MAXBOX(マックスボックス・MBX)のICO・買い方・購入方法・将来性

MAXBOX(マックスボックス・MBX)のICO・買い方・購入方法・将来性

MAXBOX(マックスボックス・MBX)は、フィリピン国内の経済活動に大きく影響を与える金融プラットフォームを立ち上げます。

フィリピン政府公認の仮想通貨取引所や、ICOプラットフォームをプロジェクトの柱とし、フィリピン国内の金融機関と連携することで、仮想通貨を法定通貨のように使い勝手の良い“お金”という価値を生み出そうとしています。

【ポイントのまとめ】

  • MAXBOX(マックスボックス・MBX)は、フィリピン発の仮想通貨取引所およびICOプラットフォームを提供する
  • フィリピン政府の承認を受けた仮想通貨取引所を確立する
  • ICOによって資金調達を望むスタートアップ企業のサポートを行う
  • フィリピン国内の物流や小売業などと協力体制を取ることで、フィリピン国内で仮想通貨(トークン)を浸透させる
  • フィリピン国内の金融機関と連携することで、仮想通貨を法定通貨のように使える基盤を作る
  • ビッグデータとAIを使うことで、効率的なデータ処理を行う
  • AIは今後、企業内の情報処理にも活用されることで、企業の財務サポートや人員の能力分析にも発展する
  • 仮想通貨取引所での総手数料収入の10%分を毎月配分
  • ICOは、2018年10月を予定
  • 2022年には、フィリピン証券取引所に上場を計画

※今回のMAXBOX(マックスボックス・MBX)は、ビット先生経由でお申込頂くことでプレプレICOから購入することができます。通常は、プレセール4月1日~の購入ですが、プレプレセール(3月31日まで)にてお申込頂けます。詳細は下段にて。

最近、NOAHコイン、PGC、HEROコインなど、何かとフィリピンが注目されていますよね。

フィリピンは、日本と異なり、若年層の比率が高い人口ピラミッド構造となっており、また、出稼ぎ労働者が増加傾向、かつ、海外からフィリピンへの送金市場は世界第3位になっています。

ですから、フィリピン経済の活性化が著しく、世界の投資家はフィリピンに着眼している訳です。

では、仮想通貨においてはどうでしょうか。

ICO案件が少しずつ出ておりますが、フィリピンには仮想通貨の販売所はあるものの仮想通貨の取引所は存在していません。

そこで、今回ご紹介する『MAXBOX』は、フィリピン初の仮想通貨の取引所を設立し、また、『政府公認の取引所』を目指しています。

経済成長著しいフィリピンですが、人口の30%程度しか銀行口座を保有していないため、送金問題は深刻です。

NOAHコインが5倍以上に推移している理由もよくわかります。

それらを踏まえて、フィリピンの実体経済の改善を図るプロジェクトが『MAXBOX』です。

そして、今回のMAXBOX(マックスボックス・MBX)のプロジェクトは最初から凄い!!

MAXBOX(マックスボックス・MBX)の計画

フィリピンの魅力をもう少し確認しましょう。

なぜフィリピンが注目されているのでしょうか。

フィリピンの人口増加

フィリピンは急激な人口増加が期待できる国です。

フィリピンの出稼ぎ送金

NOAHコインや、PGCのプロジェクトでも話題になっているフィリピンの出稼ぎ労働者の送金市場規模が世界第3位!!

そんな話題のフィリピンですが、MAXBOX(マックスボックス・MBX)の目指すビジョンが凄いです。

今回は、そもそもMAXBOX(マックスボックス・MBX)とは何なのか、またMAXBOX(マックスボックス・MBX)がどのようにフィリピン国内の経済に関わっていくのか、特徴や将来性を交えながら紹介します

また、最後にMAXBOX(マックスボックス・MBX)の買い方・購入方法(ICOの参加方法)について紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

にゃんこ

にゃんこ
注目のフィリピンのICOだにゃん。
ビット先生

ビット先生
凄い気になるICOだぞぃ・・・。

※仮想通貨取引所の利用、また仮想通貨取引やICOへの参加については、リスクを伴うことがあります。これらリスクを自分自身でしっかりと把握した上で、無理のない資金で取引を行うことが大切です。自身でリスク管理をしっかりと行いましょう。

MAXBOX(マックスボックス・MBトークン)公式サイト

目次

MAXBOX(マックスボックス・MBX)ってなに?

MAXBOX(マックスボックス・MBX)ってなに?MAXBOX(マックスボックス・MBX)は、フィリピン発の仮想通貨取引所およびICOプラットフォームを提供します。

フィリピンからこういったプロジェクトが発信される背景の一つには、フィリピンの経済成長があります。

現在、フィリピンの経済成長はアジアで第2位となっており、国内の消費活動は年々上昇しているのです。

フィリピン政府は、2018年には成長率が7%上昇すると予想しています。

これら経済成長を支えているのが、フィリピン国外への出稼ぎや移住者による、外貨の取得にあります。

日本や中国、アメリカなどでの稼ぎを、フィリピンの家族に送金するわけですね。

賃金も物価もフィリピンとは比べものにならないくらい高額ですので、仕送りをもらっているフィリピン国内の家族はそこそこ裕福な暮らしができます。

こういった人たちが増える事で、フィリピン国内での消費活動も活性化しているというわけですね。

ちなみに、2016年1月から2016年9月の外貨送金額は200億ドル(約2兆2000億円)となっており、フィリピンの送金市場は想像以上に活発であることが分かります。

これほどの経済成長をしているフィリピンですが、実は銀行の機能が強くなく、未だ不便であるという事情があります。

貧困層ではまだまだ銀行口座すら持てない人もいるので、そういった場合は現金を持ち帰るしかありません。

その場合、例えば日本円で稼いだお金をフィリピンペソに換金する必要がありますが、そこにはもちろん手数料がかかります。

また、すぐに必要な時にも時間がかかってしまいますよね。

こういった背景から、MAXBOX(マックスボックス・MBX)は政府公認の仮想通貨交換事業者を目指し、フィリピンのさらなる経済成長に貢献しようとしているのです。

MAXBOX(マックスボックス・MBX)の基本情報

MAXBOX(マックスボックス・MBX)の基本情報
通貨名 MBX 公開日 2018年4月1日
プラットフォーム イーサリアム 最大発行数 100,000,000 MBX
Webサイト https://tokensale-MAXBOX.ph/
ホワイトペーパー https://goo.gl/zSZphY
購入できる取引所 未定
にゃんこ

にゃんこ
公式サイトも日本語でわかりやすいにゃん。

ICO基本情報

期間 2018年4月1日~2018年4月30日
ハードキャップ 10,000,000 MBX
レート 1MBX = 5USD

※ビット先生経由であれば、~3月31日までのプレプレセールにて購入できます。

トークンセールのボーナス

購入ボーナス 早期購入ボーナス ボーナス合計
3,000万円相当以上 5% 5% 10%
1,000万円相当以上 4% 9%
500万円相当以上 3% 8%
300万円相当以上 2% 7%
100万円相当以上 1% 6%

※プレプレICOの詳細

購入期限:~3月31日まで
<特典>200枚以上の購入でボーナス10%

さらに、購入金額に応じて下記ボーナス

  • 3000万円以上:5%
  • 1000万円以上:4%
  • 500万円以上:3%
  • 300万円以上:2%
  • 100万円以上:1%

※プレICO期間が特典5%に対し、プレプレICOは特典10%なので非常にお得ですね~。ただし、200枚以上(日本円で約11万円前後)の購入が特典は必須ですので気をつけてください。

※公式HPには、4月1日~と記載されておりますが、プレプレICOにて購入できます。

MAXBOX(マックスボックス・MBトークン)公式サイト

MAXBOX(マックスボックス・MBX)のロードマップ

MAXBOX(マックスボックス・MBX)のロードマップ
2018年4月
  • フィリピンにて仮想通貨取引所「MB EXCHANGE」をオープン予定
2018年10月
  • 仮想通貨取引所にてICO予定(海外市場)
2018年12月
  • 独自のICO支援プラットフォーム
2019年
  • MAXBOXファンドを設立予定
  • フィリピンの都市開発に参入
  • マニラ、セブ、パラワン、ボホール、ダバオ確定

MAXBOX(マックスボックス・MBX)の特徴と将来性

MAXBOX(マックスボックス・MBX)の特徴と将来性

それではMAXBOX(マックスボックス・MBX)の特徴と将来性を見ていきましょう。

MAXBOX(マックスボックス・MBX)の特徴

MAXBOX(マックスボックス・MBX)では、ホワイトペーパーにもフェーズ毎のしっかりとした記載があります。

▼フェーズ1:フィリピン政府の承認を受けた仮想通貨取引所を確立する

MAXBOX(マックスボックス・MBX)は、一つの柱となる事業として政府公認の仮想通貨交換業者として、仮想通貨取引所を立ち上げます。

フィリピン国内に、仮想通貨の窓口を作るということですね。

また、仮想通貨を所持するためのウォレットも提供することで、銀行口座を持たない人でも送金を受けることが出来るようになります。

銀行口座を持っている人でも、仮想通貨で送金を受けることにより、これまで時間とコストがかかっていた国際送金の負担を劇的に改善することが目的です。

・取引通貨のペア

取引通貨のペアとしては次のような組み合わせです。

  • BTC/PHP(ビットコインとフィリピンペソ)
  • ETH/PHP(イーサリアムとフィリピンペソ)
  • ETH/BTC(イーサリアムとビットコイン)

・セキュリティ対策

仮想通貨取引所のシステムセキュリティとしては、基本的なセキュリティを実施します。

  • SSL通信
  • SHA-2(SHA-256)
  • ファイアウォール
  • WAF
  • 2FA
  • Customer
  • 情報の暗号化
  • アンチウィルス
  • ハッキング対策

など。

サーバを扱う上では基本的なセキュリティ対策をしっかりと行うということですね。

▼フェーズ2:ICOプラットフォームを提供する

MAXBOX(ICOのプラットフォーム)

ICOによって資金調達を望むスタートアップ企業のサポートを行います。

独自トークンの発行や、財務サポート、また人材育成を行うことでよりスムーズで迅速にプロジェクトを進めるサポートを行うわけですね。

私たちが最初に知ったICOプラットフォームといえば、Zaif(ザイフ)のCOMSAが有名ですが、最近ではこういったICOをサポートするプラットフォームを見るようになりましたね。

ICOの資金調達ランキング

乱立しているICO案件が徐々に健全なものへと形作られているということではないでしょうか。

▼フェーズ3:国内物流や小売業などとコラボレーション

フィリピン国内の物流や小売業などと協力体制を取ることで、フィリピン国内で仮想通貨(トークン)を浸透させていきます。

今後、世界で仮想通貨を日常的に使うためには、トークンを国に浸透させていくという取り組みが必要ですよね。

フィリピンでは、MAXBOX(マックスボックス・MBX)を中心に、仮想通貨を浸透させる取り組みを行なっていくということでしょうか。

この取り組みは、非常に注目される取り組みの一つになりそうですね!

▼フェーズ4:フィリピン国内の金融機関と連携

フィリピン国内の銀行を始めとする金融機関と連携することで、銀行独自の仮想通貨(コイン)の発行や、それらを使うことが出来るクレジットカードの発行など、仮想通貨を使った金融ネットワーク基盤を作っていきます。

これも、今後の仮想通貨が目指す形ですよね。

仮想通貨を、私たちの生活に無くてはならないものにするには、生活の基盤となる金融機関に浸透することです。

この取り組みも、常に注目しておきたいフェーズになりますね。

▼フェーズ5:AIをフル活用

MAXBOX(AIを活用したプラットフォーム)

MAXBOX(マックスボックス・MBX)では、プラットフォームにAIをフル活用します。

あらゆる情報を分析し、AIが判断をする事で、ヒューマンエラーを起こす事なく、正確で信用のある情報管理を行います。

また、これらAIは、企業内の情報処理にも最大限に活用します。

・SNSや社会的データを活用

消費者が使うSNSやその他の社会的なデータを分析する事で、企業活動をサポートします。

消費者の間で流行っていることや、社会的に今後重要な役割を果たすであろう事柄などを分析して、フィリピン国内の企業を盛り上げるためのサポートを行います。

また、財務状況や企業の評価などを自動化し、リアルタイムに情報を分析する事で、企業のキャッシュフローの最適化を行います。

・メールやチャットを分析した人材の最適化

企業内では、従業員のメールやチャット、作成された資料などを分析する事で、仕事の進捗や変化をリアルタイムに分析します。

例えば新しいプロジェクトを行う場合には、こらら情報を分析し、誰がどのポジションを担えば効率的かという部分まで判断するというのです。

能力分析をAIが行うというのは、何だか怖い様なイメージがありますが、人が人を評価する時代は終わり、AIが人を判断する時代が来るという事ですね。

この様に、MAXBOX(マックスボックス・MBX)では、ただの仮想通貨取引所を開設するのではなく、フィリピンという国の経済活動の改革を担う存在になるかもしれませんね!

MAXBOX(マックスボックス・MBX)の実現したい姿はこれだ!!

MAXBOX(マックスボックス・MBX)の実現したい姿 MAXBOX(マックスボックス)のスケジュール

MAXBOX(マックスボックス・MBX)のリスク要因

MAXBOX(マックスボックス・MBX)のリスク要因MAXBOX(マックスボックス・MBX)は、まだまだICO段階であり、ホワイトペーパーも当然構想段階という事を意識しておく必要があります。

もちろん、ICOが大成功して、プロジェクトも順調に進むかもしれません。

しかし、この段階でも“絶対”はありません。

また、MAXBOX(マックスボックス・MBX)は仮想通貨取引所もプロジェクトの柱として存在していますので、競合するプロジェクトはもちろん沢山ありますし、現存する仮想通貨取引所が直面する問題でもある“ハッキングリスク”なども考慮する必要があります。

一度ハッキング(クラッキング)が起こってしまえば、信用は失墜し、独自トークン価格も暴落するという事は容易に想像できますよね。

これは、全てのICO案件に言えることですが、絶対に成功するという保証は無いということを、しっかりと理解しておかなければなりません。

ですので、ICOに参加する場合は、必ず余剰資金で参加するようにしてください。

どのようなICO案件にも、必ずリスクは存在します。

MAXBOX(マックスボックス・MBX)の買い方・購入方法(ICO参加方法)

MAXBOX(マックスボックス・MBX)の買い方・購入方法(ICO参加方法)

それでは、MAXBOX(マックスボックス・MBX)の購入方法(ICO参加方法)を紹介します。

※全て日本語表示なので、安心して購入することができると思います。

【MAXBOX(マックスボックス)に登録】

1.MAXBOX(マックスボックス)の公式サイトにアクセスする

まずは、MAXBOX(マックスボックス)にアカウント登録をしましょう。

下記URLより、MAXBOX(マックスボックス)の公式サイトにアクセスしてください。

MAXBOX(マックスボックス・MBトークン)公式サイト

2.新規登録

MAXBOX(マックスボックス・MBX)ICOの買い方・購入方法・登録

「新規登録」をクリックしてください。

MAXBOX(マックスボックス)の新規登録

新規登録画面が表示されますので、下記を入力してください。

  • メールアドレス
  • パスワード
  • パスワード確認

入力が終わったら「新規登録」ボタンをクリックしてください。

3.確認メール

登録したメールアドレスに確認メールが届きますので、メール内のURLをクリックしてください。

これで登録は完了です。

【購入】

1.ログインする

登録したメールアドレスとパスワードでログインしてください。

2.購入枚数(金額)の入力

MAXBOX(マックスボックス)の購入・買い方方法

左のメニューの「購入」をクリックすると、右画面に購入画面が表示されます。

MAXBOX(マックスボックス)の購入枚数の入力

「購入方法」では、自分の分かりやすい(計算しやすい)方法にチェックをして、購入する枚数(金額)を入力しましょう。

3.購入

金額を設定したら、「ETHで購入」または「BTCで購入」をクリックしてください。

MAXBOX(マックスボックス)への送金方法

※ETHやBTCなど、購入する手段を間違えない様にしてください。

クリックすると、送金先のアドレスが表示されますので、自分のウォレットから送金をしてください。

【受取用アドレスの登録】

MBトークンを受け取るための、ウォレットアドレスを登録しておきましょう。

MBトークンのプレセールが終わるまでに登録を完了させてください。

※登録方法については、登録受付開始時に公式サイトでアナウンス(手順)が公開されます。

MAXBOX(マックスボックス・MBX)の特徴 〜まとめ〜

MAXBOX(マックスボックス・MBX)の特徴 〜まとめ〜

MAXBOX(マックスボックス・MBX)は、仮想通貨取引所やICOをサポートするプラットフォームを提供します。

このようなICO案件は、ここ最近で増えている印象もありますが、MAXBOX(マックスボックス・MB)については“フィリピンの経済を盛り上げる”という勢いを感じます。

ビット先生

ビット先生
最後に、MAXBOX(マックスボックス・MBX)の特徴についてまとめておくぞぃ。
  • MAXBOX(マックスボックス・MBX)は、フィリピン発の仮想通貨取引所およびICOプラットフォームを提供する
  • フィリピン政府の承認を受けた仮想通貨取引所を確立する
  • ICOによって資金調達を望むスタートアップ企業のサポートを行う
  • フィリピン国内の物流や小売業などと協力体制を取ることで、フィリピン国内で仮想通貨(トークン)を浸透させる
  • フィリピン国内の金融機関と連携することで、仮想通貨を法定通貨のように使える基盤を作る
  • ビッグデータとAIを使うことで、効率的なデータ処理を行う
  • AIは今後、企業内の情報処理にも活用されることで、企業の財務サポートや人員の能力分析にも発展する
  • 仮想通貨取引所での総手数料収入の10%分を毎月配分
  • ICOは、2018年10月を予定
  • 2022年には、フィリピン証券取引所に上場を計画

仮想通貨は現在、“お金”として扱うにはまだまだ未熟なものです。

MAXBOX(マックスボックス・MBX)は、この仮想通貨を法定通貨のように使える“お金”として扱うための第一歩を、フィリピン国内で踏み出します。

フィリピンは私たち日本人のように、当たり前に自国で稼ぎ、当たり前に銀行口座を持つ国とは状況が違います。

海外に出て稼ぎ、自国に住む家族を養うという環境では、国際送金や銀行口座の取得は最も重要な課題です。

仮想通貨はそもそも、このような状況にある国に浸透することによって底力を発揮するのではないでしょうか。

MAXBOX(マックスボックス・MBX)がこれから、フィリピン国内で行うフェーズの一つ一つ応援していくことで、仮想通貨の本当の力を見ることが出来るかもしれませんね!

※仮想通貨取引所の利用、また仮想通貨取引やICOへの参加については、リスクを伴うことがあります。これらリスクを自分自身でしっかりと把握した上で、無理のない資金で取引を行うことが大切です。自身でリスク管理をしっかりと行いましょう。

MAXBOX(マックスボックス・MBトークン)公式サイト

ランキング1位を狙っています。記事が役に立ったら応援お願いします!


にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

ビット先生

ビット先生
~1日1回、上記2つにポチっと応援を頼むぞぃ。皆の力が必要じゃ。

LINE@にて、ビット先生からの非公開情報や最新情報を受け取る!

  • ビット先生が仮想通貨開始から4ヶ月で3,000万円以上稼いだ銘柄選定方法
  • ブログでは公開していない通貨・ICO情報
  • 仮想通貨の最新ニュース
  • オススメの取引所
  • その他、仮想通貨に関する情報を配信
仮想通貨の教科書(ビット先生)
【公式】仮想通貨取引所

仮想通貨は、市場規模が70兆円を超え、非常に注目されている市場です。

FXの市場が500兆円、株式市場が6,500兆円ということを考えると、ここから数年で10倍、20倍と拡大を続けることが予想されます。

まだ仮想通貨を始めていない方は、先ずは口座開設から始めてください。

全て無料で作成できますのでご安心ください。

【日本国内の取引所】

【海外の取引所】

仮想通貨取引所・徹底比較ランキング

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。