Cosplay Token(コスプレトークン・COT)のICO・買い方・購入方法

Cosplay Token(コスプレトークン・COT)は、コスプレ業界とブロックチェーン技術を融合したプラットフォームです。

世界最大のコスプレコミュニティサイト「WorldCosplay(CW)」が提供するプラットフォームで、コスプレ業界に関わる全ての人に信頼性をもたらします。

既に・・・これだけの利用実績があるサービスのICOということで大注目です。

Cosplay Token(コスプレトークン・COT)の利用実績

また、アンバサダーには、有名なコスプレイヤーが参加しています。コスプレ業界では知らない人はいない存在です♪♪

このように熱狂的なファンや業界の取り組みは注目されます。

日本でも『モナコイン』は、熱狂的なファンがいることから、数百倍になったのは記憶に新しいですよね・・・。

コスプレ業界は世界レベルで熱狂的なファンがいます♪♪

Cosplay Token(コスプレトークン・COT)のコスプレイヤー

さらに、Cosplay Token(コスプレトークン・COT)は、日本の取引所にも上場を目指しているようです。。。強烈な武器を持っています。

今回は、そもそもCosplay Token(コスプレトークン・COT)とは何なのか、そしてCosplay Token(コスプレトークン・COT)の特徴と将来性について、コスプレ業界における現状の課題を交えながら紹介していきます。

にゃんこ

にゃんこ
コスプレのICOなんて面白いにゃん。にゃんこもコスプレしたいにゃん。
ビット先生

ビット先生
コスプレ業界を調べると物凄い魅力的なICOだぞぃ。しかも・・・このICOはBancor(バンコール)、QRYPTOS(クリプトス)に上場が確定しているとか・・・。

※申込最終締め切り:5月6日(日)で販売終了しました。

Cosplay Token(コスプレトークン・COT)のテレグラム

目次

Cosplay Token(コスプレトークン・COT)ってなに?

Cosplay Token(コスプレトークン・COT)は、Cure WorldCosplay(CW)が提供し、コスプレ経済圏を持続的に発展させるためのプラットフォームです。

Cure WorldCosplay(CW)は、世界規模のコスプレコミュニティサイトで、既に世界180カ国以上72万人を超える会員を持っています。

CWでは、自己発展的なコミュニティサービスを提供しており、コスプレイヤーはプロになったりファンを増やしたり、世界を舞台に自身をPR出来るプラットフォームでもあります。

また、コスプレの世界には欠かせない、カメラマンや造形師などもプラットフォーム上で活動することで、コスプレ経済市場を作っているのです。

イベントなどの露出が増えることにより、コスプレイヤーはもちろんのこと、カメラマンや造形師、そしてファンの熱量も年々高まりを見せており、コスプレ経済市場は、世界を巻き込む大きな市場と発展しています。

大きくなる市場の中で、やはり壁となる問題があります。

世界を舞台に発展を続けるプラットフォームであり、また幅広い年齢層を持つ市場でもあります。

そこには、決済アカウントの問題や言語の問題、評価の信頼性や透明性の確保が出来ないという課題を抱えているのです。

CWはこれらの課題をブロックチェーン技術を使うことにより解決します。

従来のプラットフォームをブロックチェーンプラットフォームに移行し、コスプレ市場に独自のトークンを流通させ、決済や評価などをトークンという価値に置き換えることで、決済手段や評価の透明性を担保しながら、コスプレ経済圏を持続的な発展に導きます。

これらを実現する鍵となるのがCosplay Token(コスプレトークン・COT)というプラットフォームであり、Cosplay Token(コスプレトークン・COT)内で使われる独自トークンなのです。

Cosplay Token(コスプレトークン・COT)の基本情報

それではまず、Cosplay Token(コスプレトークン・COT)の基本情報をしっかりとチェックしておきましょう。

通貨名 COT 公開日 2018年4月以降
プラットフォーム イーサリアム 最大発行数 1,000,000,000 COT
Webサイト https://ico.curecos.com
ホワイトペーパー https://goo.gl/SSXTkv
最低購入数 1ETH(10,000 COT)
上場予定の取引所 〜上場取引所(予定)〜

  • 上場先が決まっていると聞いています。

〜上場オファーのある取引所〜

  • 多数のオファーがあると聞いています。

※日本国内取引所への上場も視野

トークンの配布時期 6月中旬頃を予定

ICO情報

※日本人は、5月6日までのプレセール期間中しか購入することが出来ません。5月7日以降の本セールでは購入できませんので、このタイミングが重要です。

期間 4月9日~4月30日
トークン販売数 400,000,000 COT
レート 1 COT = 0.0001 ETH

ロードマップ

2018年第1四半期
  • ホワイトペーパー公開
  • コスプレイベント開催(Global)
2018年第2四半期
  • 開発者の採用
  • プラットフォーム開発スタート
  • トークンセール開始予定
2018年第3四半期
  • Cure WorldCosplay Webサイトのサーバ移行
  • プラットフォームのベータ版リリース
  • デジタル会員証の実装
  • MEET UP(Tokyo)
  • コスプレを題材にしたテレビ番組の放送(Japan)
  • コスプレイベント開催(Japan)
2018年第4四半期
  • プラットフォームのリリース(パンコールプロトコル実装)
  • アプリのベータ版リリース
  • MEET UP (Global)
  • プラットフォームのチュートリアル
  • 会員100万人
2019年第1四半期
  • アプリのリリース(IOS/Android)
  • 多言語対応(20ヶ国語)
  • コスプレを題材にしたテレビ番組の放送(Global)
2019年第2四半期
  • マイクロペイメント機能実装(Tip Token)
  • 会員200万人
  • アプリ100万ダウンロード
2019年第三四半期
  • 会員400万人
  • アプリ200万ダウンロード
2019年第4四半期
  • 会員800万人
  • アプリ400万ダウンロード

Cosplay Token(コスプレトークン・COT)の特徴と将来性

それでは、Cosplay Token(コスプレトークン・COT)の特徴と将来性を見ていきましょう。

▼Cure WorldCosplay(CW)は既に世界に多くの会員を抱えるコミュニティプラットフォーム

Cosplay Token(コスプレトークン・COT)を発行するCWのコミュニティサイトは、既に世界規模での実績を持つコスプレコミュニティサイトです。

世界180カ国以上72万人を超える会員を持ち、これらの会員は650万枚以上のハイクオリティな作品を生み出しています。

会員登録しているコスプレイヤーやカメラマン、造形師やファンに支えられるコミュニティは一つの市場となって、経済圏を創っているのです。

また、CWの運営するSNSは43万人以上のフォロワーを持ち、世界中のユーザーと交流しています。

これほどまでにしっかりとした基盤を持ち、さらに市場の拡大が予想できるCWのトークンには、“安心感”と“期待感”がありますね。

▼ Cosplay Token(コスプレトークン・COT)でコスプレ経済圏を持続的に発展させる

コスプレ市場には、現状では解決が難しい課題がいくつかあります。

CWはこれらの課題を、ブロックチェーン技術を導入したプラットフォームで、トークンを発行することによって解決に導きます。

▼ブロックチェーンとトークンでコスプレ経済における5つの課題を解決

1.決済問題を解決

コスプレのコミュニティ上では、コスプレイヤーが写真を撮って投稿したり、閲覧者はその写真を見るために対価を払ったりします。

写真を撮る際にはカメラマンがいたり、コスプレに必要なアイテムを造る造形師との取引も行われます。

そこには、お金のやりとりが発生するわけですね。

ここで使われるお金は現在、法定通貨です。

円やドルです。

法定通貨で決済を行う際の問題は主に、クレジットカードを所有していない若年層や、国を跨ぐ為替リスクです。

コスプレイヤーの年齢層の多くは10代〜20代であり、クレジットカードを持っていない場合が多いのです。

ですので、プラットフォーム内での決算時に支障が出てきます。

また、少額決済時の為替リスクという問題も、法定通貨では今のところクリア出来ない課題となっています。

そこでCWは、これら決済を全てコミュニティ独自のトークンで行います。

ブロックチェーン上で使われるトークンは、世界のどこにいても、インターネットさえ繋がっていれば取引が可能ですよね。

もちろん銀行口座もクレジットカードも必要ありません。

国の法定通貨を超えた為替リスクも考慮する必要はありません。

トークンを流通させることで、クレジットカードを持っていない、あるいは異なる法定通貨での価値の差を埋めることが出来るのです。

プラットフォーム上では、皆が平等に、同じ単位の“お金”を使うことで、コスプレ市場を活性化させる事が可能になるというわけですね!

2.収益分配問題を解決

インターネット上にコミュニティがある以上、そこにある写真などの作品は全てデジタルコンテンツとなります。

世界中から価値のあるコンテンツがデジタルとして掲載されるわけです。

もちろん、デジタルコンテンツには著作権があります。

ホームページやブログ、DVD作品や写真など、全てに適用される保護法です。

しかし、法はあってもそれを主張・記録する手段は限られています。

一枚の写真に関しても、写っている人物や造形されたアイテム、その写真を撮ったカメラマンなど、数々の人が関わっているはずです。

もちろん、権利の所在については書類という方法で決め事を記録しているはずですが、全てが納得できる均等な利益分配となっているかは疑問が残ります。

また、作成したいコンテンツを専門企業に依頼した際の利益分配方法に「レベニューシェア」という方法があります。

例えば、自分がイメージするコンテンツを、得意な企業に作成依頼をします。

企業はそのコンテンツを格安で作成する代わりに、そのコンテンツから出た利益を、依頼者と分配して、コンテンツで利益が出る限り、その分配がずっと続くというビジネススタイルです。

著作権に関しても、レベニューシェアに関しても、現状ではコスプレイヤーが正当な報酬を受けられていないという問題があるのです。

利益分配に関する決め事がしっかりとなされていない場合が多いと言う事ですね。

これを打開するのも、ブロックチェーン技術であり、トークンの仕組みです。

CWが発行するCosplay Token(コスプレトークン・COT)は、イーサリアムのスマートコントラクトが使われます。

スマートコントラクトと言えば、決済と契約が出来る技術ですよね。

また、契約内容がブロックチェーンに刻まれる事で、容易に不正や改ざんは出来ません。

コンテンツの著作権や、ビジネス契約をスマートコントラクトに載せ、トークンにより利益を分配することで、正当な利益分配を実現します。

イメージとしては、一枚の写真を使って利益が出た場合にも、その写真に刻まれている著作権を自動的に、正確に、契約通りに利益分配が行われます。

スマートコントラクトの真骨頂ですね。

※スマートコントラクトにつていては「 イーサリアム(Ethereum)の特徴・仕組み・将来性 」で分かりやすく紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

3.信頼性や評価基準に透明性を持たせる

コスプレイヤーやカメラマンなどの技術的な信頼性や評価基準は、現在明確ではありません。

基準となるものは、SNSのフォロワー数などで、簡単に言うと「いいね!の数」の様に単純なものです。

もちろん、フォロワー数などは、一つの指標になるかもしれません。

しかし、これらは誰が評価しているのかという透明性が保てないのです。

極端に言えば、お金でフォロワー数を稼ぐということも可能だということですね。

こういった状況は思いの外深刻なものとなっています。

例えばカメラマンへの評価です。

コスプレイヤーはもちろん、クオリティの高いコンテンツを求めます。

ですので、出来るだけ腕の良いカメラマンに撮ってもらいたいという思いがあるのは当然ですよね。

その際、腕の良いカメラマンを探す基準は、フォロワー数などの数値です。

しかし、カメラマンに悪意があり、そのフォロワー数が意図的に作られたものであった場合、コスプレイヤーに危険が及びます。

実際に、悪意のあるカメラマンなどによる性的な被害という事案も、国際的に問題視されている現状があるのです。

また、企業がコスプレイヤーを起用したいという場合にも、採用基準はフォロワー数です。

しかし、契約が成立したにもかかわらず、コスプレイヤーが約束を守らなかったために、企業側に損害が出てしまうというトラブルも懸念されています。

このようなトラブルは、信頼性や評価規準の不透明さが大きな原因になっています。

CWはトークンを利用することで、評価方法に信頼性を持たせます。

ブロックチェーン上でやり取りされるトークンを、評価に使うということです。

もちろん評価されればトークンというインセンティブが入ります。

例えば、コスプレイヤーとカメラマンが作品を作り、それをユーザーが閲覧するといった、スタンダードな流れでの評価では、コスプレイヤーとカメラマンはお互いに評価し合います。

そして、そのコンテンツを見たユーザーも評価をします。

また、コンテンツを評価したユーザー同士も、同じ趣向のユーザーが居れば評価をします。

このように、お互いがブロックチェーン上で評価をし合うことで、全てがブロックチェーンに記録されます。

評価はもちろん改ざんされることもなく、その評価には“信頼性”が生まれるわけです。

もし、誰かが不正な被害に会えば、その事実は評価に反映されることになりますよね。

信頼できる者が、正当な評価を受けることで、健全な市場を構築することが可能になるのです。

4.埋もれた価値を発掘

コスプレイヤーやカメラマン、衣装作成者や造形師の作品は、クオリティを追求するほど、非常に手間とコストがかかります。

しかし、いくら手間とコストをかけた渾身のコンテンツが出来たとしても、それが評価を得られなければ、人目に触れることもなく埋もれてしまいます。

そのような状態で、モチベーションや資金を維持することは難しく、クオリティの高い作品の作り手でも、断念せざるを得ないといった状況があります。

このような現状を打開するために、コンテンツを閲覧した人(コスプレイヤーやカメラマン、造形師など)がお互いに、優良コンテンツについての記事を書くことで紹介します。

記事は評価対象になるので、評価を得られればトークンで報酬が得られるという仕組みです。

これにより、今まで埋もれていた優良コンテンツを広めることが出来、記事や写真が評価されることで、それぞれの著作権に基づいて報酬が得られるということなのです。

埋もれた才能、価値を世に出す為には、非常に効率の良い仕組みですよね!

5.言語の壁を破り情報の正確性を保つ

CWのプラットフォームは、世界が舞台です。

当然言語の壁もあり、イベントやアニメ作品、漫画などの言語表現が正確に伝わらず、正当な評価が成されていないという現状があります。

これら言語の壁を、第三者が翻訳することで、同じクオリティのコンテンツを提供します。

もちろん翻訳者には評価が与えられ、報酬が得られる仕組みです。

これら報酬も全てトークンで行います。

▼トークンは2種類用意

Cosplay Token(コスプレトークン)は、2種類のトークンが用意されます。

COTは基軸通貨

一つは「COT」です。

これは、CWのプラットフォーム上では基軸通貨となります。

COTは取引所などで法定通貨と取引することが可能な通貨です。

私たちが仮想通貨取引所で取引するのもCOTとなります。

また、後述するトークン「CPC」を発行するための準備金としての使用用途があります。

CPCは独自通貨

もう一つが「CPC」です。

CPCは、CWに参加する全ての人が「自分のトークン」として発行することが出来ます。

例えばコスプレイヤーAさんが自分のトークン「Aトークン」を発行します。

「Aトークン」の使い道は、コスプレイヤーAさんが決めることが出来ます。

Aさんのコスプレ作品である写真を見るために「Aトークン」が何枚必要である、という設定をすることが出来るのです。

ユーザーは、Aさんの写真を見るために「Aトークン」をCOTで購入することが出来ます。

購入した「Aトークン」で、Aさんのコンテンツを見ることが出来ますし、ユーザー同士で「Aトークン」を取引することも出来ます。

CPC(Aトークン)の発行には、COTが必要です。

Aさんは、あらかじめCOTを購入しておき、COTを準備金としてCPC(Aトークン)を作ります。

イメージとしては、仮想通貨取引所Binance(バイナンス)BNBトークンを、取引所内で自分で作れる、といったところでしょうか。

非常に面白い仕組みですよね。

▼今後の取り組みにも注目

CWは、プラットフォーム上での今後の取り組みとしても、様々なアイディアを持っていますので、いくつか紹介します。

デジタル会員証の発行

デジタル会員証を発行することで、会員のなりすましを防ぎ、作品の保護や評価の信頼性を保ちます。

違法画像はAI(人口知能)が対処

作品の中でも、違法性(過度な露出など)を発見した場合、AI(人口知能)を用いて自動的に削除します。

世界の言語をサポート

コスプレイヤーのイベントは、今や世界中で行われています。

もちろん、日本人が外国へ行ったり、外国人が日本のイベントに参加したいという要望は増えていくでしょう。

その時、現地での観光案内や言語サポート、慣れない国での不安を解消するために、CWサイト内でサポートを依頼することが出来るようになります。

ユーザー同士の助け合いの場を提供するということですね。

著作権も収益源になる

以前に作成したコンテンツが二次創作された場合、そのコンテンツの著作権を持つ人にも収益が分配される仕組み立案中です。

二次創作でも収益になるということは、一度作ったコンテンツが、さらに新たな収益源になるということです。

これにより、創作活動にも大きな変化がもたらされる事が期待できます。

プラットフォームの改修とアプリ開発

ブロックチェーン技術を導入し、トークンを流通させるに伴い、新しいプラットフォームを構想中です。

サイトのデザインについては既に着手しており、アプリも開発予定です。

Cosplay Token(コスプレトークン・COT)の買い方・購入方法(ICO参加方法)

先ずは、以下購入サイトをご覧ください。

※申込最終締め切り:5月6日(日)に販売終了しました。

Cosplay Token(コスプレトークン・COT)のテレグラム

Cosplay Token(コスプレトークン・COT)の購入サイトに入ったら、以下送金アドレスをコピーしましょう。

Cosplay Token(コスプレトークン・COT)の購入・買い方

My etherwalletを開きます。

宛先アドレスに、先ほどコピーした送金アドレスを貼り付けます。

送出数量には、購入希望のETHを入力しましょう。(最低購入ETHは、1ETH)

ガスリミットを設定し、トランザクションを生成しましょう。

myetherwalletの貼り付け

トランザクション生成後、以下のように表示がされます。

マイイーサウォレットの送金方法

送金が成功されたか確認しましょう。

マイイーサウォレットの送金成功確認

Successとなれば、無事購入完了です。

トークンの発行は、6月中旬を予定(マイイーサウォレットに入金)しているため、少々待ちましょう。

購入後のカスタムトークンの設定内容(マイイーサウォレット)

■トークン契約アドレス 
0xed64142f7d0a4d94ce0e7fe45d12f712fe360bd0 

■トークンシンボル 
COT 

■ケタ数 
18 

※Cosplay Token(コスプレトークン・COT)は、2018年4月9日~4月末まではプレセール中であり、購入することができます。

一方で、5月以降の本セールでは日本人は購入できませんので、4月中のプレトークンセール中に購入しましょう。

※プレセールでの購入では、10%のボーナスがあります。

トークン購入および受け取りには、マイイーサウォレットが必要になりますので、あらかじめウォレットの作成をしておきましょう。※仮想通貨取引所からのトークン購入および受け取りは出来ませんので十分注意してください。

※My etherwalletの作り方はこちら

Cosplay Token(コスプレトークン・COT)の特徴 〜まとめ〜

Cosplay Token(コスプレトークン・COT)は、Cure WorldCosplay(CW)が手がける、コスプレ業界とブロックチェーンの融合です。

トークンは、コミュニティ内の信頼性や透明性を確保し、著作権などの権利を保護すると共に、平等な利益の分散を実現します。

それでは最後に、Cosplay Token(コスプレトークン・COT)の特徴をまとめておきますね

  • Cosplay Token(コスプレトークン・COT)は、ブロックチェーン技術を利用したコスプレコミュニティのプラットフォームである
  • Cure WorldCosplay(CW)は既に世界に多くの会員を抱えるコミュニティプラットフォームである(会員数72万人、180カ国が参加、43万フォロワー)
  • Cosplay Token(コスプレトークン・COT)でコスプレ経済圏を持続的に発展させる
  • ブロックチェーンとトークンでコスプレ経済における5つの課題を解決
  • トークンは2種類で「COT」と「CPC」が存在する
  • COTはプラットフォーム内の基軸通貨となる
  • CPCはCW会員が発行できる独自トークン
  • 今後の取り組みにも注目
  • 日本の取引所の上場を目指す

CWが実現しようとしているプラットフォームの構想は、コスプレ業界だけでなく、私たちの普段の生活にも適用出来そうな場面が多々ありそうです。

この仕組みが実現すれば、コスプレ経済圏を大きく発展させることは間違いありません。

今後、Cosplay Token(コスプレトークン・COT)、そしてCure WorldCosplay(CW)の取り組みに大注目ですね!

※仮想通貨取引所の利用、また仮想通貨取引やICOへの参加については、リスクを伴うことがあります。これらリスクを自分自身でしっかりと把握した上で、無理のない資金で取引を行うことが大切です。自身でリスク管理をしっかりと行いましょう。

※申込最終締め切り:5月6日(日)に販売終了しました。

Cosplay Token(コスプレトークン・COT)のテレグラム

ランキング1位を狙っています。記事が役に立ったら応援お願いします!


にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

ビット先生

ビット先生
~1日1回、上記2つにポチっと応援を頼むぞぃ。皆の力が必要じゃ。

LINE@にて、ビット先生からの非公開情報や最新情報を受け取る!

  • ビット先生が仮想通貨開始から4ヶ月で3,000万円以上稼いだ銘柄選定方法
  • ブログでは公開していない通貨・ICO情報
  • 仮想通貨の最新ニュース
  • オススメの取引所
  • その他、仮想通貨に関する情報を配信
仮想通貨の教科書
【公式】仮想通貨取引所

仮想通貨は、市場規模が70兆円を超え、非常に注目されている市場です。

FXの市場が500兆円、株式市場が6,500兆円ということを考えると、ここから数年で10倍、20倍と拡大を続けることが予想されます。

まだ仮想通貨を始めていない方は、先ずは口座開設から始めてください。

全て無料で作成できますのでご安心ください。

【日本国内の取引所】

【海外の取引所】

仮想通貨取引所・徹底比較ランキング

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。