モナコイン(MONA)の買い方・購入/オススメ取引所ランキング

モナコイン(MONA)の買い方・購入/オススメ取引所ランキング

モナコイン(MONA)は、日本発の仮想通貨で、2013年に誕生して2014年にリリースされました。

日本の巨大掲示板「2ちゃんねる(現5ちゃんねる)」から誕生したモナコイン(MONA)は、熱狂的なファンや活発なコミュニティが存在し、コミックマーケットの決算に使われたり、秋葉原でイベントが行われたり、実店舗でも決済が出来る場所があるなど、持っていて損はない仮想通貨ではないでしょうか。

今回は、モナコイン(MONA)の買い方・購入方法と共に、オススメできる仮想通貨取引所をランキング形式で紹介します。

また、モナコイン(MONA)とはどういったコインなのか、モナコイン(MONA)の人気ぶりや、特質すべき技術的な特徴を交えながら紹介していますので、ぜひ購入前の参考にしてください。

※分かりやすく紹介するため、極端な例などを挙げております。細かい部分に語弊が生じる場合がありますが、あくまでもイメージととらえてください。

にゃんこ

にゃんこ
モナコインって、あの2chのキャラクターのことかにゃん。
ビット先生

ビット先生
そうだぞぃ。あのキャラクターがコインになっているぞぃ。しかも、安定の人気を誇っているぞぃ。

※仮想通貨取引所の利用、また仮想通貨取引やICOへの参加については、リスクを伴うことがあります。これらリスクを自分自身でしっかりと把握した上で、無理のない資金で取引を行うことが大切です。自身でリスク管理をしっかりと行いましょう。

Zaif(ザイフ)の公式サイト

目次

モナコイン(MONA)が購入できるオススメ取引所ランキング

モナコイン(MONA)が購入できるオススメ取引所ランキング

まずは、「もうモナコイン(MONA)の事は知っている!」という方のために、どこで買うのがオススメか、ランキング形式で紹介します。

※最後にランキングの理由なども含めて、各取引所については紹介しています。

ランキング 取引所 メリット デメリット
1位 ザイフ(Zaif) ・モナコイン(MONA)の取引高が世界一位

・日本円で指値注文が出来る

・サーバのトラブル時には、注文が入らなかったり、サーバ自体にアクセスできない場合がある
2位 ビットバンク

(bitbank.cc)

・取引画面が非常に分かりやすい ・指値注文なので、取引がなかなか成立しない場合もある
3位 ビットフライヤー

(bitFlyer)

・買いたい時でも売りたい時でも、いつでも取引が可能 ・指値注文が出来ないため、いわゆる”見えない手数料”が含まれる

~各口座開設方法リンク~

各取引所の口座開設方法については、以下の記事で紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

モナコイン(MONA)ってなに?

モナコイン(MONA)ってなに?

モナコイン(MONA)は、日本発の仮想通貨として盛り上がりを見せました。

成り立ちとしては、当時の2ちゃんねる(現5ちゃんねる)の住人が作り出した仮想通貨です。

秋葉原ではイベントが行われ、モナコイン(MONA)での支払いが可能な店舗が出現するなど、仮想通貨の中でも実際に決済に使うことのできる数少ないコインです。

モナコイン(MONA)の始まりは「2ちゃんねる」のアスキーアート

モナコイン(MONA)は2013年に生まれ、2014年にリリースされました。

語源は当時の2ちゃんねる(現5ちゃんねる)で使われていたアスキーアートの「オマエモナー」という言葉が元となっています。

2ちゃんねる(現5ちゃんねる)の利用者がライトコイン(LTC)を元に開発したものですが、2017年10月頃から、驚異的な価格高騰を見せました。

その前にも、大きくは3度ほど大きな価格高騰を見せています。

その中でもやはり、ビットフライヤー(bitFlyre)に上場した時には、コミュニティをはじめ大きな盛り上がりを見せました。

とにかく話題には事欠かないコインでもあります。

仮想通貨の中で、特に日本では知名度は高いコインであることは間違いありませんよね。

モナコイン(MONA)には根強いファンがいる

日本の巨大掲示板から誕生した、日本発の仮想通貨ということもあり、熱烈なファンを多く持っています。

そのため、コミュニティの活動は活発で、モナコイン(MONA)を活用する色々なアイディアが飛び交い、実際に通貨としても支払いが可能なコインと成長しています。

また、モナコイン(MONA)をキャラクターとした「モナコインちゃん」という、2ちゃんねる(現5ちゃんねる)を知っている日本人なら分かる”らしさ”がにじみ出るコインでもあります。

コミックマーケット会場での支払いや、秋葉原のリアルな店舗でも決済できるモナコイン(MONA)は、仮想通貨全体を見ても現実世界の消費経済に貢献している数少ないコインであることが分かります。

例えばICO案件やその他の仮想通貨に関しても、コミュニティの盛り上がりや、そのコインを日常でも活用したいと強く思うファン層がどれほど大切かが分かりますね。

モナコイン(MONA)は、実店舗で利用できる!?

先にも書いたように、コニュニティが活発なため、モナコイン(MONA)を実用的なものにするという様々なアイディアが溢れています。

モナコイン(MONA)を盛り上げようというのは、なにも個人だけではなく、店舗を運営する人たちだって積極的に取り組んでいます。

その結果、秋葉原を中心にモナコイン決済ができる実店舗も誕生し、ネットショップでも買い物ができる場所もあります。

モナコイン(MONA)は、送金が速い

モナコイン(MONA)の送金は、ビットコイン(BTC)やライトコイン(LTC)に比べてもかなり早い事が分かります。

正確には、送金スピードが速いという事ではなく、ブロック生成スピードが速いという事です。

ブロック生成スピードとは、仮想通貨取引(例えば売買や決済)の際に行われる”取引記録作成(ブロック生成)”が速いという事です。

ブロック生成スピードが速ければ速いほど、取引の完了が速いという事です。

ビットコイン(BTC)のブロック生成スピードは1ブロックに約600秒かかります。

しかし、モナコイン(MONA)は1ブロック生成には約90秒で終わります。

インターネットで繋がった取引の世界では、1秒単位でも大きな差となる事を考えると、これがどれほど速いかが分かるのではないでしょうか。

因みにライトコイン(LTC)は、1ブロックに約150秒かかります。

モナコイン(MONA)の速さが分かりますね。

世界で初めて「Segwit」を実施したコイン

ビットコイン(BTC)の情報では「Segwit」を聞いたことがあると思います。

これは、スケーラビリティ問題を解決するという、要は送金詰まりによる遅延などを解消するためのデータ圧縮技術のことです。

※実際にはそれ以外にも大きな目的がありますが、ここではイメージとしてとらえてください。

ビットコイン(BTC)ではすでに一度「Segwit」を実行しました。

さらに2回目のSegwitである「Segwit2」は、実施間近になり延期が発表されたことでも記憶に新しいのではないでしょうか。(といってももう半年以上前のことなんですね・・・)

このことで、「Segwit」という名前は浸透したのですが、実は世界で初めて「Segwit」を実施したのはなんとモナコイン(MONA)なのです!

ちょっとビックリしませんか?

モナコイン(MONA)というと、なんだか未だ”ネタコイン”のようなイメージがあるのですが、しっかりとしたシステムの下稼働していることを改めて実感させられます。

※「Segwit」については「モナコイン(MONA)の特徴・仕組み・将来性」の中でも詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

アトミックスワップ技術を採用している

アトミックスワップ技術を採用している

こちらも技術的な特徴の一つで、仮想通貨の取引において、仲介者を置かなくても安全に取引を完了させる技術なのです。

アトミックスワップ技術が導入されているのは、ビットコイン(BTC)やライトコイン(LTC)など主要な仮想通貨だけで、全ての仮想通貨に採用されている技術ではありません。

そんなアトミックスワップ技術の導入を、モナコイン(MONA)は成功させているのです。

~アトミックスワップ技術~

アトミックスワップ技術とは、仲介者なしに、種類の違う仮想通貨同士を安全に取引するための技術です。

通常私たちは、ビットコイン(BTC)をモナコイン(MONA)に交換する時、仮想通貨取引所を使って取引します。

この仮想通貨取引所は仲介者としての機能を果たし、ビットコイン(BTC)をモナコイン(MONA)に替えたい人、モナコイン(MONA)をビットコイン(BTC)に替えたい人をマッチングすることで、取引を成立させ、そこに不正が無いことを証明する監視役にもなっています。

アトミックスワップ技術は、この不正の無い交換を仲介者無しで実現させるための技術です。

分かりやすい例でたとえてみます。

  • アトミックスワップ技術および仲介者無しで個人同士が取引する場合は、相手への信頼だけが頼り

ビットコイン(BTC)とモナコイン(MONA)を交換する場合を考えてみます。

あなたはモナコイン(MONA)が欲しいので、相手にビットコイン(BTC)との交換を持ちかけました。

相手は承諾し、先にビットコイン(BTC)を送ってくれた後にモナコイン(MONA)を送りますと約束しました。

あなたがビットコイン(BTC)を送りましたが、相手はビットコイン(BTC)を受け取ったらすぐに逃げてしまいました。

この場合、あなたのビットコイン(BTC)を取り返す術はありません。

全面的に相手を信用するという方法でしかこの取引は成り立たないのです。

  • 仲介者を立てて取引をする場合は、手数料がかかる

個人同士の取引では、なかなか100%の信頼というのは難しいと思います。

そこで、仲介者を立てた取引が必要となりますよね。

これが、今私たちが行っている仮想通貨取引所での取引です。

仮想通貨取引所では、個人間の取引を仲介するとともに、不正が出来ないという信頼性があります。

その代わり、手数料が発生します。

仕方がないと言えばそれまでですが、仮想通貨取引所を選ぶときに手数料を気にしてしまうのも事実です。

  • アトミックスワップ技術を利用した取引なら、仲介者無しに信頼のある個人同士の取引が出来る

アトミックスワップ技術を利用すれば、仲介者が居なくても個人同士の取引で持ち逃げなどの心配も無くなるのです。

イメージとしては次のようなものです。

  1. Aさんがビットコイン(BTC)とモナコイン(MONA)の交換を申し出て、Bさんがそれを承諾します。
  2. Aさんはまず、ビットコイン(BTC)を鍵の付いた宝箱に入れ、宝箱と一緒に「秘密情報データA」を送ります。
  3. Bさんは、Aさんから宝箱と「秘密情報データA」を受け取ると、その「秘密情報データA」を元に、モナコイン(MONA)を入れる宝箱と「秘密情報データB」を作ります。
  4. Aさんは、Bさんから届いた宝箱を「秘密情報データB」を使って開け、モナコイン(MONA)を手に入れます。
  5. 一方、Aさんが「秘密情報データB」を使った瞬間に、Aさんの宝箱を開けるための「鍵データ」がBさんに届きます。
  6. これを使ってBさんは、最初にAさんからもらった宝箱を開け、ビットコイン(BTC)を取り出します。

もちろん、秘密情報はブロックチェーン上に公開されるものですので、これに偽りがあったり、あるいは一定時間取引が成立しなかった場合は、双方にコインが返金される仕組みになっています。

これにより、仲介者が居なくても不正が無く、お互いに信頼した取引が行えるのです。

アトミックスワップ技術を利用すれば、仲介者(仮想通貨取引所など)を立てる必要が無いので、時間的にも手数料的にも無駄が省けるのです。

因みに、このアトミックスワップ技術は、ビットコイン(BTC)や、ライトコイン(LTC)など、いくつかの仮想通貨でしか成功していません。

モナコイン(MONA)のこれまでの価格推移

モナコイン(MONA)のこれまでの価格推移

モナコイン(MONA)の時価総額

モナコイン(MONA)の時価総額

モナコイン(MONA)の時価総額は、全体的に見ると60位で低いように感じられますが、日本発のコインであり、ほぼ日本を中心とした取引であると考えると、そのすごさが分かりますよね!

モナコイン(MONA)のチャート

モナコイン(MONA)のチャート

チャートを見ても分かる通り、最高値では約800倍まで高騰したことが分かります。

この時期、仮想通貨全体も盛り上がっていた時期でもあり、何を買っても資産が増える言う時期でした。

それにしても、この高騰は目を見張るものがありますね!

モナコイン(MONA)のリスク要因

モナコイン(MONA)のリスク要因

上のチャートを見ても分かる通り、とにかく乱高下が激しいことをしっかりと認識しておかなければなりません。

それは、モナコイン(MONA)に限らず、現在の仮想通貨市場全体に言えることです。

モナコイン(MONA)はコミュニティも盛り上がっていますし、ファンの熱もあることから、今後廃れるコインとは思えません。

しかし、時価総額が少ないコインというのは、ちょっとした材料(情報)で、とんでもない乱高下が起こります。

無くならないコインだったとしても、価格の安定にはまだまだ時間が必要なはずです。

ですので、モナコイン(MONA)を購入する際は、好材料が出たからといって飛びついたり、理由が分からない高騰に乗っかってしまうと大変なリスクとなりますので、価格の推移を慎重に見極めることが大切です。

モナコイン(MONA)が購入できるオススメ取引所ランキング

モナコイン(MONA)が購入できるオススメ取引所ランキング

それでは、モナコイン(MONA)を購入出来る仮想取引所の中でもオススメの取引所をランキングで紹介します。

モナコイン(MONA)を買うならココ!といったオススメですので、ぜひ参考にしてください。

1位:ザイフ(Zaif)

Zaif(ザイフ)で購入・買い方の詳細

最近何かとお騒がせなザイフ(Zaif)ですが、モナコイン(MONA)とは長い繋がりがある仮想通貨取引所です。

ビットフライヤー(bitFlyre)に上場するまでは、唯一モナコイン(MONA)を購入することが出来る仮想通貨取引所がザイフ(Zaif)でした。

モナコイン(MONA)の取引高もザイフ(Zaif)はほぼ1位をキープしています。

ザイフ(Zaif)では、モナコイン(MONA)を指値注文することが出来ます。

また、取引高も高いことから、取引も成立しやすい場所でもあります。

仮想通貨自体の取引が過熱すると、注文が通らない現象や、サーバ自体が落ちてしまうという欠点もありますが、ザイフ(Zaif)を利用する場合は、そういった事情も踏まえた心構えが必要です。

※これは決して、全面的に受け入れられることではありませんが、仮想通貨取引を行う上でのリスク管理という意味では、このような事情も考慮しなければなりません。

Zaif(ザイフ)の公式サイト

2位:ビットバンク(bitbank.cc)

bitbank(ビットバンク)の特徴

ビットバンク(bitbank.cc)も、モナコイン(MONA)を指値注文で取引が出来ます。

取引画面も非常にシンプルな構成になっており、余計な機能が無い分ザイフ(Zaif)よりも使いやすいかも知れません。

チャート自体はザイフ(Zaif)と同じツールですので、普段からザイフ(Zaif)を使っている人にとっては馴染みのあるチャートです。

セキュリティについても、「コールドウォレット」「マルチシグ」「二段階認証」もきちんと対応しているので、昨今のセキュリティ問題もクリアしている仮想通貨取引所と言えます。

ビットバンクの公式サイト

3位:ビットフライヤー(bitFlyer)

bitFlyer(ビットフライヤー)の公式サイト

ビットフライヤー(bitFlyre)も、最近の事件でお騒がせな部分もありますが、モナコイン(MONA)を販売所で購入できる仮想通貨取引所です。

販売所で取引できるので、欲しい時に購入でき、また売りたい時に売ることが出来ます。

ザイフ(Zaif)やビットバンク(bitbank.cc)は、あくまでも取引所なので、売りたい人と買いたい人の価格と数量が一致しなければ取引は成立しません。

欲しいのに買えない、売りたいのに売れないという事が発生します。

しかし、販売所であるビットフライヤー(bitFlyer)では、取引相手はビットフライヤー(bitFlyer)ですので、いつでもビットフライヤー(bitFlyer)が在庫を持っているわけです。

ですので、確実にモナコイン(MONA)を買いたい場合は、販売所であるビットフライヤー(bitFlyer)がオススメです。

ビットフライヤーの公式サイト

※取引所と販売所の違いについては「仮想通貨の購入:取引所と販売所の違い」に詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

モナコイン(MONA)の購入オススメ取引所ランキングまとめ表

ランキング 取引所 メリット デメリット
1位 ザイフ(Zaif) ・取引高が多いので取引が成立しやすい

・指値注文が出来る

・サーバのトラブル時には、注文が入らなかったり、サーバ自体にアクセスできない場合がある
2位 ビットバンク

(bitbank.cc)

・日本円で指値注文できる

・取引画面が非常に分かりやすい

・指値注文なので、取引がなかなか成立しない場合もある
3位 ビットフライヤー

(bitFlyer)

・買いたい時でも売りたい時でも、いつでも取引が可能 ・指値注文が出来ないため、いわゆる”見えない手数料”が含まれる

~各口座開設方法リンク~

各取引所の口座開設方法については、以下の記事で紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

モナコイン(MONA)の買い方・購入方法

モナコイン(MONA)の買い方・購入方法

それではモナコイン(MONA)の購入方法を紹介します。

ここでは、オススメランキング1位のザイフ(Zaif)を例に、購入方法を紹介します。

1.ザイフ(Zaif)に口座を開設する

まずは、ザイフ(Zaif)に口座を開設しましょう。

Zaif(ザイフ)の公式サイト

口座開設方法については「【総まとめ】Zaif(ザイフ)の特徴・口コミ・評判」に分かりやすく紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

2.日本円の入金

ザイフ(Zaif)にログインをしたら、右上の「アカウント」をクリックしてください。

Zaif(ザイフ)の使い方

出てきた画面の中で「入出金と履歴」をクリックしてください。

Zaif(ザイフ)の入出金方法

ページが表示されると、最初から円の入金ページになっています。

入金方法には「銀行振込による入金」と「コンビニ決済入金」「ペイジー入金」がありますので、状況に合わせて選択してください。

因みに、住信SBIネット銀行に口座を持っていれば、24時間いつでも入金が可能です。

3.モナコイン(MONA)を購入する

入金が確認出来たら、モナコイン(MONA)の購入です。

ザイフ(Zaif)にログインしたら、右上の「取引」をクリックしてください。

モナコインの買い方・購入方法のチャート

次に、チャート上の「BTC/JPY」などが表示されている場所をクリックしてください。

一覧が出てきますので、「主要通貨」の中から「MONA/JPY」をクリックしてください。

チャートの右側に「現物買い」がありますので、買いたい価格と、欲しい数量を入力して「買い注文」をクリックしてください。

注文を出した値段と数量での売り注文があれば、取引が成立してモナコイン(MONA)を購入することが出来ます。

※仮想通貨取引所の利用、また仮想通貨取引やICOへの参加については、リスクを伴うことがあります。これらリスクを自分自身でしっかりと把握した上で、無理のない資金で取引を行うことが大切です。自身でリスク管理をしっかりと行いましょう。

ランキング1位を狙っています。記事が役に立ったら応援お願いします!


にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

ビット先生

ビット先生
~1日1回、上記2つにポチっと応援を頼むぞぃ。皆の力が必要じゃ。

LINE@にて、ビット先生からの非公開情報や最新情報を受け取る!

  • ビット先生が仮想通貨開始から4ヶ月で3,000万円以上稼いだ銘柄選定方法
  • ブログでは公開していない通貨・ICO情報
  • 仮想通貨の最新ニュース
  • オススメの取引所
  • その他、仮想通貨に関する情報を配信
友だち追加
【公式】仮想通貨取引所

仮想通貨は、市場規模が70兆円を超え、非常に注目されている市場です。

FXの市場が500兆円、株式市場が6,500兆円ということを考えると、ここから数年で10倍、20倍と拡大を続けることが予想されます。

まだ仮想通貨を始めていない方は、先ずは口座開設から始めてください。

全て無料で作成できますのでご安心ください。

【日本国内の取引所】

【海外の取引所】

仮想通貨取引所・徹底比較ランキング

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

モナコイン 仮想通貨

モナコイン(MONA)がどこまで化ける!??

モナコイン(MONA)の特徴・将来性・仕組み

モナコイン(MONA)の特徴・仕組み・将来性

モナコイン(MONA) 高騰

モナコイン(MONA)が高騰ぉぉぉぉ~!!