StopTheFakes(ストップザフェイクス・STF)のICO・買い方・購入方法・将来性

StopTheFakes(ストップザフェイクス・STF)のICO・買い方・購入方法・将来性

StopTheFakes(ストップザフェイクス・STF)は、ロゴや商標などの世界中の知的財産権や著作権を守ります。

StopTheFakes(ストップザフェイクス・STF)の提供するプラットフォームでは、コンテンツの偽造と権利侵害を防止するため、私たち消費者からのフィードバックを利用します。

消費者が海賊版コンテンツなどを見つけたら、スクリーンショットやビデオを提供することで報酬を得ることも出来るという画期的なプラットフォームです。

偽造市場は、世界で約50兆円の市場と非常に大きい市場となっています。

ICO期間:2018年3月21日~2018年4月21日

今回は、StopTheFakes(ストップザフェイクス・STF)とはそもそも何なのか、またどのようにして制作者の権利を守るのか、StopTheFakes(ストップザフェイクス・STF)の主な特徴を紹介します。

また、最後にStopTheFakes(ストップザフェイクス・STF)のICO参加方法についても紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

にゃんこ

にゃんこ
コンテンツの偽造と権利侵害を防止するICOだにゃん。ビット先生は嬉しいじゃないのかにゃん!?
ビット先生

ビット先生
おぉ~。にゃんこ。良く分かったな。ビット先生の記事をコピーしている人がいて困っておったぞぃ。

※仮想通貨取引所の利用、また仮想通貨取引やICOへの参加については、リスクを伴うことがあります。

これらリスクを自分自身でしっかりと把握した上で、無理のない資金で取引を行うことが大切です。自身でリスク管理をしっかりと行いましょう。

StopTheFakes(ストップザフェイクス・STF)の公式サイト

StopTheFakes(ストップザフェイクス・STF)ってなに?

StopTheFakes(ストップザフェイクス・STF)は、コンテンツの権利をしっかりと管理して、海賊版撲滅に貢献するためのプラットフォームを提供します。

様々なコンテンツがデジタル化されると共に、それらのコピーは簡単に出来るようになりました。

映像や文章などのコンテンツは簡単にコピーされ、知的財産権や著作権を保護することが非常に難しい状況です。

日本国内はもちろん、海外でも平気で映画の海賊版DVDが販売されていますよね。

正規品が販売されている隣の露店で、コピー商品が安値で堂々と販売されていました。

このような現状は、なかなか打開できる策はありません。

知的財産権や著作権絡みのコピー商品は、今や無法地帯と言っても過言ではありません。

もちろん、大きな企業はこういった著作権絡みの事案に法的措置で対処することが出来ますが、そこにコストをかけられないといった企業や個人は多く存在します。

もちろん、権利の侵害に対してわざわざ対処しなければならないといった現状自体を打開しなければないりません。

そこで立ち上がるのが、StopTheFakes(ストップザフェイクス・STF)のプラットフォームなのです!

StopTheFakes(ストップザフェイクス・STF)の基本情報

StopTheFakes(ストップザフェイクス・STF)の基本情報

まずは、StopTheFakes(ストップザフェイクス・STF)の基本情報をしっかりと抑えておきましょう。

ICObench

StopTheFakes(ストップザフェイクス・STF)のICO評価は4.3/5.0と高評価を得ています。

ICObench

ICOの基本情報

期間 2018年3月21日~2018年4月21日
ソフトキャップ 675,000 USD
ハードキャップ 8,500,000 USD
通貨 イーサリアム(ETH)、ビットコイン(BTC)
レート 1ETH = 2,400STF
最低購入金額 0.1ETH(0.01BTC)

ICOトークンセールボーナス

期間 ボーナス
1日目 15%
2日目~10日目 10%
11日目~20日目 5%
21日目~31日目 0%

ロードマップ

2016年6月
  • StopTheFakesのプロジェクトの考え方
2016年9月
  • サービスコンセプト形成
2016年12月
  • 著作権保護分析
2017年4月
  • 建物のトークンの販売
  • ブロックチェーン開発チーム
2017年5月
  • 潜在的な志願者
  • サービス利用規約の交渉
2017年7月
  • ERC-20ベースのトークン販売
  • オフィシャルウェブサイトの開発
2017年9月
  • トークン配布
  • ウェブサイトの起動
2017年11月
  • コミュニティの開発
  • 専門かを含むアイディアを広める
2017年12月
  • サービスプロトタイプ起動
2018年1月
  • モバイルアプリのプロトタイプを起動
  • トークン販売促進ステージ
2018年2月
  • アルファバージョン0.1のサービスリリース
  • テストとデバック
2018年3月
  • トークン販売のメインステージ
  • 主な開発段階
2018年4月
  • 証券取引所リストへのトークン送信
  • 入札の開始
  • ダウンロード可能なandroidアプリを起動する
2018年5月
  • GooglechromeおよびOperaエクステンションの起動
  • セキュリティ監査
  • 脆弱性のスキャン
2018年6月
  • サービス開始
  • ヒットFirst5000著作権侵害の検出
  • ダウンロード可能なISOアプリを起動する
2018年7月
  • Mozilla、Firefoxのアドオンの起動
2018年8月
  • 大手生産者との緊密な連携に従事
  • 契約帰結
2018年9月
  • ユーザー数が850000に達し、合計4万件の違反が検出される
2019年6月
  • ビッグデータの実装
  • 応募者のサービス範囲の拡大
2019年8月
  • Audienceビル
  • 合計40万著作権

StopTheFakes(ストップザフェイクス・STF)の特徴と将来性

StopTheFakes(ストップザフェイクス・STF)の特徴と将来性

それでは、StopTheFakes(ストップザフェイクス・STF)の特徴と将来性を見ていきましょう。

▼偽造と侵害を検出するプラットフォーム

StopTheFakes(ストップザフェイクス・STF)のプラットフォームを利用することで、偽造を検出し、権利の侵害を阻止することができます。

これにより、コンテンツ制作者の知的財産権や著作権を守ります。

StopTheFakes(ストップザフェイクス・STF)のプラットフォームに登録しておくことにより、自分のコンテンツが偽造されたり無断で使用されたりした場合に通知を受けることが出来ます。

こういった情報は、権利侵害を自力で探すよりも多額のコスト削減に繋がるのです。

▼偽物を発見したユーザーには報酬もある

StopTheFakes(ストップザフェイクス・STF)のプラットフォームでは、偽物を発見した時に報告できる機能があります。

一般的にコンテンツを利用するユーザーは、この機能を使って権利侵害を報告することが出来るのです。

私たち消費者が、もし偽造品を発見した場合には、ビデオに撮ったりスクリーンショットで保存をして、情報を提供します。

権利侵害を発見し、証拠と共に報告をすることで報酬を得ることが出来ます。

報酬があるという仕組みならば、世界中の消費者は積極的に参加する可能性がありますよね。

一部の機関が世界中の偽物を探すよりも、コンテンツを利用する私たち消費者が偽物を発見する方がはるかに効率的です。

ですので、StopTheFakes(ストップザフェイクス・STF)のプラットフォーム上では、私たちは消費者であると同時に監視する存在でもあるのです。

▼約50兆円に達する偽造市場を撲滅する

偽造市場について

StopTheFakes(ストップザフェイクス・STF)のプラットフォームを利用することで、偽造市場を撲滅するというビジョンを持っています。

ちなみに、偽造市場は $4610億以上であり、国際商工会議所は、それが2022年には約200兆円~300兆円に達すると見積もっている。

世界中の消費者というユーザーが監視するならば、このビジョンも現実味がありますよね。

好んで海賊版を使用する人もいますが、そのような危険を犯すよりも、海賊版を発見して報酬を得て、正規のものを利用した方がはるかに賢い行動だと言えます。

このような精神が普及すれば、偽造市場の撲滅も夢ではないかもしれませんね。

▼コピーされたモノの追跡が可能になる

StopTheFakes(ストップザフェイクス・STF)のプラットフォームでは、海賊版など権利侵害をされたコンテンツを追跡することが出来ます。

海賊版映画などが発見されれば、それがどこでどのように使われているかを追うことが出来るのです。

これらの情報はビッグデータとしてデータベース化され、活用されます。

▼ビッグデータを作成して、権利侵害についてのあらゆる情報をデータベース化する

追跡され報告された情報は、全てビッグデータとしてデータベース化され、管理れます。

そのデータには、権利が侵害された地域や、周波数、悪用したドメインや製品やブランドの種類までが蓄積されます。

これらを開示することにより、権利侵害への迅速な対応を行うことが出来、”データ化され開示される”という事実によって、権利侵害を抑制する効果が期待できるのです。

▼利用できる権利一覧

StopTheFakes(ストップザフェイクス・STF)のサービスは主に次のような権利を持つ人が利用出来るようになります。

  • ロゴ
  • 商標
  • TMサインブランド名
  • 著作権写真デザイナー
  • 絵画
  • オリジナル写真特許
  • ビデオソフトウェア

特に映画や音楽や写真など、デジタル化されたコンテンツの権利侵害は減少するのではないでしょうか。

StopTheFakes(ストップザフェイクス・STF)のリスク要因

StopTheFakes(ストップザフェイクス・STF)のリスク要因

StopTheFakes(ストップザフェイクス・STF)の目的は、とても明快で分かりやすいものです。

海賊版などのコピー商品被害は甚大なものですが、撲滅が難しい市場でもあります。

その現状を正すためのプラットフォームを提供するStopTheFakes(ストップザフェイクス・STF)ですので、当然需要のあるプロジェクトでしょう。

しかし、プロジェクトの正当性や実用性と、投資・投機対象としての考え方は違いますよね。

投資・投機の目的でトークンを購入する場合は、やはりリスクを常に考える必要があります。

競合の出現や、実現性をよく検討しなければなりません。

また、ICOには残念ながら詐欺も横行しているのが現状です。

全てのICO案件に言えることですが、絶対に成功するという保証は無いということを、しっかりと理解しておかなければなりません。

ですので、ICOに参加する場合は、必ず余剰資金で参加するようにしてください。

どのようなICO案件にも、必ずリスクは存在します。

StopTheFakes(ストップザフェイクス・STF)の買い方・購入方法(ICO参加方法)

StopTheFakes(ストップザフェイクス・STF)の買い方・購入方法(ICO参加方法)

それでは、StopTheFakes(ストップザフェイクス・STF)のICO参加方法を見ていきましょう。

【登録】

1.StopTheFakes(ストップザフェイクス・STF)の公式サイトへアクセス

下記URLより、StopTheFakes(ストップザフェイクス・STF)の公式サイトにアクセスしてください。

StopTheFakes(ストップザフェイクス・STF)の公式サイト

2.メールアドレスとパスワードの登録

公式サイトにアクセスしたら登録画面が表示されますので、下記の項目を入力してください。

  • メールアドレス
  • パスワード

入力が終わったら「SIGN UP」クリックしてください。

3.メールの確認

登録したメールアドレスに、確認のメールが届きますので、メール内の「confirm registration」をクリックして認証してください。

4.情報登録

メールアドレスの認証が終わったら、情報登録です。

下記項目を入力してください。

  • 名前
  • 苗字
  • 誕生日
  • イーサリアムのアドレス
  • 購入金額(イーサリアム)
  • 身分証明書のアップロード

記入とアップロードが終わったら、2つのチェックボックスにチェックを入れて「I ACCEPT」をクリックしてください。

これで登録は完了ですので、承認を待ちましょう。

StopTheFakes(ストップザフェイクス・STF)の特徴 ~まとめ~

StopTheFakes(ストップザフェイクス・STF)の特徴 ~まとめ~

StopTheFakes(ストップザフェイクス・STF)は、独自のプラットフォームにより知的財産権や著作権を守ります。

コピー商品を世界から撲滅しようとしているのです。

そんなStopTheFakes(ストップザフェイクス・STF)プロジェクトの特徴をまとめますね。

  • StopTheFakes(ストップザフェイクス・STF)は海賊版撲滅に貢献するためのプラットフォームを提供
  • ICObenchでは4.3/5.0と高評価
  • 偽造と侵害を検出するプラットフォーム
  • 偽物を発見したユーザーには報酬もある
  • 約50兆円に達する偽造市場を撲滅する
  • コピーされたモノの追跡が可能になる
  • ビッグデータを作成して、権利侵害についてのあらゆる情報をデータベース化する

グローバルな範囲で海賊版を監視できるという体制が整うならば、コンテンツ制作者にとっても私たち消費者にとっても、コンテンツの正しい利用が出来るのではないでしょうか。

今後のStopTheFakes(ストップザフェイクス・STF)に注目ですね!

※仮想通貨取引所の利用、また仮想通貨取引やICOへの参加については、リスクを伴うことがあります。これらリスクを自分自身でしっかりと把握した上で、無理のない資金で取引を行うことが大切です。自身でリスク管理をしっかりと行いましょう。

StopTheFakes(ストップザフェイクス・STF)の公式サイト

ランキング1位を狙っています。記事が役に立ったら応援お願いします!


にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ
~1日1回、上記2つにポチっと応援を宜しくお願いします~

LINE@にて、ビット先生からの非公開情報や最新情報を受け取る!

  • ビット先生が仮想通貨開始から4ヶ月で3,000万円以上稼いだ銘柄選定方法
  • ブログでは公開していない通貨・ICO情報
  • 仮想通貨の最新ニュース
  • オススメの取引所
  • その他、仮想通貨に関する情報を配信
友だち追加
【公式】仮想通貨取引所

仮想通貨は、市場規模が70兆円を超え、非常に注目されている市場です。

FXの市場が500兆円、株式市場が6,500兆円ということを考えると、ここから数年で10倍、20倍と拡大を続けることが予想されます。

まだ仮想通貨を始めていない方は、先ずは口座開設から始めてください。

全て無料で作成できますのでご安心ください。

【日本国内の取引所】

【海外の取引所】

仮想通貨取引所・徹底比較ランキング

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

increz(インクリーズ)token

increz token(インクリーズトークン・ICZ)のICO・買い方・購入方...

Midex(ミデックス・MDX)のICO・買い方・購入方法・将来性

Midex(ミデックス・MDX)のICO・買い方・購入方法・将来性

DateCoin(デートコイン・DTC)のICO・買い方・購入方法

ICOとは、ICOを理解

ICOとは!?ICOを理解する

注目ICO購入可 一覧表

【2018年】注目ICO・仮想通貨購入可 一覧表

Apollodae(アポロ・DAE)の取引所

Apollodae(アポロ・DAE)のICO・買い方・購入方法・将来性