Faceter(フェイスター・FACE)のICO・買い方・購入方法・将来性

Faceter(FACE)のICO・買い方・購入方法・将来性

Faceter(フェイスター・FACE)は、ビデオ監視カメラによるセキュリティの向上を目指します。

Faceter(フェイスター・FACE)が目指すビデオ監視カメラのプラットフォームは、あらゆる先端技術を融合させたプロジェクトです。

カメラで認識する技術も、既に実用化されているモノであり、ICOが終わって、一から設計するというプロジェクトではありません。

ICO評価サイトのFaceter(フェイスター・FACE)に対する評価は、どれも非常に高いです。

Faceter(フェイスター・FACE)の評価

今回は、Faceter(フェイスター・FACE)とはそもそも何なのか、また監視業界の中でなぜFaceter(FACE)のプラットフォームが優れていると言えるのか、Faceter(フェイスター・FACE)が導入している先端技術を交えながら紹介していきます。

キーワードは「ブロックチェーンとフォグコンピューティングの融合」です。

※途中、IT技術などの専門用語が出てきますが、分かりやすく紹介するため、極端な例などを挙げております。細かい部分に語弊が生じる場合がありますが、あくまでもイメージととらえてください。

にゃんこ

にゃんこ
コンテンツの偽造と権利侵害を防止するICOだにゃん。ビット先生は嬉しいじゃないのかにゃん!?
ビット先生

ビット先生
おぉ~。にゃんこ。良く分かったな。ビット先生の記事をコピーしている人がいて困っておったぞぃ。

※仮想通貨取引所の利用、また仮想通貨取引やICOへの参加については、リスクを伴うことがあります。これらリスクを自分自身でしっかりと把握した上で、無理のない資金で取引を行うことが大切です。自身でリスク管理をしっかりと行いましょう。

Faceter(フェイスター・FACE)の公式サイト

目次

Faceter(フェイスター・FACE)ってなに?

Faceter(FACE)ってなに?

Faceter(フェイスター・FACE)は、監視業界にブロックチェーンとフォグコンピューティングの融合したシステムを導入し、セキュリティの向上を目指すプラットフォームを提供します。

現在、世界中のお店や街にはビデオ監視カメラが設置されていますが、それらの映像はほとんどが”撮影しているだけ”といった状態で、撮影されたビデオデータはハードディスクやテープ記録といった形で保存されています。

これらのデータは、ほとんど活用されていないというのが現状です。

何かあった時に、後からビデオデータを確認して、事件の”証拠”という扱いになります。

しかし、Faceter(フェイスター・FACE)のプラットフォームでは、ビデオ監視カメラに映る人の表情や物の形を識別し、リアルタイムに分析、その状況を理解することで、本来のビデオ監視カメラの意味である”防犯”を促進します。

リアルタイムに解析することで、過去のデータと照合し、事件を未然に防ぐというセキュリティレベルにまで達したセキュリティを提供してくれるのです。

Faceter(フェイスター・FACE)では、このシステムを「イベントセキュリティモデル」と位置付けています。

「イベントセキュリティモデル」とはその名の通り、状況を分析し、何かが起こる前に”抑制する”ことが可能です。

表情や行動だけで判断されるという事実は、なにも後ろめたいことが無い私たちにとっては若干”不愉快”であったり、監視されていることが”怖い”といった感覚がぬぐい切れませんが、一部の不審な動きを事前に察知してくれることにより、身近に存在する潜在的な”危機”を未然に抑制してくれる効果もあるのです。

犯罪も何もない世界で生きていれば、監視は不愉快でしかありませんが、世界を見渡してみると、一般人が理不尽な事件に巻き込まれてしまうという事例は後を絶ちません。

そういった、予期できない危険を未然に防いでくれるという意味では、Faceter(フェイスター・FACE)のプロジェクトはとても有意義なモノとなるのではないでしょうか。

遠からず、監視される世界は必ずやってきますよね。

それならば、ただ監視されるという世の中よりも、イベントセキュリティといった、何か起こりそうなことをキャッチしてくれる監視体制は、むしろ私たちを守ってくれる存在になります。

もちろん、映像や画像などの個人情報は、ブロックチェーン技術を基礎とした画像処理システムを使うことで、しっかりとプライバシー保護が出来る仕組みとなっています。

Faceter(フェイスター・FACE)の基本情報

Faceter(FACE)の基本情報

Faceter(フェイスター・FACE)のICOに参加する際にはまず、Faceter(フェイスター・FACE)の基本情報をしっかりと抑えておきましょう。

通貨名
FACE
公開日
2018年2月5日
プラットフォーム
イーサリアム
最大発行数
1,000,000,000 FACE
Webサイト
ホワイトペーパー
購入できる取引所
未定

ICO基本情報(トークンセール)

期間
2018年2月15日 ~ 2018年3月30日
ソフトキャップ
50,000,000 FACE
ハードキャップ
300,000,000 FACE
レート
1000 FACE = 0.0872 ETH

ICObench

Faceter(フェイスター・FACE)のICO評価は4.6/5.0と高評価を得ています。

ICObench

ロードマップ

2014年
  • Faceterプロジェクトを2014年に開始
2017年
  • Faceter for B2Bのα版をリリース
  • 大衆市場向けのFaceterプルーフ・オブ・コンセプト(中央集権型)
2018年
  • トークンセール
  • モジュラーアーキテクチャを構築し、Faceterをフォグコンピューティングネットワークに適用させることで計算コストを削減
  • Android,iOS,Apple TVアプリケーションの開発
  • IT部門
  • 性別、年齢、人種、感情などの特徴を持つイベントベースのモデルを強化するために、ビデオの個人を分類するためのモジュールを開発
  • Faceterのβ版をローンチ
  • フォグ上で運用
  • 一般大衆市場で販売開始
  • 使いやすいオプション(分散型IPFSベースのストレージプロバイダでのビデオかーかいぶの保存)を追加
2019年
  • ハードウェアベンダーと共同で統合ソリューションを開発
  • 部分的または完全に顔を隠した訪問者を追跡(身長、体重といった身体の特徴を認識)
  • 十分な解像度のカメラを使用した数字の認識を含む、ビデオによる車両の検出と認識
  • 新しいチームメンバーの雇用:セールスおよびビジネス開発のスペシャリスト
  • カメラ範囲内のさまざまなイベントを検出するための技術開発:闘争、店頭、喧嘩、放置された物体、危険な状況(炎、煙、揺れ、異常な値の騒音)など
  • Faceterプリインストールに関するビデオカメラベンダーとのパートナーシップ契約
  • Faceterの完全なる機能と分散の完了したバージョンをローンチ
特に2019年のロードマップに記載されている事が実現すれば、災害も一瞬で検知してくれるという事になりますね。

Faceter(フェイスター・FACE)の特徴と将来性

Faceter(FACE)の特徴と将来性

それでは、Faceter(フェイスター・FACE)の特徴と将来性を見ていきましょう。

▼Faceter(フェイスター・FACE)は状況をリアルタイムに分析して理解する”イベントセキュリティモデル”である

Faceter(フェイスター・FACE)のプラットフォームを使うことにより、ビデオ監視カメラに映っている事象をリアルタイムに分析することが出来ます。

例えばビデオ監視カメラに映っている人の、性別、年齢、人種、感情などを分析します。

これからその人が危険な事をしようとしていれば、それを分析し未然に防ぐようなアクションを促すことも可能です。

これから起こる可能性のある”イベント”を分析することで、これまで以上に高いセキュリティを実現することが可能になるのです。

監視社会という言葉を頻繁に耳にするようになりましたが、それは私たちを縛るといった意味合いではなく、被害を未然に防ぐことが出来るという解釈をしなければなりませんね。

日本で生きる私たちが感じる危険は、まだまだ監視されるほどのものではないと思ってしまいますが、世界を見てみれば命に係わる危険と隣り合わせに生きている人たちもたくさんいます。

そのような地域では、危険を未然に防ぐことは、命を救うことに直結する大切な役割なのです。

▼企業向けの製品は既にリリースされている

Faceter(フェイスター・FACE)は既に、企業向けの製品をリリースしています。

ICOを経て一から作るといったプロジェクトではありません。

私たちが投資するトークンには、既に基盤があるということです。

実体のないICO案件に投機・投資をするよりも”安心感”がありますね。

▼データの保護

Faceter(フェイスター・FACE)では、表情や感情に至るまで、あらゆる個人情報を取得しますが、データは暗号化により保護されます。

Faceter(フェイスター・FACE)のカメラで得た情報は、データの全てを誰もがチェックできるわけではありません。

全ては暗号化され、匿名化されたデータだけがネットワークで共有されます。

もちろん、将来的には犯罪者の追跡のためにデータを参照することはありますが、それは限られた機関がきちんとした手順を踏んで情報共有されることでしょう。

▼ブロックチェーンとフォクコンピューティングを融合

ビデオ監視カメラの情報は、画像や映像、音声などのあらゆる情報を収集します。

そのデータ膨大なものになりますし、Faceter(フェイスター・FACE)が普及すれば、小規模な企業や個人でも利用が可能になります。

そうなると、世界規模の監視データの量は計り知れません。

現在は、データの保存などを行う時、クラウドコンピューティングが主流ですよね。

DropBoxやiCloudなどのクラウドストレージを使っている人も多いのではないでしょうか。

クラウドコンピューティングは、インターネット上にあるクラウド(雲)という位置づけです。

これに対しフォグコンピューティングは、インターネット上にあるフォグ(霧)のイメージです。

クラウド(雲)という塊よりも、さらに細かく分散されたフォグ(霧)状のストレージだとイメージしてください。

フォグコンピューティングは、フォグ(霧)状の細かく分散してデータを管理する技術です。

フォグコンピューティングはこれから、IoT(モノとインターネット)時代の膨大なデータ量を扱う上でも重要な分散型技術となっていきます。

もう、クラウドコンピューティングでの分散では追い付かないほどのデータ量になっていくということですね。

Faceter(FACE)はこのフォグコンピューティングにブロックチェーンを融合させることで、ビデオ監視カメラが収集する世界中の膨大なデータ管理を、分散型技術を使って実現します。

そもそも、Faceter(フェイスター・FACE)はセキュリティを高めるためのプロジェクトです。

セキュリティに関するデータが改ざんされたのでは、話になりませんよね。

フォグコンピューティングだけではなく、ブロックチェーンを使うことにより、不正の無いデータという透明性を維持します。

▼マシンラーニングでイベント毎の対処が出来る

マシンラーニングという技術は、簡単に言うと人工知能(AI)の機能の一部だとイメージしてください。

様々な情報を元に機械が自動的に学習したり、人間が機械に学習させたりする技術です。

Faceter(フェイスター・FACE)が提供するビデオ監視カメラからの情報は膨大な量のデータとなります。

このような表情をした人は、次にこのような行動を起こすので危険、とか、不審な動きをパターン化することで、そのような動きをした人間には注意する、といったことを随時学んでいきます。

また、様々なパターン毎に対処方法を学習させることが出来るのです。

これにより、ビデオ監視カメラに映った不審な動きをする人や、何かを企んだような表情などを分析し、それぞれのパターン毎の対処を実行することが出来るようになります。

コンビニに不信な動きをする人間が居ると判断すれば、店員に通知した後、シャッターを閉めたり、通報したりといったようなアクションを自動的に行うことも出来るのです。

世界中のデータがフォグコンピューティングとブロックチェーンを利用することによって、人物の特徴(個人情報では無くあくまでも特徴)から、次に行うべきアクションを素早く判断することが可能になります。

▼今後も様々な機能追加が期待できる

ロードマップを見てもらうと分かるように、ビデオ監視カメラには今後も様々な分析機能が追加されていきます。

それは人間の表情だけでなく、放置された物体を見つければ”不審なモノ”として判断し、迅速な処理対応が出来るようになるでしょう。

また、煙や火を感知して、災害を出来る限り早い段階で防ぐことも出来るようになるでしょう。

私たちは世界の中でも比較的安全な日本で暮らしているので、命に直結する危機を日常的に感じるという事はほとんど無いかもしれません。

しかし、世界では重犯罪やテロなどを身近に感じながら生きている人たちは沢山います。

そういった地域での”監視”というのは、一瞬の判断が人の命を左右するのではないでしょうか。

ビデオ監視カメラが即座に分析し、次のアクションを予測・指示してくれるようになれば、たくさんの危険から身を守ることが出来るかもしれませんね。

▼Faceter(フェイスター・FACE)の市場規模の拡大

Markets&Marketsによると、過去5年間で、監視市場の規模(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)は年間15.4%の伸びを示し、Markets&Marketsによれば2022年には750億ドルに達すると予測されています。

▼Faceter(フェイスター・FACE)の市場規模の拡大

同様に、顔認識の世界市場も物凄い勢いで拡大しています。

顔認識の世界市場予測

Faceter(フェイスター・FACE)のリスク要因

Faceter(FACE)のリスク要因

今後、監視業界は大きく伸びていく業界です。

比較的安全と思われる日本でさえ、街のいたるところに監視カメラは設置されていますよね。

世界を見てみれば、危険と隣り合わせに生きている人たちは沢山いるわけです。

そこで活躍するのは、素早く危険に対処するため、そして危険をあらかじめ防ぐための手段です。

その一つとしてビデオ監視カメラは存在し、機能も着実に高性能なモノへと進化しています。

Faceter(フェイスター・FACE)が提供するプラットフォームは、どこよりも進んでいるプロジェクトと言えるのではないでしょうか。

しかし、やはり競合する企業は必ず出てきます。

Faceter(フェイスター・FACE)がこれからプロジェクトを進める上で、業界のリードを取り続けていけば問題はありませんが、投機・投資という観点から見ると、絶対はありません。

これは、全てのICO案件に言えることですが、絶対に成功するという保証は無いということを、しっかりと理解しておかなければなりません。

ですので、ICOに参加する場合は、必ず余剰資金で参加するようにしてください。

どのようなICO案件にも、必ずリスクは存在します。

Faceter(フェイスター・FACE)の買い方・購入方法(ICO参加方法)

Faceter(FACE)の買い方・購入方法(ICO参加方法)

それでは、Faceter(フェイスター・FACE)のICO参加方法と購入方法について紹介します。

※公式youtubeでの解説もありましたので、参考にしてください。

【登録】

1.Faceter(フェイスター・FACE)の公式サイトにアクセス

下記URLより、Faceter(フェイスター・FACE)の公式サイトにアクセスしてください。

Faceter(フェイスター・FACE)の公式サイト

2.メールアドレスとパスワードの登録

公式サイトにアクセスしたら、「Buy tokens」をクリックしてください。

Sign Upの画面になっていますので、チェックボックスにチェックをして「Continue」をクリックしてください。

下記を入力してください。

  • メールアドレス
  • パスワード
  • パスワード確認

入力が終わったら「私はロボットではありません」にチェックをして「Sign up」をクリックしてください。

3.認証メールの確認

登録したメールアドレスに認証メールが届きます。

メール内の「Confirm my account」のリンクをクリックして、認証してください。

4.二段階認証

Faceterにログインしたら、まずは「2FA」をクリックして、二段階認証の設定をしておきましょう。

登録はこれで完了です。

【購入】

1.送金する通貨を選択

Faceterのサイトにログインをしたら、送金する通貨を選択してください。

送金には、下記の仮想通貨が使えます。

  • Ethereum(ETH)
  • Bitcoin(BTC)
  • Litecoin(LTC)
  • Dash(DASH)
  • NEM(XEM)
  • Bitcoin Cash(BCH)

2.送金

「Generate personal deposit address」をクリックすることで、あなたのウォレットアドレスが生成されます。

自分のイーサリアム(または購入したい通貨)のウォレットから、送金をしましょう。

アドレスはなるべくコピー&ペーストで、絶対に間違えることが無いように注意してください。

Faceter(フェイスター・FACE)の特徴 ~まとめ~

Faceter(FACE)の特徴 ~まとめ~

Faceter(フェイスター・FACE)は、ビデオ監視カメラを使った技術によって、セキュリティの向上を目指しています。

今はまだ映画などで観る近未来の姿かもしれませんが、それをFaceter(フェイスター・FACE)は現実にしようとしているのです。

もちろん、監視をされ、自分の表情や声などのデータが収集されるというのは面白いものではありませんが、世界にはそれを必要とする現実があるという事ですね。

それでは最後に、Faceter(フェイスター・FACE)の特徴についてまとめておきますね。

  • 監視業界にブロックチェーンとフォグコンピューティングの融合したシステムを導入し、セキュリティの向上を目指すプラットフォームを提供する
  • 状況をリアルタイムに分析して理解する”イベントセキュリティモデル”である
  • 企業向けの製品は既にリリースされている
  • あらゆる個人情報を取得されるが、データは暗号化により保護される
  • ブロックチェーンとフォクコンピューティングを融合
  • フォグコンピューティングは、フォグ(霧)状の細かく分散してデータを管理する技術
  • マシンラーニングでイベント毎の対処が出来る
  • マシンラーニングとは機械が自動的に学習したり、人間が機械に学習させたりする技術
  • 今後も様々な機能追加が期待できる(ロードマップ参照)

街中に監視カメラが設置されるのも、そう遠い未来ではありません。

もちろん人々の行動は監視されますが、それは想定される危険から守るためのものです。

まだまだ”監視”という言葉に慣れることは出来ませんが、確実に来る未来の姿をFaceter(フェイスター・FACE)は提供します。

Faceter(フェイスター・FACE)がいかに納得できる、安心できるプラットフォームを提供してくれるのか、今後の動きに注目していきたいですね!

※仮想通貨取引所の利用、また仮想通貨取引やICOへの参加については、リスクを伴うことがあります。これらリスクを自分自身でしっかりと把握した上で、無理のない資金で取引を行うことが大切です。自身でリスク管理をしっかりと行いましょう。

Faceter(フェイスター・FACE)の公式サイト

ランキング1位を狙っています。記事が役に立ったら応援お願いします!


にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ
~1日1回、上記2つにポチっと応援を宜しくお願いします~

LINE@にて、ビット先生からの非公開情報や最新情報を受け取る!

  • ビット先生が仮想通貨開始から4ヶ月で3,000万円以上稼いだ銘柄選定方法
  • ブログでは公開していない通貨・ICO情報
  • 仮想通貨の最新ニュース
  • オススメの取引所
  • その他、仮想通貨に関する情報を配信
友だち追加
【公式】仮想通貨取引所

仮想通貨は、市場規模が70兆円を超え、非常に注目されている市場です。

FXの市場が500兆円、株式市場が6,500兆円ということを考えると、ここから数年で10倍、20倍と拡大を続けることが予想されます。

まだ仮想通貨を始めていない方は、先ずは口座開設から始めてください。

全て無料で作成できますのでご安心ください。

【日本国内の取引所】

【海外の取引所】

仮想通貨取引所・徹底比較ランキング

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。