KAISER(カイザーコイン・KIS)のICO・買い方・購入方法

KAISER(カイザーコイン・KIS)は、ブロックチェーンのセキュリティプラットフォームとなる「Kaiser Wallet」の肝となるトークンです。

今後、世の中にブロックチェーン技術を用いたシステムが普及する上で必要となるセキュリティを、”プラットフォーム“という形で提供し、あらゆるモノに対応出来るセキュリティの仕組みを作り上げます。

今回は、そもそもKAISER(カイザーコイン・KIS)とは何なのか、構想されるセキュリティプラットフォームがどの様な仕組みなのか、出来るだけ身近な例を用いて紹介します。

※技術的な部分に関しては、あくまでもイメージとして捉えてください。

にゃんこ

にゃんこ
新しいハードウォレットが出るのかにゃん!?
ビット先生

ビット先生
レジャー・ナノや、トレザーと同じようなハードウォレットのICOだぞぃ。価格が安く利便性がありそうだぞぃ。一方で、商品の販売とコインの価格の連動性が不明であるため、まだまだ解明されていないことも非常に多いからリスクも存在しているぞぃ。

購入を希望される方は、必ずLINE@にご登録ください。

【LINE@の登録方法は以下2つ】

KAISER(カイザーコイン・KIS)購入希望とコメントをください

KAISER(カイザーコイン・KIS)ってなに?

KAISER(カイザーコイン・KIS)は、「Kaiser Wallet(カイザーウォレット)」の“セキュリティトークン”として使用されるトークンです。

「Kaiser Wallet」とは、韓国のBizBlocks社が提供する“カード型ハードウェアウォレット”です。

BizBlocks社は、ハードウェアセキュリティである「Kaiser Wallet」と、KAISER(カイザーコイン・KIS)である「トークン」を組み合わせた、強固で汎用性のある”ブロックチェーンセキュリティプラットフォーム”を提供します。

「Kaiser Wallet」はクレジットカードと同じカード型のハードウェアウォレットで、クレジットカードが個人データを記憶しているのと同じように、セキュリティデータ保存機能やOTP(ワンタイムパスワード生成機能)により、これまでのセキュリティとは比べ物にならない革新的なセキュリティを確保します。

単価も50ドルと非常に安い上に、「Kaiser Wallet」には100種類以上のコインが管理可能となります。

「Kaiser Wallet」を使用する場合にも、USBなどの接続機器は必要なく、非接触での通信でセキュリティを解除出来ます。

対応するOS(オペレーティングシステム)の種類も、iOSやAndroid、WindowsやMacやLinuxなど、ほとんどのOSをサポートしますので、「Kaiser Wallet」は仮想通貨のウォレットに限らず、将来的にはブロックチェーンを使った様々なセキュリティにも活用出来るよう、汎用的な設計が成されているのです。

現代の様々なシステムにブロックチェーン技術が導入された時、Kaiser Walletのブロックチェーンセキュリティプラットフォームは、ブロックチェーン時代のセキュリティには欠かせないものとなり、非接触通信の際に使用されるKAISER(カイザーコイン・KIS)はプラットフォームに欠かせないトークンとして経済圏を作る可能性を大いに秘めています。

KAISER(カイザーコイン・KIS)の基本情報

まずは、KAISER(カイザーコイン・KIS)の基本情報をしっかりとチェックしておきましょう。

通貨名 KIS 公開日 2018年7月
プラットフォーム イーサリアム 最大発行枚数 6,000,000,000KIS
Webサイト https://bizblocks.io/
ホワイトペーパー 未定
購入できる取引所 未定

ICO基本情報

プライベートセール 2018年6月末まで
発行上限 6,000,000,000KIS
ハードキャップ 3,600,000,000KIS
単価 1ETH = 8,500KIS
最小購入 1ETH以上

※ハードキャップに到達できない場合は全量焼却されます。

※プライベートセールにて早期完売した場合は、ICOは行われず上場される予定です。

KAISER(カイザーコイン・KIS)の特徴と将来性

それでは、KAISER(カイザーコイン・KIS)の特徴と将来性を見てきましょう。

▼Kaiser Wallet(カイザーウォレット)の役割

「Kaiser Wallet(カイザーウォレット)」の役割は、ブロックチェーン上(オンライン)に接続するための“キー”の役割を果たします。

「Kaiser Wallet」は“アプリケーション”と“カード型ハードウェアウォレット”で成り立っています。

部屋のドアに例えると、カードが“鍵”、アプリが“鍵穴”と言ったイメージですね。

カードには、秘密鍵などのセキュリティデータが保存され、さらにOTP(ワンタイムパスワード)を生成する機能も有します。

専用のアプリを起動させたスマートフォンに“Kaiser Walletをかざす”といった使い方です。コンビニでのQUICPayや電車改札口でのSuicaを利用する感覚ですね。

非接触により通信をする瞬間に、OTP(ワンタイムパスワード)の生成から認証までを瞬時に行う事が出来るので、インターネットを使った遠隔でのハッキングは不可能となり、強固なセキュリティを保つ事が出来るのです。

▼KAISER(カイザーコイン・KIS)の役割

Kaiser Walletは、セキュリティキーとなるカード型ハードウォレットをスマートフォンに近づける事で非接触認証を行います。

認証を行う際には、OTP(ワンタイムパスワード)を生成し認証をするのですが、その際にKAISER(カイザーコイン・KIS)が使用されます。

KAISER(カイザーコイン・KIS)というトークンを多く使って認証させるほど、高度なセキュリティを保てるように設計されているのです。

政府機関や役所などの機密データを扱う場合には、トークンをたくさん使用する事が高いセキュリティを担保しているという裏付けにもなるという事ですね。

▼非接触型カードは様々な通信に対応

様々な通信プロトコルをサポートする事で、私たちが普段使用するほとんどの機器に対応出来ます。

サポートされる通信プロトコルは次のようなものです。

  • NFC
  • Bluetooth4.0
  • PCSC

身近なところでは、NFCはSuicaやFeliCaなどを使用する際のシステムです。Bluetoothはスマートフォンとヘッドセットの組み合わせや、パソコンとキーボードやマウスといった周辺機器の接続で使用しますね。

PCSCはWindowsパソコンで非接触のICカードを使用するためのMicrosoftのアプリケーションです。

「Kaiser Wallet」はこれらに対応する事で、ブロックチェーンに接続する機器全てをカバー可能となり、セキュリティの”プラットフォーム“として拡散される事になります。

▼100種類以上の仮想通貨を管理出来る

仮想通貨のウォレットは、基本的に数種類のみをサポートしている事がほとんどですが「Kaiser Wallet」では100種類をサポートします。

主要な仮想通貨のほとんどは「Kaiser Wallet」のみで管理する事が可能になりますね。

▼ 約50ドルという低価格での購入が可能

一般的なハードウォレットに比べても単価が非常に安く、約50ドルで提供されます。

カード型ということもあるかもしれませんが、非接触型なのでUSBケーブルなどの周辺機器も必要ありませんので、ほぼ本体だけの価格で利用する事が出来ますね。

ハッキング被害などが続く現状、低価格で最高のセキュリティを確保できるのはとても魅力的ですね。

▼バンプシステムも搭載

スマートフォン同士ならば、バンプ機能でコインの受け渡しをする事が出来ます。

今や私たち日本人のメッセージコミュニケーションプラットフォームにもなっている「LINE」にも”ふるふる“という機能で、連絡先の交換が出来ますよね。

スマートフォン同士をお互いに”振る(バンプする)“事で連絡先データをお互いに転送できます。

これと同じ利用方法でコインを転送出来るので、スマートフォンだけで割り勘も完了です。

もちろんQRコードにも対応しますので、「LINE」で可能な連絡先交換方法をそのまま仮想通貨の取引に使えるわけです。

▼その他の特質すべき特徴

その他にも様々な特質すべき特徴がありますので、簡単に紹介します。

  • 処理速度(トランザクション)はEOS(イオス)の4倍
  • 接続時と送信時のアラーム機能
  • 誤送信時には追跡可能
  • 安価な手数料

AUTO EXCHANGE SYSTEM(コインを別の種類で変換転送可能)

ホワイトペーパーが公開されたら、これら機能の詳細もチェックしておきましょう。

▼様々なメディアで紹介されている

KAISER(カイザーコイン・KIS)は、主に韓国の様々なメディアでも紹介されています。

その一部を紹介します。

  • 2018年6月7日:毎日経済にてジョンインヨウンCEOが出演し、30分単独での放送
  • 2018年6月8日:マネートゥディビジネスプラス
  • 2018年6月20日:オアシス放送
  • 日程調整中:TV朝鮮放送
  • 日程調整中:YTN、チャンネルA、MBN、SBS、KBSなど

その他、「ブルルムバグ通信(米国および世界のシリーズで単独紹介)」や20ヶ国の800のニュース媒体への記事掲載が予定されています。

これだけのメディア媒体に紹介されるのは、コイン史上最多です。

KAISER(カイザーコイン・KIS)の今後のプロジェクト

上述した”ブロックチェーンのセキュリティプラットフォーム“を基盤として、様々なプロジェクトが進んでいます。

▼セキュリティスマートシティー

中央アジア諸国やロシアを含み、ブロックチェーン技術を使用したシステムでKAISER(カイザーコイン・KIS)を使用したセキュリティプラットフォームを拡大していきます。

既に、ブロックチェーンハブメーカーとのMOUの締結が確定しています。

※MOUとは、M&A取引において当事者同士が内容についての基本合意文書を締結することです。

また、日本・中国・米国などにKAISER(カイザーコイン・KIS)を使ったセキュリティプラットフォームでの“電子政府の構成事業“を推進中との事です。

国のシステムがブロックチェーン技術を取り入れた場合、確固たるセキュリティが必要になりますので、そこにKAISER(カイザーコイン・KIS)のセキュリティプラットフォームが採用されれば、揺るぎないポジションを獲得する事になりますね。

▼個人だけでなく企業にもセキュリティプラットフォームを導入

KAISER(カイザーコイン・KIS)のセキュリティプラットフォームは世界最高峰のセキュリティ力と処理速度を誇っています。

これらセキュリティは、個人間だけでなく世界の企業への導入も進めいています。

特に、仮想通貨取引所や世界の大企業ではセキュリティ関連におけるMOUの締結準備が進んでいます。

▼実生活に深く浸透するIoT(モノのインターネット)でのセキュリティにも活用

今後、私たちの生活には欠かせない存在となるIoT(モノのインターネット)におけるセキュリティにもKAISER(カイザーコイン・KIS)のセキュリティプラットフォームが使用されるかもしれません。

実生活で使う家電や道具全てがインターネットに繋がるIoT時代は、信頼できるセキュリティを確保する必要があります。

これら日常のセキュリティにKAISER(カイザーコイン・KIS)が使われるとなると、想像を超えるプラットフォームになるかもしれません。

KAISER(カイザーコイン・KIS)のリスク要因

KAISER(カイザーコイン・KIS)は、現状のブロックチェーン技術に関わるセキュリティとしては極めてハッキング被害に遭いにくい技術です。

もちろん、今後ブロックチェーン技術はあらゆる業界のシステムとして取り入れられていき、その際には様々なセキュリティ技術が開発されていきます。

いち早く”セキュリティプラットフォーム“を構想しても、競合となるプロジェクトに飲み込まれてしまう可能性は否定できません。

にゃんこ

にゃんこ
ビット先生はどんなリスクが存在すると思うのかにゃん。教えて欲しいにゃん。
ビット先生

ビット先生
現段階では、KAISER(カイザーコイン・KIS)をICOで実施する理由が不明だぞぃ。KAISER(カイザーコイン・KIS)と上場後の連動性が不明であるため、ICO割れなどの危険性は十分に注意したいところだぞぃ。

ですので、投機・投資をする場合は必ず”余剰資金”での参加を心掛けましょう。

KAISER(カイザーコイン・KIS)のICO参加方法

購入を希望される方は、必ずLINE@にご登録ください。

【LINE@の登録方法は以下2つ】

KAISER(カイザーコイン・KIS)購入希望とコメントをください

KAISER(カイザーコイン・KIS)の特徴 〜まとめ〜

KAISER(カイザーコイン・KIS)の用途は“セキュリティの強化”です。

Kaiser Walletがセキュリティプラットフォームとして世界中に普及すれば、KAISER(カイザーコイン・KIS)はセキュリティ界隈の経済圏を作ってしまうでしょう。

最後に、KAISER(カイザーコイン・KIS)の特徴をまとめておきますね。

  • Kaiser Wallet(カイザーウォレット)の役割はブロックチェーン上に接続するための“キーカード“
  • KAISER(カイザーコイン・KIS)というトークンを多く使って認証させるほど、高度なセキュリティを保てる
  • 非接触型カードは様々な通信に対応
  • 100種類以上の仮想通貨を管理出来る
  • 約50ドルという低価格での購入が可能
  • バンプシステムも搭載
  • 様々なメディアで紹介されている
  • Kaiser Walletが目指す”ブロックチェーンのセキュリティプラットフォーム“という構想は、今後の私たちの日常生活にも深く関わってきます。

ブロクチェーン対応のセキュリティが高まっていくことは、ブロックチェーンが世の中に普及する支えになりますので、KAISER(カイザーコイン・KIS)の今後の展開には大期待ですね!

※仮想通貨取引所の利用、また仮想通貨取引やICOへの参加については、リスクを伴うことがあります。これらリスクを自分自身でしっかりと把握した上で、無理のない資金で取引を行うことが大切です。自身でリスク管理をしっかりと行いましょう。

購入を希望される方は、必ずLINE@にご登録ください。

【LINE@の登録方法は以下2つ】

KAISER(カイザーコイン・KIS)購入希望とコメントをください

ランキング1位を狙っています。記事が役に立ったら応援お願いします!


にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ
~1日1回、上記2つにポチっと応援を宜しくお願いします~

LINE@にて、ビット先生からの非公開情報や最新情報を受け取る!

  • ビット先生が仮想通貨開始から4ヶ月で3,000万円以上稼いだ銘柄選定方法
  • ブログでは公開していない通貨・ICO情報
  • 仮想通貨の最新ニュース
  • オススメの取引所
  • その他、仮想通貨に関する情報を配信
仮想通貨の教科書
【公式】仮想通貨取引所

仮想通貨は、市場規模が70兆円を超え、非常に注目されている市場です。

FXの市場が500兆円、株式市場が6,500兆円ということを考えると、ここから数年で10倍、20倍と拡大を続けることが予想されます。

まだ仮想通貨を始めていない方は、先ずは口座開設から始めてください。

全て無料で作成できますのでご安心ください。

【日本国内の取引所】

【海外の取引所】

仮想通貨取引所・徹底比較ランキング

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

注目ICO購入可 一覧表

【2018年】注目ICO・仮想通貨購入可 一覧表

非公開

非公開ICO情報 ~パスワードのご依頼は、LINE@をご登録の上、コメントをして...

Midex(ミデックス・MDX)のICO・買い方・購入方法・将来性

Midex(ミデックス・MDX)のICO・買い方・購入方法・将来性

increz(インクリーズ)token

increz token(インクリーズトークン・ICZ)のICO・買い方・購入方...

ICOとは、ICOを理解

ICOとは!?ICOを理解する

非公開

KAISER(カイザーコイン・KIS)購入情報 ~パスワードのご依頼は、LINE...