WORLD TRADER(ワールドトレーダー)は仮想通貨の究極のアプリ!?

WORLD TRADER(ワールドトレーダー)は、仮想通貨における資産管理や取引、履歴データなどを1箇所で完結させるスマートフォンアプリです。

日本の取引所、海外の取引所含め、仮想通貨の資産管理機能は完全無料で利用できるのでこれ程便利なアプリは見たことがありません。

機能によって有料・無料と分かれていますが、あらゆる場面で“痒い所に手が届く”という特徴を持っています。

今回は、そもそもWORLD TRADER(ワールドトレーダー)とは何なのか、そして、これまで世に出た様々なアプリケーションが到達できなかった“機能”を中心に、WORLD TRADER(ワールドトレーダー)を紹介します。

「これが欲しかった!」という機能がWORLD TRADER(ワールドトレーダー)に含まれているのではないでしょうか。

最後に、WORLD TRADER(ワールドトレーダー)の登録やアプリダウンロードについても紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

にゃんこ

にゃんこ
仮想通貨で欲しかった機能が網羅されているアプリって本当かにゃん?
ビット先生

ビット先生
ビット先生が欲しかった機能が・・・全て含まれているぞぃ。無料で利用できる箇所だけでも十分な機能だぞぃ。

【無料】WORLD TRADER(ワールドトレーダー)の登録

目次

WORLD TRADER(ワールドトレーダー)ってなに?

WORLD TRADER(ワールドトレーダー)は、複数の仮想通貨取引所やその売買など、仮想通貨に関する情報や取引機能を1つのアプリで完結させるスマートフォンアプリです。

複数の仮想通貨取引所を利用していると、取引や資産確認のために、毎回各取引所にログインしなければなりません。

セキュリティを考慮すると、一つ一つにしっかりとログインして利用する事は大切なことですが、多数の仮想通貨取引所を利用していると、スピードが求められるトレードには対応できず、煩わしいと感じる人も多いのではないでしょうか。

この煩わしさをアプリ一つで解決してくれるのがWORLD TRADER(ワールドトレーダー)です。

「ビットフライヤー」や「バイナンス」、「ポロニエックス」など各国様々な取引所を利用していても、それら全てを一つのアプリで集約する事が可能なのです。

セキュリティ面での懸念もあると思いますが、WORLD TRADER(ワールドトレーダー)のアプリ自体も2段階認証に対応していますし、世界で最も優れた技術を持つホワイトハッカー(15年以上破られたことがない)が構築しているため、非常に安心です。(ハッカー業界にて世界で2名しかいないウィザードの称号を持っている方)

また、有料機能としてAI(人工知能)を使ったトレードも実装されます。今後、AIは徐々にトレードの世界に浸透してくるはずです。

個人が資産のトレードにAIを導入する時代はすぐそこに来ています。

いち早くAIでのトレードを体験し、それを“使いこなす”チャンスかもしれません。

WORLD TRADER(ワールドトレーダー)は、このような“欲しかった機能”を一つにまとめたアプリであり、仮想通貨取引における「プラットフォーム」でもあります。

「WORLD TRADER(ワールドトレーダー)」を提供する「株式会社ワールドインパクト」

アプリを提供するのは、東京に本社を構える「株式会社ワールドインパクト」です。

「人の能力をはるかに超える人工知能によって人類を幸福へと導くこと」をコンセプトとして、アプリ開発やICOコンサルティングを行っており、仮想通貨に関する総合的なプラットフォームを提供する会社です。

ここでいうプラットフォームは、仮想通貨取引アプリの「WORLD TRADER(ワールドトレーダー)」を指し、このアプリというプラットフォームの上に、“総資産まるわかり”機能や“統一簡単売り買い”機能などを提供します。

また、「WORLD TRADER(ワールドトレーダー)」には、“AI全自動アービトラージ”機能や“Mr.チャンプのつぶやき+α”といった他社製品を載せる「プラットフォーム」としての役割を果たします。

アービトラージ機能などは”他社製品”と明記してありますので、機能開発者がWORLD TRADER(ワールドトレーダー)アプリを通して投資家と繋がるという事のようです。

ホームページには「開発者とユーザーをつなぐ、投資家のためのプラットフォームを目指す」と明記されており、これを元に誕生したプラットフォームが「WORLD TRADER(ワールドトレーダー)」という事ですね。

ICOコンサルティングにおいては、企業へのICOトークン発行促進や取引所への上場までをフルサポートといった事業内容が明記されています。

セミナー運営も展開しており「仮想通貨初級セミナー」から「仮想通貨上級セミナー」、「投資セミナー」なども開催して、仮想通貨に参入するサポートを行っています。

  • 社名:株式会社ワールドインパクト
  • 所在地:〒108-0074 東京都港区高輪3丁目25 高輪カネオビル8F
  • 代表取締役:高井孝之
  • 電話番号:03-5422-6085
  • E-mail:info@world-impact.jp
  • 営業時間:10:00〜17:00
  • 定休日:土日祝
  • ホームページ:http://world-impact.jp/

WORLD TRADER(ワールドトレーダー)はこんな人に向いている

WORLD TRADER(ワールドトレーダー)は、仮想通貨やトレードの初心者から上級者までが満足できる機能を備えています。

一部機能は無料で使えますが、多くの機能を利用するには月額料金が必要です。

ですので、まずは自身に必要な機能を確認する事が大切です。

WORLD TRADER(ワールドトレーダー)では、資産管理から売買までのあらゆる機能を搭載しますので、以下のように、ほとんどの人が欲しいと思えるアプリなのではないでしょうか。

  • 頻繁にトレードを行う人
  • 多数の仮想通貨取引所を利用している人
  • 取引やチャートの確認を統一した画面で行いたい人
  • 長期保有(ガチホ)で総資産だけを確認したい人
  • トレードの履歴を一括で確認したい人
  • アービトラージに興味のある人
  • いち早くトレードにAIを導入したい人

仮想通貨取引を行なっている人で、上記に当てはまらないと言った人はいないかも知れませんが、WORLD TRADER(ワールドトレーダー)の機能は仮想通貨取引に関わる全ての人の“手間を省く”ために作られたアプリだという事が分かります。

WORLD TRADER(ワールドトレーダー)の機能と特徴

それでは、WORLD TRADER(ワールドトレーダー)の機能と特徴を見ていきましょう。

▼仮想通貨取引所の総資産をまとめて確認出来る

各仮想通貨取引所に預けている資産を、一括でまとめて確認する事が出来ます。

日本国内の取引所はもちろんのこと、海外の取引所を利用している人も、WORLD TRADER(ワールドトレーダー)アプリだけで常に自身の総資産をチェックする事が出来るのです。

もちろん、各通貨ごと、取引所ごとと言った表示切り替えも出来ますので、これまでのように、わざわざ各取引所にログインして確認する必要がなくなります。

ログインが面倒という理由で、遠のいている仮想通貨取引所はありませんか?

“ログイン”という手間を省いてくれる機能は、それだけでもWORLD TRADER(ワールドトレーダー)を使うメリットになりますね。

▼全てを日本円で表示可能

WORLD TRADER(ワールドトレーダー)では、国内外の取引所に関わらず、現在の総資産を日本円で表示します。

BTCやドルなどの通貨単位が混ざっていると、わざわざ日本円に計算し直す事が面倒に感じてしまいますよね。

慣れてしまえば大体の資金把握は出来るようになるかも知れませんが、やはりザックリとした管理になってしまいがちです。

WORLD TRADER(ワールドトレーダー)ならば全てを日本円に換算した数字で表示してくれますので、常に正確な資産を把握する事が出来ます。

余剰資金での投機・投資とは言え、あくまでも“資産”ですので、総資産は出来るだけ正確に把握しておきたいですね。

▼複数の異なる取引所でもアプリの統一された画面で取引可能

仮想通貨取引所の取引画面は、国内の取引所だけでもスタイルが異なりますが、さらに海外の仮想通貨取引所になると日本語に対応していない取引所も多く、ある程度慣れるまでは慎重に取引操作を行わなければなりません。

また、チャートの見方や分析に使えるツールボタンなどが配置されていると、さらに分かり難いと感じる人も多いのです。

WORLD TRADER(ワールドトレーダー)では、国内外の仮想通貨取引所での売買を、一つのアプリに集約できます。

チャートの画面も操作も、たった一つの画面と同じパターンの操作で取引が出来るのです。

アプリはもちろん日本語完全対応ですので、操作に迷う事もなくなるはずです。これは、取引を”直感的に”行う上で非常に重要な要素となります。

▼全ての取引履歴を一括管理出来る

複数の仮想通貨取引所で売買を行った履歴は、各取引所でしか確認する事が出来ません。

当然のことなのですが、例えば確定申告の時などで取引の確認をしなければならない場合、非常に面倒な作業になりますよね。

各仮想通貨取引所にIDとパスワード、2段階認証を入力して、取引履歴をダウンロードして、一枚のエクセル表を作成して計算するといった途方も無い作業を考えると、それだけで大仕事です。

しかし、全ての取引をWORLD TRADER(ワールドトレーダー)を通して行う事で、取引履歴を一括管理出来るならば、それに越した事はありません。

▼確定申告利益計算ツール

前年の確定申告でも大変な思いをされた人も多かったのではないでしょうか。

法整備もなかなか整わない中、最終的な申告内容は仮想通貨で仮想通貨を買った場合も申告が必要という、物凄く細かい部分まで履歴を確認する事が必要になりました。

頻繁に取引を行っていた人にとって「そこまで覚えていない・・・」という、過酷な作業になったと思います。

しかし、今後はWORLD TRADER(ワールドトレーダー)を利用して全ての取引を行えば、細かな取引も全てアプリで確認出来る上に、確定申告時の利益計算も可能です。

この機能だけとってもすごく便利なアプリだという事が分かります。年末の“手間”を大幅に削減出来るのは非常に嬉しいですね!

▼2段階認証でセキュリティを担保

各仮想通貨取引所を使い分ける煩わしさの一つが“ログインの手間“です。

サイバー攻撃が不安視される中、自身で出来る最大の防御が2段階認証なのですが、この2段階認証の手間は取引所へのログインを一瞬躊躇させる面倒さでもあります。

一つ二つのログインならば苦にはならないかもしれませんが、これが複数となると長い間ログインもせずに放置してしまう取引所もありますよね。

その中には、既に存在すら忘れてしまっている資産があるかもしれません。

WORLD TRADER(ワールドトレーダー)は、これら取引所へのログインを一括で行い、その入り口となるWORLD TRADER(ワールドトレーダー)へのログインにだけ2段階認証を行います。

1箇所だけのログインで全ての資産が確認できる上に、2段階認証でセキュリティを担保しますので、“手間”と“セキュリティ”を一気に解決してくれますね。

▼Mr.チャンプのテクニカルやファンダメンタルズ分析情報をつぶやく「Mr.チャンプのつぶやき+α」

Mr.チャンプは株式で約3,000億円もの経済を動かしていた凄腕トレーダーとして有名な人物です。

Mr.チャンプは2017年から仮想通貨でも大きな実績を上げています。

そんなMr.チャンプの“テクニカル分析”や“ファンダメンタルズ分析”、“仕手情報”などのつぶやきをWORLD TRADER(ワールドトレーダー)で確認する事が出来ます。

2017年前半まで、仮想通貨は買っておけば利益が出ると言っても過言ではない相場でした。

しかし2017年末から2018年始めをピークに、仮想通貨全体の価格は下落し「買えば儲かる」という相場は終わってしまいました。

これからどうすれば仮想通貨で利益を出せるのかと言えば、やはり“勉強”する以外に無いのです。

過去のチャートから未来を分析する“テクニカル分析”や、チャートに影響しそうな世界情勢を分析する“ファンダメンタルズ分析”といった、いわゆる「投資法」を勉強する必要が出てきたのです。

とは言え、独学で全てを勉強する時間が無いという人も多いはずです。

そんな時参考になるのが、プロのトレーダーの動きですよね。

Mr.チャンプは凄腕と言われるプロのトレーダーです。Mr.チャンプのつぶやきに従えば良いというわけではなく、プロの投資家のつぶやきを知る事も“分析“の一部として判断する事が大切です。

凄腕と言われるトレーダーのつぶやきに左右される人が世界中にいるとしたら、そのつぶやき一つで価格変動が起こります。

チャートは群集心理ですので、その変動の元となる情報をいかに早く掴んでおくかが、トレードで利益を出すための要素の一つです。

Mr.チャンプが”つぶやく”以上に、そのつぶやきをキャッチできるプラットフォームが拡散すること自体が、チャートの変動に繋がります。

▼仮想通貨に関する世界のニュースを配信

アプリ内では、ワールドニュースという“仮想通貨に関する世界のニュース”を閲覧する事が出来ます。

仮想通貨取引において重要なモノは“情報”ですよね。

様々なニュースサイトを渡り歩いて閲覧するよりも、一つのアプリで情報を取得した方が効率よく情報収集出来ます。

普段の情報収集と合わせて利用する事で、情報の幅も広がるはずです。

▼AI(人工知能)による全自動アービトラージ機能

仮想通貨取引所によって、通貨の価格に差が出る事があります。

価格差が出る理由としては、仮想通貨取引所の利用人数が大きく関係しています。

マーケットの大きさによって各取引所における需要と供給のバランスが異なるため、そこには常に価格差が出てしまい、稀に大きな価格差が生まれる事があります。

この価格差を利用して取引を行い、利ざやを得るのがアービトラージです。

しかし、実際にアービトラージを実行するには、複数の取引所を同時にチェックする必要があります。

そして、一瞬の価格差を見逃さずに売買し、送金して、また売買すると判断力と俊敏さが必要です。

24時間365日休む事のない仮想通貨市場で、これらの作業を一人で行う事は想像を絶する集中力を、長時間持続させる必要があります。

正直、人間業ではありません。

そこでAI(人工知能)の登場です。

WORLD TRADER(ワールドトレーダー)では、AIを使った完全自動のアービトラージサービスを提供します。

あらゆる取引所の価格差を認識し、常に監視・実行してくれるのです。

正直、アービトラージは“自動化”に全てがかかっていると言っても過言ではありません。

アービトラージで資産を増やすならば、人間が実行するよりも遥かに正確で“楽”になる事は間違いありませんよね。

ただし、同じ方法でのアービトラージ取引を行う人数が増えれば、それだけ価格差は縮まっていき、大きな利益を得る事は難しくなるかも知れません。

月額料金と利益をしっかりと考えた上で利用する必要がありあそうですね。

▼利用開始1ヶ月間は無料期間

WORLD TRADER(ワールドトレーダー)は、使う機能によって月額料金がかかります。

これだけの“便利”を無料で提供されると、逆に警戒してしまいますよね。

仮想通貨取引における全ての“手間”を省いてくれるので、有料という方がむしろ安心ではないでしょうか。

しかし、最初から有料となると、本当に有用な機能であるかどうか、そして自身が活用出来るかどうかという不安から、なかなか手を出す事が出来ません。

そこでWORLD TRADER(ワールドトレーダー)では、利用開始から1ヶ月間は全ての機能を完全無料で提供しています。

無料期間にある程度の機能を使ってみて、自身に必要な機能を選別しましょう。

各機能別の月額料金

それでは、WORLD TRADER(ワールドトレーダー)の各機能の月額料金をみていきましょう。

▼総資産まるわかり(6月より稼働中)

  • 月額料金:無料

国内外に関係なく、仮想通貨取引所に預けている資産を一括管理出来る機能です。

▼統一簡単売り買い(6月より稼働中)

  • 【ベーシック版】月額料金:2,000円(税込)
  • 【アドバンス版】月額料金:4,000円(税込)

画面デザインや言語・操作性を、統一した画面で利用出来る機能です。

【ベーシック版】は初級者向けで、各取引所に合わせた通貨ペアとスッキリとした画面で取引が出来ます。

【アドバンス版】は中級者向けで、テクニカル分析ツールを利用できるプロ仕様です。

「時間足」「深度図」「板」などを確認する事が出来ます。

▼Mr.チャンプのつぶやき(6月より稼働中)

  • 月額料金:3,800円(税込)

Mr.チャンプのテクニカル分析やファンダメンタルズ分析、仕手情報を確認できます。

▼AI全自動アービトラージ(9月発売予定)

  • 月額料金:20,000円(税込)

各取引所の価格をAIが監視し、アービトラージを実行してくれます。

▼シグナル配信(9月発売予定)

  • 月額料金:1,000円(税込)

アービトラージの稼働履歴を確認したり、アービトラージを行う上で比較したい仮想通貨取引所を設定出来ます。

また、気になる仮想通貨(コイン)をお気に入りに入れる事で、各仮想通貨(コイン)の情報が自動的に配信されます。

▼AIアルトコイントレード(9月発売予定)

  • 月額料金:20,000円(税込)

AIが判断し、自動的にアルトコインのトレードを行ってくれます。

仮想通貨のチャートに張り付く時間を大幅に削減できますね。

▼その他発売予定の機能

  • AI為替仮想通貨トレード(発売予定):月額料金考慮中
  • HEAVEN(発売予定):月額料金無料

WORLD TRADER(ワールドトレーダー)の肝となる「API」のとは?

WORLD TRADER(ワールドトレーダー)がアプリ一つで複数の仮想通貨取引所の機能が使えるのは「API」のお陰です。

「API」とは、“取引所外から取引操作をする”ための機能です。

仮想通貨取引所での取引や資産確認は、取引所にログインしてから操作する必要がありますが、「API」はそれを外部から接続する事で、アプリケーションから「自動売買」や「資産確認」を可能にします。

それだけに、扱い方には最新の注意が必要で、ハッキング被害などで情報が外部に漏れてしまうと、全ての資産を失ってしまうリスクもあります。

「API」では、大きく2つのAPIに分かれています。

一つは「パブリックAPI」といって、ログインを必要としない情報を取るためのAPIです。

ログインを必要としない情報とは、仮想通貨取引所の画面にアクセスしただけで見える画面の事で、各仮想通貨の価格やチャートの情報です。

自身が買った仮想通貨を手動で入力し、資産管理をするアプリなどはこちらのAPIが使われています。

もう一つが「プライベートAPI」といって、ログインを必要とする情報です。

ログインを必要とする情報とは、仮想通貨取引所にログインをして確認できる“資産”や売買をする“操作”です。

WORLD TRADER(ワールドトレーダー)ではこの「プライベートAPI」を使って、資産管理や売買操作をする事になります。

国内外の仮想通貨取引所から「プライベートAPI」を取得して「API接続」を実行します。

API接続をした仮想通貨取引所の情報をWORLD TRADER(ワールドトレーダー)の画面に表示する事で、統一した画面での資産管理や売買操作をする事が可能になるのです。

ですので、WORLD TRADER(ワールドトレーダー)と接続するために取得する「API」の情報は絶対に他人に知られる事が無いよう、注意が必要です。

WORLD TRADER(ワールドトレーダー)では、どこの仮想通貨取引所と接続するかは、使用する私たち自身で決める事が出来ます。

APIでの接続にどうしても不安を感じる場合には、メインで使っている仮想通貨取引所ではなく、それほど資産を預けていない仮想通貨取引所だけ接続して使ってみるといった調整も可能です。

使用している中で、万が一不安を感じた場合には、APIを削除すれば接続を完全に断つ事も出来ます。

API接続をするサービスを利用する場合には、APIがどの様な役割を果たし、どのような危険性があるのかという事だけは一通り調べてみてください。

WORLD TRADER(ワールドトレーダー)のリスク要因

WORLD TRADER(ワールドトレーダー)は、仮想通貨取引に関するあらゆる”面倒“を解決してくれるアプリです。

しかし、完全に安全で絶対に儲かる事が約束されているわけではありませんし、そのようなものはこの世に存在しません。

例えば、WORLD TRADER(ワールドトレーダー) は各取引所での売買を行うために“API”という機能を使って、アプリと取引所の接続を行います。

過去に、この“API”でハッキング被害が懸念された取引所も存在するという事実を知っておく必要があります。

また、アービトラージが絶対に儲かるトレード方法というわけでもありません。

WORLD TRADER(ワールドトレーダー)が普及し、皆んなが同じようにアービトラージを始めれば、価格差は縮まってしまう可能性が高くなります。

そして、WORLD TRADER(ワールドトレーダー)ほとんどが有料機能ですが、やはりそれに見合った利益が出る保証はありません。

ですので、無闇に全ての機能を利用するよりも、自分自身にどのような機能が必要で、いくらまでなら“手間賃”を支払う価値があるかを判断し、利用する事が大切です。

WORLD TRADER(ワールドトレーダー)の利用方法

WORLD TRADER(ワールドトレーダー)を利用する際には、アプリのダウンロードと登録が必要です。

▼登録

下記よりWORLD TRADER(ワールドトレーダー)に登録しましょう。

【無料】WORLD TRADER(ワールドトレーダー)の登録

上記登録を終えるとログイン画面が表示されます。

wordl trade(ワールドトレード)

ID・PASSを入力するとダッシュボードが開きます。

ワールドトレーダー

▼アプリのダウンロード

ダッシュボードよりアプリがダウンロードできるようになっておりますので、こちらのURLからダウンロードして利用しましょう。

Android版とiOS版に分かれていますので、それぞれに合ったアプリをダウンロードしてください。

「総資産まるわかり」ツールと「確定申告」ツールは、登録をするだけで無料で使えます。

その他機能は、1ヶ月の無料期間のうちに試しておきましょう。

まとめ

WORLD TRADER(ワールドトレーダー)は、仮想通貨取引におけるあらゆる手間を省いてくれます。

総資産の確認や取引履歴の記録、何より面倒な“ログイン”という作業を一つの窓口で集約してくれるWORLD TRADER(ワールドトレーダー)は、それだけでも価値のあるアプリだと言えます。

2018年6月時点では、まだ全ての機能が販売されているわけではありませんが、AIを使ったトレードは今後着実に取引の世界に浸透してくるはずです。

いかに早くAIを導入するかという点でも、仮想通貨取引で資産を増やすポイントになってくるでしょう。

それでは最後に、WORLD TRADER(ワールドトレーダー)の特徴をまとめておきます。

  • 仮想通貨取引所の総資産をまとめて確認出来る
  • 日本・海外の取引所の通貨、全てを日本円で表示可能
  • 複数異なる取引所でもアプリの統一された画面で取引可能
  • 全ての取引履歴を一括管理出来る
  • 確定申告利益計算ツール
  • 2段階認証でセキュリティを担保
  • Mr.チャンプのテクニカルやファンダメンタルズ分析情報をつぶやく「Mr.チャンプのつぶやき+α」
  • 仮想通貨に関する世界のニュースを配信
  • AIによる全自動アービトラージ機能
  • 有料サービスも利用開始1ヶ月間は無料期間

インターネット上にはWORLD TRADER(ワールドトレーダー)に関する情報がまだまだ少ないのも事実です。

少ない情報の中でも様々な批評がありますが、現時点では“便利さ”と“不安”が入り混じった状態となっています。

評価されている部分は「手間を省く機能」であり、批判されているのは「APIを利用する危機意識」です。

使ってみなければ分からない部分も多いアプリですが、仮想通貨の世界では、まだまだ初期に参入した“イノベーター”や“アリーアダプター”が強い市場です。

いかに早く新しいモノを取り入れるかという競争でもあります。

仮想通貨取引所を統一出来るアプリを取り入れる事も、将来的には「早い者勝ちだった」と言われる日がくるかも知れません。

WORLD TRADER(ワールドトレーダー)の機能については、無料機能だけで十分という人もいるでしょうし、「待っていた機能がようやく出た!」という人もいます。

「本当に使い勝手がいいの?」という疑問などもあると思いますが、1ヶ月の無料期間で出来るだけ使い込んでみると“便利さ”を実感出来るかもしれませんね!

※ APIを利用するアプリは、絶対に安全と言い切れるモノは存在しません。少しでも不安に感じる方は、APIの仕組みやWORLD TRADER(ワールドトレーダー)アプリについてより多くの情報を収集し、自身が納得した上でアプリを利用しましょう。

【無料】WORLD TRADER(ワールドトレーダー)の登録

ランキング1位を狙っています。記事が役に立ったら応援お願いします!


にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ
~1日1回、上記2つにポチっと応援を宜しくお願いします~

LINE@にて、ビット先生からの非公開情報や最新情報を受け取る!

  • ビット先生が仮想通貨開始から4ヶ月で3,000万円以上稼いだ銘柄選定方法
  • ブログでは公開していない通貨・ICO情報
  • 仮想通貨の最新ニュース
  • オススメの取引所
  • その他、仮想通貨に関する情報を配信
仮想通貨の教科書
【公式】仮想通貨取引所

仮想通貨は、市場規模が70兆円を超え、非常に注目されている市場です。

FXの市場が500兆円、株式市場が6,500兆円ということを考えると、ここから数年で10倍、20倍と拡大を続けることが予想されます。

まだ仮想通貨を始めていない方は、先ずは口座開設から始めてください。

全て無料で作成できますのでご安心ください。

【日本国内の取引所】

【海外の取引所】

仮想通貨取引所・徹底比較ランキング

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ビットコインキャッシュ(BCH) - 中期開発計画

ビットコインキャッシュ(BCH) - 中期開発計画

仮想通貨の確定申告(会計ソフトを徹底比較)

仮想通貨の確定申告(会計ソフトを徹底比較)

POW・POS・PoI・PoCの違い

POW・POS・PoI・PoCの違い

モナコイン暴騰・高騰の理由

人気の仮想通貨(ビットコイン・イーサリアム・リップル)

ICOの詐欺の手口を公開!!

ICOの詐欺の手口を大公開!!

アルトコイン購入プロジェクト

コインチェックのアルトコイン(12種類)に全て投資してみた。