Apollodae(アポロ・DAE)のICO・買い方・購入方法・将来性

Apollodae(アポロ・DAE)の取引所

Apollo(アポロ・DAE)は、新規に開設される仮想通貨取引所です。

Apollo(アポロ・DAE)では、独自トークンである「DAE」を発行します。

「DAE」は、Apollo(アポロ)取引所内での取引でのみ使用でき、取引手数料を安く抑えることができるのです。

今回は、Apollo(アポロ・DAE)とはどういった取引所なのか、そしてApollo(アポロ・DAE)にはどのような特徴があり、どのような期待が持てるのかを紹介します。

また、最後にApollo(アポロ・DAE)のICO参加に関する情報も紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

※Apollo(アポロ・DAE)のICOは終了致しました。

※仮想通貨取引所の利用、また仮想通貨取引については、リスクを伴うことがあります。これらリスクを自分自身でしっかりと把握した上で、無理のない資金で取引を行うことが大切です。自身でリスク管理をしっかりと行いましょう。

Apollo(アポロ・DAE)の公式サイト

Apollo(アポロ・DAE)ってなに?

Apollo(アポロ・DAE)ってなに?

Apollo(アポロ・DAE)とは、アメリカ合衆国のコロラド州を拠点とした、新しい仮想通貨取引所です。

仮想通貨の取引所は、最近何かと騒がれますが、そんな中でも、新しい仮想通貨取引所が出来る事は、喜ばしいことでもあると思います。

仮想通貨取引所が増えるという事は、それだけ利用者も増えていくという事ですよね。

仮想通貨がもっと世界中の人目に触れる事で、本当に価値のあるものはさらに注目され、利用価値を見出されるきっかけにもなり得ます。

そして、仮想通貨取引所が増えていくということは、取引所同士の顧客獲得競争にも繋がるという事です。

顧客獲得競争をするということは、各取引所が独自の特色を打ち出していくことになります。

既存の仮想通貨取引所で私たちが求める特色の一つとしては、取引手数料がいかに安いかですよね。

もちろん、安心できるセキュリティを実装する事は大前提としてです。

取引手数料に関わる特色を持っているのは、「Binance(バイナンス)」や「Kucoin(クーコイン)」などが打ち出している、取引所の”独自トークン“ですよね。

Binance(バイナンス)では「BNB」、Kucoin(クーコイン)では「KCS」を独自トークンとして発行し、これらは各取引所内での取引に使えば手数料が安くなるという特色を持っています。

これは、取引所を利用する私たちユーザーにとって最も嬉しいサービスではないでしょうか。

そしてApollo(アポロ・DAE)も、「DAE」という独自トークンを発行し、Apollo(アポロ)取引所内で使用する事で、取引手数料を安く抑えることが出来るのです!

これは期待できそうですね!

Apollo(アポロ・DAE)の基本情報

それでは、Apollo(アポロ・DAE)の基本情報を見ておきましょう。       

通貨名 DAE 公開日 2018年2月16日
プラットフォーム イーサリアム 最大発行数 500,000,000 DAE
Webサイト https://apollodae.io/?locale=en
ホワイトペーパー https://apollodae.io/whitepaperV2.pdf
購入できる取引所 Apollo(アポロ・DAE)

Apollo(アポロ・DAE)のICO基本情報

ハードキャップ 500,000,000 DAE
販売価格 0.04ドル ~ 0.10ドル
開始日時

※日本時間

2018年2月16日 23:59

※2018年2月17日 08:59

終了日時

※日本時間

2018年3月2日 23:59

※2018年3月3日 08:59

Apollo(アポロ・DAE)のロードマップ

  • 2017年4月:ホワイトペーパーの作成
  • 2017年9月:取引エンジンのアルファ版
  • 2017年10月:ベータ版のリリース
  • 2017年12月:事前販売の終了
  • 2017年12月30日~:ICO開始
  • 2018年2月:トークン販売開始
  • 2018年2月後期:ICO終了予定
  • 2018年2月中:トークンの配布
  • 2018年第一四半期:プラットフォームの立ち上げ、多言語サポート
  • 2018年第二四半期:モバイルアプリの完成、0Xプロトコル接続
  • 2018年第三四半期:DAEトークンの拡張

Apollo(アポロ・DAE)の特徴と将来性

Apollo(アポロ・DAE)の特徴と将来性

▼独自トークン「DAE」を発行する

Apollo(アポロ・DAE)の魅力である一つがやはり、独自トークンを発行するという事です。

また、そのトークンの使い道も明確にされています。

上述の通り、Binance(バイナンス)の「BNB」やKucoin(クーコイン)の「KCS」のように、Apollo(アポロ)取引所内での取引を「DAE」で行うことにより、取引手数料を安く抑えられるということです。

ですので、出来るだけ安いうちに「DAE」を購入しておくと良いですね。

▼「DAE」を利用すれば取引手数料が半額

Apollo(アポロ)取引所内で取引をする際、「DAE」を使えば、通常の取引手数料の50%引きで取引をすることができます。

これは大きいですよね。

Apollo(アポロ)を利用するのであれば、絶対に「DAE」を使うべきですね。

▼既にデモ画面を見ることが出来る

Apollo(アポロ)の取引画面は、2018年2月9日現在、既にデモ画面を見ることができます。

見る限りではシンプルで、使いやすそうに見えますね。

こればっかりは、実際に取引を開始してみないと分からないことですが、事前にイメージを確認できるのは非常に安心ですね。

▼コミュニティも稼働している

チャットなどによるコニュニティーもしっかりと設置してありますので、情報収集に活用しましょう。

・Reddit:https://www.reddit.com/r/apollodae/

・Telegram:https://t.me/apollodae

・Telegram(日本):https://t.me/apollodaeJapanese

※テレグラムについては、日本語ユーザーが公式に許可を得た上で開設していますので、日本語でのコミュニケーションが可能です。

Apollo(アポロ・DAE)への期待

Apollo(アポロ・DAE)への期待

▼DAEトークンの高騰

独自トークンと聞くと、やはり期待してしまうのは価格の高騰ですよね。

Binance(バイナンス)の「BNB」やKucoin(クーコイン)の「KCS」は、ICO時から数十倍の価格高騰を記録しています。

特にBinance(バイナンス)の「BNB」は、トークンセールから約50倍といった高騰をしているのです。

たった数ヶ月という短期間での高騰ですので、こういった前例のある独自トークンには期待せざるを得ません!

Apollo(アポロ・DAE)については、ホワイトペーパーや公式でも、最初から独自トークンに価値を持たせると公言しているので、これは期待をしてもいいのではないでしょうか。

しかもその価値は、Binance(バイナンス)の「BNB」やKucoin(クーコイン)の「KCS」の利用価値とほぼ同等です。

もちろん、Apollo(アポロ)が取引所として正常に、計画通りに公開され、さらに多くのユーザー獲得に成功することが条件となります。

そして、より多くの種類の仮想通貨を取り扱うということも重要な要素になってきますよね。

私たちにできることは、Apollo(アポロ・DAE)をより多くの人に広めることです。

ただし、SNSやブログで紹介する場合は、リスクがあることをしっかりと伝えることが必要です。

Apollo(アポロ・DAE)のリスク要因

Apollo(アポロ・DAE)のリスク要因

▼実際に開設される保証は無い

これは、どのような取引所でも、どのようなICOでも言えることですが、本当に稼働するまでは何が起こるかわかりません。

これだけは、しっかりと理解した上で参加する必要があります。

Apollo(アポロ・DAE)のICO参加方法

2018年2月9日現在、ホワイトリストの登録や参加方法などは発表待ちとなっています。

Apollo(アポロ・DAE)の購入には、イーサウォレットのアドレスとメールアドレスが必要です。

1.公式サイトにアクセス

Apollo(アポロ・DAE)の公式サイト

まずはApollo(アポロ・DAE)の公式サイトにアクセスしてください。

※Apollo(アポロ・DAE)のICOは終了致しました。

DAEトークンのICOトークンセールは、次の日程ですので、忘れないようにチェックしておきましょう。

  • 開始日時:2018年2月16日 23:59
  • ※日本時間:2018年2月17日 08:59
  • 終了日時:2018年3月2日 23:59
  • ※日本時間:2018年3月3日 08:59

Apollo(アポロ・DAE)の特徴 ~まとめ~

Apollo(アポロ・DAE)の特徴 ~まとめ~

新規として稼働するApollo(アポロ・DAE)には、やはりどうしても独自トークンである「DAE」の飛躍に期待をしてしまいますね。

それでは最後に、Apollo(アポロ・DAE)の特徴についてまとめておきます。

  • Apollo(アポロ・DAE)とは、アメリカ合衆国のコロラド州を拠点とした、新しい仮想通貨取引所
  • 独自トークン「DAE」を発行する
  • 「DAE」を利用すれば取引手数料が半額
  • 既にデモ画面を見ることが出来る
  • コミュニティも稼働している
  • ICO期間

開始日時:2018年2月16日 23:59

※日本時間:2018年2月17日 08:59

終了日時:2018年3月2日 23:59

※日本時間:2018年3月3日 08:59

ぜひ、使いやすい仮想通貨取引所の一つとして、大きく成長してほしいですね。

※仮想通貨取引所の利用、また仮想通貨取引については、リスクを伴うことがあります。これらリスクを自分自身でしっかりと把握した上で、無理のない資金で取引を行うことが大切です。自身でリスク管理をしっかりと行いましょう。

Apollo(アポロ・DAE)の公式サイト

ランキング1位を狙っています。記事が役に立ったら応援お願いします!


にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ
~1日1回、上記2つにポチっと応援を宜しくお願いします~

LINE@にて、ビット先生からの非公開情報や最新情報を受け取る!

  • ビット先生が仮想通貨開始から4ヶ月で3,000万円以上稼いだ銘柄選定方法
  • ブログでは公開していない通貨・ICO情報
  • 仮想通貨の最新ニュース
  • オススメの取引所
  • その他、仮想通貨に関する情報を配信
友だち追加
【公式】仮想通貨取引所

仮想通貨は、市場規模が70兆円を超え、非常に注目されている市場です。

FXの市場が500兆円、株式市場が6,500兆円ということを考えると、ここから数年で10倍、20倍と拡大を続けることが予想されます。

まだ仮想通貨を始めていない方は、先ずは口座開設から始めてください。

全て無料で作成できますのでご安心ください。

【日本国内の取引所】

【海外の取引所】

仮想通貨取引所・徹底比較ランキング

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

StopTheFakes(ストップザフェイクス・STF)のICO・買い方・購入方法・将来性

StopTheFakes(ストップザフェイクス・STF)のICO・買い方・購入方...

Midex(ミデックス・MDX)のICO・買い方・購入方法・将来性

Midex(ミデックス・MDX)のICO・買い方・購入方法・将来性

ICOとは、ICOを理解

ICOとは!?ICOを理解する

非公開ICO購入情報

bitarq(ビットアーク・ARQ)購入情報 ~パスワードのご依頼は、LINE@...

注目ICO購入可 一覧表

【2018年】注目ICO・仮想通貨購入可 一覧表

Jupiterプロジェクト

非公開ICO情報 ~パスワードのご依頼は、LINE@をご登録の上、コメントをして...