Jupiter(ジュピター・JPl)元政治家の松田学氏のICO・評判・購入方法(買い方)

Jupiter(ジュピター)とコインチェックの被害者2

Jupiter(ジュピター・JPl)は、全てがインターネットに繋がる私たちの生活を、サイバー攻撃から守ってくれます。

ブロックチェーン技術の欠点を補う独自のブロックチェーン「Jupiter Chain」は、プライバシー保護と同時に資金の不正取引をも防ぐことを可能にします。

元政治家の松本学氏率いるJupiter(ジュピター・JPl)プロジェクトは、今最も重要視されるサイバーセキュリティへの課題を解決に導きます。

今回は、そもそもJupiter(ジュピター・JPl)とは何なのか、またJupiter(ジュピター・JPl)の特徴について、サイバーセキュリティ対策やブロックチェーンの現状などを交えながら紹介します。

【Jupiter 最新情報】

  1. 2018年6月8日:株式会社バルクホールディングス(名証セントレックス上場企業)がジュピタープロジェクトとの業務提携を発表(IR:https://bit.ly/2kVDJUU
  2. 2018年7月13日:フォーサイドフィナンシャルサービス株式会社とジュピタープロジェクトとの業務提携を発表(IR:https://bit.ly/2PhFAnS
  3. 2018年10月12日:メディアファイブ株式会社(福岡証券取引所 Q ボード)の株式を5%取得(IR:https://bit.ly/2Rdes6U
  4. 2018年10月24日:株式会社 IT ガードと業務提携を発表(IR:https://bit.ly/2JdBQyh

AppGuard(アップガード)は、内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)
『政府機関等の対策基準策定のためのガイドライン』に適合した製品であり、業界初の最大5億円補償!ITガード専用サイバー保険付!

ジュピタープロジェクト株式会社は、販売代理業務契約を締結しました。

また、2018年10月12日に発表された『ジュピタープロジェクトが、メディアファイブ株式会社(福岡証券取引所 Q ボード)の株を取得』した後の株価はこのように反応しています。

メディアファイブの株価(ジュピタープロジェクト)

※2018年10月24日現在のメディアファイブ株式会社株価

Jupiter(ジュピター・JPl)の主要メンバーの記事はコチラ

松田学氏:サイバーセキュリティと仮想通貨が日本を救う

2018/7/31に松田学氏が本を出版しています。

サイバーセキュリティと仮想通貨が日本を救う
にゃんこ

にゃんこ
Jupiter(ジュピター)って最近話題になってきているにゃん。名前だけは聞いたことがあるけど・・・。
ビット先生

ビット先生
内部のサイバーセキュリティ対策のICOとして、国家プロジェクトを目指す案件のため、非常に注目されているぞぃ。

Jupiterの販売は終了致しました。

目次

Jupiter(ジュピター・JPl)の基本情報

コタツムリトークンの基本情報

まずは、Jupiter(ジュピター・JPl)の基本情報を確認してください。

通貨名 JPI 公開日 2018年度内を予定
登記 最大発行数 70,000,000,000 JPI
Webサイト http://jupiter-ico.com/japanese/
ホワイトペーパー http://jupiter-ico.com/WP.pdf

Jupiter(ジュピター・JPl)ってなに?

Jupiter(ジュピター・JPl)は、ブロックチェーン技術を中心に、世界のネットワークを包括したサイバーセキュリティを提供するプロジェクトです。

Jupiter(ジュピター)の3つの技術

  1. AIを利用したサイバーアタックの動的防御スキーム
  2. 内部漏洩を事前に防ぐAIを使ったソリューション
  3. 現在のブロックチェーンに足りない匿名性と安全性を担保した独自ブロックチェーンの開発

今の世界は、インターネットという電子的なネットワーク網で全てが繋がっていますよね。

世界中、どこにいてもインターネットを通じて情報を知ることが出来ますし、インターネットを通じて会社にアクセスし、仕事をすることも可能です。

それは、私たちの生活をとても便利にしてくれます。

一方、情報の自由には危険も伴います。

近年増加しているサイバー攻撃です。

初期の頃は、インターネットやコンピューター技術に対する知識を人に見せたいという自己顕示欲が先行していましたが、今では悪意ある明確な目的を持ったサイバー攻撃が急増しています。

それは個人、企業、国という規模に至るまで、情報という価値を不正に得る目的で行われています。

こういった現状は、もちろん日本国内に限った事ではなく、世界全体の課題として国家単位で対策すべき事案です。

これから、IoT(モノとインターネット)やAI(人口知能)が普及していく時代です。

これらは全てインターネットに繋がり、制御されます。

国家の情報から個人宅の家電、一人一人の行動までがインターネット上で把握できるようになるという事なのです。

そんな世の中で最も必要なものが「サイバーセキュリティ」ですよね。

これは未来の話ではありません。

今現状の最重要課題でもあるのです。

この課題に正面から取り組み、ブロックチェーン技術とAIを駆使して、サイバーセキュリティを普及させるのがJupiter(ジュピター・JPl)プロジェクトなのです。

Jupiter(ジュピター)のチームメンバーが豪華

Jupiter(ジュピター・JPl)は、元衆議院議員であり、サイバーセキュリティ基本法を作成した松田学氏率いるプロジェクトです。

チームには圧倒される経歴の人材が名を連ねています!

国家レベルを予感させるメンバー構成となっており、各人脈の強さが今後の大規模な資金調達(予定額は350億円)と、ICOプロジェクトの実行能力に期待をもたらせてくれます

プロジェクトリーダー:松田学 氏

プロジェクトリーダー松田学氏
  • 元衆議院議員
  • 元財務官僚
  • 東京大学大学院客員教授
  • 松田政策研究所代表
  • 国家基本問題研究所客員研究員
  • 政策科学学会副会長
  • サイバーセキュリティ基本法作成の中心人物

副リーダー:澤田幸人 氏

  • BOB株式会社代表取締役

エグゼクティブアドバイザー:伊藤秀俊 氏

エグゼクティブアドバイザー伊藤秀俊氏
  • 投資銀行ファウンダー
  • ニューヨーク証券取引所上場のヘッジファンド アドバイザー
  • プライベートエクイティ シニアアドバイザーとして国際的な資産運用、M&A、事業再生
  • マッキンゼー戦略コンサルティング
  • IBMコーポレートベンチャーキャピタル投資委員
  • 早稲田大学経営大学院客員教授

セールスマネージャー:風間善樹 氏

時価総額3兆円企業の元副社長の風間氏がセールスマネージャーとして就任。

  • 元東京エレクトロン副社長
  • 産業活性化研究所代表

Jupiter(ジュピター・JPl)の特徴

ビットコインという仮想通貨が誕生してから、ブロックチェーン技術は爆発的に普及し始めています。

世の中のあらゆるシステムは今後、ブロックチェーン技術に載せ替えられることでしょう。

ICO案件を見ていても、あらゆる分野の仕組みがブロックチェーン技術に移行しようとしています。

そこにはもちろん、ブロックチェーン技術の素晴らしさ、これまでにない新たな概念を導入する事で、世の中の仕組みがより便利になっていくという期待があるからです。

そこには当然、予想し得ないトラブルもある事でしょう。

しかし、明らかに予想できる課題も存在します。

最も懸念される課題は、やはりサイバー攻撃に対するセキュリティです。

Jupiter(ジュピター・JPl)は、大きく3つの対策技術でサイバーセキュリティを実現させます。

1.サイバー攻撃に対する防御策

クラッカー(悪意あるハッカー)は、ネットワークやシステムのあらゆる脆弱性を探り出し、攻撃してきます。

それら攻撃に対して私たちは、パソコンにセキュリティソフトを導入したり、企業であればUTM(ネットワークの出入口で社内のネットワークを守るセキュリティ機器)などを導入し、セキュリティを確保しています。

これらセキュリティは、世界中で起こるサイバー攻撃のパターン(手法)を解析し、都度パターンをアップデートする事でセキュリティを担保しています。

私たちがパソコンに入れているセキュリティソフトも、毎日のようにアップデートが行われているはずです。

しかし、攻撃側の手法は日々パターンを変えて攻撃をしているのです。

セキュリティパターンのアップデートは基本的に、攻撃があったらそれに対応するという形を取ります。

ですので、未知の攻撃パターンが発生した場合、セキュリティソフトのアップデートが完了するまでは無防備という事なのです。

~Jupiter(ジュピター・JPl)の防御策はAI(人口知能)~

そこでJupiter(ジュピター・JPl)では、AIを使ったセキュリティを実現します。

AIを使う事で、未知の攻撃パターンにも迅速に対応することが出来ます。

日々蓄積されるシステムログをAIが解析することで、攻撃パターンの予測し、脅威を瞬時に検出・対処する事を可能にしています。

Jupiter(ジュピター・JPl)のホワイトペーパーによれば、サイバー攻撃の90%を検知し、誤検知についても10%に抑えられているという結果が出ています。

また、日々発生する(1日あたり1億件)ログを解析し、学習することで、AIはより高いセキュリティを保つようになるのです。

~AI(人口知能)はハッキングの目的までも分析する~

こうして、AIは日々膨大なデータを分析することで、今後の攻撃対象も正確に把握することが可能になっています。

また、これまでのデータを分析し、ニューラルネットワーク(人間の脳のように考える力)を使った学習能力で、エンティティ(データのまとまり)やイベントを分類して、どのような国や地域からアクセスがあるのかなど、自動的にIPアドレスを振り分けます。

Jupiter(ジュピター・JPl)ではこのように、情報を分類し解析することで、攻撃の目的やその背景、攻撃を受けた際の影響までも分析が可能となるのです。

2.内部の情報漏洩が起こらないシステム作り

情報漏洩やサイバー攻撃被害の原因の多くがヒューマンエラーです。

システムやネットワークの脆弱性ももちろんありますが、人間のミスや故意による情報流出は、その他の原因に比べ格段に高くなっています。

身近な例で言えば、社内メールで受信した添付ファイルを無闇にクリックしてしまい、ウィルスが社内に広がってしまったり、社内のパソコンに私物のUSBメモリを接続し、データを持ち出してしまったりと、根本的なセキュリティ意識の低さが招く内部漏洩は後を絶ちません。

いくらパソコンやネットワーク機器にセキュリティを施しても、人為的なミスを防ぐことは容易ではありませんよね。

悪意のある情報流出ならば尚更です。

Jupiter(ジュピター・JPl)では、このような内部漏洩についても、AI(人口知能)による技術で対策・管理を行います。

~ストレス対策のためのAIによる自動問診システム~

悪意のある内部不正による情報漏洩の原因として、職場への不満やストレスが挙げられます。

社内の情報を流出させて、企業自体の評判を落とすといった目的や、競合企業に情報を渡してしまうなどの行為は、やはり会社に対する不信感などが原因なのかもしれません。

AIの自動問診システムは、従業員のスマートフォンにアプリをインストールし、定期的に自動問診を受けてもらうことで、従業員のストレスレベルを会社が把握し、不満やストレスを軽減させる対策に役立てます。

~従業員のウェブサイトのログ自動監視~

業務時間中に従業員が閲覧するサイトログを解析します。

業務には関係ないサイトの閲覧や、どのようなサイトを見ているのかといったログをAIが解析する事で、従業員のストレスレベルを確認します。

また、これらログからは、従業員の思考範囲まである程度確認する事が可能で、内部不正に関与する可能性をチェックすることが出来ます。

~監視カメラによる挙動解析~

社内にいる従業員の“挙動”からも、内部不正に関与しそうな人物をチェックします。

社内に監視カメラを設置する事で、人間の“動き”をトレースします。

社内での不審な動きや、業務とは関係のない動作などを、従業員の挙動を観察する事でAIが判断するのです。

3.欠陥のない独自ブロックチェーンの開発

2009年、ビットコインの基盤となる仕組みとしてブロックチェーン技術が生まれました。

その後、ブロックチェーン技術を基に、様々なプロジェクトが立ち上がり、世の中の仕組みはブロックチェーンを基盤とする仕組みへと移行しています。

しかし、ブロックチェーンの仕組みは、まだまだ発展途上であることも事実です。

画期的な仕組みではありますが、そこには欠点も存在します。

Jupiter(ジュピター・JPl)が指摘する欠点は以下のものです。

  • 51% Vulnerability:悪意あるマイナーが51%以上の計算能力を持つ事で、ブロックチェーンネットワークをコントロール出来るようになる
  • 秘密鍵のセキュリティ:ユーザーが秘密鍵を失ったり盗まれたりすると、復元が不可能であり、アカウントは改ざんの危機に晒されることになります。
  • Double Spending:一度使用したコインを再び使用する、二重支出の事です。送金したビットコイン(データ)がブロックチェーン上で承認される前に、同じコイン(データ)を使用すると、最初のビットコイン取引は取り消され、2番目に送ったビットコインが承認されてしまうのです。
  • Transaction Privacy Leakage:取引に対するプライバシーの漏洩です。ブロックチェーンでは基本的に全ての取引を誰もが確認することが出来ます。公開されるのはウォレットのアドレスですが、アドレスと本人を関連付ける事が出来た場合、本人の資産を把握することが出来、それはプライバシーの漏洩にも繋がるのです。

Jupiter(ジュピター・JPl)では、このような欠点の中でも主にプライバシーとセキュリティ面を補う、独自ブロックチェーンである「Jupiter Chain」も開発します。

~資金移動情報の暗号化でプライバシーを保護する~

ビットコインなどの通貨では、取引情報はインターネット上で全て開示されます。

アドレスに基づいた一連の取引が全て公開されるため、アドレスと人物の特定がなされた場合、その人の資産や取引活動が全て丸わかりになってしまい、個人のプライバシーは著しく侵害されてしまいます。

取引のプライバシーについては以前より懸念されていたため、今では匿名通貨も非常に人気の仮想通貨となっています。

主要な通貨としては、ダッシュ(DASH)やモネロ(Monero)、ジーキャッシュ(Zcash)が人気です。

これらの仮想通貨は、アドレスに基づいた一連の取引履歴は一切公開されません。

そのため、取引に対するプライバシーが守られるわけです。

Jupiter(ジュピター・JPl)が開発する「Jupiter Chain」でも、取引情報は暗号化し、ゼロ知識証明を使用して正確性を担保します。

ゼロ知識証明はZcashが開発した技術で、「取引が正しい」という情報“以外の情報“を使用して「取引が正しい」ことを証明するいう技術です。

このため、実際の取引情報は開示されず、プレイバシーを保護出来るのです。

~暗号化した情報の解読はスマートコントラクトで制御する~

「Jupiter Chain」上の取引情報は暗号化されていますが、その情報を「確認する手段」も用意されています。

それは、マネーロンダリングなどの不正を阻止するためです。

完全に暗号化された取引は、誰にも確認することが出来ず、不正行為を簡単に行う事が出来てしまいますよね。

「Jupiter Chain」では、そのような不正を防ぐため、スマートコントラクトで“暗号解読者を決めておく”事が出来るのです。

これにより、取引におけるプライバシーを保護すると共に、財務的な公正性も保つ事が出来るようになります。

Jupiter(ジュピター・JPl)コインとは

Jupiterコインは、Jupiter(ジュピター・JPl)で開発される製品の支払いに使用する事が出来ます。

初期段階では、イーサリアムを利用したトークンですが、その後、独自ブロックチェーンの「Jupiter chain」に移行されます。

セキュリティサービス市場の規模は拡大する

Jupiter(ジュピター・JPl)が目指すセキュリティサービス市場は今後飛躍的に成長することが予想されます。

今後日本で開催される東京オリンピック/パラリンピックに向けた社会インフラへのサイバー攻撃対策や、日本国民全てに導入されているマイナンバーの保護など、需要は高まるばかりです。

セキュリティサービス市場は、2016年には2,364億円であった市場規模が、2021年には2,875億円にまで拡大すると予想されています。

Jupiter(ジュピター・JPl)のロードマップ

  1.  世界最大のセキュリティフレームワークの開発と普及。ICOにて350億円ほどの調達を目指す。
  2. セキュリティ企業の買収
  3. サイバーセキュリティの技術開発を行い、随時企業へ普及
  4. 2018年夏頃に上場を予定

Jupiter(ジュピター・JPl)の特徴 〜まとめ〜

サイバーセキュリティへの関心は、昨今の世界情勢を見ても高まる一方であることは予想できますよね。

Jupiter(ジュピター・JPl)プロジェクトは、ブロックチェーンはもちろんのこと、その他デジタル資産全てを包括的にカバーするプロジェクトなので、今後の社会インフラにおいて、無くてはならないプロジェクトです。

それでは最後に、Jupiter(ジュピター・JPl)の特徴をまとめておきます。

  • Jupiter(ジュピター・JPl)は、ブロックチェーン技術を中心に、世界のネットワークを包括したサイバーセキュリティを提供するプロジェクト
  • Jupiter(ジュピター・JPl)のサイバー攻撃防御策はAI(人口知能)
  • AI(人口知能)はハッキングの目的までも分析する
  • 内部漏洩防止(ストレス対策のためのAIによる自動問診システム、ウェブサイトのログを自動監視システム、監視カメラによる挙動解析システム)
  • 欠陥のない独自ブロックチェーン「Jupiter Chain」の開発
  • 「Jupiter Chain」は 資金移動情報の暗号化でプライバシーを保護する
  • 「Jupiter Chain」は暗号化した情報の解読はスマートコントラクトで制御する
  • 今後のセキュリティサービス市場の規模は拡大する

全てがネットワークで繋がる社会には、セキュリティは必要不可欠です。

私たちの生活の根本を守ってくれるJupiter(ジュピター・JPl)プロジェクトの動向に、今後も大注目ですね!

Jupiter(ジュピター・JPl)の説明会

Jupiter(ジュピター)の説明会

Jupiter(ジュピター・JPl)の第一回目の説明会は、ANAインターコンチネンタル東京で実施をされました。

これだけの会場でのICOプロジェクトの説明会ということもあり、規模の大きさを感じますよね。

Jupiter(ジュピター・JPl)のプレス発表

Jupiter(ジュピター・JPl)のプレス発表

2018年4月12日(木)にペニンシュラ東京にて、日本テレビ・共同通信社・産経新聞などの多数のメディアを集めてプレス発表を致しました。

当日は、Jupiter(ジュピター・JPl)の概要説明をプロジェクトリーダー:松田学氏が説明し、中長期の視点をエグゼクティブアドバイザー:伊藤秀俊氏が発表しました。

また、サイバーセキュリティの通貨ということもあり、コインチェックで被害に合った方とJupiter(ジュピター)でセキュリティに関する座談会が実施されました。

Jupiter(ジュピター)とコインチェックの被害者 Jupiter(ジュピター)とコインチェックの被害者2

Jupiter(ジュピター・JPl)の最新追加情報(4月24日)

  1. ICOの上場準備は、株式市場のIPO基準レベルにて準備を進めていく。
  2. AirDropを実施し、認知拡大を強化する。
  3. Jupiter(ジュピター)販売に向けて、大口投資家と話を進めている。
  4. 上場後の下落防止、今後のJupiter(ジュピター)のあるべき姿に向けて、企業にJupiter(ジュピター)の導入を進めていく。大手上位100社(1社10億円)の導入を目指す(約1,000億円規模)
  5. ロシアのMeet Upを無事終えた。200名の会場に対して、立ち見が出るほどの盛況。
  6. アメリカ・ユーロ圏においても、話が上がっている。

Jupiter(ジュピター・JPl)の詳細を知りたい方へ

Jupiterの販売は終了致しました。

仮想通貨の教科書

ランキング1位を狙っています。記事が役に立ったら応援お願いします!


にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

ビット先生

ビット先生
~1日1回、上記2つにポチっと応援を頼むぞぃ。皆の力が必要じゃ。

【公式】仮想通貨取引所

仮想通貨は、市場規模が70兆円を超え、非常に注目されている市場です。

FXの市場が500兆円、株式市場が6,500兆円ということを考えると、ここから数年で10倍、20倍と拡大を続けることが予想されます。

まだ仮想通貨を始めていない方は、先ずは口座開設から始めてください。

全て無料で作成できますのでご安心ください。

【日本国内の取引所】

【海外の取引所】

仮想通貨取引所・徹底比較ランキング

 

 この記事へのコメント

  1. 栗林 より:

    栗林と申します。

    LINE@登録を完了いたしました。

    『パスワードを希望』を希望いたします。

    どうぞよろしくお願いいたします。

    • ビット先生 より:

      ご連絡ありがとうございます。
      こちらではお伝えができませんので、LINE@よりメッセージを頂けますでしょうか。

      宜しくお願いします。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。