skyfchain(スカイエフチェーン・SKYFT)の特徴・買い方・購入方法・将来性

skyfchain(スカイエフチェーン・SKYFT)の特徴・買い方・購入方法・将来性

skyfchain(スカイエフチェーン・SKYFT)は、これまでの物流業界や農業、またレスキューといった分野において、ドローンやロボットそしてそれらを制御するオペレーティングシステムを提供します。

物流業界だけを見ても、50%のコスト削減を見込むなど、非常にインパクトのあるプロジェクトです。

このICOは、ICO benchの評価で驚異の5/5点です。

プレICOのハードキャップ(200万ドル)は完売しました。

プレICOはボーナス40%でしたが、次のステージでもボーナス30%で購入することができます。

アップデート情報(2018年5月27日)

  • 日本の航空宇宙コンサルCARCIEL Inc.とパートナーシップを締結
  • 重貨物ドローンとして初めて欧州航空安全機関(EASA)の認可取得へ
    スウェーデン企業とのパートナーシップにより、重貨物ドローンとして初めて欧州航空安全機関の規制に適合するライセンスを取得する。
  • ベトナムに拠点を置く国際輸送貿易会社(ITC)とパートナーシップを締結。ITCは、SKYF重貨物ドローンを使用した無人航空貨物ロジスティクスのためのサービスを開始、テストのためにSKYFドローン2機を購入予定とのこと

今回は、そもそもskyfchain(スカイエフチェーン・SKYFT)とは何なのか、そして、どのような分野でどういった役割を果たすプロジェクトなのかを紹介します。

skyfchain(スカイエフチェーン・SKYFT)は信頼性の高いプロジェクトと言えますが、その根拠となる要素についても触れています。

また、最後にskyfchain(スカイエフチェーン・SKYFT)の購入方法についても解説していますので、ぜひ参考にしてください。

にゃんこ

にゃんこ
ICO benchの評価で満点って聞いたことがないにゃん。
ビット先生

ビット先生
壮大なスケールかつ、期待値が高いプロジェクトだぞぃ。

※仮想通貨取引所の利用、また仮想通貨取引やICOへの参加については、リスクを伴うことがあります。これらリスクを自分自身でしっかりと把握した上で、無理のない資金で取引を行うことが大切です。自身でリスク管理をしっかりと行いましょう。

skyfchain(スカイエフチェーン・SKYFT)の公式サイト

目次

skyfchain(スカイエフチェーン・SKYFT)ってなに?

skyfchain(スカイエフチェーン・SKYFT)は、重貨物を運ぶことが出来るドローンなどの無人ロボットを使ったオペレーティングシステムを開発しており、そのドローンや無人ロボットを使った物流や農業、レスキューをサポートするためのプラットフォームを提供するプロジェクトです。

skyfchain(スカイエフチェーン・SKYFT)には、主に貨物運ぶドローンとそのオペレーションのプラットフォームを持っており、既に飛行テストなどを繰り返して、実用に耐え得るほどの積載重量と飛行距離を実績として公開しています。

skyfchain(スカイエフチェーン・SKYFT)の自動運転

skyfchain(スカイエフチェーン・SKYFT)が所有するドローンやオペレーションプラットフォームは、現在の物流業界にかかるコストを最大50%削減するというのです。

昨今、日本でも物流に関する問題は多岐に渡り、人員の不足や再配達問題、2018年春の引っ越し時期には、物流に空きがなく”引っ越し難民”という言葉もテレビなどで聞くほどです。

国をまたぐ物流では、海を渡る輸送の新たな手段としても、ドローンを活用することに積極的な意見も出てきており、そう遠くない未来に、荷物は国内外関わらず、無人機ドローンが配達するといった光景も容易に想像できます。

テレビCMでも、ドローンが荷物を運んでくるといったシーンを見る機会が増えました。

物流に関しては、確実にドローンを活用する未来が近づいているのです。

ドローンを物流に使う場合、やはりドローン自体の能力により限界が出てきます。

現時点では、重量のあるものや遠い場所への長距離飛行に問題がありました。

skyfchain(スカイエフチェーン・SKYFT)では、ドローンへの積載容量や飛行距離と飛躍的に向上させているのです。

ドローンやロボットを使った物流により、車が入れない山岳地帯や僻地への配送も可能になります。

また、skyfchain(スカイエフチェーン・SKYFT)のドローンやロボットの活用は、物流業界だけに留まるものではありません。

skyfchain(スカイエフチェーン・SKYFT)のドローンでは、農業での活用、また、災害時のレスキューとしての活用にも期待ができます。

例えば、レスキューとして人の入れない、あるいは物資を持ち込めないような場所にも、ドローンによる配送で様々なモノを届けることが出来るので、人が介入しないことにより二次災害の心配も無くなりますね。

このように、skyfchain(スカイエフチェーン・SKYFT)では、物流からレスキューまで、あらゆる面をカバーできるほどの機能を持った無人機はもちろん、それらを完全にサポートするオペレーションプラットフォームを提供してくれるプロジェクトなのです!

skyfchain(スカイエフチェーン・SKYFT)のドローンの実物

skyfchain(スカイエフチェーン・SKYFT)のプロジェクトは、今の私たちでも想像できる”近い未来”の姿を創ろうとしているのですね。

skyfchain(スカイエフチェーン・SKYFT)の基本情報

skyfchain(スカイエフチェーン・SKYFT)の基本情報

それではskyfchain(スカイエフチェーン・SKYFT)の基本情報をしっかりと抑えておきましょう。

通貨名 SKYFT 公開日 2018年3月1日
プラットフォーム イーサリアム 最大発行数 1,200,000,000 SKYFT
Webサイト https://www.skyfchain.io/
ホワイトペーパー https://goo.gl/s18Aa1
購入できる取引所 未定

ICO基本情報

ソフトキャップ 5,000,000 USD
ハードキャップ 3,000,000 USD
販売価格 0.065 USD
最小投資額 3,000 SKYFT
通貨 イーサリアム(ETH)、ビットコイン(BTC)

 ICOタイムライン

skyfchain(スカイエフチェーン・SKYFT)のICOに関する情報を確認しておきましょう。

 ~プレICOトークンセール~

期間 2018年3月1日~
目標 1,000,000 USD
ハードキャップ 2,000,000 USD
価格 0.039 USD
最小購入数 3,000 SKYFT
ボーナス 40%

~ICOトークンセール~

期間 2018年5月~
ハードキャップ 30,000,000 USD
価格 最大 0,065 USD
ボーナス 最大 40%

以下が、各ステージ毎のボーナスおよび価格ですので、参加するステージを確認しておきましょう。

ICOステージ ボーナス 価格(USD) トークン数(SKYFT)
ステージ1 30% 0,046 25,000,000
ステージ2 20% 0,052 20,000,000
ステージ3 10% 0,059 20,000,000
ステージ4 5% 0,062 20,000,000
ステージ5 0% 0,065 391,700,000

 ICO bench

skyfchain(スカイエフチェーン・SKYFT)のICO benchはなんと5.0という最高値です!

ICO benchに限らず、さまざまなICO格付けサイトにて最高評価

ICOの格付けサイトの評価

 ロードマップ

skyfchain(スカイエフチェーン・SKYFT)のロードマップについてもしっかりと確認をしておきましょう。

 ▼2014年~2017年
  • SKYFカーゴドローンの設計と構築
  • 500万ドルの調達に成功
  • 空気力学的試験の成功
  • 完全自立飛行に成功
▼2018年~2019年
  • プライベートブロックチェーンの開発と作成
  • スカイドローンとパートナーの拡大
  • 規制の無い地域へのネットワーク拡大
  • 貨物ドローン便(CIS、アジア、アフリカ)
▼2020年~2022年
  • SKYF無人機の急速な成長
  • サードパーティの無人機データをskyfchainにアップロードし、ロビー活動を行う
  • 先進市場における新しい規制
▼2023年~2025年
  • 地上と海上貨物ロボットの接続
  • 旅客ドローンのシステム組み込み

skyfchain(スカイエフチェーン・SKYFT)の公式サイト

skyfchain(スカイエフチェーン・SKYFT)の特徴・今後・将来性

skyfchain(スカイエフチェーン・SKYFT)の特徴と将来性

▼既にドローンを制作済み

skyfchain(スカイエフチェーン・SKYFT)では、既に配送用のドローンを作成済みです。

このドローンは、もちろん空を飛ぶだけではなく、積載量や飛行距離など、実用を想定したドローンです。

・SKYF無人機

SKYF無人機(ドローン)は既に制作されており、最大積載量400㎏で飛行範囲は最大350Kmという、配送という観点からは実用に耐え得るドローンが制作されました。

これは、市販されているドローンと比べ、完全に”配送”という分野に差別化された能力を持っています。

▼自動運転成功の実績あり

skyfchain(スカイエフチェーン・SKYFT)の実験

SKYF無人機(ドローン)は、最大積載量400㎏で飛行範囲は最大350Kmで既に自動運転を成功させています。

これから制作するといったような不安要素はありませんね。

こういった実績は、ICObenchを見ても分かるように、確実に”期待値”に反映されています。

▼物流のコストを50%削減

ビジネスモデルには、AIやIoTを交えた構想も公表されています。

ですので、これら無人機(ドローンやロボット)なども、ほとんどをAIによる制御によって自動運転していくというビジネスモデルです。

基本的なオペレーションはAIが行うことになるので、人件費を始めとした物流にかかるコストを大幅に削減することが可能なのです。

skyfchain(スカイエフチェーン・SKYFT)では、その削減コストを最大50%と試算しています。

▼農業やレスキューも活躍の場となる

無人機(ドローン)やロボットは、物流だけに使われるわけではありません。

様々なシーンでの利用も想定されており、農業や消防といった分野で、人が介入できない立地や状況に対応します。

例えば被災地など、人が入り込めない地域にも迅速な物資の輸送が可能になります。

skyfchain(スカイエフチェーン・SKYFT)のレスキュー

また農業においては、広大な敷地面積であっても、農薬の散布を広大な範囲に渡って行うことが可能です。

skyfchain(スカイエフチェーン・SKYFT)の農業

▼多数の大手クライアントを持っている

skyfchain(スカイエフチェーン・SKYFT)の提携企業

skyfchain(スカイエフチェーン・SKYFT)では、既に多くのクライアントを持っています。

今回はその一部を紹介します。なかなか心強いクライアントですよ。

・Syngenta AG(シンジェンタ)

Syngenta AG(シンジェンタ)は本拠地をスイスに持ち、農薬や種子を主としたアグリビジネスを展開している多国籍業です。

要するに、農薬産業の会社ということですね。

農薬業界では世界最大手の企業で、世界90ヵ国に27,000人以上の従業員を持っています。また、スイスとニューヨークの証券取引所に上場している大企業です。

・PRODIMEX

こちらもロシアの企業で、事業としては砂糖製造を行っています。

年間利益が10億ドルという、こちらも大手企業ですね。

・Russian Post

Russian Postとはロシア郵便で、ロシアでの郵便事業を行う公共事業体です。

国営の事業との連携は、非常に心強いのではないでしょうか。

まさに、物流の根幹でもありますよね。

・PONY EXPRESS

ロシアの運送会社で、8ヵ国に60個の配送センターを持ち、さらに128のオフィスを構えています。

カザフスタンやウクライナ、アメリカを中心に運送事業を展開する大手運送会社です。

▼SECの認可を取得済み

skyfchain(スカイエフチェーン・SKYFT)では、ICO開始前にSEC(アメリカ証券取引委員会)の認可を受けています。

SECとは、アメリカ合衆国において、株式や公社債などの証券取引を監査・監視する連邦政府機関です。

ICOでは詐欺などに警戒が必要ですが、SECの認可を取得しているという事実は、信頼性を担保するものになりますね。

▼これからのドローン市場規模は1億7200万ドル

無人機(ドローン)の利用は年々急増しています。

現在はカメラを搭載した上空からの撮影などが主ですが、今後は物流やその他産業に広く普及していきます。

skyfchain(スカイエフチェーン・SKYFT)では、空中ドローンの市場規模だけでも1億7200万ドルと試算しているのです。

▼公式への連絡手段がある

ICOに参加する際には、技術的な側面や将来性はもちろんですが、公式への連絡手段の有無は非常に重要ですよね。

何かあった場合に、公式と連絡が取れないというのが一番不安を感じる部分です。

skyfchain(スカイエフチェーン・SKYFT)では、公式のTelegramが用意されています。何か疑問などがあれば、連絡を取ることが可能です。

skyfchain(スカイエフチェーン・SKYFT)のリスク要因

skyfchain(スカイエフチェーン・SKYFT)のリスク要因

skyfchain(スカイエフチェーン・SKYFT)が実現しようとしていることは、確実にやってくる未来の物流スタイルです。

現時点で既存クライアントを有している点や、既にドローンを制作も済み、またテスト飛行にも成功しているプロジェクトです。

SECの認可も既に取得しているなど、期待と信頼性の高いICO案件であることは間違いありません。

ただし、全てが予定通りに進むと確定しているわけではありませんので、やはりリスク管理が必要です。

大手インターネット通販のAmazonでも、ドローンを使った物流の仕組みを実現させようとしています。

ドローンやロボットを使った物流という意味では、今後多数の競合が出てくることは容易に想像できます。

これは、全てのICO案件に言えることですが、絶対に成功するという保証は無いということを、しっかりと理解しておかなければなりません。

ですので、ICOに参加する場合は、必ず余剰資金で参加するようにしてください。どのようなICO案件にも、必ずリスクは存在します。

skyfchain(スカイエフチェーン・SKYFT)ICOの参加方法・買い方・購入方法

skyfchain(スカイエフチェーン・SKYFT)ICOの参加方法・買い方・購入方法

それではskyfchain(スカイエフチェーン・SKYFT)のICO参加方法・購入方法について紹介します。

【登録】

まずは、skyfchain(スカイエフチェーン・SKYFT)に登録をしましょう。

1.公式サイトへアクセス

下記URLより公式サイトにアクセスしてください。

skyfchain(スカイエフチェーン・SKYFT)の公式サイト

2.メールアドレスとパスワードの登録

skyfchain(スカイエフチェーン・SKYFT)の公式サイトに登録

Sign upの画面にアクセスしたら、「メールアドレス」と「パスワード」を入力して、「CONTINUE」をクリックしてください。

3.ユーザー情報の登録

ユーザー情報を登録する画面が表示されますので、下記内容を入力してください。

  • フルネーム
  • 誕生日
  • パスポート番号などのID番号
  • 電話番号(電話番号は、国際番号81を入力し、続いて先頭の「0」を除いた番号を入力してください)
  • 国籍
  • 住所
  • 郵便番号

入力が終わったら「SAVE」ボタンをクリックしてください。

※パスポート登録があり、一瞬不安になりますが、SEC(アメリカ証券取引委員会)の認可を受けたICOなので、逆に考えるとしっかりしているICOであると考えられます。私も初めてのパスポート登録だったのですが、全く問題ありませんでした。

4.認証メール

skyfchain(スカイエフチェーン・SKYFT)の購入・買い方

登録したメールアドレス宛に、認証メールが届きますので、メール内にあるURLをクリックして認証を完了してください。

これで、登録は完了です!

【買い方・購入方法】

1.skyfchain(スカイエフチェーン・SKYFT)の管理画面にて購入量、振込み先アドレスの確認

skyfchain(スカイエフチェーン・SKYFT)ICOの買い方・購入方法の詳細

skyfchain(スカイエフチェーン・SKYFT)の管理画面にて、購入予定のToken送料を入力し、振込み先アドレスを確認します。

  • 購入希望のTokens  amountを入力
  • 『GET PAYMENT  ADDRESS』をクリックして、振込先アドレスを取得
skyfchain(スカイエフチェーン・SKYFT)ICOの買い方・購入方法の詳細2
  • 振込先のアドレスが無事取得できました。
skyfchain(スカイエフチェーン・SKYFT)ICOの買い方・購入方法
  • 振込み送料と振込先アドレスをコピーして、以下のMyetherwalletに貼り付け。

2.Myetherwalletの購入量、振込み先アドレスの確認

myetherwalletにて購入量と振込みアドレスを入力

My etherwalletを作成されていない方は、こちらの記事をご覧ください。

※ガスリミットの設定は、私はデフォルトの21,000で成功しましたが、心配な場合は高めに設定しておきましょう。

3.skyfchain(スカイエフチェーン・SKYFT)に反映

skyfchain(スカイエフチェーン・SKYFT)の購入状況確認

Myetherwalletから送金後、無事反映されました。

送金の際には、くれぐれもアドレスの間違いに注意してください。

skyfchain(スカイエフチェーン・SKYFT)の新ダッシュボードへのアクセス方法 ※2018年5月11日更新

既に購入された方の作業 ※旧ウォレットにて保管されていた方

旧ウォレットで保管されていた方は、新ダッシュボードを設定する必要があります。

以下の手順を参考に実施をしてみてください。

・以下公式サイトにアクセス

https://tokensale.skyfchain.com/login

cスカイエフチェーンのダッシュボード
  1. 登録されたメールアドレスを記載
  2. 私はロボットではありませんにチェック
  3. Forget Password?をクリック

※他の項目は記載が不要です。

スカイエフチェーンのダッシュボード2
  • Requestを押す。

上記対応を終えると、30分程待ちます。

その後、メールが届きます。

スカイエフチェーンのダッシュボード3
  • Activate your accountをクリック

無事ダッシュボードにアクセス完了です。

スカイエフチェーンの購入履歴

何かエラーが出るようでしたら、以下公式アドレスに問い合わせしましょう。

info@skyfchain.io

skyfchain(スカイエフチェーン・SKYFT)の特徴 ~まとめ~

skyfchain(スカイエフチェーン・SKYFT)の特徴 ~まとめ~

skyfchain(スカイエフチェーン・SKYFT)は、これまでの物流業界、そして農業やレスキューといった分野を変えていきます。

私たちが今想像できる近未来を実現するプロジェクトです。

様々な要素から信頼性も高く、とても期待できるプロジェクトですよね。

ビット先生

ビット先生
最後に、skyfchain(スカイエフチェーン・SKYFT)の特徴についてまとめておくぞぃ。
  • ドローンや無人ロボットを使った物流や農業、レスキューをサポートするためのプラットフォームを提供する
  • 既にドローンを制作済み
  • 自動運転成功の実績あり
  • ICO benchはなんと5.0
  • skyfchain(スカイエフチェーン・SKYFT)により、物流のコストを50%削減
  • 農業やレスキューも活躍の場となる
  • 多数の大手クライアントを持っている
  • これからのドローン市場規模は1億7200万ドル
  • 公式への連絡手段がある

とても期待できるICO案件であることは間違いありません。

ロードマップを見ても、長期的な投資といった形で応援できるプロジェクトですね!

※仮想通貨取引所の利用、また仮想通貨取引やICOへの参加については、リスクを伴うことがあります。これらリスクを自分自身でしっかりと把握した上で、無理のない資金で取引を行うことが大切です。自身でリスク管理をしっかりと行いましょう。

skyfchain(スカイエフチェーン・SKYFT)の公式サイト

ランキング1位を狙っています。記事が役に立ったら応援お願いします!


にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

ビット先生

ビット先生
~1日1回、上記2つにポチっと応援を頼むぞぃ。皆の力が必要じゃ。

LINE@にて、ビット先生からの非公開情報や最新情報を受け取る!

  • ビット先生が仮想通貨開始から4ヶ月で3,000万円以上稼いだ銘柄選定方法
  • ブログでは公開していない通貨・ICO情報
  • 仮想通貨の最新ニュース
  • オススメの取引所
  • その他、仮想通貨に関する情報を配信
仮想通貨の教科書(ビット先生)
【公式】仮想通貨取引所

仮想通貨は、市場規模が70兆円を超え、非常に注目されている市場です。

FXの市場が500兆円、株式市場が6,500兆円ということを考えると、ここから数年で10倍、20倍と拡大を続けることが予想されます。

まだ仮想通貨を始めていない方は、先ずは口座開設から始めてください。

全て無料で作成できますのでご安心ください。

【日本国内の取引所】

【海外の取引所】

仮想通貨取引所・徹底比較ランキング

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。