Bingo Music(ビンゴミュージック・BMC)のICO・買い方・購入方法

Bingo Music(ビンゴミュージック・BMC)は、ブロックチェーン技術を利用した世界的な音源プラットフォームを提供します。

Bingo Music(ビンゴミュージック・BMC)では、アーティストの著作権を保護するだけでなく、音楽好きなユーザー同士がコミュニティを通して交流したり、アーティストとユーザーが直接繋がるプラットフォームでもあります。

※PartnersにはMicrosoftの名が・・・。

Bingo Music(ビンゴミュージック・BMC)のパートナー

今回は、そもそもBingo Music(ビンゴミュージック・BMC)では何ができるのか、そして、既に決定している豪華な参加アーティストやパートナー企業にも触れながら、Bingo Music(ビンゴミュージック・BMC)の特徴と将来性を紹介します。

また最後に、Bingo Music(ビンゴミュージック・BMC)への参加方法も記載していますので、ぜひ参考にしてください。

運営会社の話では、上場時に1BMC(15円を予定)で考えているとのことで、仮に1ETHが72,000円とすると、1BMCが1,2円なので12,5倍になる計算です。

本当になるかどうかはわかりませんが、運営会社の強気な計算となっております。

※追加情報

ビヨンセのミュージックが聴けるようになる!!

歌手の報酬は通常6%未満のところ、本プロジェクトを利用すると90%以上の報酬になることから大物歌手が参戦しているとのこと。

にゃんこ

にゃんこ
音楽って業界ってあまり馴染みがなかったにゃん。
ビット先生

ビット先生
このICOは、韓国でも物凄い人気だったそうだぞぃ。

購入される方は、必ずLINE@にご登録ください。

※購入方法をお伝えさせて頂きます。

【LINE@の登録方法は以下2つ】

購入希望の方は『Bingo Music購入希望』とコメントください

目次

Bingo Music(ビンゴミュージック・BMC)ってなに?

Bingo Music(ビンゴミュージック・BMC)が提供するプラットフォームは、計10億もの音源を保有し、アーティストは仲介流通業者を通さずに、音源をユーザーに届けることが出来ます。

また、不法なダウンロードや高額な著作権料を危惧することは無くなり、アーティストにとってもユーザーにとっても適正な価格で音源を取引することが出来るのです。

コミュニティを通して、同じ趣味のユーザーと音楽を楽しんだり、趣向の近いユーザーの音楽を分析することで、自動的に好きなジャンルの音楽をオススメしてもらえます。

Bingo Music(ビンゴミュージック・BMC)は、世界最大の音源プラットフォームを目指しているのです。

Bingo Music(ビンゴミュージック・BMC)の基本情報

まずは、Bingo Music(ビンゴミュージック・BMC)の基本情報をしっかりと確認しておきましょう。

通貨名 BMC 公開日 2018年4月1日
プラットフォーム イーサリアム 最大発行数 50,000,000,000 BMC
Webサイト http://bingomusic.io/
ホワイトペーパー  https://bit.ly/2HHggnE
購入できる取引所
  • PlanBit(7月末)
  • 8月にはバイナンスなどの大型上場を目指す!

※その他2か所にも上場予定

ICOの基本情報

ハードキャップ 15,000,000,000BMC
最小購入額 3ETH
上場予定金額 1BMC = 15円(予定)
コイン引き渡し予定 2018年6月末予定

プライベートセール(第一次)

期間 価格
2018年3月31日まで 1ETH = 65,000BMC

プライベートセール(第ニ期)

期間 価格
2018年4月1日~2018年4月30日 1ETH = 60,000BMC

プレセール

期間 価格
2018年5月15日~2018年5月31日 1ETH = 35,000BMC

クラウドセール

期間 価格
2018年6月15日~2018年6月31日 1ETH = 15,000BMC

ロードマップ

2018年3月
  • プライベートセール進行
  • コア開発及び高度化
  • ウォレットテストベット進行
20184月
  • プレセール進行
  • プラットフォームウェブサイト構築
2018年5月
  • 香港ICO予定
  • コアテストベット進行
2018年7月
  • 国際取引所上場(PlanBit以外2か所上場)
  • ロンチング記念
  • ラスベガスミュージシャン公演
2018年9月
  • ロンチング記念ロサンゼルス
  • ミュージシャン公演
  • マイケル・ジャクソン非公開アルバム独占発表
2018年10月
  • Bingo Music Coinサービスベータオープン
2019年2月
  • Bingo Music Coin正式オープン

Bingo Music(ビンゴミュージック・BMC)の特徴と将来性

それでは、Bingo Music(ビンゴミュージック・BMC)の特徴と将来性を見ていきましょう。

▼世界的な音源プラットフォームを目指す

Bingo Music(ビンゴミュージック・BMC)は世界的な音源プラットフォームを目指しています。

アーティストにとってもユーザーにとっても、また著作権の保護に関する観点からも、“音源”というコンテンツの現状を改革しようとしています。

▼全10億曲を保有するプラットフォーム

Bingo Music(ビンゴミュージック・BMC)のプラットフォームにアップロードされる音源は、計10億を目指しています。

これは、現存する音楽プラットフォームからは想像も出来ない数ですよね。

私たちは今、Apple社のiTunesなどを利用して音源を購入しますが、Apple社が保有する音源でさえ約5万曲です。

これを考慮すると、10億曲という膨大な数字がいかに大きなプラットフォームに成長するかが分かりますね。

▼アーティストとユーザーが直接繋がる

プラットフォーム上では、アーティストの音源を販売することが出来ます。

現状では、仲介流通業者が間に入り、そのダウンロードサイトから購入することが一般的です。

私たちが購入している音源の料金には、アーティストへの収益はもちろんのことですが、仲介流通業者や著作権をコントロールする業者への利益分配もあるため、本来の適正な料金とは言い難い部分があります。

Bingo Music(ビンゴミュージック・BMC)のプラットフォーム上ならば、仲介流通業者を省くことが出来、さらには著作権をブロックチェーンとスマートコントラクトで管理するため、著作権をコントロールする業者すら必要ありません。

簡単に言ってしまえば、アーティストとユーザーが直接繋がり取引をするというスタイルなのです。

ですので、アーティストは音源に対する適正な利益を得ることが出来ますし、私たち消費者も、適正な価格で音源を購入することが出来るといった仕組みです。

▼趣向の近い友達検索機能とグループチャットで交流できる

プラットフォーム内では、コミュニティを作ることが出来ます。

コミュニティを通すことで、趣味の合うユーザー同士がコミュニケーションをとりながら、音楽を聴くことが出来ます。

音楽の趣味が合う友達は、日常生活で出会うと嬉しいものですよね。

その範囲が、世界規模になるということです。

ワクワクしますね。

▼好きな音楽を自動的にオススメしてもらえる

プラットフォームでは、自身が視聴する音源を分析し、同じ趣向のユーザーを分析することで、今までは知らなかった自分の趣向に近い音源を探して、オススメをしてくれます。

私たちが出会う音源は、テレビやラジオなどを通したメディアで出会うこともあれば、友達同士の交流で知ることもありますよね。

プラットフォームでは、それらを自動的に分析することで、あなたに合う音源を探し出してくれるので、新しい音源に出会う機会を更に広げてくれる事になります。

▼創作者がコンテンツ作成可能で参加者と利益分配出来る

アーティストなどの創造者は、プラットフォーム内で自身がコンテンツを作成することも可能です。

その際には、コンテンツ作成に参加することも可能なのです。

そのコンテンツが売れれば、作成した創造者はもちろん、作成参加者にも利益分配が約束されます。

コンテンツ作成に関われるというのは、非常に面白い試みですよね。

▼音源を紹介すると報酬がもらえる

あなたのお気に入りの音楽を他者に紹介すると、報酬がもらえます。

もちろんBMCという形で報酬を受け取ることが出来、BMCはプラットフォーム内で使用することが出来ます。

自分の好きな音楽は、人に勧めたいものですよね。

しかし、プラットフォーム内でオススメをすれば、“嬉しさ”だけではなくて、報酬までもらえるので、どんどん紹介したくなりますね。

この制度は音源が広まるという点でも、ユーザーの満足だけにとどまらず、アーティストにとっても利益のある仕組みです。

▼音源以外を売買出来るミニモールも提供する

Bingo Music(ビンゴミュージック・BMC)のプラットフォームでは、音源だけではなく、創造者であるアーティストの様々なコンテンツを販売することが出来るミニモールも提供します。

ライブなどで販売している、アーティストのグッズなども売買可能になるかもしれませんね。

取引にはもちろん、Bingo Music(ビンゴミュージック・BMC)のBMCコインが使われます。

▼映画・ドラマ・アーティストの様々な映像も確保する

Bingo Music(ビンゴミュージック・BMC)が提供するモノは音源だけではありません。

映画やドラマ、アーティストの映像など、様々なコンテンツも確保します。

DVDの特典映像でしか観ることの出来ない、ライブのメイキング映像や、アーティストのプライベートビデオなどが観れると嬉しいですね。

▼権利の保護が可能となる

ブロックチェーンとスマートコントラクトを利用することで、著作権などの権利を保護することができます。

著作権保有者の確認や、違法ダウンロードの監視を行い、万が一著作権を侵害するような動きがあれば、全てを追跡することが出来ますよね。

ブロックチェーンに刻まれる取引は、もちろん誰もが確認出来るものです。

この事実は、特に違法ダウンロードなどの抑制にも繋がるのではないでしょうか。

▼取引や利益配分に透明性を持たせる

音源別の取引履歴や音源の利用先、音源の再生回数を確認することで、取引に透明性を確保します。

これにより、収益がどのように分配されているかという確認をすることが出来、取引自体にも透明性を持たせることが出来るのです。

ブロックチェーン技術の真骨頂ですね。

▼アーティストの著作権料は現在の15倍が見込まれる

権利の保護や仲介流通業者の排除を徹底することで、アーティストへの著作権料は現在の15倍になると見込まれています。

創作から販売に至るまで、中抜きが無くなるので、アーティストには創作した作品に見合った適正な収益が見込まれるわけです。

それは、今後の創作活動に活かすことが出来、よりレベルの高い音源やコンテンツの創作を可能にします。

これは、音楽市場の活性化にも繋がり、世界の音楽市場はより盛り上がりを見せるのではないでしょうか。

▼参加アーティストが豪華メンバー

ホワイトペーパーには、既にBingo Music(ビンゴミュージック・BMC)に参加するアーティストが記載されています。

  • ブルーノマース:男性ソロ歌手
  • Dr. Dre:歌手兼プロデューサー
  • Snoop Dogg:ヒップホップ歌手
  • Teddy Riley:作品の価値が8,000万ドルを超える作曲者兼プロデューサー
  • David Oh:韓国系アメリカン歌手
  • その他様々なアーティスト

ブルー・ノマースも、日本でも人気のあるアーティストで、テレビCMでも曲が流れていますよね。

既に参加が明示されているアーティストが、とても豪華なのです。

この期待感は、その他のICOでは味わう事が出来ません。

▼強力なパートナーシップ

Bingo Music(ビンゴミュージック・BMC)を支えるパートナーも豪華なものです。

  • Microsoft社:言わずと知れたOS(Windows)を提供する企業
  • AMS(Azure Media Service):Microsoft社が持つクラウドサービス
  • DB Inc:韓国のITサービスに特化した老舗企業
  • コードクレーン:FacebookのFbStartグローバルパートナー

特に、Bingo Music(ビンゴミュージック・BMC)のプラットフォームは、Microsoftが提供するプラットフォーム「Azure(アジュール)」でイーサクラウドサービスに基づいて開発されています。

▼Microsoft社のAzureを使ったイーサクラウドサービス

Microsoft社が提供する「Azure(アジュール)」は、プログラム開発から実行までがスムーズに行えるクラウドサービスで、IT業界のプログラマには身近な存在でもあります。

そして「Azure(アジュール)」のソリューションの一つとして、マイクロソフトが提供するのがブロックチェーン技術を使えるクラウドプラットフォームです。

Bingo Music(ビンゴミュージック・BMC)では、この「Azure(アジュール)」を使用して、イーサリアムのサービスを構築しています。

※イーサクラウドサービス(Blockchain as a Service now on Azure, ETH BaaS)

▼プライベートセール参加者には特典がある

Bingo Music(ビンゴミュージック・BMC)をプライベートセール(4月30日)で購入することで、ビックリするような特典が用意されています。

  • アプリが3ヶ月無料で使える
  • Planbit(プランビット)取引所の手数料が20%割引
  • ビンゴミュージック公演会のVIP招待状がもらえる(7月:ラスベガス、9月:ロサンゼルス)
  • マイケルジャクソン2018年発売アルバムプレゼント

アプリの3ヶ月無料使用だけでも特典と言える気がしますが、取引所の割引やVIP招待、マイケルジャクソンのアルバムまでプレゼントが用意されているのは驚きです。

▼「防弾少年団」と「ビッグバン」が宣伝モデル

Bingo Music(ビンゴミュージック・BMC)のプロジェクトはもはや、期待感しかありませんが、さらに宣伝モデルに至っても「防弾少年団」と「ビッグバン」という大物アーティストを起用します。

日本でも人気の高い「防弾少年団」と「ビッグバン」の後ろ盾は、かなり強力なサポーターと言えるのではないでしょうか。

▼「防弾少年団」のコンサートスポンサー

「防弾少年団」に至っては、宣伝モデルにとどまらず、Bingo Music(ビンゴミュージック・BMC)がコンサートスポンサーまで務めちゃいます。

この事実が発表されれば、Bingo Music(ビンゴミュージック・BMC)は一気に知名度を上げ、追い風になる事間違いなしですね!

▼ Bingo Music(ビンゴミュージック・BMC)は「ICO」ではなく「TGE」

Bingo Music(ビンゴミュージック・BMC)のホワイトペーパーを見る限り、「ICO」ではなく「TGE」と記載されています。

現存するICO案件のほとんどが、その名の通り「ICO」でのセールですが、Bingo Music(ビンゴミュージック・BMC)は「TGE」セールです。

TGEとは「ICO」に比べて“安全性”と“信頼性”を確保した案件となります。

ICOの場合、アイディアがあれば誰でも「ホワイトペーパー」と「ロードマップ」を公開して、仮想通貨での資金調達が行えますよね。

そこには、本当に実現するのか、また法的な問題は大丈夫なのかといった保証が一切ありません。

TGEでは、そのような問題を解決してから資金調達を行うと言った「案件精査」の段階を踏みます。

精査されるのは次のような項目です。

  • アイディアが実現可能であるか
  • 理念は真っ当であるか
  • 技術的な問題はクリア出来るのか
  • しっかりと特徴を出せているのか
  • 集めた資金の用途は明確であるのか
  • 流注の仕組みが明らかになっているのか
  • 仮想通貨の利用方法が明らかになっているのか
  • プロジェクトに法的問題は無いのか(あるいはクリア出来るのか)

このような項目を、第三者機関が精査し、審査基準に基づいた上で“問題無し”と判断された案件がトークンセールを行います。

簡単に言うと次のようになります。

  • ICO:TGEよりも信頼性の低いプロジェクト
  • TGE:ICOよりも信頼性の高いプロジェクト

Bingo Music(ビンゴミュージック・BMC)は「TGE」案件ですので、より信頼性の高いプロジェクトという事になりますね!

Bingo Music(ビンゴミュージック・BMC)のリスク要因

TGE案件という事実や、強力なパートナー、そして豪華なアーティストを揃えたBingo Music(ビンゴミュージック・BMC)は、非常に期待度も高く信頼性も申し分がありません。

しかし、もちろんリスクは存在します。

今後、競合となるプロジェクトは出てくるはずです。

既に音楽プラットフォームを持っている大企業が、同じようなプロジェクトを立ち上げれば、最終的にどちらのプロジェクトが生き残るかは誰にも予想はできません。

また、たとえTGE案件とは言え、絶対にプロジェクトが頓挫しないとは言い切れないことも理解しておかなければなりません。

ICO案件であれ、TGE案件であれ、サービスが開始して軌道に乗るまでは長い目で見守るしかありませんよね。

ですので、参加する際には必ず余剰資金での参加を心掛けましょう。

Bingo Music(ビンゴミュージック・BMC)の買い方・購入方法(ICO参加方法)

Bingo Music(ビンゴミュージック・BMC)は、下記から参加できます。

1ETHの付与数

  • ~4月30日 60,000BMC
  • 5月15日~5月30日 35,000BMC
  • 6月15日~6月30日 15,000BMC
  • 5月1日~14日 販売なし
  • 6月1日~14日 販売なし

購入される方は、必ずLINE@にご登録ください。

【LINE@の登録方法は以下2つ】

購入希望の方は『Bingo Music購入希望』とコメントください

Bingo Music(ビンゴミュージック・BMC)の特徴 〜まとめ〜

Bingo Music(ビンゴミュージック・BMC)は、世界的な音源プラットフォームを目指します。

そして、音源を扱う業界の無駄を取り払い、アーティストにもユーザーにも適正な報酬・価格を提供するのです。

それでは最後に、Bingo Music(ビンゴミュージック・BMC)の特徴をまとめておきますね。

  • 世界的な音源プラットフォームを目指す
  • 全10億曲を保有するプラットフォーム
  • アーティストとユーザーが直接繋がる
  • 趣向の近い友達検索機能とグループチャットで交流出来る
  • 好きな音楽を自動的にオススメしてもらえる
  • 創作者がコンテンツ作成可能で参加者と利益分配出来る
  • 音源を紹介すると報酬がもらえる
  • 音源以外を売買出来るミニモールも提供する
  • 映画・ドラマ・アーティストの様々な映像も確保する
  • 権利の保護が可能となる
  • 取引や利益配分に透明性を持たせる
  • アーティストの著作権料は現在の15倍が見込まれる
  • 参加アーティストが豪華メンバー
  • 強力なパートナーシップ
  • Microsoft社のAzureを使ったイーサクラウドサービス
  • プライベートセール参加者には特典がある
  • 「防弾少年団」と「ビッグバン」が宣伝モデル
  • Bingo Music(ビンゴミュージック・BMC)は「ICO」ではなく「TGE」

安心と期待と信頼という要素を多く備えたBingo Music(ビンゴミュージック・BMC)は、今後の音源プラットフォームを大きくリードしていく存在になりそうです。

また、プレセールに参加することでの特典も魅力的ですよね。

Bingo Music(ビンゴミュージック・BMC)の今後の発展に期待したいですね!

※仮想通貨取引所の利用、また仮想通貨取引やICOへの参加については、リスクを伴うことがあります。これらリスクを自分自身でしっかりと把握した上で、無理のない資金で取引を行うことが大切です。自身でリスク管理をしっかりと行いましょう。

購入される方は、必ずLINE@にご登録ください。

【LINE@の登録方法は以下2つ】

購入希望の方は『Bingo Music購入希望』とコメントください

ランキング1位を狙っています。記事が役に立ったら応援お願いします!


にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

ビット先生

ビット先生
~1日1回、上記2つにポチっと応援を頼むぞぃ。皆の力が必要じゃ。

LINE@にて、ビット先生からの非公開情報や最新情報を受け取る!

  • ビット先生が仮想通貨開始から4ヶ月で3,000万円以上稼いだ銘柄選定方法
  • ブログでは公開していない通貨・ICO情報
  • 仮想通貨の最新ニュース
  • オススメの取引所
  • その他、仮想通貨に関する情報を配信
仮想通貨の教科書(ビット先生)
【公式】仮想通貨取引所

仮想通貨は、市場規模が70兆円を超え、非常に注目されている市場です。

FXの市場が500兆円、株式市場が6,500兆円ということを考えると、ここから数年で10倍、20倍と拡大を続けることが予想されます。

まだ仮想通貨を始めていない方は、先ずは口座開設から始めてください。

全て無料で作成できますのでご安心ください。

【日本国内の取引所】

【海外の取引所】

仮想通貨取引所・徹底比較ランキング

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。