SQUEEZER(スクイーザー・SQZR)のICO・買い方・購入方法・将来性

SQUEEZER(スクイーザー・SQZR)は、ブロックチェーンに接続するアプリケーション開発に対して、ソフトウェア開発プラットフォームを提供します。

SQUEEZER(スクイーザー・SQZR)のICO評価は、非常に高評価ですので楽しみなICOです。

現在、ブロックチェーンを前提としたアプリケーション開発のためには、ブロックチェーン技術をしっかりと把握する必要があります。

それは、アプリケーションがブロックチェーンに接続する際には、ビットコインやイーサリアム、ライトコインなどの仕組みの違いにより、アプリケーションの動作も変えなければいけません。

簡単に言うと、ブロックチェーンと繋げる為のアプリケーション開発は、ハードルが高いのです。

しかし、ブロックチェーン技術は今後、私たちの生活には欠かせない技術になっていきます。

私たちが毎日、スマートフォンでインターネットに接続しているように、ブロックチェーンに接続する日が来るでしょう。

その時私たちは、ブロックチェーンに接続する為のアプリケーションを、それとは意識せずに使うことになります。

しかし、その影には、ブロックチェーンに対応したアプリケーション開発者が存在するのです。

SQUEEZER(スクイーザー・SQZR)は、このアプリケーション開発者の負担をより軽減し、またアプリケーション開発参入へのハードルをも下げるプラットフォームを提供してくれるのです。

※注目のアップデート情報

  • ドバイの主要投資家、Squeezerに加わる
ドバイの投資家
スクイーザーのアドバイザーに「Ali Kassab」を迎えることができました。
私たちの成長パートナーとして、
彼の専門知識はプロジェクトに多大な付加価値をもたらし、
Squeezerがドバイのブロックチェーンの生態系に貢献するのを助けます。

※SQUEEZER登録後、DMがわざわざ配信されるぐらいなので、大物のアドバイザーを獲得できた様子です。

 

今回は、そもそもSQUEEZER(スクイーザー・SQZR)とは何なのか、またSQUEEZER(スクイーザー・SQZR)が提供するプラットフォームにはどのような特徴があり、どれほどの将来性を秘めているのか、「ブロックチェーン技術を用いたアプリケーション開発の流れ」を交えながら紹介します。

※分かりやすく紹介するため、極端な例などを挙げております。細かい部分に語弊が生じる場合がありますが、あくまででもイメージととらえてください。

また最後に、SQUEEZER(スクイーザー・SQZR)の買い方・購入方法(ICO参加方法についても紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

にゃんこ

にゃんこ
アプリケーションの開発プラットフォーム・・・プラットフォーム系はインフラになりえるのかにゃん?
ビット先生

ビット先生
仮想通貨の市場規模が大きくなればなるほど、必要なプラットフォームになるぞぃ。そうなれば、立派なインフラ機能を有することになると思うぞぃ。

SQUEEZER(スクイーザー・SQZR)の公式サイト

SQUEEZER(スクイーザー・SQZR)ってなに?

SQUEEZER(スクイーザー・SQZR)は、ブロックチェーンを利用したアプリケーション開発者を支援するためのプラットフォームとフレームワークを提供します。

ここでいうプラットフォームとは、開発したアプリケーションの実行環境を指します。

プラットフォームでは、開発したアプリケーションを、簡単にブロックチェーンへ接続出来るという利点と共に、本来自前で用意しなければいけないブロックチェーンにおける膨大なデータを、開発者の開発環境へわざわざダウンロードしなくて良いというメリットもあります。

また、フレームワークとは、アプリケーションを開発する際の基となる“骨格”という位置付けです。

ブロックチェーンを利用したアプリケーション開発には、大きく2つのステップがあります。

まずは、自分が実現したいアプケーションを開発することですよね。

要するにプログラミングです。

プログラミングは、一から全てのコードを書くわけではありません。

その環境に合わせた骨格があり、そこに自分が作りたい機能を肉付けして行くというイメージです。

組み立て式のラジコンボートで例えてみます。

※以下、あくまでもイメージとして捉えてください。

まずは組み立て前のラジコンボート一式を買ってきます。

そして、パーツを組み合わせることでボートの形に仕上がりますよね。

次に、組み上がったラジコンボートに、自分の好きな色を塗っていきます。

この場合、買ってきて組み立てるための一式、いわゆる“型”がフレームワークです。

自分の好きな色を塗る作業が“肉付け”の部分で、アプリケーション開発では、自身が行うプログラミングに当たります。

そして、組み立てて色を塗った船は、もちろん湖の上で走らせてみたいですよね。

ラジコンボートを走らせる湖がプラットフォームになります。

このラジコンボートを湖に浮かべて走らせるために、型の素材やモーターの仕組み、湖を作る労力は必要ありませんよね。

用意しておくのは、自分好みの“色”と、塗料の塗り方だけです。

この例えに沿ってイメージすると、SQUEEZER(スクイーザー・SQZR)が提供するモノは、組み立て前のラジコンボート一式(フレームワーク)と、湖(プラットフォーム)ということになります。

SQUEEZER(スクイーザー・SQZR)が提供するプラットフォームを利用することで、ブロックチェーンについての基本構造を完璧に理解する必要がなくなり、開発者はある程度の知識を持つことで、ブロックチェーンに対応したアプリケーションを開発することが出来るようになるのです。

このように、開発者の負担を出来る限り軽くすることで、ブロックチェーンを利用したアプリケーション開発は飛躍的に広がって行くことが予想されます。

ブロックチェーンなどの技術は、広く使われて初めて力を発揮し、無くてはならないものというポジションを確立できます。

どんなに優れている技術でも、使われなければゴミです。

これから、ブロックチェーン技術は、現在のインターネットやスマートフォンのように無くてはならない存在になります。

しかし、そのためには、技術が普及しなければなりませんよね。

SQUEEZER(スクイーザー・SQZR)は、ブロックチェーン技術普及には欠かせない“環境”を提供してくれるのです。

SQUEEZER(スクイーザー・SQZR)の提供するプラットフォームは、どちらかというとアプリケーション開発者に特化したモノに見えますが、開発されたアプリケーションを使うのは私たち消費者です。

便利なアプリケーションは、様々な企業が積極的に採用して行くことが予想されます。

すると、私たち消費者はそのアプリケーションの使い勝手を評価し始めます。

その評価に応じて、アプリケーションはさらに洗練されたモノへと進化していきます。

SQUEEZER(スクイーザー・SQZR)が提供するモノは、ブロックチェーンが普及した世の中に欠かせないプラットフォームであり、私たちにも直接関わってくる環境を提供するということです。

そして、投機・投資という観点からも、開発環境を提供するというプロジェクトは、今後に期待できる案件であることも予想できるのではないでしょうか。

SQUEEZER(スクイーザー・SQZR)の基本情報

それでは、SQUEEZER(スクイーザー・SQZR)の基本情報をチェックしておきましょう。

通貨名 SQZR 公開日 2018年4月2日
プラットフォーム イーサリアム 最大発行数 385,000,000 SQZR
Webサイト https://tokensale.squeezer.io
ホワイトペーパー https://goo.gl/ERpfni
購入できる取引所 未定

ICOの基本情報

ソフトキャップ 1,925,000 SQZR
ハードキャップ 154,000,000 SQZR

プレトークンセール

プレトークンセール 2018年4月2日〜2018年4月16日
レート 1 SQZR = 0.20ドル
ボーナス 50%
トークン販売数 50,050,000 SQZR

トークンセール

トークンセール 2018年4月16日〜2018年5月31日
レート 1 SQZR = 0.20ドル
ボーナス 40%、30%、20%
トークン販売数 103,950,000 SQZR

ICO bench

ICO benchでも、4.9/5.0という高評価を得ています!

ロードマップ

2016年2月
  • フレームワークの原則を作成
  • 基本機能を追加
2016年9月
  • オファーの概念実証
  • プラグインの統合
2017年10月
  • 安定版のリリース
  • クラウドプロバイダをリリース
2018年4月
  • トークン先行販売のクラウドファンディング
2018年5月
  • トークン販売
2018年7月
  • ブロックチェーンクラウドを構築するために、追加の開発者を雇用
2019年2月
  • ブロックチェーンクラウドコンポーネントとコネクタを提供
2019年4月
  • SQZRトークンを使用して、サブスクリプションの購入を有効にする
  • ブロックチェーン接続の為のアプリケーションを構築

SQUEEZER(スクイーザー・SQZR)の特徴と将来性

それでは、SQUEEZER(スクイーザー・SQZR)の特徴と将来性を見ていきましょう。

▼ブロックチェーンの基本構造を全て理解する必要はなくなる

先述の通り、SQUEEZER(スクイーザー・SQZR)がプラットフォームを提供することにより、アプリケーション開発者が「ブロックチェーンの基本構造全体を理解する負担」を大幅に軽減することが出来ます。

これまで、ブロックチェーン技術の理解というハードルを前に、二の足を踏んでいたアプリケーション開発者も多いのではないでしょうか。

これらを担保してくれるSQUEEZER(スクイーザー・SQZR)のプラットフォームにより、アプリケーション開発はかなりハードルが下り、参入する開発者や企業も増えて行くことが予想されますね。

▼アプリケーションの実行環境を自分で用意しなくて良い

アプリケーションを開発して、動作テストを行うには、ビットコン(BTC)やイーサリアム(ETH)などに接続する知識が必要ですし、それらのブロックを全て利用するための環境を構築する必要があります。

SQUEEZER(スクイーザー・SQZR)はそれら全てを用意します。

ビットコイン(BTC)であろうとイーサリアム(ETH)であろうと、ライトコイン(LTC)にも対応する旨が明示されていますね。

これが意味するところは、知識を取り入れる労力を含め、開発環境全般にかかる、膨大なコスト削減に繋がるということです。

個人や企業問わず、ブロックチェーン技術を利用したアプリケーションに参入し易くなることは間違いありませんね。

▼プラットフォームのスケーリングは気にしなくて良い

SQUEEZER(スクイーザー・SQZR)のプラットフォームは「AWS Lambda」「GoogleFunctions」「AzureFunctions」などを利用しています。

例えば、作ったアプリケーションへの通信量が爆発的に大きくなったとしても、自動的にスケーリングしてくれるので、調整をする細かなスクリプト(プログラム)を書く必要はありません。

こういった細かい点でも、開発者の負担を軽減してくれます。

▼SQUEEZER(スクイーザー・SQZR)市場に対するインパクト

SQUEEZER(スクイーザー・SQZR)の市場規模

SQUEEZER(スクイーザー・SQZR)が誕生することで仮想通貨の市場にどのようなインパクトをもたらすのでしょうか。

  • 4,000万人を超える開発者が利用対象
  • 7,000を超える取引所のトランザクションに対応
  • 毎月75,000を超えるダウンロード

開発環境に詳しくない方が多いと思いますが、開発者にとってはとてもインパクトのあるサービス提供となります。

SQUEEZER(スクイーザー・SQZR)のリスク要因

SQUEEZER(スクイーザー・SQZR)のように、アプリケーション開発のためのフレームワークを提供している競合はいくつも存在しますが、ブロックチェーン技術へのアクセスを統合したものは、SQUEEZER(スクイーザー)が先駆けとなるのではないでしょうか。

今後、開発環境というフレームワークやプラットフォームをブロックチェーン技術に寄せてくる、ということは容易に考えられます。

むしろ、今後の開発プラットフォームなどは、ブロックチェーン技術を意識したものになって行くはずです。

競合するプロジェクトが乱立することは容易に想像できるのではないでしょうか。

先駆けのプロジェクトが独走し、業界をリードして行くことはもちろん考えられますが、それは絶対ではありません。

SQUEEZER(スクイーザー)に関しても、今後絶対に業界をリードして行く存在になるかどうかは誰にも分かりません。

これは、ICO案件全体に言えることですが、確実に成功するプロジェクトは存在しません。

構想だけで頓挫するプロジェクトも沢山あります。

ですので、ICO案件に参加する場合は、必ず自分自身で納得するまでプロジェクトを調べてください。

そして、参加の際には、必ず余剰資金で参加するようにしましょう。

SQUEEZER(スクイーザー・SQZR)の買い方・購入方法(ICO参加方法)

それでは、SQUEEZER(スクイーザー)の購入方法(ICO参加方法)を紹介します。

まずは登録をしましょう。

登録

1.公式サイトにアクセス

まずは、下記から公式サイトにアクセスしてください。

SQUEEZER(スクイーザー・SQZR)の公式サイト

2.登録

  • 「今すぐ登録しましょう」をクリックしてください
  • メールアドレス、パスワード、パスワード確認を入力してください。
  • 二つのチェックボックスにチェックを入れましょう。
  • 「送信」ボタンをクリックしてください。
  • 「送信」ボタンをクリックすると、そのままダッシュボード画面が表示されます。
  • EHT addressの右横の「Configure」をクリックして、あなたのマイイーサウォレットのアドレスを登録しておきましょう。※「Settings」からも登録できます。

登録はこれで完了です。

後はトークンセール開始を待ちましょう!

SQUEEZER(スクイーザー・SQZR)の特徴 〜まとめ〜

SQUEEZER(スクイーザー・SQZR)は、ブロックチェーン技術を前提としたアプリケーション開発を、できる限り簡素にする為のプラットフォームを提供します。

主に、アプリケーション開発者にとって有益なプラットフォームですが、今後ブロックチェーン技術が社会に浸透して行くためにも重要なプラットフォームです。

それでは最後に、SQUEEZER(スクイーザー・SQZR)の特徴をまとめておきますね。

  • SQUEEZER(スクイーザー・SQZR)は、ブロックチェーンを利用したアプリケーション開発者を支援するためのプラットフォームとフレームワークを提供する
  • アプリケーション開発者が「ブロックチェーンの基本構造全体を理解する負担」を大幅に軽減する
  • アプリケーションの実行環境を自分で用意しなくて良い
  • SQUEEZER(スクイーザー・SQZR)のプラットフォームは「AWS Lambda」「GoogleFunctions」「AzureFunctions」などを利用している
  • 利用対象者は、4,000万人を超える開発者
  • 7,000を超える取引所のトランザクションに対応
  • ICO benchでは、4.9/5.0という高評価

今後世の中にブロックチェーン技術が普及することは、ほぼ確定ではないでしょうか。

世の中で必要になるのは、ブロックチェーンに接続できるアプリケーションです。

インターネットが普及した今、インターネット接続の出来ないアプリケーションは使いにくいですよね。

これと同じような感覚で、ブロックチェーン対応アプリケーションは普及します。

そんなアプリケーション開発のハードルを下げるプラットフォームは、必要不可欠なものになるはずです。

SQUEEZER(スクイーザー・SQZR)のプラットフォームは、時代を牽引するモノに成長するかもしれません。

今後のSQUEEZER(スクイーザー・SQZR)の動向から目が離せませんね!

※仮想通貨取引所の利用、また仮想通貨取引やICOへの参加については、リスクを伴うことがあります。これらリスクを自分自身でしっかりと把握した上で、無理のない資金で取引を行うことが大切です。自身でリスク管理をしっかりと行いましょう。

SQUEEZER(スクイーザー・SQZR)の公式サイト

ランキング1位を狙っています。記事が役に立ったら応援お願いします!


にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

ビット先生

ビット先生
~1日1回、上記2つにポチっと応援を頼むぞぃ。皆の力が必要じゃ。

LINE@にて、ビット先生からの非公開情報や最新情報を受け取る!

  • ビット先生が仮想通貨開始から4ヶ月で3,000万円以上稼いだ銘柄選定方法
  • ブログでは公開していない通貨・ICO情報
  • 仮想通貨の最新ニュース
  • オススメの取引所
  • その他、仮想通貨に関する情報を配信
仮想通貨の教科書
【公式】仮想通貨取引所

仮想通貨は、市場規模が70兆円を超え、非常に注目されている市場です。

FXの市場が500兆円、株式市場が6,500兆円ということを考えると、ここから数年で10倍、20倍と拡大を続けることが予想されます。

まだ仮想通貨を始めていない方は、先ずは口座開設から始めてください。

全て無料で作成できますのでご安心ください。

【日本国内の取引所】

【海外の取引所】

仮想通貨取引所・徹底比較ランキング

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。