ImmVRse(インバース・IMV)のICO・買い方・購入方法・将来性

ImmVRse(インバース・IMV)は、VR業界の発展を加速させるプラットフォームを提供します。

プラットフォーム上では、VRコンテンツクリエーターやコンテンツを必要とするブランドや広告主が、直接取引が出来る環境を整えます。

VRコンテンツクリエーターにとっては、自身の能力をアピールする場所であり、評価される場所にもなります。

今後訪れるVR市場に大きな影響を与えるプラットフォームになりそうです。

今回は、ImmVRse(インバース・IMV)とはそもそも何のか、今後のVR市場の成長やこれから求められるVR業界に関わるポイントを交えながら、ImmVRse(インバース・IMV)が提供するプラットフォームの特徴と将来性を紹介します。

最後に、ImmVRse(インバース・IMV)の買い方・購入方法(ICO参加方法)についても紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

にゃんこ

にゃんこ
最近VRって言葉をよく聞くにゃん。
ビット先生

ビット先生
VR市場は投資銀行を注目しており、今後の大きな飛躍の可能性を秘めているぞぃ。

ImmVRse(インバース・IMV)の公式サイト

ImmVRse(インバース・IMV)ってなに?

ImmVRse(インバース・IMV)は、VRコンテンツの未来を構築するプラットフォームを提供します。

VRコンテンツクリエーターや広告主、そしてブランドがプラットフォーム上で協力しやすい環境となっています。

VRとはvirtual really の略称で、仮想現実の事です。

最近テレビ番組でも、VR技術を使ったゲームやアトラクションなどが多く取り上げられていますよね。

ゴーグルを被って、360度見渡せるスクリーンの中で、現実と錯覚するような臨場感でコンテンツを楽しむ事が出来ます。

ネットショップや家電量販店などでも、VR用のゴーグルが安価で手に入るようにもなりました。

このように、VRは今、どんどんその市場規模を伸ばしているのです。

ゴールドマン・サックスは、2025年までにVR技術の市場規模は1,100億ドルに達するという予測も出しています。

VR技術というのは、現在だとゲームやアトラクション用に作られたコンテンツが有名ですが、実はあらゆる分野での活用が進められています。

ゲームはもちろん、医療や製造、そして教育分野でもVR技術の活用が期待されているのです。

ImmVRse(インバース・IMV)では、これから発展するVR市場を、依頼者や製作者、閲覧者やそれに関わる業界全てが、より効率的にVRコンテンツとの繋がりを持ち、メディアの未来を構築するプラットフォームを提供してくれるのです。

ImmVRse(インバース・IMV)の基本情報

まずは、ImmVRse(インバース・IMV)の基本情報を確認しておきましょう。

通貨名 IMV 公開日 2018年3月
プラットフォーム イーサリアム 最大発行数 300,000,000 IMV
Webサイト https://immvr.se/
ホワイトペーパー https://goo.gl/5xTqWb
購入できる取引所 未定

ICOの基本情報

ソフトキャップ 5,000,000 ドル
ハードキャプ 20,000,000 ドル

~プレICO~

プレICO期間 2018年3月30日
レート 1 IMV= 0.20 ドル
ボーナス 20%

ICO bench

ICO benchでも、4.6/5.0と高評価を得ています。

ロードマップ

2017年第4四半期
  • ImmVRseプラットフォーム開発中
  • マーケティングキャンペーンの打ち上げ
2018年第1四半期
  • プレICO実施
  • ICOの発売
2018年第2四半期
  • トークンを取引所上場
2018年第3四半期
  • チーム拡張
  • アプリのフルバージョン開発開始
  • マーケティングキャンペーン
2018年第4四半期
  • EU・アジアに拡大
  • ImmVRseのアルファ版起動
2019年第1四半期
  • ImmVRseエコシステムのセットアップ
  • ブランドや広告主はコンテンツ作成者募集のためのトークンを購入することができるようになる
  • ブロックチェーン技術との融合のため、博士課程の学生や専門の研究者を募集する
  • グローバルハッカソンの開催
2019年第2四半期
  • ImmVRseのフルバージョン起動

ImmVRse(インバース・IMV)の特徴と将来性

それでは、ImmVRse(インバース・IMV)の特徴と将来性を見ていきましょう。

▼ImmVRse(インバース・IMV)のプラットフォームでVR(仮想現実)の未来を構築する

ImmVRse(インバース・IMV)のプラットフォームは、VRクリエーターや広告主、ブランドや閲覧者をスムーズに結びつける事ができます。

VRコンテンツの普及を加速させるプラットフォームになるのではないでしょうか。

これからVR技術は様々な分野で利用されると共に、私たちが普段利用するメディアにも大きな影響を与えます。

私たち閲覧者が、今YouTubeを観るように、VRコンテンツを視聴することが当たり前になれば、もちろんそこに掲載する広告もVRコンテンツとなります。

VRが当たり前という近未来の世界では、もしかしたらImmVRse(インバース・IMV)のプラットフォームがVRへの入り口となるかもしれませんね。

▼VR(仮想現実)の市場は1,100億ドル規模になるとの予測

先述した通り、VR技術の産業規模は、2025年に1,100億ドルに達すると、ゴールドマン・サックスが予測しています。

それだけ、あらゆる分野でVR技術が利用されるということです。

VR技術の発展により、VRコンテンツは爆発的に増え、さらにVRコンテンツを使用する装置にも多様性が出てくるはずです。

現在は、大手IT企業などもこぞってゴーグル型の製品を出していますが、今後はゴーグル型だけではなく、考え得る限りの“装置”が開発されるはずです。

全身を包んで、五感全てVR空間に入り込む日も近いかもしれません。

ちょっとワクワクしますよね!

▼VRクリエーターは実力アピールの場になる

ImmVRse(インバース・IMV)のプラットフォームでは、VRクリエーターが自身をアピールする場にもなります。

VRコンテンツを作成して、プラットフォーム上で公開することで、閲覧者からの評価はもちろん、広告主やブランドと言った、商用目的のクライアント向けに技術アピールをすることが可能なのです。

そこには、評価制度のようなものがあり、簡単に言うと、良い作品には閲覧者の「いいね」が多くもらえるイメージでしょうか。

高評価を得ていれば、それだけクライアントの目にとまる機会を多く設けられますよね。

また、作品のアップロード場所も、カテゴリーわけされているので、得意分野で実力をアピールする事だって可能となります。

▼広告主とブランドとVRクリエーターは直接的な契約が可能となる

ImmVRse(インバース・IMV)のプラットフォーム上では、広告主やブランドが、クライアント目線からVRコンテンツクリエーターを探すことが出来ます。

良いクリエーターを見つければ、クライアントとクリエーターが直接コンタクトを取り、契約を行うことも可能です。

第三者を通す必要がないので、無駄な手数料なども省かれます。

▼トークンによる支払いで無駄を省き、透明性とスピードを確保できる

報酬はトークンによる支払いが可能です。

クライアントがVRコンテンツクリエーターを雇用した場合、プラットフォームを通してトークンによる支払いが行えます。

もちろん、ブロックチェーン上に構築されているプラットフォームですので、信頼性も期待できますよね。

また、トークンによる支払いならば、銀行を通した手数料や振込時間なども気にすることなく、スムーズな取引が可能になります。

▼ブロックチェーンにより信頼のある権利保護が可能になる

コンテンツや広告といったモノには、必ず権利が発生します。

それは、著作権であったり知的財産権、また所有権など、あらゆる権利が保護されるべきです。

ブロックチェーン上にこれらコンテンツを置くことにより、不正や改ざんの無い、信頼ある権利保護も実現出来るのです。

やはり、ブロックチェーン技術による権利保護は、様々な業界で力を発揮するものになりますね!

ImmVRse(インバース・IMV)のリスク要因

ImmVRse(インバース・IMV)は、VRを飛躍的に普及させ得るプラットフォームを提供します。

そして、これからVR業界自体も大きな産業となることが予想されています。

先駆けてプラットフォームを構築する事は、業界をリードしていく可能性を高めますが、模倣した仕組みがオリジナルを抜いてしまうという事も日常茶飯事です。

ImmVRse(インバース・IMV)のプラットフォームは非常に素晴らしいものですが、まだまだ計画段階という部分もありますし、今後リードを続けていく保証は無いということを理解しなければいけません。

ICO案件全般に言えることですが、プロジェクトの成功に“絶対”はありません。

ですので、ICOに参加する際には、必ず余剰資金での参加を心がけるようにしましょう。

ImmVRse(インバース・IMV)の買い方・購入方法(ICO参加方法)

それでは、ImmVRse(インバース・IMV)の購入方法(ICO参加方法)について紹介します。

※参加する前には必ずホワイトペーパーをチェックしておきましょう。

【登録】

1.登録ページにアクセス

下記のリンクから、登録ページにアクセスしてください。

ImmVRse(インバース・IMV)の公式サイト

2.ホワイトリスト申し込みボタン

「APPLY FOR WHITELIST」をクリックしてください。

3.クラウドセール申し込みボタン

「Apply for Crowdsale」をクリックしてください。

4.登録の開始

「start」をクリックしてください。

5.情報登録

  • 名前を入力して「OK」をクリックしてください。
  • 苗字を入力して「OK」をクリックしてください。
  • メールアドレスを入力して「OK」をクリックしてください。
  • テレグラムに参加するかどうかを選択してください。(yesを選択した場合は、テレグラムのユーザーネーム入力項目に移動します)
  • 国を選択してください。
  • マイイーサウォレットのアドレスを入力して「OK」をクリックしてください。
  • 購入する額を入力して「OK」をクリックしてください。
  • ICOに関して何で知ったかを選んでください。
  • ICOのオススメ度を選んでください
  • リファラープログラムに参加したことがあるかどうかを選択してください。

全て入力が終わったら「Register」をクリックしてください。

【購入】

ICOトークンセールについては、発表を待ちましょう。

ImmVRse(インバース・IMV)の特徴 〜まとめ〜

ImmVRse(インバース・IMV)のプラットフォームはVR技術の進歩や産業の発展にも大きく貢献しそうですね!

それでは最後に、ImmVRse(インバース・IMV)の特徴をまとめておきます。

  • ImmVRse(インバース・IMV)のプラットフォームでVR(仮想現実)の未来を構築する
  • ゴールドマン・サックスは、2025年にはVR(仮想現実)の市場が1,100億ドル規模になるとの予測している
  • VRクリエーターは実力アピールの場になる
  • 広告主とブランドとVRクリエーターは直接的な契約が可能となる
  • トークンによる支払いで無駄を省き、透明性とスピードを確保できる
  • ブロックチェーンにより信頼のある権利保護が可能になる

これから私たち閲覧者にとっても身近になるVRの世界が、コンテンツクリエーターにとっても、ブランドや広告主にとっても効率的な繋がりを持てるプラットフォームで加速していくのかもしれません。

近未来を身近にするImmVRse(インバース・IMV)には、今後も注目ですね!

※仮想通貨取引所の利用、また仮想通貨取引やICOへの参加については、リスクを伴うことがあります。これらリスクを自分自身でしっかりと把握した上で、無理のない資金で取引を行うことが大切です。自身でリスク管理をしっかりと行いましょう。

ImmVRse(インバース・IMV)の公式サイト

ランキング1位を狙っています。記事が役に立ったら応援お願いします!


にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

ビット先生

ビット先生
~1日1回、上記2つにポチっと応援を頼むぞぃ。皆の力が必要じゃ。

LINE@にて、ビット先生からの非公開情報や最新情報を受け取る!

  • ビット先生が仮想通貨開始から4ヶ月で3,000万円以上稼いだ銘柄選定方法
  • ブログでは公開していない通貨・ICO情報
  • 仮想通貨の最新ニュース
  • オススメの取引所
  • その他、仮想通貨に関する情報を配信
仮想通貨の教科書(ビット先生)
【公式】仮想通貨取引所

仮想通貨は、市場規模が70兆円を超え、非常に注目されている市場です。

FXの市場が500兆円、株式市場が6,500兆円ということを考えると、ここから数年で10倍、20倍と拡大を続けることが予想されます。

まだ仮想通貨を始めていない方は、先ずは口座開設から始めてください。

全て無料で作成できますのでご安心ください。

【日本国内の取引所】

【海外の取引所】

仮想通貨取引所・徹底比較ランキング

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。