BCharity(ビーチャリティー・CHAR)のICO・買い方・購入方法・将来性

BCharity(ビーチャリティー・CHAR)のICO・買い方・購入方法・将来性

BCharit(ビーチャリティー・CHAR)は、ブロックチェーン技術を活用したグローバルチャリティープラットフォームを提供します。

地域や言語の壁を取り払い、ブロックチェーンによって信頼性の高いチャリティー環境を作り上げる事で、世界が慈善活動を行いやすく、支援を必要としている人たちにも、より早く支援が出来る仕組みを作り上げるのです。

今回は、そもそもBCharit(ビーチャリティー・CHAR)とは何なのか、またBCharit(ビーチャリティー・CHAR)が提供するプラットフォームは、現在のチャリティーをどのように変えていくのか、特徴と将来生を交えながら紹介します。

また最後に、BCharit(ビーチャリティー・CHAR)の買い方・購入方法(ICO参加方法)についても紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

にゃんこ

にゃんこ
チャリティは好きだにゃん♪♪
ビット先生

ビット先生
チャリティの市場って、意外と大きいんだぞぃ。

BCharit(ビーチャリティー・CHAR)公式サイト

目次

BCharity(ビーチャリティー・CHAR)ってなに?

BCharity(ビーチャリティー・CHAR)とは、チャリティー活動にブロックチェーンを融合し、透明性と信頼性のあるグローバルチャリティープラットフォームを提供します。

現在の慈善団体は、限定的な範囲で活動する沢山の団体が存在します。

もちろん、国際的に活動をしている慈善団体も数々存在しますが、慈善団体自体が資金不足に陥っているところも少なくないのです。

現在の体制では、すぐに支援が必要な人・場所への活動であっても、寄付を募って現地に貢献するまでにタイムラグが生じます。

また、支援を必要とする人・場所は同時多発的に存在し、全てをカバーすることは非常に難しいという現状があります。

寄付をする側から見れば、慈善団体に寄付したお金の流れは分からず、自分が支援したい場所に自分の寄付が届いているかどうかは知ることが出来ません。

インターネット上では、「あそこの慈善団体には寄付するな」とか「この慈善団体はお金の流れが怪しい」など、見かけたことはないでしょうか。

このような噂が立ってしまうほど、私たちが参加するチャリティーには、まだまだ不透明な部分が存在します。

チャリティーとは本来、透明性と信頼性を持ち合わせて、支援が必要な人たちを助けたいという善意の元に行われます。

ですので、そこに“疑惑”があってはダメなのです。

BCharity(ビーチャリティー・CHAR)では、今後もますます支援が必要になる人・場所は増えていくと予想しています。

そんな時、透明性と信頼性のあるチャリティーを利用して、必要になった時点で直ぐに支援できる体制があれば、これほど心強いものはありませんよね。

チャリティーで慈善活動というと、どこか遠くの国の話のような印象を持つ人がいるかも知れません。

しかし、実際に私たち日本人も、災害時には世界中から支援を受けていますし、とても身近な存在であることは間違いありません。

慈善団体自体が資金難で活動できないだとか、資金の流れが不透明だとか、支援までに時間がかかるといった現状を打開してくれるのが、CHharity(ビーチャリティー・CHAR)のグローバルチャリティープラットフォームなのです。

BCharity(ビーチャリティー・CHAR)の基本情報

BCharity(ビーチャリティー・CHAR)の基本情報

まずは、BCharity(ビーチャリティー・CHAR)の基本情報を把握しておきましょう。

通貨名 CHAR 公開日 2018年3月1日
プラットフォーム イーサリアム 最大発行数 100,000,000 CHAR
Webサイト https://bcharity.io/
ホワイトペーパー https://goo.gl/4SE3HK
購入できる取引所 未定

ICO基本情報

ソフトキャップ 5,000,000 ドル
ハードキャプ 35,000,000 ドル

プライベートセール

期間 2018年3月1日~2018年3月30日
合計トークン 4,000,000 CHAR
レート 1 CHAR = 0.35 ドル

プレセール

期間 2018年4月1日~2018年4月30日
合計トークン 8,000,000 CHAR
レート 1 CHAR = 0.5 ドル

メインセール

期間 2018年6月1日~2018年6月30日
合計トークン 68,000,000 CHAR
レート 1 CHAR = 1 ドル
初日ボーナス +25%
2日目ボーナス +20%
3日目ボーナス +15%
4日目〜7日目ボーナス +10%
第2週目ボーナス +7%
第3週目ボーナス +4%
第4週目ボーナス 無し

ICO bench

ICO benchでは、4.7/5.0と非常に高い評価となっています。

ICO bench

ロードマップ

2017年第3四半期
  • BCharityの創造
2017年第4四半期
  • チャリティー市場での準備作業
2018年3月
  • PRキャンペーンの開始
  • プライベートセール開催
2018年
  • プレセール
2018年6月
  • メインセール
  • MVPのプレゼンテーション
  • プラットフォームのベータ版開発
  • ブロックチェーン技術の導入
2018年9月
  • ベータ版のプレゼンテーション
  • 本製品のフルバージョン開発開始
  • チャリティーの分野における世界の指導者とミーティング
2018年第3四半期
  • 取引所にトークンを上場
  • 社員の拡大
  • 本格的なバージョンの開発完了
  • セキュリティ監査
2018年第4四半期
  • 製品のフルバージョン
  • ブランドの普及
  • マーケティング
  • PRキャンペーンのプレゼンテーション
2019年第1四半期
  • 全てのオペレーティングシステムでモバイルデバイス向けアプリケーションの開発
2019年第2四半期および将来
  • 市場拡大および地理的拡大
  • 慈善団体を必要とするあらゆる組織へのアクセス

BCharity(ビーチャリティー・CHAR)の特徴と将来性

BCharity(ビーチャリティー・CHAR)の特徴と将来性

それではBCharity(ビーチャリティー・CHAR)の特徴と将来性を見ていきましょう。

▼BCharity(ビーチャリティー・CHAR)は国際的なチャリティープラットフォームを作る

世界中にチャリティーは存在します。

それは、誰かを助けようという善意の活動です。

しかし、現在はそれら慈善団体は個人や団体、地域や国に点在し、それが世界中に散らばっていますよね。

世界に点在する慈善団体を、私たちチャリティー参加者が知るには、興味があって自力で調べるか、テレビなどで放映され情報を得るか、そのような手段しかありません。

ですので、おそらく今私たちが知っている慈善団体は、世界から見れば一握りに過ぎないのです。

当然、知名度の低い慈善団体は、活動を知ってもらうだけでも困難ですし、知名度に比例して寄付金の額もそれほど集められないのではないでしょうか。

いくら慈善団体であろうと、知名度が寄付金額にも大きく関わり、また、それが支援を必要とする人たちにも影響してしまう状況なのです。

このような現状を、BCharity(ビーチャリティー・CHAR)のプラットフォームが改善してくれます。

プラットフォームに載せることで、より多くの人に慈善活動を知ってもらうことが出来るでしょう。

しかもそれは、一定の地域ではなく、世界中に知ってもらうチャンスでもあるのです。

▼チャリティーに言語の壁を無くす

世界を見渡すと、まだまだ支援が必要な人たちは大勢います。

そして、その人たちを救おうとする慈善団体も無数に存在します。

これらに是非参加したいと思った時、母国語や自分の知っている言語で参加が出来るチャリティーであれば問題ありませんが、全く分からない言語でのチャリティーだと、活動内容を把握することも困難です。

BCharity(ビーチャリティー・CHAR)のプラットフォームでは、言語の壁を超えたチャリティープラットフォームを目指しています。

基本的には、世界の地域は関係なく、世界中どこからでも参加できるプラットフォームですので、どこの国のどのような言語の団体が寄付を募ることがあっても、そこに言葉の壁を作りません。

基本的には、全て英語に翻訳される予定です。

その翻訳も、言語ベースのAI(人口知能)を利用して翻訳サービスを行います。

慈善団体は世界中に数え切れないほど存在します。

これら団体が一斉に活動を始めた場合、団体ごとに翻訳者(言語仲介人)が必要となります。

もちろん、翻訳語のテキスト(文章)を公開する前にチェックするのは人間ですが、AI(人口知能)を上手く利用することで、翻訳者(言語仲介人)に依頼することもなく、寄付から消費されるコストを極力削減していく姿勢が見えますね。

▼ブロックチェーンを利用してチャリティーに透明性と信頼性を持たせる

慈善団体、チャリティーとあ聞くと、どうしてもお金の流れが不透明であるという先入観を持ってしまう人もいるのではないでしょうか。

インターネットが発達し、チャリティーもモノによっては金銭的にネガティブな意見も見受けられます。

その最大の原因としては、やはり“お金の流れ”の不透明さではないでしょうか。

どんなに素晴らしい活動であっても、私たちが寄付した全てのお金が、支援を必要とする場所に届けられるわけではありませんよね。

活動を広めるためにも、集まったお金の管理にも、お金の送金にも資金が必要です。

これらの内訳を私たちが知る機会は少なく、またそれが信ぴょう性のあるものかどうかは確かめようがありません。

そこで活躍するのがブロックチェーン技術です。

不正や改ざん、透明性といった“お金の流れ”を明確にするために必要な技術が揃っているのです。

どのような取引が成されたかを誰もが確認できるブロックチェーンは、慈善活動にこそマッチした技術かも知れません。

私たちが寄付すれば、それは全てブロックチェーン上に記録されます。

自分が寄付したお金が、既に処理されたのかどうかも、インターネットとスマートフォンやパソコンがあれば確認できるわけです。

慈善活動に必要な透明性と信頼性は、ブロックチェーンが担保してくれることになりそうですね。

▼BCharity(ビーチャリティー・CHAR)の活動は24時間365日

ほとんどの慈善団体活動は、平日午前9時から午後5時までですが、支援を必要としている人たちには関係がありません。

より早く、どんな時でも助けを待っているのです。

BCharity(ビーチャリティー・CHAR)のプラットフォームはもちろん、24時間365日稼働しています。

私たちは、いつでも、どんな時でもプラットフォームを通して募金などの支援を行うことが出来ます。

▼これからますます慈善支援が必要な人たちは増える

BCharity(ビーチャリティー・CHAR)のホワイトペーパーにも明記されていますが、今後も助けが必要な人は増えていきます。

その一例を挙げていますので、一部抜粋して紹介します。

  • 自然災害の被害者への支援。
  • 武力紛争やテロリストの犠牲者への支援(兵士や法執行官など)
  • 高価な治療を必要とする人への支援
  • 教育プロジェクトのサポート
  • 文化と芸術の発展のためのブロジェクトを支援する
  • ソーシャルプログラムとインフラ開発プロジェクトの実現を支援する
  • 絶滅のおそれのある動物や希少動物を救出するプロジェクトや組織を支援する
  • ペット用避難所の運営を支援する

寄付といえば、すぐに思いつくのは飢餓に苦しむ子供達や自然災害、武力紛争地帯への支援ですが、それらの他にもこれだけの支援が行われれいるということです。

このような存在がチャリティープラットフォームと結びつくことで、これまで知らなかったチャリティーを知る機会も多くなるかも知れませんね。

▼ソフトキャップに達成しなかった場合は全額返還される

BCharity(ビーチャリティー・CHAR)のトークン単位は「CHAR」です。

万が一、今回のトークンセールでソフトキャップ(最低調達資金)に達成しなかった場合は、全額返還ということがホワイトペーパーに明記されています。

BCharity(ビーチャリティー・CHAR)のリスク要因

BCharity(ビーチャリティー・CHAR)のリスク要因

BCharity(ビーチャリティー・CHAR)のプロジェクトの根本は慈善活動のプラットフォームです。

誰もが支援する立場になり、そして誰もが支援される立場になり得る世界で、助け合うためのプラットフォームです。

世の中的にも成功してほしいプロジェクトではありますが、ICOに参加してトークンを購入するかどうかという判断は、表向きの内容だけで判断することは出来ません。

チャリティーとブロックチェーンというプロジェクトは、今後も競合するプロジェクトが出てくるかもしれませんし、BCharity(ビーチャリティー・CHAR)自体が途中で頓挫する可能性だってあるのです。

絶対に成功するとうプロジェクトは存在しません。

もちろん、BCharity(ビーチャリティー・CHAR)に関しては、ソフトキャップを達成しなければ全額返還されると明示されていますが、ICOに参加する場合には、一つの情報だけを鵜呑みにすることは避けましょう。

全てのICO案件に言えることですが、絶対に成功するという保証付の案件などありません。

ICO案件に参加する際は、必ず余剰資金で参加するよう心がけましょう。

BCharity(ビーチャリティー・CHAR)の買い方・購入方法(ICO参加方法)

BCharity(ビーチャリティー・CHAR)の買い方・購入方法(ICO参加方法)

それでは、BCharity(ビーチャリティー・CHAR)の購入方法(ICO参加方法)を紹介します。

【登録】

1.公式サイトにアクセス

まずは公式サイトにアクセスしてください。

BCharit(ビーチャリティー・CHAR)公式サイト

2.登録

公式サイトにアクセスしたら、ページの一番下にある「BUY」ボタンをクリックしてください。

登録画面が表示されますので、下記情報を入力してください。

  • メールアドレス
  • パスワード
  • パスワード確認
  • 「I have read and agree with 〜」にチェック

上記の記入が終わったら「REGISTRATION」をクリックしてください。

3.メール確認

登録したメールアドレス宛にメールが届いていますので、メール内の「Verify Email」をクリックしてください。

これで登録は完了です。

【購入】

1.公式サイトにログインする

まずは、登録したメールアドレスとパスワードでログインしてください。

2.購入通貨の選択

購入する通貨を選択してください。

購入には下記の通貨が使えます。

  • BTC
  • BCH
  • ETH
  • ETC
  • DASH
  • LTC
  • ZEC
  • XRP
  • XMR

購入通貨を決定して購入額を入力したら「CONTRIBUTE」をクリックしてください。

3.アドレスの確認と送金

「CONTRIBUTE」をクリックすると、送金先のアドレスが表示されますので、あなたのウォレットから送金しましょう。

これで、購入完了となります。

BCharity(ビーチャリティー・CHAR)の特徴 〜まとめ〜

BCharity(ビーチャリティー・CHAR)の特徴 〜まとめ〜

BCharity(ビーチャリティー・CHAR)は、現在のチャリティーの在り方を変えるプラットフォームを提供します。

支援する側もされる側も、透明性と信頼性が担保された活動を、世界中で行うことが出来ます。

それでは最後に、BCharity(ビーチャリティー・CHAR)の特徴をまとめておきますね。

  • BCharity(ビーチャリティー・CHAR)は国際的なチャリティープラットフォームを作る
  • チャリティーに言語の壁を無くす
  • ブロックチェーンを利用してチャリティーに透明性と信頼性を持たせる
  • BCharity(ビーチャリティー・CHAR)の活動は24時間365日
  • これからますます慈善支援が必要な人たちは増える
  • ソフトキャップに達成しなかった場合は全額返還される

今後のチャリティーについて、活動を始める人にもそこに参加する人にも、また支援を受ける人にとっても、より繋がりを深めてくれるプラットフォームだという事が出来ます。

今後も、BCharit(ビーチャリティー・CHAR)のプロジェクトに注目ですね!

※仮想通貨取引所の利用、また仮想通貨取引やICOへの参加については、リスクを伴うことがあります。これらリスクを自分自身でしっかりと把握した上で、無理のない資金で取引を行うことが大切です。自身でリスク管理をしっかりと行いましょう。

BCharit(ビーチャリティー・CHAR)公式サイト

ランキング1位を狙っています。記事が役に立ったら応援お願いします!


にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

ビット先生

ビット先生
~1日1回、上記2つにポチっと応援を頼むぞぃ。皆の力が必要じゃ。

LINE@にて、ビット先生からの非公開情報や最新情報を受け取る!

  • ビット先生が仮想通貨開始から4ヶ月で3,000万円以上稼いだ銘柄選定方法
  • ブログでは公開していない通貨・ICO情報
  • 仮想通貨の最新ニュース
  • オススメの取引所
  • その他、仮想通貨に関する情報を配信
仮想通貨の教科書
【公式】仮想通貨取引所

仮想通貨は、市場規模が70兆円を超え、非常に注目されている市場です。

FXの市場が500兆円、株式市場が6,500兆円ということを考えると、ここから数年で10倍、20倍と拡大を続けることが予想されます。

まだ仮想通貨を始めていない方は、先ずは口座開設から始めてください。

全て無料で作成できますのでご安心ください。

【日本国内の取引所】

【海外の取引所】

仮想通貨取引所・徹底比較ランキング

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。