bitarq(ビットアーク・ARQ)のICO・買い方・購入方法

bitarq(ビットアーク・ARQ)は、仮想通貨取引所という単一の目的にとどまらない、世界最大級の”セキュリティ“と”機能“と”楽しさ“を併せ持つ「仮想通貨プラットフォーム」を提供します。

取引所のICOは、どのICOも非常に人気ですが、今回のbitarq(ビットアーク・ARQ)は、非常に良いICOではないでしょうか。

2018年8月21日のアップデート情報

  • 上場予定時期:10月を見込む
  • ニュース:9月に大きな発表を予定
  • ご質問の受付場所:bitarqの公式LINE@

2018年9月3日のアップデート情報

  • bitarqのホームページとホワイトペーパーのリニューアルを実施中
  • bitarqは最強のセキュリティソリューションも含め、取引所を鋭意開発中

bitarqの進捗は、こちらのブログをご覧ください。

2018年9月22日のアップデート情報

  • ARQは、2018年11月11日にkey取引所にボードアップ予定
  • bitarq Exは、2019年2月にオープン予定
ビット先生

ビット先生
公式運営サイトにも掲載されているMarketing Managerの森氏と具体的な内容を確認してきたぞぃ。
bitarqと森さん

【重要なポイント】

  1. bitarq(ビットアーク・ARQ)は、世界No1の取引所を目指しています。
  2. セキュリティにおいて、世界No1の強固な取引所になりえる。
  3. マカオ政府公認ラインセンスを保有(世界で2つの取引所のみ)
  4. チームメンバーの森氏は、マカオで記者会見をされ、中国全土で有名。
  5. key取引所と資本提携(提携パートナー)

取引所と言えば、コインチェックの問題が起きたことからセキュリティ面に目を向ける方が多いですが、bitarq(ビットアーク・ARQ)は、世界No1のセキュリティに強い取引所になると思われます。

 

にゃんこ

にゃんこ
こんな凄い人がbitarq(ビットアーク)のセキュリティを構築するなんて安心できるにゃん。

また、プロジェクトメンバーの森氏も凄い人であった。

国連のメンバーが森氏のことをお兄ちゃんと呼ぶような方で、また、中野氏はトランプ氏の大統領就任パーティにも招待されるような方なのです。

そして、お二人ともに中国で行われたIBTの記者会見では、日本代表として参加。

そのときの記事がこちらです。

IBTの理事

IBTは、イーサリアムをより良くしたもので、中国ではメジャーになっているようです。

記者会見を実施したこともあり、森氏は中国でも有名になっているとのこと。森氏の人脈は、bitarq(ビットアーク)にとって大きな武器になりますね。

さて、bitarq(ビットアーク・ARQ)の特徴について戻りましょう。

ビット先生

ビット先生
上述の内容はもちろん、取引所のトークンは価格が上がりやすい傾向があるので非常に人気だぞぃ。また、取引所トークンのブームが度々起こっているので、日本人が運営する取引所はしっかりチェックしておきたいところじゃな。

その理由がコチラ

【bitarq(ビットアーク・ARQ)の特徴】

  • bitarq(ビットアーク・ARQ)は仮想通貨の取引所プラットフォームで世界No1を目指す
  • bitarq(ビットアーク・ARQ)のメンバーはシステム開発と仮想通貨のプロフェッショナル集団
  • 初心者にも使いやすい仮想通貨取引所を作る
  • 使いやすいUI(ユーザーインターフェース)を用意
  • ウォレットアドレスの管理や資産管理も出来る
  • MT4からのトレードも出来る
  • 世界最高水準のセキュリティを確保する
  • Webシステムの脆弱性を第3者がテスト
  • ホワイトハッカーがセキュリティホールやハッキングを未然に防ぐ
  • 仮想通貨が盗まれても10億円まで保証
  • 「ARQ」でトレードすれば手数料が50%オフ
  • 「ARQ」でコイン(トークン)の人気投票
  • ARQデビットカードでショッピング
  • 「ARQ」は今後価値が上昇する可能性が非常に高い
  • ICOプラットフォームは世界規模
  • 「ARQ」保持者は優先的に参加できる上にトークンを安く買える
  • トレーダー登録制度で、登録トレーダーはコピートレード登録した一般ユーザーから取引手数料をもらえる
  • 一般ユーザーは優秀な登録トレーダーの成果で収益アップが見込める
  • ログインするだけで「遊べる・楽しめる」
  • ジャックポットシステムで大当たり
  • リフェラルボーナスは3階層構成
  • タイでは既に数十億円の購買見込み
  • 仮想通貨取引所の日本支社も設立予定
  • マカオ政府公認ラインセンスを保有(世界で2つの取引所のみ)

特に、取引所の初の仕組み『トレーダーの登録制度』や、kuCoinの取引所が人気になった理由の1つとして、リファラルボーナスが3階層まで報酬が貰えるものでした。その仕組みはコスト面で負担が出るのですが、『bitarq』は積極的に展開するそうです。

人気の取引所になる要素が非常に揃っています。

2018年5月2日に韓国で開催されたセミナーは満員御礼で大好評だったようです。

bitarq(ビットアーク)の韓国セミナー bitarq(ビットアーク)の韓国セミナー (2)

日本だけではなく、世界へと情報発信が始まっています。

2018年5月12日(土)に開催された『meet up in 東京』では定員80名に対し、150名以上の方がご参加され、立ち見が出る程の賑わいでした。

また、bitarq(ビットアーク)の可能性のお話をします。

取引所のコインの魅力は、取引所が有名になった場合に大きく化ける可能性があります。

bitarq(ビットアーク)は、Binance(バイナンス)のような取引所を目指しておりますが、ご参考までにBinance Coinのチャートを見てみましょう。

Binance Coin 188倍

Binance Coinはたったの9ヶ月で約188倍になっております。

一方、世界の時価総額ランキング1位(2018年4月末現在)のアップルの株価のチャートも合わせてみてみましょう。

アップルのチャート

世界を代表するアップルが、16年かけて約186倍です。

取引所の大きな可能性が理解できるのではないでしょうか。

一方で、必ず人気になるということではありません。取引所として人気が出なければ下落リスクもありますので、慎重にご判断ください。

にゃんこ

にゃんこ
取引所って沢山あるから何が良いかわからないにゃん。セキュリティの面でも不安だにゃん。
ビット先生

ビット先生
今回のICOは、セキュリティ対策は99%安心・安全をうたっており、残り1%は最大10億円まで保証してくれるぞぃ。また、バイナンスのような取引所を目指しており、日本でも日本支社を立ち上げることを計画するなど、将来が非常に楽しみなICOだぞぃ。

【LINE@の登録方法は以下2つ】

ビット先生のLINE@はこちら

@atz0180r を友達検索

公式価格より安い『ビット先生経由の特別販売価格』は、以下よりご確認ください。

bitarq(ビットアーク・ARQ)のお申込受付は終了

目次

bitarqのチームメンバーに世界で初めてキャラクターが掲載!

bitarq(ビットアーク)の公式サイト
bitarqの公式HPに掲載
bitarq(ビットアーク)のホワイトペーパー
bitarq(ビットアーク)のホワイトペーパー

bitarq(ビットアーク・ARQ)は仮想通貨プラットフォーム

世界には500以上もの仮想通貨取引所が存在しますが、それらは単に”仮想通貨を売買する場所“でしかありません。

bitarq(ビットアーク・ARQ)が提供する仮想通貨プラットフォームは、初心者でも使いやすい取引機能はもちろん、「ログインするだけで楽しめるミニゲーム」や、普段の決済に使える「MASTERデビットカードとの連携」、万全なセキュリティであることを感じさせる「10億円までの保証制度」、国内にとどまらず「世界を対象としたICOプラットフォーム」まで、仮想通貨に関連する経済活動を包括する仮想通貨プラットフォームを創造しようとしているのです。

bitarq(ビットアーク・ARQ)が創り出す仮想通貨のプラットフォームでは、他の仮想通貨取引所と比べて、より直感的に操作出来る画面(ユーザーインターフェース)を構えたり、ミニゲームなどの“遊び”を用意する事で”取引以外の角度“から仮想通貨に触れる事が出来るようになるため、これまで躊躇していた人たちへの参入ハードルを低くします。

bitarq(ビットアーク・ARQ)の仮想通貨プラットフォームに入ってしまえば、bitarq(ビットアーク・ARQ)の提供する様々なサービスを受けることができるようになります。

bitarq(ビットアーク・ARQ)のプラットフォームが提供するサービス

まずは、bitarq(ビットアーク・ARQ)が提供するサービスを簡単に紹介します。

※それぞれの詳しい特徴については後述します。

  • プロのトレーダーだけでなく初心者にも使いやすい仮想通貨取引所を作る
  • 世界最高水準のセキュリティを確保し、万が一盗難被害を受けても10億円までの保証がある
  • 世界最大規模のコイン銘柄確保
  • 「ARQ」は取引手数料の50%オフや、コインの人気投票、デビットカードでも使える
  • 世界規模のICOプラットフォーム
  • トレーダーの登録制度は、一般ユーザーは対価を支払うことで、優秀な登録トレーダーに取引をお任せ出来る
  • 仮想通貨ウォレットアドレスの管理が出来る
  • ログインするだけでミニゲームなどで遊んで楽しめる

このように、bitarq(ビットアーク・ARQ)のプラットフォームは、セキュリティの心配をする事なく、安心して気軽に仮想通貨の世界へ入ることが出来ます。

また、bitarq(ビットアーク・ARQ)への期待値として次のようなものがあります。

  • タイでは数十億円の購買見込みがある
  • 中国でも人気
  • 世界TOP3の仮想通貨取引所から上場の話が来ている

bitarq(ビットアーク・ARQ)のICOに参加する理由としては、十分な材料が揃っているのではないでしょうか。

bitarq(ビットアーク・ARQ)の基本情報

まずはbitarq(ビットアーク・ARQ)の基本情報をしっかりと押さえておきましょう。

通貨名 ARQ 公開日 2018年3月1日
プラットフォーム イーサリアム 最大発行数 1,500,000,000 ARQ
Webサイト https://bitarq.io/
ホワイトペーパー https://goo.gl/bT8Ui7
購入できる取引所 bitarq(ビットアーク)

ICOの基本情報

販売期間(トータル) 2018年3月14日~2018年6月14日
販売トークン 1,250,000,000 ARQ(総発行数の83%)
ハードキャップ 100,000,000 USD
レート 1 ARQ = 0.08~0.20 USD

※セール期間によってボーナスが異なります。

bitarq上場予定金額 1 ARQ = 0.4 USD

~プライベートセール~

※既に終了

期間 1 ARQの価格 ボーナス
2018年3月1日~2018年3月31日 0.08 USD 50%

~プレセール~

期間 1 ARQの価格 ボーナス
2018年4月1日~2018年4月15日 0.12 USD 30%
2018年4月16日~2018年4月30日 0.13 USD

~クラウドセール~

期間 1 ARQの価格 ボーナス
2018年5月15日~2018年5月21日 0.17 USD 20%
2018年5月22日~2018年5月28日 0.18 USD
2018年5月29日~2018年6月4日 0.19 USD
2018年6月5日~2018年6月14日 0.20 USD

ロードマップ

2017年第4四半期
  • 仮想通貨取引所開発開始
2018年第2四半期
  • トークンセール開始(13.5億枚)
  • プレ会員登録開始
2018年第3四半期
  • 仮想通貨取引所開設
  • 取り扱い通貨

(BitCoin,Ehtereum,BitCoinCash,Ripple,XEM)

  • スマホウォレットアプリリリース
2018年第4四半期
  • bitarq仮想通貨取引所オープン
  • 取り扱い銘柄を50コインに拡充
  • MASTERデビットカード申込開始
2019年第1四半期
  • 取り扱い銘柄を100コインに拡充
  • BitCoin信用取引開始
2019年第2四半期
  • 取り扱い銘柄を150コインに拡充
  • 決済サービス提供開始
  • デビットカード配布開始
  • ホワイトラベル提供開始
  • 日本支社設立
  • 仮想通貨取引交換業申請
2019年第3四半期
  • 取り扱い銘柄を250コインに拡充
  • ICO事業開始
  • 米国支社設立
  • 米国NYDFS BitLicense申請
2019年第4四半期
  • 取り扱い銘柄を350コインに拡充
  • シンガポール支社設立

bitarq(ビットアーク・ARQ)の特徴と将来性

それでは、bitarq(ビットアーク・ARQ)の特徴について見ていきましょう。

▼bitarq(ビットアーク・ARQ)のメンバーはプロフェッショナル集団

bitarq(ビットアーク・ARQ)プロジェクトを支えるメンバーは、システム開発のプロフェッショナル、仮想通貨に関するプロフェッショナルで構成されています。

~システム開発のプロフェッショナル~

システム開発担当者は、10年以上の経験を持つシステム開発に関してのプロフェッショナルが揃っています。

システム開発は、プログラミングが得意というだけでは務まりません。

目的のサービスを実現するためには、ユーザーがどのような事を求めるのか、ユーザーが直感的に使いやすいと感じる画面はどのようなものなのか、それをプログラミングするためにはどのような設計が必要なのかといったように、あらゆる面での視点を持つ必要があります。

10年以上の経験は、ユーザー目線でのシステム作りはもちろん、効率的な開発方法を経験から導き出す事で、プロジェクトの進行速度にも大きな貢献が期待されますね。

~仮想通貨のプロフェッショナル~

歴史的に見ればまだ浅い仮想通貨に関しても、投資やマーケティング、運用ノウハウなどあらゆる面を熟知し、5年以上仮想通貨に関わって来たプロフェッショナルを揃えています。

仮想通貨の投資に関する考え方や、仮想通貨のマーケティング、また仮想通貨の運用ノウハウは、ユーザーとしての視点から見たサービスを提供する場合には欠かせない要素です。

初心者がなぜ仮想通貨への参入を躊躇してしまうのかという”仮想通貨へのハードル“も熟知しているのではないでしょうか。

また、仮想通貨界隈で起きた様々なトラブルについても、原因と対処などの心得もある事でしょう。

こういったプロフェッショナルが創るプラットフォームには”安心感“がありますよね。

▼初心者にも使いやすい仮想通貨取引所を作る

bitarq(ビットアーク・ARQ)の仮想通貨プラットフォームでは、プロのトレーダーだけでなく、初心者にも直感的に分かりやすい画面(ユーザーインターフェース)を用意する事で、未参入者の仮想通貨参入へのハードルを下げます。

~使いやすいUI(ユーザーインターフェース)を用意~

仮想通貨取引所の画面には、操作方法をネットで検索しなければ分からない様な場所が多いですよね。

トレードに慣れている人ならば、経験からある程度の操作は可能ですが、初心者からすれば、自分の大切な資産を売買する時に、インターネットで操作方法を検索しながら・・・なんて正直怖いですよね。

bitarq(ビットアーク・ARQ)では、初心者でも直感的に操作出来る画面(ユーザーインターフェース)を用意してくれます。

自分の好きなようにカスタマイズして、見やすい画面に出来るわけです。

Webはもちろんですが、スマートフォンアプリも提供してくれるのは非常に嬉しいですね。

~ウォレットアドレスの管理や資産管理も出来る~

bitarq(ビットアーク・ARQ)では、アドレス帳や保有資産のグラフなども用意されます。

仮想通貨取引では、様々な場面で“送金”が求められます。

例えば、ICOに参加する際にもマイイーサウォレットからETHを送金したり、取引所から取引所、取引所から自身のローカルウォレットなどにコインを移動したりしますよね。

これらの送金を実行する場合、送り先のアドレスを見に行ったり探したり、送金元のアドレスを探したりと、手間取った事はありませんか?

アドレス帳では、これらウォレットのアドレスを管理するアドレス帳も用意してくれます。

これ、何気に凄く便利だと思います。

また、保有資産についても、WEBやアプリ内でグラフとして確認することが出来ます。

現在、スマートフォンの様々なアプリで資産管理をしている人も多いと思いますが、将来的にはbitarq(ビットアーク・ARQ)の資産管理で全てを賄うことが出来るかもしれませんね。

~MT4からのトレードも出来る~

もちろん初心者に特化した機能だけではありません。

トレードに慣れているプロも快適に使えるプラットフォームです。

その一例としては、取引ツールのMT4からのトレードにも対応します。

MT4対応の仮想通貨取引所もいくつかはありますが、bitarq(ビットアーク・ARQ)でも使えるというのは、非常に嬉しい対応ではないでしょうか。

プロのトレーダーにも初心者にも使いやすい、というプラットフォームであることは間違いありませんね。

▼世界最高水準のセキュリティを確保する

bitarq(ビットアーク・ARQ)はホワイトペーパーで「世界最高水準のセキュリティを担保します」と言い切っています。

万が一ハッキング被害で資産を失った場合でも、10億円まで保証するというから驚きです。

それほどのセキュリティへの自信には、しっかりとした裏付けがあります。

基本的なセキュリティはもちろんですが、セキュリティの顧問として”ホワイトハッカー“を就任させているのです。

※ホワイトハッカーの定義については、下記bitarqのホワイトペーパーより引用致します。

ホワイトハッカーとは・・・コンピューターやネットワーク、セキュリティに高度な技術や知識を持ち、その技術を善良な目的に生かすもののこと。

~マルチシグに対応~

マルチシグとはマルチシグネチャの略称です。

マルチシグが最近話題になったのは、コインチェックの事件でしたね。

コインチェックはマルチシグではなく、シングルシグ対応だったということでした。

シングルシグとはシングルシグネチャの略称です。

仮想通貨のウォレットにアクセスするためには、鍵が必要です。

私たちはあまり意識せずに使用しているかもしれませんが、ウォレットには鍵がかかっています。

もちろん、不正に使用されないためです。

例えば、金庫をイメージすると分かりやすいかもしれません。

私たちも、仮想通貨取引所も、仮想通貨を金庫に保管します。

その金庫には当然”鍵“をかけますよね。

金庫を開ける際に必要な”鍵の数“が「〜シグ」に当てはまります。

  • シングルシグ:金庫を開ける鍵は1本で良い
  • マルチシグ:金庫を開けるには、3本作られる鍵のうち2本の鍵が必要

どちらが強固なセキュリティかは一目瞭然ですよね。

bitarq(ビットアーク・ARQ)はもちろん、マルチシグに対応します。

~コールドウォレットに対応~

コールドウォレットについても、以前のコインチェック事件から強く意識する様になった保管方法の一つです。

ウォレットは大きく分けると、2種類になります。

ホットウォレットとコールドウォレットです。

この2つの違いは、簡単に分けると次の様な特徴です。

  • ホットウォレット:インターネットに繋げっぱなしのウォレット
  • コールドウォレット:普段はインターネットから切り離されているウォレット

ホットウォレットの様に、ウォレットが常にインターネットに繋がっていると、ハッキング被害に遭いやすくなります。

一方、コールドウォレットであれば、必要な時以外はインターネットから切り離されているので、ハッキング被害に遭い難くなるのです。

こういった対策は仮想通貨取引所に関わらず、私たちが個人的に管理するウォレットにも適用すべき対策ですね。

~ReCaptchaに対応~

ReCaptchaとは、ウェブサイトにログインする時や、サービスに登録する時によく見る「私はロボットではありません」のチェック項目です。

これは、インターネット上のアカウントを総当たりにハッキングしようとするボットから守る役割を果たします。

インターネット上では、あらゆるアカウントに、アカウント名の組み合わせを総当たりでアタックして、アカウントを乗っ取ってしまうハッキングが存在します。

ReCaptchaを用意しておくことで、自動的に、総当たりに乗っ取る目的のボットを防ぐことが出来ます。

本人が手動でログインする際には少々煩わしいチェックボックスですが、セキュリティ面を考えるならば、最低限の措置となります。

~DDoS攻撃対策~

DDos攻撃とは、対象のサイトに対して、秒単位で大量のリクエストを送信する攻撃です。

本格的にDDos攻撃を受けてしまうと、サイト自体がアクセスの処理をしきれずダウンしてしまいます。

例えば、同じサイトの画面を、意図的に何回もリロードすることも攻撃に当たります。

Windowsを使っている人は、「F5」キーを押すことで画面のリロードが出来ますが、この「F5」キーを押しっぱなしにすると、DDos攻撃になってしまいます。

※「F5」の攻撃は絶対に行わないでください。

DDos攻撃は、もっとも単純なサイバー攻撃ですが、受けてしまうと被害は甚大です。

DDos攻撃を受けてしまうと、サイトがダウンしてしまいますので、取引どころの話ではなくなってしまいますよね。

このような攻撃を防ぐためには、サーバ自体にも対策が必要ですし、サーバに辿り着く前のネットワーク機器で対策をすることが可能です。

bitarq(ビットアーク・ARQ)では、DDoS攻撃でサーバがダウンして取引ができないと言った自体も心配する必要はなさそうですね。

~Webシステムの脆弱性を第3者がテスト~

bitarq(ビットアーク・ARQ)のWEBシステムは、システム開発経験10年以上のプロフェッショナルが構築しますが、さらに第3者がチェックを行うことによって、より強固な安定したWebサイトを用意します。

どんなに細かい所まで気が付く人でも、開発者自身では発見出来ない脆弱性や操作性が必ずあります。

例えば、Appleの製品でも、発売してから多くの人が使って初めて判明する不具合もありますよね。

また、開発者が“使い易い”と想像する操作性と、実際に使うユーザーの“使い易い”と想像する操作性には必ず差異があります。

第3者が扱うことで開発者が想定していなかった操作でのバグなども潰すことが出来ますし、操作性と言った観点からも、ユーザー目線での改善が期待できます。

~ホワイトハッカーがセキュリティホールやハッキングを未然に防ぐ~

bitarq(ビットアーク・ARQ)が「世界最高水準のセキュリティ」を掲げる後ろ盾として、ホワイトハッカーとの顧問契約があります。

善意あるハッカーというポジションで、bitarq(ビットアーク・ARQ)のシステムをあらゆる面から試します。

悪意あるハッカー(クラッカー)ならば、どの様な脆弱性を突いてくるかを予測し、細かなセキュリティーホールやハッキングルートを事前に潰すことも可能でしょう。

また、サービス開始後も常に、セキュリティホールやハッキングに対しての監視・改善を行い、サイバー攻撃を未然に防ぐ体制を整えています。

~仮想通貨が盗まれても10億円まで保証~

bitarq(ビットアーク・ARQ)は、ハッキング被害は99%起こらないとしています。

また万が一、1%の確率であれ、ハッキング被害により資産を盗まれた場合には10億円まで保証すると言っています。

保障のするために保険会社との契約し、投資家の資産を確実に担保する体制を整えているのです。

技術的なセキュリティを万全にし、更に資産の保証も謳うbitarq(ビットアーク・ARQ)は、安心と信頼、そして期待が出来ますね。

▼独自コイン(トークン)「ARQ」の使用用途は幅広い

bitarq(ビットアーク・ARQ)では、独自コイン(トークン)である「ARQ」を発行します。

「ARQ」は、bitarq(ビットアーク・ARQ)の仮想通貨取引ではもちろん、その他にも様々な用途で使用することが出来ます。

~「ARQ」でトレードすれば手数料が50%オフ~

仮想通貨取引所の独自コイン(トークン)の醍醐味と言えば、やはりトレード時の手数料割引ですよね。

bitarq(ビットアーク・ARQ)の仮想通貨取引所では、「ARQ」を使用してトレードする事により、手数料が50%オフになります。

これだけでも独自コイン(トークン)には魅力がありますよね。

~「ARQ」でコイン(トークン)の人気投票~

bitarq(ビットアーク・ARQ)では、上場するコイン(トークン)の人気投票制度が導入されます。

仮想通貨取引所のBinance(バイナンス)でも投票制度がありますが、それと同じです。

「ARQ」を使って、上場させたいコインに投票が出来ます。

人気の高かったコインについては、bitarq(ビットアーク・ARQ)がコインに対するセキュリティチェックを行った上で、安全だと判断されたコインが上場される事になります。

~ARQデビットカードでショッピング~

bitarq(ビットアーク・ARQ)はなんと、デビットカードまで発行してしまいます。

bitarq(ビットアーク・ARQ)の発行するMASTERデビットカードは、独自コイン(トークン)である「ARQ」に紐付けされ、デビットカードを通して「ARQ」コイン(トークン)で買い物が出来るようになります。

デビットカードは、bitarqが提供するウォレットに接続されていますので、買い物をするとウォレットから引き落とされるという仕組みになります。

また、デビットカードを使って決済をすることで、商品代金の1%が「ARQ」コイン(トークン)としてキャッシュバックされるのです。

「AEQ」はコイン(トークン)ですので、仮想通貨取引所において価値の上昇が見込まれます。

コイン(トークン)の価値が上昇すれば、買い物をすることによって、実質1%以上の資産がもらえる事になります。

価値の上昇は約束されたものではありませんが、「ARQ」コイン(トークン)はそもそも価値が上昇する仕組みになっているのです。

bitarq(ビットアーク・ARQ)のデビットカード

~「ARQ」は今後価値が上昇する可能性が非常に高い~

「ARQ」の発行枚数は15億枚です。

ICOで売れ残った場合は全てBurn(焼却)しますので、ICO終了後に「ARQ」を入手する方法はトレードだけになります。

また、「ARQ」を使ったトレード手数料割引率は毎年低下していきます。

  • 1年目:50%
  • 2年目:30%
  • 3年目:20%
  • 4年目:10%
  • 5年目:0%

そして「ARQ」は毎年、bitarqによって買い戻しが行われます。

年々、市場の「ARQ」の枚数は少なくなり価値が上昇するという事ですね。

この買い戻しは、7.5億枚になるまで毎年繰り返され、買い戻しされた「ARQ」は全てBurn(焼却)されますので、市場に戻ってくることはありません。

年々価値が上昇することがほぼ確定する仕組みとなっているので、早いうちに購入しておくことが重要な分岐点になりそうです。

▼ICOプラットフォームは世界規模

bitarq(ビットアーク・ARQ)の提供するICOプラットフォームでは、世界中のICO案件を扱います。

現在、ICOプラットフォームを扱うのはZaif(ザイフ)のCOMSA(コムサ)ですが、それは日本国内のICO案件に限定されていますよね。

しかし、bitarq(ビットアーク・ARQ)のICOプラットフォームの対象は“世界”です。

ここ半年で、世界中のICO案件は爆発的に増えています。

それに伴い、SCAM(スキャム)と言われる、いわゆる詐欺まがいの案件も非常に多く報告されていますよね。

ICOは世界中の誰もが仮想通貨で資金を集められる手段です。

プロジェクトチームやホワイトペーパーが揃っているからと言って、“絶対に実現する”という案件はありません。

ICO案件は、見極め困難な状況ですが、世界中にあるICO案件をbitarq(ビットアーク・ARQ)のICOプラットフォームが精査する事により、私たちは今よりも安心してICOに参加出来るようになるかもしれません。

~「ARQ」保持者は優先的に参加できる上にトークンを安く買える~

bitarq(ビットアーク・ARQ)のICOプラットフォームでは、「ARQ」を保持している人に以下2つの特典があります。

  • 優先的にICO案件に参加出来る
  • 安く買える

bitarq(ビットアーク・ARQ)のICOプラットフォーム上で審査に通過したICO案件を優先的に購入することが可能なのです。

また、「ARQ」コインの保有枚数に応じたディスカウントを受けることが出来ます。

プラットフォームを利用すれば、審査を通過した安全なICOを「優先的」に「格安」で購入することが出来るという特典だけでも、bitarq(ビットアーク・ARQ)のプラットフォームに参加する意味がありそうですね!

※ディスカウント率はICO案件によって異なるため、都度発表されます。

▼トレーダーの登録制度

bitarq(ビットアーク・ARQ)の仮想通貨プラットフォームでは、トレーダーの登録制度という目新しいサービスがあります。

優秀なトレーダーが自分のポートフォリオを公開することで、登録トレーダーとなります。

一般ユーザーは、優秀なトレーダーにコピートレード登録をすることで、登録トレーダーが取引をすることで、自動的に同じ取引をした事になります。

簡単に言うと、一般ユーザーが優秀なトレーダーに取引をお任せして、収益を上げようと言う仕組みです。

もちろん優秀なトレーダーは、ポートフォリオを公開する代わりに「ARQ」での報酬を得られるというメリットがあります。

~登録トレーダーはコピートレード登録した一般ユーザーから取引手数料をもらえる~

自分のポートフォリオ公開を許可することで、トレーダー登録が出来ます。

公開したポートフォリオは、一般ユーザーが閲覧し、トレードを任せたいと思われれば、コピートレード登録されます。

登録トレーダーが取引をすれば、コピートレード登録をした一般ユーザーも同じ取引をした事になります。

登録トレーダーは取引をする度に、“コピートレード登録”されている一般ユーザーから取引手数料として「ARQ」を受け取ることができます。

優秀なトレーダーほど、コピートレード登録されるので、その分報酬を得ることが出来、収益もアップしていくと言う仕組みです。

~一般ユーザーは優秀な登録トレーダーの成果で収益アップが見込める~

一般ユーザーは、登録トレーダーにコピートレード登録をします。

優秀なトレーダーに取引手数料を支払うことで、トレードを“お任せ”出来るわけです。

トレードはもちろん、100%利益になるわけではありません。

トレードの結果に応じた損益を受け取る事になります。

トレードに全く自信が無かったり、本業が忙しくてトレードをする時間がないと言ったユーザーにも有用なサービスかもしれませんね。

▼ログインするだけで「遊べる・楽しめる」

bitarq(ビットアーク・ARQ)の仮想通貨プラットフォームは、ログインするだけで楽しむ事ができます。

ミニゲームや宝くじ要素のあるキャンペーンなどがリリースされ、様々な方法で「ARQ」を得ることが出来るなど、エンターテイメント性を持ったプラットフォームなのです。

~ジャックポットシステムで大当たりのチャンス~

毎日、毎週、毎月といったタイミングで、ジャックポット付きゲームなどで遊べます。

ジャックポットとはカジノで使われる用語で、簡単に言うと「高額賞金大当たり!」があるという事です。

ゲームへの参加券受け取り枚数や宝くじ要素の強いゲームなどは、「ARQ」の保有数に応じて変わってくるようですが、ログインするだけで参加できるエンターテイメントプラットフォームは、毎日でもログインしたくなるかもしれません。

もしかしたら、ジャックポットで一気に資産が増える人も出てくるかもしれませんね!

▼リフェラルボーナス有り

仮想通貨取引所「bitarq」をAさんに紹介し、Aさんが「bitarq」でトレードすると、Aさんが支払う取引手数料の10%を受け取ることが出来ます。

しかも、このリファラルボーナスは、3階層まであります。

これは、人に紹介したくなりますね。

利益を得るのはもちろんですが、「bitarq」が仮想通貨取引所として発展するためにも広めたいですよね!

~嬉しい3階層構成~

リファラルボーナスは3階層になっています。

報酬のパーセンテージは次のようになります。

  • 1段目:取引手数料の10%をARQコイン(時価計算)で支払い
  • 2段目:取引手数料の5%をARQコイン(時価計算)で支払い
  • 3段目:取引手数料の3%をARQコイン(時価計算)で支払い

この報酬は、取引が行われる毎に必ず発生します。

ということは、仮想通貨取引所「bitarq」のサービスが続き、紹介先の人が取引をやめない限り“不労所得”として半永久的に支払われる事になりますね!

利用者を増やすには、最も効率的な手法であり、皆が得するサービスです。

▼海外の反応も良い

タイでは既に数十億円の購買が見込まれています。

また中国でも非常に人気となっています。

▼初期取引ボリュームの対策

運営初期はどうしても取引額が小さくなります。

bitarq(ビットアーク・ARQ)ではこの点を補うため、他の取引所と取引板を共有し、取引ボリュームが出るように対処します。

▼世界TOP3の仮想通貨取引所から上場の話が来ている

6月〜7月にかけて、既に一つの取引所への上場が確定しているとのことです。

また、世界でもTOP3に入る仮想通貨取引所からも上場の話が来ています。

▼仮想通貨取引所の日本支社も設立予定

bitarq(ビットアーク・ARQ)では、日本でも仮想通貨取引所として稼働する予定です。

ロードマップを見てもわかるように、2019年第2四半期には日本支社を設立する予定です。

▼マーケティングマネージャーにはIBTの森氏

bitarq(ビットアーク・ARQ)のマーケティングマネージャーには、仮想通貨界隈の人脈も広いIBTの森氏が就任しています。

中国が生んだイーサリアムを超えるIFMチェーンと言うブロックチェーンを開発した企業を世界に広めるため、森さんもマカオで記者会見をされ、中国全土で有名です。

bitarq(ビットアーク・ARQ)のリスク要因

bitarq(ビットアーク・ARQ)の仮想通貨プラットフォームの構想は非常に想像しやすく、サービス内容も現実的な仕組みです。

また、独自コイン(トークン)である「ARQ」も、今後価値が高まる事が非常に期待できます。

ただし、現状はあくまでもICO案件である事を理解しておかなければなりません。

どのようなICO案件にも言える事ですが、実際に形になり、利用できるようになるまでは“確実”な事は一つも無いと言うことです。

投機・投資を検討する場合でも、必ず余剰資金での参加を心掛けましょう。

bitarq(ビットアーク・ARQ)の買い方・購入方法(ICO参加方法)

ビット先生の特別枠でのご購入が可能です。

ビット先生経由の特別販売価格

ビット先生経由の特別販売価格は、2018年5月31日に終了しました。

運営チームの後藤さんとビット先生特別枠のご契約をさせて頂きました。

『bitarq(ビットアーク・ARQ)のICO・買い方・購入方法』

【LINE@の登録方法は以下2つ】

ビット先生のLINE@はこちら

@atz0180r を友達検索

公式価格より安い『ビット先生経由の特別販売価格』は、以下よりご確認ください。

bitarq(ビットアーク・ARQ)のお申込は終了

bitarq(ビットアーク・ARQ)の特徴 〜まとめ〜

bitarq(ビットアーク・ARQ)は、これまで仮想通貨が難しいもの、あるいは危険なものといった感覚から参入できなかった人たちでも、仮想通貨で楽しむ事が出来るプラットフォームを提供します。

それでは最後に、bitarq(ビットアーク・ARQ)の特徴についてまとめておきますね。

  • bitarq(ビットアーク・ARQ)は仮想通貨プラットフォーム
  • bitarq(ビットアーク・ARQ)のメンバーはシステム開発と仮想通貨のプロフェッショナル集団
  • 初心者にも使いやすい仮想通貨取引所を作る
  • 使いやすいUI(ユーザーインターフェース)を用意
  • ウォレットアドレスの管理や資産管理も出来る
  • MT4からのトレードも出来る
  • 世界最高水準のセキュリティを確保する
  • Webシステムの脆弱性を第3者がテスト
  • ホワイトハッカーがセキュリティホールやハッキングを未然に防ぐ
  • 仮想通貨が盗まれても10億円まで保証
  • 「ARQ」でトレードすれば手数料が50%オフ
  • 「ARQ」でコイン(トークン)の人気投票
  • ARQデビットカードでショッピング
  • 「ARQ」は今後価値が上昇する可能性が非常に高い
  • ICOプラットフォームは世界規模
  • 「ARQ」保持者は優先的に参加できる上にトークンを安く買える
  • トレーダー登録制度で、登録トレーダーはコピートレード登録した一般ユーザーから取引手数料をもらえる
  • 一般ユーザーは優秀な登録トレーダーの成果で収益アップが見込める
  • ログインするだけで「遊べる・楽しめる」
  • ジャックポットシステムで大当たり
  • リフェラルボーナスは3階層構成
  • タイでは既に数十億円の購買見込み
  • 仮想通貨取引所の日本支社も設立予定
  • マカオ政府公認ラインセンスを保有(世界で2つの取引所のみ)

ここには書ききれない程の特徴と将来性を持っているbitarq(ビットアーク・ARQ)には、ますます期待してしまいます。

また、bitarq(ビットアーク・ARQ)の構想する仮想通貨プラットフォームは、とても想像しやすく、技術的にも実現可能なものではないでしょうか。bitarq(ビットアーク・ARQ)は、本当にとても期待できる案件でワクワクします。

早くbitarq(ビットアーク・ARQ)の仮想通貨プラットフォームを使ってみたいですね!

※仮想通貨取引所の利用、また仮想通貨取引やICOへの参加については、リスクを伴うことがあります。これらリスクを自分自身でしっかりと把握した上で、無理のない資金で取引を行うことが大切です。自身でリスク管理をしっかりと行いましょう。

【LINE@の登録方法は以下2つ】

ビット先生のLINE@はこちら

@atz0180r を友達検索

bitarq(ビットアーク・ARQ)のお申込は終了

bitarq(ビットアーク・ARQ)のカスタムトークン追加方法

【マイイーサウォレットでのカスタムトークンの追加方法】

  • トークン契約アドレス:0xccfb26afb08060cb12d495d514c7de1cf9e998a9
  • トークンシンボル:ARQ
  • 桁数:18

ランキング1位を狙っています。記事が役に立ったら応援お願いします!


にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

ビット先生

ビット先生
~1日1回、上記2つにポチっと応援を頼むぞぃ。皆の力が必要じゃ。

LINE@にて、ビット先生からの非公開情報や最新情報を受け取る!

  • ビット先生が仮想通貨開始から4ヶ月で3,000万円以上稼いだ銘柄選定方法
  • ブログでは公開していない通貨・ICO情報
  • 仮想通貨の最新ニュース
  • オススメの取引所
  • その他、仮想通貨に関する情報を配信
仮想通貨の教科書
【公式】仮想通貨取引所

仮想通貨は、市場規模が70兆円を超え、非常に注目されている市場です。

FXの市場が500兆円、株式市場が6,500兆円ということを考えると、ここから数年で10倍、20倍と拡大を続けることが予想されます。

まだ仮想通貨を始めていない方は、先ずは口座開設から始めてください。

全て無料で作成できますのでご安心ください。

【日本国内の取引所】

【海外の取引所】

仮想通貨取引所・徹底比較ランキング

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。