MoneyToken(マネートークン・IMT)のICO・買い方・購入方法

MoneyToken(マネートークン・IMT)は、仮想通貨を担保にした融資を受けることが出来るプラットフォームを提供します。

実際に融資を受けた事が無い場合にはイメージが難しいかもしれませんが、融資を受けるには基本的に担保が必要です。

事業で必要な融資を受ける際には、例えば土地だったり物件だったり、個人的に融資を受ける場合には年金を担保にして融資を受ける事も可能です。

MoneyToken(マネートークン・IMT)では、このような融資と同じ理屈なのですが、担保に”仮想通貨“が使えるという特徴を持っています。

仮想通貨を預ける事で法定通貨(円やドル)といった現金を受け取る事が出来ます。

仮想通貨は現在、非常に乱高下の激しいモノでもありますので、安定するまで長期保有をするという人も多いと思います。

そのような場合、仮想通貨を現金化する事も出来ず、資産は眠ったままになりますよね。

資産の流動性を高めるために利用する事も出来ますし、万が一現金が必要な時にも、仮想通貨さえ持っていれば直ぐに現金を受け取る事が出来るようになります。

その他にも、プラットフォームを上手く利用した資産運用方法があるかもしれません。

今回は、そもそもMoneyToken(マネートークン・IMT)とは何なのか、仮想通貨の激しい乱高下に伴う”動かせない資産“という視点を交えながら、特徴や将来性を紹介します。

最後に、MoneyToken(マネートークン・IMT)の買い方・購入方法(ICO参加方法)についても紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

にゃんこ

にゃんこ
担保に仮想通貨!??そんなことできるのかにゃん。
ビット先生

ビット先生
非常に面白い取り組みだぞぃ!

MoneyToken(マネートークン・IMT)の公式サイトはコチラ

目次

MoneyToken(マネートークン・IMT)ってなに?

MoneyToken(マネートークン・IMT)は、仮想通貨を担保に法定通貨(円やドル)である”現金“を融資するプラットフォームを提供してくれます。

融資というと“お金を借りる”というイメージもありますが、MoneyToken(マネートークン・IMT)の融資は仮想通貨と現金を”一時的に交換”しておくイメージに近くなります。

例えば ビットコインを購入して、価格が上がるまで長期保有をする場合、ビットコインを購入するために投機・投資した法定通貨は動かすことができません。

それは、法定通貨に戻すにはビットコインを売るという手段しか方法が無いからです。

しかし、MoneyToken(マネートークン・IMT)では、ビットコインを預ける事で、保有枚数に応じた時価で法定通貨を融資してくれるのです。

乱高下の激しい仮想通貨の相場では、しっかりと握っていたい、いわゆるガチホしたいコインもありますよね。

しかしガチホするためには法定通貨を塩漬けにしておかなくてはなりません。

MoneyToken(マネートークン・IMT)は、このような状態を打開し、コインを保有したまま法定通貨も融資してもらえるという、画期的なプラットフォームなのです。

MoneyToken(マネートークン・IMT)でコインを担保に融資を受けることで、資金を最大限に運用出来るということですね。

MoneyToken(マネートークン・IMT)の基本情報

まずは、MoneyToken(マネートークン・IMT)の基本情報をしっかりと確認しておきましょう。

通貨名 IMT 公開日 2018年3月22日
プラットフォーム イーサリアム 最大発行数 2,000,440,000 IMT
Webサイト https://moneytoken.com/
ホワイトペーパー https://goo.gl/muxcDL
購入できる取引所 未定

▼ICO基本情報

トークン販売価格 1IMT = 0.005ドル
最低購入金額 0.05ドル

▼プレセール

ソフトキャップ 150万ドル
ハードキャップ 500万ドル

 

期間 ボーナス
2018年3月22日 30%
2018年3月22日~2018年4月22日 25%

▼トクンセール

ソフトキャップ 300万ドル
ハードキャップ 3,500万ドル

 

期間 ボーナス
2018年5月2日 20%
2018年5月2日~2018年5月9日 15%
2018年5月10日~2018年5月17日 10%
2018年5月18日~2018年5月25日 5%
2018年5月26日~2018年6月6日 0%

▼ロードマップ

2017年2月
  • コンセプト開発
  • チームの形成
2017年6月
  • プラットフォームの開発が進行中
2017年11月
  • 保護のための国際特許Fi
  • プラットフォームとIPの紐づけ
2017年12月
  • プラットフォームの公式発表
2018年2月
  • プライベートセールラウンド
2018年3月
  • プレセール
2018年第1四半期
  • Money Token プラットフォームのファーストリリース発表
  • ローン通貨として「Stablecoin」の採用
  • 担保通貨としてビットコインとイーサリアム採用
  • 担保比率の選択と返済
  • 担保を使用してローン返済
  • ローン期間延長のオプション
  • 早期返済オプション
  • AIであるアマンダが融資アシスタントとして動作
2018年5月
  • トークンセール
2018年第4四半期
  • MoneyTokenプラットフォームセカンドリリース発表
  • 貸し手と入金に関するオプション
  • マルチ通貨の担保
  • 多重署名担保保管機能のExchangeサービス
  • MoneyTokenの支払いカード
  • 紹介プログラム
  • 外部プラットフォーム用のMoneyToken貸付API提供(コミュニティ・ウォレット・マスメディアなど)
2019年第2四半期
  • クレジット通貨として人気のある安定したコインを追加
  • 金融ライセンスを取得
  • クレジット通貨として通貨でFiの統合を開始
  • 担保商品として成功したITOトークンの追加
  • MoneyTokenモバイルアプリ
  • 他の金融サービスして、AI(人工知能のアマンダ)をSaaSとして提供
2019年第4四半期
  • MoneyTokenの分散型交換所
  • 分散型意思決定システム
  • アトミックスワップおよびマルチチェーンの取引
  • スマートコントラクトでの取引

MoneyToken(マネートークン・IMT)の特徴と将来性

それではMoneyToken(マネートークン・IMT)の特徴と将来性をみていきましょう。

▼仮想通貨の長期保有でも現金(法定通貨)に困らない

仮想通貨を長期保有する場合は、もちろん余剰資金での購入が大原則です。

とは言え、仮想通貨を長期保有すると、保有している通貨の乱高下に翻弄されます。

また、保有している仮想通貨の価格がもう少しで上昇しそうだという時に、どうしても法定通貨である現金が必要な場合もあるかもしれません。

そんな時、MoneyToken(マネートークン・IMT)のプラットフォームを利用することで、仮想通貨を担保に現金を融資してもらうことが出来るのです。

しかも、融資分の現金を返済することで、預けた仮想通貨は確実に戻ってきます。

このサービスは、例え現金に困っていなくても、資産運用という観点からもかなり有用なサービスと言えるのではないでしょうか。

利用シーンとしては、以下のような状況が考えられます。

  • どうしても法定通貨(円やドル)が必要だが、保有している仮想通貨を手放したくない
  • 余剰資金で仮想通貨を保有しているが、短期的に価値の上昇が期待できる別の仮想通貨を購入したい

こういったシーンの他にも活用方法があるかもしれませんね。

▼仮想通貨の価値が上がっても全てのコイン枚数が返金される

MoneyToken(マネートークン・IMT)に預ける仮想通貨は、時価ではなくコインの枚数が基準になります。

ですので、返還される時にコインの価値が下がっていても上がっていても、同じ枚数のコインが返って来る事になります。

コインを預けて受けた融資を運用している間に、預けたコインの価値が上がっていれば、見事な資産運用となりますね。

万が一価値が下がっていたとしても、コインの枚数が減るわけではないので、また価値が上昇するまで保有すればいいわけです。

▼AI(人工知能)を使った自動融資操作で融資が速い

MoneyToken(マネートークン・IMT)では、自動融資操作を行うためにAI(人工知能)の「Amanda(アマンダ)」が活躍します。

AIであるアマンダは、融資の際の「返済計画」や「融資金額」などを瞬時に判断し、融資までの時間を大幅に短縮します。

一般的な金融での融資とは比べ物にならないくらいの速さでしょう。

また、このAIであるアマンダは、MoneyToken(マネートークン・IMT)のプラットフォームが公開される前に、自動融資操作のアシスタントとして稼働します。

実際にMoneyToken(マネートークン・IMT)のプラットフォームが公開される時には、実績を持った状態のアマンダを利用する事が出来ますので、安心感に繋がりますね。

▼支払いカードも発行予定

MoneyToken(マネートークン・IMT)では、MoneyTokenの支払いカードも発行する予定で、カードによって現金の引き出しなどが出来るようになります。

ロードマップによれば2018年の第4四半期に入っていますね。

▼世界中どこでも利用出来る

MoneyToken(マネートークン・IMT)のプラットフォームは、もちろんブロックチェーン上にイーサリアムベースで創られます。

ですので、インターネットが繋がっている場所ならば、世界中のどこからでもアクセスする事が出来ますよね。

万が一海外で、財布やクレジットカードを無くしてしまっても、仮想通貨さえ持っていれば、(最後の手段として)仮想通貨を担保に融資を受け切り抜ける事が出来そうですね。

▼融資期間は最大90日(長期間ローンも可能)

MoneyToken(マネートークン・IMT)のプラットフォームで融資を受けられる基本的な期間は、最短3日間〜90日間で、金利は1日0.2%〜0.5%となっています。

「長期間ローン可能」や、金利についても「10%〜15%年別」という記述もありますので、仮想通貨を年単位で長期保有する場合でも利用出来そうですね。

ただし、金利についてはしっかりと把握した上での利用を心掛ける必要があります。

▼融資額は500ドルから可能

仮想通貨を担保とした融資は、利用者を見込めることから、500ドル〜1,000,000ドルとなっています。

少額から利用出来るのは嬉しいですね。

▼主要な仮想通貨を担保として使える

MoneyToken(マネートークン・IMT)のプラットフォームで担保として使える仮想通貨は、ビットコイン(BTC)や イーサリアム(ETH)ですが、その後様々なアルトコインやICOトークンも採用されます。

価値がある程度担保できると判断されたコインが採用されるということですね。

ということは、MoneyToken(マネートークン・IMT)に採用されたコインは、ある程度の信頼性が期待出来るという目安にも活用できそうです。

▼債権者にもなれる

MoneyToken(マネートークン・IMT)では、融資を受けるだけではなく、債権者(貸し手)になる事も出来ます。

「IMTトークン」を預金する事でメンバーズシップとなり、融資を受ける側ではなく、融資する側(債権者)という立場でMoneyToken(マネートークン・IMT)プラットフォームに参加することが出来るのです。

メンバーズシップになる事で、プラットフォームでの手数料が60%割引になるという特典もあります。

MoneyToken(マネートークン・IMT)のリスク要因

MoneyToken(マネートークン・IMT)は、仮想通貨の利用方法に、更なる幅を持たせるプラットフォームになりそうです。

上手く利用することで、資産運用といった面でも活躍するのでは無いでしょうか。

しかし、MoneyToken(マネートークン・IMT)が確実に定着したサービスになるかどうかは、誰にも分かりません。

プロジェクト半ばで頓挫することも考えられますし、強大な資産をもった競合企業が参入して来る事も容易に考えられます。

どのようなICO案件にも言える事ですが、“絶対”に成功すると言えるプロジェクトは存在しません。

ですので、ICOに参加する際には、必ず余剰資金での参加を心がけましょう。

MoneyToken(マネートークン・IMT)の買い方・購入方法(ICO参加方法)

それではMoneyToken(マネートークン・IMT)の購入方法(ICO参加方法)をみていきましょう。

IMTトークンの購入には、以下のコインが使用できます。

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • LTC(ライトコイン)

1.公式サイトにアクセス

まずは、下記URLより公式サイトにアクセスしてください。

MoneyToken(マネートークン・IMT)の公式サイトはコチラ

公式サイトでは、右上に言語を変更する場所がありますので、日本語にすると便利です。

2.登録

公式サイトの「JOIN TOKEN SALE」をクリックしてください。

「Buy IMT tokens With」の下の空欄にメールアドレスを入力して、「LOGIN」をクリックしてください。

3.メール確認

登録したメールアドレス宛にメールが届きますので、メール内のリンク「Confirm your email」をクリックしてください。

MoneyToken(マネートークン・IMT)の買い方・購入方法

4.パスワード設定

パスワード設定画面が表示されますので、パスワードを入力しましょう。

MoneyToken(マネートークン・IMT)の買い方・購入方法のパスワード

入力が終わったら「SAVE PASSWORD」をクリックしてください。

5.情報入力

名前や電話番号の入力画面が表示されますので、入力しましょう。

  • 苗字
  • 名前
  • 電話番号
  • スカイプID(空欄でも問題ありません)
  • テレグラムID(空欄でも問題ありません)
  • 居住国(Japanを選択してください)

常軌を入力したら、3つのチェックボックスにチェックを入れて「セーブ」をクリックしましょう。

6.IMTトークンの受け取りウォレット登録

IMTトークンが配布される際に、受け取るウォレットアドレスを登録してください。

※取引所のアドレスではなく、イーサリアムを受け取るためのウォレットアドレスを入力しましょう。

入力を終えたら「SAVE」しましょう。

一度入力したアドレスは変更ができませんので、間違いがないようにコピー&ペーストでの入力をオススメします。

7.IMTトークンの購入

IMTトークンを購入する仮想通貨の種類を選択して、金額を入力しましょう。

ボーナスを含んだIMTトークン数が右側に表示されます。

「アドレスを生成する」をクリックすると、送金先のアドレスが生成されますので、ボタンの右側に表示されたアドレスに送金をしましょう。

送金の際には、ウォレットからでも取引所からでも問題ありません。

送金が完了したら購入完了です。

トークンの配布を待ちましょう!

MoneyToken(マネートークン・IMT)の特徴 〜まとめ〜

MoneyToken(マネートークン・IMT)が提供するプラットフォームでは、仮想通貨を担保に法定通貨(円やドル)での“融資”を受ける事が出来ます。

また、IMTトークンを預けておく事で債権者(貸し手)になる事も出来ます。

それでは最後に、MoneyToken(マネートークン・IMT)の特徴をまとめておきますね。

  • 仮想通貨の長期保有でも現金(法定通貨)に困らない
  • 仮想通貨の価値が上がっても全てのコイン枚数が返金される
  • AI(人工知能)を使った自動融資操作で融資が速い
  • 支払いカードも発行予定
  • 世界中どこでも利用出来る
  • 融資期間は最大90日(長期間ローンも可能)
  • 融資額は500ドルから可能
  • 主要な仮想通貨を担保として使える
  • 債権者にもなれる

仮想通貨を担保とした融資は、あらゆる面での利用が考えられます。

このようなサービスが普及することにより、今よりも資産運用が容易になるかもしれません。

MoneyToken(マネートークン・IMT)の今後の展開に注目したいですね!

MoneyToken(マネートークン・IMT)の公式サイトはコチラ

ランキング1位を狙っています。記事が役に立ったら応援お願いします!


にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

ビット先生

ビット先生
~1日1回、上記2つにポチっと応援を頼むぞぃ。皆の力が必要じゃ。

LINE@にて、ビット先生からの非公開情報や最新情報を受け取る!

  • ビット先生が仮想通貨開始から4ヶ月で3,000万円以上稼いだ銘柄選定方法
  • ブログでは公開していない通貨・ICO情報
  • 仮想通貨の最新ニュース
  • オススメの取引所
  • その他、仮想通貨に関する情報を配信
仮想通貨の教科書
【公式】仮想通貨取引所

仮想通貨は、市場規模が70兆円を超え、非常に注目されている市場です。

FXの市場が500兆円、株式市場が6,500兆円ということを考えると、ここから数年で10倍、20倍と拡大を続けることが予想されます。

まだ仮想通貨を始めていない方は、先ずは口座開設から始めてください。

全て無料で作成できますのでご安心ください。

【日本国内の取引所】

【海外の取引所】

仮想通貨取引所・徹底比較ランキング

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。