Unizon(ユニゾン・UZN)の特徴・買い方・購入方法・将来性

Unizon(ユニゾン・UZN)の特徴・買い方・購入方法・将来性

Unizon(ユニゾン・UZN)は、現在の保険の在り方に革新をもたらします。

保険本来の「相互扶助」という概念を尊重し、みんながみんなを助けるというプラットフォームを提供するのがUnizon(ユニゾン・UZN)のプロジェクトです。

もちろん、既存の保険業界に取って代わるプロジェクトというわけではありません。

既存の保険には入れないという人達でも、お互いに保険を作りそして保険に加入するというスタイルで、既存の保険業界との共存を目指しています。

※Unizon(ユニゾン・UZN)が追加AirDrop情報を発表

Unizon LINEコミュニティでは、
日本語による登録をされた方限定で、
メールとは別に「馴染みの深いLINE」でニュースレター配信開始!

今登録すると「期間限定」で25UZN(5USD相当)を、
エアドロップと別でプレゼント付与します。

エアドロップの40UZN(8USD相当)に加えて、
25UZN(5USD相当)をさらに獲得できるので、

合計65UZN(13USD相当)のトークン獲得になります!

Unizonのトークンプレセールは、3月15日(木)18時から開始しました。

今回は、Unizon(ユニゾン・UZN)とはそもそも何なのか、そして保険の在り方をどのように変えていくのかという部分について、特質すべき特徴や将来性といった観点から、Unizon(ユニゾン・UZN)の全体像を紹介します。

また、最後にUnizon(ユニゾン・UZN)のICO参加方法についても紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

Unizon(ユニゾン・UZN)については、事前登録でのエアドロップや、早期トークン購入による100%ボーナスなどもありますので、出来るだけ早い時期の参加をオススメします!

※仮想通貨取引所の利用、また仮想通貨取引やICOへの参加については、リスクを伴うことがあります。これらリスクを自分自身でしっかりと把握した上で、無理のない資金で取引を行うことが大切です。自身でリスク管理をしっかりと行いましょう。

にゃんこ

にゃんこ
登録だけでAirDropが貰えるなんて・・・しかも日本円で約850円って大きいにゃん。さらにLINE登録で約530円貰えるなんて太っ腹過ぎるにゃん。
ビット先生

ビット先生
最近は、ICO前にAirDropする案件が増えているぞぃ。

※AirDropは終了しました。

※AirDropは登録のみ(40UZN=日本円で約850円)

※追加AirDropは、LINE登録(25UZN=日本円で約530円) 合計約1,380円Get

Unizon(ユニゾン・UZN)の公式サイト

Unizon(ユニゾン・UZN)ってなに?

Unizon(ユニゾン・UZN)ってなに?

Unizon(ユニゾン・UZN)とは、保険の根本原理である「相互扶助」を改めて見直し、誰もが保険を提案でき、そこに誰もが参加できるという”保険の在り方”を改革するプラットフォームを提供します。

Unizon(ユニゾン・UZN)は”保険”にブロックチェーンを融合することにより、保険における新しいプラットフォームを構築します。

保険とIT技術の融合はインシュアテックと呼ばれています。

このインシュアテックを目指すICOとしては「iXledger(IXT)」や「FidentiaX(FDX)」などがありましたね。

「iXledger(IXT)」は再保険会社を主とした”保険会社と再保険会社を結び付ける”モノでした。また、「FidentiaX(FDX)」は保険のトレードに関するICO案件でした。

Unizon(ユニゾン・UZN)はこれらICO案件とは違い、私たちにとってより身近な”保険”に関わるプラットフォームです。

※iXledger(IXT)については「IXTの特徴・買い方・購入方法・将来性」に分かりやすく紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

※FidentiaX(FDX)については「FidentiaX(FDX)の特徴・買い方・購入方法・将来性」に分かりやすく紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

保険とはそもそも、誰もが遭遇する可能性のある事柄について、みんなで助け合うという「相互扶助」が根本的な考え方です。

例えば「怪我」に対して、あらかじめみんなでお金を出し合って担保しておき、誰かが本当に怪我をした時に、担保していたお金でその人を助けるといったように、みんなでみんなを助け合うのが保険です。

しかし、昨今の保険業界では、相互扶助という本来の考え方よりも、事業として収益性がもっとも重要な要素となっているのが現状であると、Unizon(ユニゾン・UZN)は主張しています。

確かに、掛け捨ての保険や、条件があまりにも細かくて、いざという時に適用されないといったことも珍しくありません。

そういった意味では、確かに収益性を重視した保険会社が多いという事実は否定できないかもしれません。

それを裏付けるものとして、どんな国でも保険会社は強大な資金力を持っており、大規模なオフィスを構えたり優秀な人材を多くかかえる保険会社が多いとUnizon(ユニゾン・UZN)は分析しています。

また、国別に見ても、保険の価値観は異なり、各国それぞれが事情に合わせた保険として発展させることで”収益性”を重視した保険体制になっています。

そのため、保険へ加入できる条件も国によっても異なり、細かく設定されているので、どうしてもその条件に漏れてしまい保険加入できないという人も大勢いるのです。これは、健康保険から民間保険まで、あらゆる保険に当てはまることです。

そのような現状を見直し、既存の保険へ加入できない人達でも加入できる、国という枠を超えた価値観で、誰もが保険を提案でき、その保険に誰もが参加できる「互いを支え合うプラットフォーム」を提供するのがUnizon(ユニゾン・UZN)なのです。

Unizon(ユニゾン・UZN)はこれを”次世代の保険の在り方”と位置付けています。

Unizon(ユニゾン・UZN)の基本情報

Unizon(ユニゾン・UZN)の基本情報

それではUnizon(ユニゾン・UZN)の基本情報から見ていきましょう。

通貨名
UZN
公開日
2018年3月1日
プラットフォーム
イーサリアム
最大発行数
520,000,000 UZN
Webサイト
ホワイトペーパー
購入できる取引所
未定

ICO基本情報

ソフトキャップ
30,000,000 UZN
ハードキャップ
180,000,000 UZN
販売価格
0.2 USD
通貨
ETH

ICOタイムライン

ICOのトークンセールスケジュールです。

購入する場合は、しっかりと確認しておきましょう。

セール
開始日
終了日
ボーナスレート
上限(UZN)
Early Bird Stage
3月15日
3月17日
100%
40,000,000
3月17日
3月20日
75%
20,000,000
3月20日
3月31日
50%
20,000,000
Middle Stage
5月15日
5月22日
30%
30,000,000
5月22日
5月31日
15%
20,000,000
Final Stage
7月15日
7月22日
10%
30,000,000
7月22日
7月31日
0%
20,000,000

ロードマップ

  • 2017年10月:Unizon(ユニゾン)の設立
  • 2018年3月:ホワイトペーパーの公開、クラウドトークンセールEarlyBirdStage実施
  • 2018年4月:Unizon(ユニゾン)構築開始、アジャスターネットワーク推進協議開始
  • 2018年5月:クラウドトークンセールMiddleStage実施
  • 2018年6月:コンソーシアムネットワーク構築開始
  • 2018年7月:クラウドトークンセールFinal Stage実施
  • 2018年8月:監査機関形成ガイドライン草案内部発表
  • 2018年9月:デジタル資産取引所、UZNトークン取り扱い開始
  • 2018年第4四半期:Unizon α版テスト開始
  • 2019年第1四半期:Pre-Member募集開始
  • 2019年第2四半期:相互扶助プロトコルクローズドβ版起動
  • 2019年第3四半期:コンソーシアムネットワーク結合
  • 2020年:Unizon(ユニゾン)のローンチ

Unizon(ユニゾン・UZN)の特徴・今後・将来性

Unizon(ユニゾン・UZN)の特徴・今後・将来性

それでは、Unizon(ユニゾン・UZN)の特質すべき特徴と将来性を見ていきましょう。

誰もが保険を自由に企画設計できる

ユーザー種別としては「企画者」という位置づけになります。

ただし、「企画者」は決まった人がそのポジションに就くのではなく、誰もが保険を自由に企画設計することができ「企画者」になることが出来ます。

企画者のメリット

企画者には、保険料から一定の報酬が支払われます。

もちろん、法外な報酬を設定してしまえば加入者は期待できませんし、ブロックチェーンを活用することで、常に不正の無いよう公平さが保たれることになります。

誰もが自由に保険へ参加できる

「企画者」に対して、保険に参加するユーザー種別は「加入者」となります。

もちろん、誰もが「企画者」になれますし「加入者」にもなれます。

加入者のメリット

Unizon(ユニゾン・UZN)では、保険加入をする際に仲介業者は存在しません。

ですので、既存の保険のように仲介手数料は無く、保険料金のコストは大幅に削減されることになります。

また、「企画者」の数だけあらゆる保険が企画されることになりますので、自分の状況に合った保険を探す際の選択肢は実質無限にあることになります。

保険の資産運用を必要としない

Unizon(ユニゾン・UZN)で企画される保険は、金融商品ではないので、収益性を過剰に求めることもなく、集めた資金は完全に相互扶助のために使われることになります。

オフィスを大きくしたり、人員を確保するための人件費などに過剰な資金の投資が必要なくなるという事ですね。

ですので、みんなから集めたお金は共有資産となり、本来ある保険の価値を生み出すことに繋がるのです。

仲介者を無くし仲介手数料を削減できる

現行の保険は”金融商品”になっています。

ですので、そこには仲介業者が存在し、加入した保険の保険料には仲介手数料などの無駄なコストが上乗せされています。

Unizon(ユニゾン・UZN)には、仲介業者は存在しません。

純粋な相互扶助が実現される保険プラットフォームになるという事ですね。

保険プラン設計システムにはAIを採用

「企画者」が設計した保険をサポートするためにAIを採用します。

保険取引から契約の帰結など、人が行うバックオフィスの役割をAIが行うということです。

また、カスタマーサポートについても、AIによるチャットサポートで対応するといったシステムを導入します。

もちろん、解決の難しい問題についてのみ最小限の人材によってバックアップをする体制を作ります。

Unizon(ユニゾン・UZN)のリスク要因

保険とIT技術の融合であるインシュアテックという分野で、大いに期待できるICO案件です。

これまでの保険の在り方に革命を起こすのではないでしょうか。

保険に入りたくても、自分の条件に合う保険が無い、という人でも保険に入る事が出来るようになるのです。

また、加入者という立場だけではなく「企画者」として保険を設計することも出来るという画期的なプラットフォームです。

今後の保険業界を変えていくという期待できるプロジェクトですが、それでもリスクは存在します。

ICOはこれから始まるものであり、またプロジェクト自体も今から進んでいく新しい案件です。

ですので、全てが上手くいくかどうかは分かりませんよね。

実際に成功と言える段階までには、ICOを成功させ、仮想通貨取引所に上場させ、プロジェクトをロードマップ通りに進行させなければなりません。また、同じようなICO案件で競合が現れるかもしれません。

これは、全てのICO案件に言えることですが、絶対に成功するという保証は無いのです。

ですので、ICOに参加する場合は、必ず余剰資金で参加するようにしてください。どのようなICO案件にも、必ずリスクは存在します。

Unizon(ユニゾン・UZN)の買い方・購入方法

Unizon(ユニゾン・UZN)のICO参加は早い方がお得

Unizon(ユニゾン・UZN)では、事前登録をすることにより、エアドロップ特典があります。(エアドロップは終了しました。2018年3月16日時点)

エアドロップとは、トークンを無料配布することですので、事前登録することで「UZN」を無料でもらえるという事です。

エアドロップは最大5万人に対して配布されますので、事前登録必須ですね!

エアドロップについては、3月1日の事前登録期間に無料登録をした方全員に、トークンが無料配布されます。

また、プレセールでは購入額の100%のボーナスが貰えるなど、かなり太っ腹なトークンセールです。

例えば、20万円分トークンを買えば、20万円分のボーナストークンが付与されますので、合計で40万円分のトークンを手に入れることが出来るのです!

購入期間によって貰えるボーナスに違いがありますので、次の表を参考にしてください。

セール
開始日
終了日
ボーナスレート
Early Bird Stage
3月15日
3月17日
100%
3月17日
3月20日
75%
3月20日
3月31日
50%
Middle Stage
5月15日
5月22日
30%
5月22日
5月31日
15%
Final Stage
7月15日
7月22日
10%
7月22日
7月31日
0%

Unizon(ユニゾン・UZN)ICOの参加方法

Unizon(ユニゾン・UZN)ICOの参加方法

それでは、Unizon(ユニゾン・UZN)のICO参加方法について紹介します。

まずは事前登録をして、エアドロップに参加しましょう!

1.Unizon(ユニゾン)の公式サイトにアクセス

下記URLより、Unizon(ユニゾン)の公式サイトにアクセスしてください。

Unizon(ユニゾン・UZN)の公式サイト

2.事前登録

Unizon(ユニゾン)の公式サイトにアクセス

公式サイトにアクセスしたら、右側にある「AIRDROPに参加して40UZNを無料獲得」をクリックしてください。

Unizon(ユニゾン)の登録・購入・買い方

新規会員登録画面になりますので、「メールアドレス」を入力したら「登録」ボタンをクリックしましょう。

3.メールの確認

Unizon(ユニゾン)のメール

登録したメールアドレスに仮登録のメールが届きますので、メール内にあるURLをクリックしてください。

4.本会員登録

メールにあるURLをクリックすると、本会員登録画面が開きますので、下記情報を登録してください。

  • 苗字
  • 名前
  • 生年月日
  • パスワード
  • パスワード確認

上記を入力したら「登録」ボタンをクリックしてください。

5.マイページでエアドロップ確認

「登録」ボタンをクリックしたら、マイページ画面が開きます。

左のメニューから「トークン履歴」をクリックしてください。

UNIZON(ユニゾン)のAirDropの確認

エアドロップされた40UZNが確認できます。

これで、事前登録は完了です。

3月15日よりトークンセールが開始となりました。

Unizon(ユニゾン・UZN)の追加AirDrop情報

UnizonよりLINE登録で追加AirDropが貰えることを発表しています。

  • 25UZN(5USD相当:日本円で約530円)
UnizonのAirDrop UnizonのAirDrop(メールアドレス)
  1. https://goo.gl/MHXifa ※LINEに登録
  2. 専用URLにアクセス
  3. Unizonに登録したときのメールアドレスを登録

Unizon(ユニゾン・UZN)の特徴 ~まとめ~

Unizon(ユニゾン・UZN)の特徴 ~まとめ~

Unizon(ユニゾン・UZN)は、誰もが保険の「企画者」と「加入者」になれるという、新しい発想のプラットフォームを提供します。

これは、これまでの保険の在り方を変え、条件が厳しく既存の保険には入れないという人を救済し得るプロジェクトです。また、保険料金の無駄なコストも省かれ、保険の本質である相互扶助を実現させます。

それでは最後に、Unizon(ユニゾン・UZN)の特徴についてまとめておきますね。

  • 誰もが参加できる「互いを支え合う保険のプラットフォーム」を提供する
  • 誰もが保険を自由に企画設計できる
  • 誰もが自由に保険へ参加できる
  • 保険の資産運用を必要としない
  • 仲介者を無くし仲介手数料を削減できる
  • 保険プラン設計システムにはAIを採用
  • プレセールでは購入額の100%のボーナスが貰えるなど、かなり太っ腹

未来の保険の在り方に希望が持てるICO案件ですよね!

プレセールでのボーナスも太っ腹対応ですので、まずは事前登録を済ませ、Unizon(ユニゾン・UZN)の今後の動向に注目しましょう!!

※仮想通貨取引所の利用、また仮想通貨取引やICOへの参加については、リスクを伴うことがあります。これらリスクを自分自身でしっかりと把握した上で、無理のない資金で取引を行うことが大切です。自身でリスク管理をしっかりと行いましょう。

Unizon(ユニゾン・UZN)の公式サイト

ランキング1位を狙っています。記事が役に立ったら応援お願いします!


にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

ビット先生

ビット先生
~1日1回、上記2つにポチっと応援を頼むぞぃ。皆の力が必要じゃ。

LINE@にて、ビット先生からの非公開情報や最新情報を受け取る!

  • ビット先生が仮想通貨開始から4ヶ月で3,000万円以上稼いだ銘柄選定方法
  • ブログでは公開していない通貨・ICO情報
  • 仮想通貨の最新ニュース
  • オススメの取引所
  • その他、仮想通貨に関する情報を配信
友だち追加
【公式】仮想通貨取引所

仮想通貨は、市場規模が70兆円を超え、非常に注目されている市場です。

FXの市場が500兆円、株式市場が6,500兆円ということを考えると、ここから数年で10倍、20倍と拡大を続けることが予想されます。

まだ仮想通貨を始めていない方は、先ずは口座開設から始めてください。

全て無料で作成できますのでご安心ください。

【日本国内の取引所】

【海外の取引所】

仮想通貨取引所・徹底比較ランキング

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。