Digital Currency Mining Coin(デジタルカレンシーマイニング・DCM)

Digital Currency Mining Coin(デジタルカレンシーマイニング・DCM)では、マイニングファームを提供することで「仮想通貨取引速度の安定」「省エネ省スペースでのマイニング」「ヤンク・バリー財団のサポート」を実現します。

今回は、そもそもDigital Currency Mining Coin(デジタルカレンシーマイニング・DCM)とは何なのか、そしてDigital Currency Mining Coin(デジタルカレンシーマイニング・DCM)の特徴と将来性について“マイニングファームの役割”と”期待値“を交えながら紹介します。

にゃんこ

にゃんこ
デジタルカレンシーマイニングについて質問したい場合はどうしたら良いのかにゃん。
ビット先生

ビット先生
この案件は、ビット先生がプロジェクトで関わっているものではないため、以下アドレスまで質問をして欲しいぞぃ。リスクを十分踏まえてお申込みすることが大切じゃ。

トークン販売価格:125/1トークン(通常価格は250円)

購入通貨:日本円

最低購入価格:10万円(それ以上の場合は1万円単位)

配布期間:着金確認後1週間以内

※募集終了は、2018年6月22日(12時まで)

ご質問は、mail@ico-inf.comまでご連絡をお願いします。

Digital Currency Mining Coin(デジタルカレンシーマイニング・DCM)お申込み

Digital Currency Mining Coin(デジタルカレンシーマイニング・DCM)購入確認フォーム

目次

Digital Currency Mining Coin(デジタルカレンシーマイニング・DCM)ってなに?

Digital Currency Mining Coin(デジタルカレンシーマイニング・DCM)は、デジタルカレンシー株式会社が発行するコインです。

デジタルカレンシー株式会社は、ビットコインシステムの要でもある“マイニングファーム”を提供することで、仮想通貨の取引速度の安定を図ります。

また、マイニングしたビットコインで「DCM」を自動購入する事で、DCMの価値を常に上昇させるという循環も作り出し、DCMの送信にかかる手数料の0.15%を「ヤンク・バリー財団」に割り当てることで、子供達の支援へ繋がるマイニングを実現させるのです。

ビットコインのマイニングには、広大な敷地と設備、そして膨大な電気量を消費するモノでした。

しかしデジタルカレンシー株式会社が提供するマイニングファームでは、マイニングマシンから発せられる熱を最小限に抑える事で消費電力を減らし、更にはAI(人工知能)がマイニングを制御する事で、大幅なコスト削減とマイニングによる利率を上げます。

熱を発しないマイニングマシンは、強力な冷却装置は必要ありませんので、最小限のスペースと電力でマイニングが可能になるのです。

マイニングはビットコイン(BTC)だけではなく、ビットコインキャッシュ(BTH)やライトコイン(LTC)など様々な種類をマイニングする事で、効率的なマイニング環境を提供します。

どのコインをマイニングするのかは、その瞬間で最も効率の良いコインをAIが判断し、安定した利益を生み出すのです。

Digital Currency Mining Coin(デジタルカレンシーマイニング・DCM)の基本情報

まずは、Digital Currency Mining Coin(デジタルカレンシーマイニング・DCM)についての基本情報をしっかりと確認しておきましょう。

▼運営企業情報

社名 デジタルカレンシー株式会社
設立日 2009年2月
代表者 松田 智
本社所在地 〒103-0015 東京都中央区日本橋箱崎町16-1 東益ビル2階
連絡先 03-6206-2530
営業日 平日 月曜日〜金曜日(日・祝日、年末年始 休業)
営業時間 10:00〜17:00
人員数 グループ全体 1847名(内 従業員数 10名)
URL http://digital currency.tokyo/

▼ICO基本情報

通貨名 DCM 公開日 2018年6月
プラットフォーム イーサリアム トークン販売数 1,000,000,000 DCM
Webサイト http://digitalcurrency-bcc.tokyo/
ホワイトペーパー 近日公開予定
購入できる取引所 未定

▼プレセール

プレセール販売枚数 100,000,000 DCM
購入価格 1 DCM = 125円

Digital Currency Mining Coin(デジタルカレンシーマイニング・DCM)の特徴と将来性

それでは、Digital Currency Mining Coin(デジタルカレンシーマイニング・DCM)の特徴と将来性をみていきましょう。

▼マイニングファームによって仮想通貨の取引速度を安定させる

ビットコインを筆頭に、ブロックチェーン上での仮想通貨取引には“マイニング”が必要です。

2017年末の1BTC価格は約200万円となりました。

価格が上がるに連れて“送金速度”が著しく低下した事も記憶に新しいと思います。

取引所から送金しても中々着金せず、機会損失を被った人も多かったのではないでしょうか。

この“速度の遅延”には、マイニングが大きく関わっているのです。

マイニングとは、不正の無い正しい取引を行うための確認作業です。

全ての取引は、マイニング作業によって成立します。

2017年末当時、ビットコインの利用者が爆発的に増えてしまったために、このマイニング作業が追いつかなくなり、送金に遅延が生じました。

マイニング作業が追いつかなくなった原因の一つに、マイニングを行う人である”マイナー“が圧倒的に少ないという実情がありました。

日常生活に例えると、”処理をする施設“が少な過ぎて、電気を点けようとしても”処理施設の許可待ち“が発生している状態ですね。

当時のビットコイン取引についても、利用者に対して”処理をする施設“が少な過ぎたために、通常の取引に遅延が発生してしまったのです。

これを解消するには”処理施設の増設“が必要となります。

省スペースでのマイニングファーム設置を可能にする事で、取引速度の安定を実現させるべく立ち上がったのがデジタルカレンシー株式会社です。

▼省エネで省スペースなマイニングファームを実現

デジタルカレンシー株式会社のマイニングファームは、熱を発生させないマイニングマシンを用いる事で、冷却に必要な設備や電力を極端に省き、これまでマイニングファームに必要だったスペースと電力を大幅に削減します。

この事は、マイニングファーム設置に必要な土地問題やエネルギー問題、そして資金の問題を解決し、マイニングによるコストを削減する事で利益率を高める結果となります。

省スペースで設置出来るマイニングファームは、将来的には”街の空き店舗“に設置する事も可能になるでしょう。

熱を出さないマイニングマシンは、冷却の必要もほとんど無くなり、電気料金のコストダウンにも繋がります。

何より、比較的簡単にマイニングファームが増設できる事によって、仮想通貨取引を支える“処理施設”を大量に作り出すことが出来、仮想通貨取引に信頼性と安定をもたらすのです。

▼マイニングファームは「アステック株式会社」と協業

Digital Currency Mining Coin(デジタルカレンシーマイニング・DCM)は、アステック株式会社との協業で実現します。

アステック株式会社の名前は、ITインフラ(サーバやネットワーク業務)に携わった事があれば一度は聞いた事があるかもしれません。

アステック株式会社は、現代のインターネット社会には欠かせない”サーバー“や”ネットワーク“といったITインフラを支えるスペシャリスト集団です。

アステック株式会社が提携している企業は、ゴールドマンサックスやJPモルガン、GMOクリック証券やApple、Amazon、TOYOTAや日産と言った名だたる超一流企業ばかりです。

ITインフラを支える企業の中でも超一流と言えます。

Digital Currency Mining Coin(デジタルカレンシーマイニング・DCM)は、この「アステック株式会社」がインフラ(基盤)を支えているのです。

▼通信のための光ファイバーは“専用線”を設置

一般的なマイニングファームは、通信のための光ファイバーをその他の通信と共用しています。

しかしDigital Currency Mining Coin(デジタルカレンシーマイニング・DCM)では、通信用の光ファイバーを独占して使う事が出来るのです。

車で会社に向かう時、通勤時間帯の道路は混雑します。皆が車を使う時間帯は渋滞になり、中々会社に着く事が出来ません。

これが一般的な通信回線であり、一般的なマイニングファームが使っている光ファイバーです。

あなたの家から会社までを直結した、あなただけの専用道路があればどうでしょうか。

その道路を他人が利用する事はありませんから、どんな時でも混雑はなく遅延する事はあり得ませんよね。

いわば”専用道路“です。

これがDigital Currency Mining Coin(デジタルカレンシーマイニング・DCM)の使う光ファイバーの専用線です。

この違いは非常に大きく、その他のマイニングファームとの結果に、明らかな差が出てくる事は間違いありません。

これも、協業するアステック株式会社の為せる技なのです。

▼DCMは自動購入されるため価格は上昇を続ける

Digital Currency Mining Coin(デジタルカレンシーマイニング・DCM)は、マイニングで得られる利益でDCMを自動購入し続けます。

これにより、DCMの価値は上昇を続ける事になります。

仮想通貨の価値は、人気があり“買われる”事によって価値が上昇しますよね。

買われる事で希少価値が高まり、“高値でも欲しい”という心理で価値が決まります。

人気が無いモノは、売られて終わりです。

しかしDCMは、マイニングのサイクルが続く限り自動購入されるため、自動的に価値が上昇していく仕組みになっているのです。

DCMには10億枚という発行上限がありますので、自動購入され続ければ、流通する枚数も限られてしまいます。

枚数が限られているコインは当然価値が高まり、“高値でも欲しい”希少価値のあるコインになっていくのです。

▼DCMの自動購入でヤンク・バリー財団に出資する

Digital Currency Mining Coin(デジタルカレンシーマイニング・DCM)は、無闇に価値を上げるだけの仕組みではありません。

DCMを自動購入する際に発生する手数料の0.15%を「ヤンク・バリー財団」へ出資します。

ヤンク・バリー財団のヤンク・バリー氏は「最もノーベル平和賞に近い男」と言われ、慈善活動としてトータル1000億円以上の寄付を行なっているのです。

この行いに対して、大富豪のビル・ゲイツ氏やウォーレン・バフェット氏も「彼のためなら協力を惜しまない」と言わせる程の人物です。

デジタルカレンシー株式会社では児童支援などの慈善事業に力を入れています。

今回、代表取締役社長の松田氏がヤンク・バリー財団のレイモンド氏に「奨学金破産問題対策」を提案した事から、ヤンク・バリー財団へと通じたプロジェクトとなりました。

▼様々なアルトコインでマイニング出来るという差別化

Digital Currency Mining Coin(デジタルカレンシーマイニング・DCM)では、ビットコイン(BTC)に限らず、ライトコイン(LTC)やモネロ(XMR)、ジーキャッシュ(ZEC)やモナコイン(MONA)のマイニングも行う事が出来ます。

マイニングをビットコインに限定詞な事で、その時々に合わせた適切なマイニング素材でのマイニングを行う事で、効率的に利益を追求する事が出来るのです。

全てのコインはマイニング後にビットコイン(BTC)へ自動変換されます。

▼AI(人工知能)で稼働するマイニングファーム

Digital Currency Mining Coin(デジタルカレンシーマイニング・DCM)は、AI(人工知能)をフル活用したマイニングファームです。

様々なアルトコインでのマイニングは、AIの判断によって最もパフォーマンスの高いマイニングを行います。

▼マイニングマシンのリース販売

デジタルカレンシー株式会社では、マイニングマシンのリース販売も行います。

マイニングを始めるにあたっては、知識や設備が不可欠で、手軽に始められるものでは決してありません。

しかし、知識や設備を含めたマイニングマシンをリースする事で、これまでハードルの高かったマイニングを手軽に始める事が出来るようになります。

▼ドバイの王族向けカンファレンスを開催

Digital Currency Mining Coin(デジタルカレンシーマイニング・DCM)はなんと、ドバイの王族にカンファレンスのオファーを受け、2018年7月2日にDMC単独のカンファレンスを行います。

ドバイの王族と聞いて想像する事は「大富豪」ですよね。その通りで、ドバイの王族の資産は最低でも1,000億円と言われています。

その王族がDigital Currency Mining Coin(デジタルカレンシーマイニング・DCM)に興味を持ったと言う事なのです。

しかも参加者が100名以上という事なので、カンファレンスが大成功を収めた場合、私たちが購入できるDCMの枚数が圧倒的に少なくなってしまうのでは、という懸念も捨てきれませんね。。

▼誰もが知るメディア会社がDCMコインを宣伝

Digital Currency Mining Coin(デジタルカレンシーマイニング・DCM)には、伊藤忠商事の元役員を務め、誰もが知る大手メディア会社を設立した人物が関係しています。

今後そのメディアCMで「DCM」が宣伝される予定です。

仮想通貨取引所と言った大枠のCMはありますが、DCMなどの“コイン単独のCM“はこれまでに例がありません。

実現すれば今後、仮想通貨を話題とした番組にはビットコインと並んで「DCM」の文字を見る事になるかも知れませんね。

▼2018年6月に韓国にて250円で上場予定

DCMは2018年6月に「1DCM=250円」での上場が予定されています。

最初から上場と価格が分かっているので、詐欺という心配はありませんね。

▼プレセールなら1DCM=125円で購入可能

250円での上場が予定されているDCMが、プレセールなら125円で購入可能です。

これは、プレセールでの購入後に、韓国の取引所で換金すれば即2倍になるという事です。

もちろん、DCM流通促進のためですので、一人で大量に購入する事は難しいかも知れませんが、上場後のICO割れが続く中、こう言った案件は嬉しいですよね。

因みに、日本での上場は2018年11月予定となっています。

▼プレセールでの販売枚数はたったの1億枚

DCMの発行上限は10億枚ですが、プレセールでの販売枚数は1億枚です。

1億枚という数字には余裕を感じてしまいますが、ここで懸念されるのが”ドバイの王族の資産“です。

カンファレンスが大成功となれば、世界一の大富豪たちとの取り合いになってしまいます。

そんな大富豪達と果たして勝負になるのか、という疑問もありますが、取り逃がした場合は上場を待つしかありません。。

Digital Currency Mining Coin(デジタルカレンシーマイニング・DCM)のリスク要因

上述したように、Digital Currency Mining Coin(デジタルカレンシーマイニング・DCM)には期待出来る材料が数多くあります。

地盤もしっかりと固まっている様ですし、大富豪の資産が流れ込んでくるという期待は計り知れません。

しかし、あくまでも現段階ではICO案件という事だけは忘れてはいけません。

発表される全ての事は”確定“ではありませんので、十分に情報を精査する必要があります。

また、全ての予定が実現しても、競合するプロジェクトが立ち上がる可能性は十分にあります。

ICO案件全般に言える事ですが、投機・投資する場合は必ず自分自身が納得した上で”余剰資金“での参加を心掛けてください。

ビット先生

ビット先生
本案件は、ビット先生とプロジェクト側との距離は遠いため、あくまで慎重に判断をして欲しいぞぃ。ビット先生は情報提供の立場に過ぎないのじゃ。

Digital Currency Mining Coin(デジタルカレンシーマイニング・DCM)の購入方法(ICO参加方法)

以下のリンクより、Digital Currency Mining Coin(デジタルカレンシーマイニング・DCM)のICO参加可能です。

トークン販売価格:125/1トークン(通常価格は250円)

購入通貨:日本円

最低購入価格:10万円(それ以上の場合は1万円単位)

配布期間:着金確認後1週間以内

※募集終了は、2018年6月22日(12時まで)

ご質問は、mail@ico-inf.comまでご連絡をお願いします。

Digital Currency Mining Coin(デジタルカレンシーマイニング・DCM)お申込み

Digital Currency Mining Coin(デジタルカレンシーマイニング・DCM)購入確認フォーム

【トークンの情報】

トークン名:Digital Currency Mining Coin

トークンシンボル:Dcm

桁数:18

トークンアドレス:0x9d357d43d9733A1E59E5eb1432F2527E66E2CD43

Digital Currency Mining Coin(デジタルカレンシーマイニング・DCM)の特徴 〜まとめ〜

Digital Currency Mining Coin(デジタルカレンシーマイニング・DCM)は、とにかく期待出来る材料が揃っています。

運営母体もしっかりとした企業ですし、協業する企業や関わる財団にも安心感がありますね。

最後に、Digital Currency Mining Coin(デジタルカレンシーマイニング・DCM)の特徴をまとめておきます。

  • マイニングファームによって仮想通貨の取引速度を安定させる
  • 省エネで省スペースなマイニングファームを実現
  • マイニングファームは「アステック株式会社」と協業
  • 通信のための光ファイバーは“専用線”を設置
  • DCMは自動購入されるため価格は上昇を続ける
  • DCMの自動購入でヤンク・バリー財団に出資する
  • 様々なアルトコインでマイニング出来るという差別化
  • AI(人工知能)で稼働するマイニングファーム
  • マイニングマシンのリース販売
  • ドバイの王族向けカンファレンスを開催
  • 誰もが知るメディア会社がDCMコインを宣伝
  • 2018年6月に韓国にて250円で上場決定
  • プレセールなら1DCM=125円で購入可能
  • プレセールでの販売枚数はたったの1億枚

マイニングファームは、日本国内だけでも大手企業が手がけています。

しかし、Digital Currency Mining Coin(デジタルカレンシーマイニング・DCM)はマイニングファームを一歩未来に進める役割を果たすかも知れません。

これからのDigital Currency Mining Coin(デジタルカレンシーマイニング・DCM)の動向に大注目ですね!

トークン販売価格:125/1トークン(通常価格は250円)

購入通貨:日本円

最低購入価格:10万円(それ以上の場合は1万円単位)

配布期間:着金確認後1週間以内

※募集終了は、2018年6月22日(12時まで)

ご質問は、mail@ico-inf.comまでご連絡をお願いします。

Digital Currency Mining Coin(デジタルカレンシーマイニング・DCM)お申込み

Digital Currency Mining Coin(デジタルカレンシーマイニング・DCM)購入確認フォーム

ランキング1位を狙っています。記事が役に立ったら応援お願いします!


にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ
~1日1回、上記2つにポチっと応援を宜しくお願いします~

LINE@にて、ビット先生からの非公開情報や最新情報を受け取る!

  • ビット先生が仮想通貨開始から4ヶ月で3,000万円以上稼いだ銘柄選定方法
  • ブログでは公開していない通貨・ICO情報
  • 仮想通貨の最新ニュース
  • オススメの取引所
  • その他、仮想通貨に関する情報を配信
仮想通貨の教科書
【公式】仮想通貨取引所

仮想通貨は、市場規模が70兆円を超え、非常に注目されている市場です。

FXの市場が500兆円、株式市場が6,500兆円ということを考えると、ここから数年で10倍、20倍と拡大を続けることが予想されます。

まだ仮想通貨を始めていない方は、先ずは口座開設から始めてください。

全て無料で作成できますのでご安心ください。

【日本国内の取引所】

【海外の取引所】

仮想通貨取引所・徹底比較ランキング

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。