非常に期待してしまいますよね!

公式サイトとチャットで連絡可能

ICOに参加する上で注目したいのが、公式と直接連絡が取れるかどうかという事です。

何か疑問があった場合、インターネットの情報だけではICO参加を決心するには不安が残りますよね。

そんな時、公式に直接疑問を投げられる窓口があるというのは、評価すべき事項になります。

公式サイトの右下で、直接チャットができるようになっていますので、ICO参加に少しでも疑問や不安がある人はチャットを活用してみましょう。

オンデマンドデリバリの革命

Dorado(ドラード・DOR)のプラットフォームが定着すれば、これはオンデマンドデリバリーの革命になると思います。

最近では、テレビCMでも荷物をドローンで運ぶような映像もよく見るようになりましたが、それらを制御するシステムについては良く分かりません。

しかし、Dorado(ドラード・DOR)では、それらをホワイトペーパーという形で示しています。

また、Dorado(ドラード・DOR)が実現しようとしていることは、今の私たちが全く想像できないようなモノではありませんよね。

ドローンやAIといったワードは良く耳にしますし、それらが商品を配送するというイメージも出来るはずです。

そのイメージする未来が実現するかもしれないのです。

正直、ワクワクします!

どのような形で私たちに関わってくるICOなのかを容易に想像できるという点でも、Dorado(ドラード・DOR)のICOに参加するかどうかという選択には大切な情報ですね!

Dorado(ドラード・DOR)のリスク要因

Dorado(ドラード・DOR)のリスク要因

いくら優れた構想を持ったICOでも、実現するまではリスクを背負うことになります。

未だ構想段階である

実績のあるビジネスモデルからのICOとはいえ、構想は構想です。

ICO案件に”絶対”はありません。

これは、どのICO案件にも言えるリスク要因です。

競合はこれから出てくる

Dorado(ドラード・DOR)は公式ホームページでも「競合はいない」と公言しています。

しかしこれは、あくまでも”現在は”という事です。

Dorado(ドラード・DOR)が先行して作り上げるプラットフォームは先駆者となるでしょう。

しかし、後追いで出てくる競合も必ず存在します。

競合企業が出てきた時、Dorado(ドラード・DOR)がどのような打開策を打ち出してくるのかという部分にも注目しておく必要がありますね。

社会に浸透するかどうかがカギ

構想も素晴らしく、実際のサービスも申し分ないというプロジェクトでも、社会に浸透しなければ価値はありません。

もちろんDorado(ドラード・DOR)は「Foodout」という前身で実績があります。

しかし、それがどれほど普及するのか、という点については誰も分かりません。

それこそ競合企業が出てきた場合、最終的には競合企業の方が社会に広まる可能性もあります。

もちろん、投機という意味でDorado(ドラード・DOR)を買い、短期的に売ってしまうという事であれば、競合が出てくる前に儲けられるかもしれませんが、投資という長期スパンで見るには、どのように社会に浸透させるのかという部分にも注目しておかなければなりません。

実現できるかどうかは未知

実績のあるビジネスモデルを持っているとはいえ、まだ実現するかは誰にもわかりません。

それがICO案件です。

実現されなければ、万が一上場すらされなければ、ICOに参加した資産は無くなります。

ですので、これだけ期待できるDorado(ドラード・DOR)への参加も、必ず余剰資金での投機・投資にしましょう。

Dorado(ドラード・DOR)のICOの買い方・購入方法

Dorado(ドラード・DOR)のICOの買い方・購入方法

それではDorado(ドラード・DOR)のICO参加方法について、「登録」と「購入」順に紹介します。

Dorado(ドラード・DOR)の登録

Dorado(ドラード・DOR)のICOの買い方・購入方法・登録
1.公式サイトにアクセス

以下のURLより、公式サイトにアクセスしてください。

※ここから購入すると特別ボーナス特典として+3%付与されます。

Doradoの公式サイト

2.「Buy tokens」をクリックする
Doradoの買い方・購入方法・登録方法

公式サイトにアクセスしたら、右下の「Buy tokens」をクリックしてください。

3.メールアドレスとパスワードを登録
Dorado(ドラード・DOR)の登録方法

以下の情報を入力して下さい。

  • メールアドレス
  • パスワード
  • パスワード確認

入力を終えたら、チェックボックスにチェックを入れて、「Sign Up」をクリックしてください。

4.届いたメールのリンクにアクセスする
Doradoの公式サイト メール

登録が完了すると、登録したメールアドレス宛にメールが届きますので、リンクをクリックしてください。

これで登録は完了です。

Dorado(ドラード・DOR)の購入

1.購入するトークン数量を決める
Dorado(ドラード・DOR)の買い方・購入方法について(詳細)

Dorado(ドラード・DOR)の購入数を決めて入力してください。

左の「Sum to Spend・・・」に数値を入れることで、購入できるDORの数量が計算されます。

2.購入

購入を決定する際は、右下の「Pay」をクリックしてください。

Dorado(ドラード・DOR)の買い方・購入方法について(送金)

購入が早い方がボーナスも多いですので、ICO参加を決めている人は早めに購入しましょう。

期間 ボーナス ハードキャップ
2月7日~2月21日 33% 70,000,000 DOR
2月21日~3月7日 30% 70,000,000 DOR
3月7日~3月21日 27% 70,000,000 DOR
3月21日~4月4日 22% 75,000,000 DOR
4月4日~4月18日 17% 75,000,000 DOR
4月18日~5月2日 12% 75,000,000 DOR
5月2日~5月16日 7% 75,000,000 DOR

Dorado(ドラード・DOR)の特徴 ~まとめ~

Dorado(ドラード・DOR)の特徴 ~まとめ~

Dorado(ドラード・DOR)のプラットフォームは、私たちが想像する未来の買い物の姿が想像できます。

また、あらゆるオンラインショップの在り方も変えていくことになりそうですよね。

それでは最後に、Dorado(ドラード・DOR)の特徴をまとめておきますね。

  • Dorado(ドラード・DOR)は、現在のオンデマンドデリバリーに革命をもたらす
  • 既に成功している既存のビジネスモデルを元にしている
  • ロボット・ドローン・AIを使った未来の配送プラットフォームを提供する
  • AI搭載のスマートフォンアプリで日常が変わる
  • 既に数千以上の店舗と提携済み
  • 誰でも商品を提供できる
  • 80%~90%のコスト削減が可能
  • オンデマンドのデリバリ市場は2,150億ドルと推定される市場
  • 公式サイトとチャットで連絡可能
  • オンデマンドデリバリの革命

近い未来、いつもの時間にいつもの場所までお弁当を届けてくれるかもしれません。

そろそろ日用品が無くなるというタイミングでは、AIがあなたに教えてくれるので、買い漏らしも無くなります。

Dorado(ドラード・DOR)のプロジェクトが社会に浸透することで、私たち消費者の行動パターンにも変化が起こります。

こういった未来を考えると、ワクワクしますし、このプロジェクトを応援したくなりますよね。

Dorado(ドラード・DOR)の今後の動向から目が離せませんね!

※仮想通貨取引所の利用、また仮想通貨取引やICOへの参加については、リスクを伴うことがあります。これらリスクを自分自身でしっかりと把握した上で、無理のない資金で取引を行うことが大切です。自身でリスク管理をしっかりと行いましょう。

※ここから購入すると特別ボーナス特典として+3%付与されます。

Doradoの公式サイト

ランキング1位を狙っています。記事が役に立ったら応援お願いします!


にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

ビット先生

ビット先生
~1日1回、上記2つにポチっと応援を頼むぞぃ。皆の力が必要じゃ。

LINE@にて、ビット先生からの非公開情報や最新情報を受け取る!

  • ビット先生が仮想通貨開始から4ヶ月で3,000万円以上稼いだ銘柄選定方法
  • ブログでは公開していない通貨・ICO情報
  • 仮想通貨の最新ニュース
  • オススメの取引所
  • その他、仮想通貨に関する情報を配信
友だち追加
【公式】仮想通貨取引所

仮想通貨は、市場規模が70兆円を超え、非常に注目されている市場です。

FXの市場が500兆円、株式市場が6,500兆円ということを考えると、ここから数年で10倍、20倍と拡大を続けることが予想されます。

まだ仮想通貨を始めていない方は、先ずは口座開設から始めてください。

全て無料で作成できますのでご安心ください。

【日本国内の取引所】

【海外の取引所】

仮想通貨取引所・徹底比較ランキング

 

 この記事へのコメント

  1. シマダ より:

    はじめまして。昨日の夜、ドラードを購入したのですが、3パーセントのボーナスが付いていない気がするんですけど、なにかやらないといけないことありますか?また、イーサウォレットへのトークンの配布はいつくらいで完了するかわかりますか?

    • ビット先生 より:

      ご連絡ありがとうございます。

      内容を確認する限り、
      3パーセントのボーナス付与のタイミング、トークンの配布方法などについては記載がされていないようです。
      ※『3パーセントのボーナス付与』があるという事実は、公式サイトに記載されている通りとなっております。

      トークンの配布方法などについては、公式サイト側からアナウンスされることが多いので、一旦待ちの状況になるかと思います。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。