GGT(グローバル・ゴールド・トークン)の上場・価格・トークン

GGT(グローバル・ゴールド・トークン)

GGC(グローバルゴールドコイン)は、“金”資産をデジタル資産として運用するための仮想通貨です。

GoldLinksという、ブロックチェーン技術を利用したプラットフォームで、金を“デジタル資産”として取引・保有する事が可能になります。

またGoldLinksではGGC(グローバルゴールドコイン)とは別に、プラットフォームで運用されるトークン「GGT(グローバルゴールドトークン)」を発行します。

取引の透明性や信頼性を担保し、所有権を明確にする事が出来るブロックチェーン技術は、運搬や保有・分割が困難な“金”という資産のデジタル化を可能にします。

今回は、そもそもGGC(グローバルゴールドコイン)とは何なのか、“金”という物理的な資産を“デジタル化”するメリットを交えながら、その特徴を紹介します。

にゃんこ

にゃんこ
中国のプロジェクトって凄そうだにゃん。今すぐ欲しいにゃん。
ビット先生

ビット先生
ビット先生が、2018年7月頃に中国、韓国と4日間の間現地に訪れ、情報収集してきたぞぃ。リスクもあるのでしっかりと確認して欲しいぞぃ。

目次

GGC(グローバルゴールドコイン)ってなに?

GGC(グローバルゴールドコイン)ってなに?

GGC(グローバルゴールドコイン)とは、GoldLinks.oneがブロックチェーンを利用して発行するデジタル資産の”金“です。

金という資産には「金地金(延べ棒などの金塊)」「金貨」「純金積立」「金ETF(上場投資信託)」があります。GoldLinks.oneはブロックチェーン技術を使う事で、金という資産の中でも「金地金」をデジタル資産として取引出来るプラットフォームを提供します。

プラットフォームに参加するためのトークンであるGGT(グローバルゴールドトークン)も発行する事で、取引を行う”場所の価値”を担保します。

GGC(グローバルゴールドコイン)とGGT(グローバルゴールドトークン)の役割を簡単に説明すると次のようになります。

  • GGC(グローバルゴールドコイン):金の価値と同等の仮想通貨
  • GGT(グローバルゴールドトークン):プラットフォーム上でGGCを運用するための仮想通貨

GGC(グローバルゴールドコイン)は“金地金(金塊)“、GGT(グローバルゴールドトークンは”日本銀行券(紙幣)“とイメージすると分かりやすいかも知れませんね。

GGT(グローバルゴールドトークン)が流通する事で、金の運用ではなかなか得られなかった”インセンティブ“を授受する事が可能になります。

これが、GGC(グローバルゴールドコイン)のメリットの一つではないでしょうか。

また、金は持ち運びや保管の面で非常に不便です。また、所有権を単にデジタル化する事は、不正や改ざんの危険性がありました。

これらの問題を解決し、金の流動性を促進するためにブロックチェーン技術を用いたプラットフォームを提供するのがGoldLinks.oneという事になります。

GGC(グローバルゴールドコイン)の基本情報

GGC(グローバルゴールドコイン)の基本情報

まずはGGC(グローバルゴールドコイン)の基本情報をしっかりとチェックしておきましょう。

通貨名 GGT 公開日 2018年10月
プラットフォーム イーサリアム 最大発行枚数 20,000,000,000 GGT
Webサイト 未定
ホワイトペーパー 未定
資料
購入できる取引所 bitforex

▼ICO基本情報

セール期間 〜2018年7月20日まで
ハードキャップ 20,000,000,000 GGT(約2,000億円規模)
最低購入金額 10ETH
販売価格 販売終了

GGC(グローバルゴールドコイン)の特徴と将来性

GGC(グローバルゴールドコイン)の特徴と将来性

それではGGC(グローバルゴールドコイン)の特徴と将来性をみていきましょう。

▼ GoldLinksは金のデジタル資産プラットフォームを提供する

金をデジタル資産化して、その価値の評価と流通をコントロールするのがGoldLinksプラットフォームです。

GoldLinksプラットフォームでは、アナログスタイル(現行)の金の取引と、デジタル資産となった金の取引においてのバランスを保つ役割も果たします。

金の取引にブロックチェーン技術を導入する事で、透明性と信頼性を担保し、金産業生産者や消費者、そして投資家を結びつけます。そして、GoldLinksは”グローバルゴールド・ブロックチェーンコミュニティ“を形成するのです。

▼ GGC(グローバルゴールドコイン)はデジタル資産の評価基準

プラットフォームの中で、GGC(グローバルゴールドコイン)は金に裏付けされた価値のあるコインとして取引されます。

プラットフォーム参加者のコンセンサス(大多数の合意)によってGGC(グローバルゴールドコイン)の価値は担保されます。

これにより、運搬が不便だったり、細かく分離出来ない”金地金(金塊)“をデジタル資産として扱う事が出来るようになり、流動性が高まると共に、安定した”付加価値“を付ける事が出来るようになります。

GGC(グローバルゴールドコイン)の用途は”金の購入“と”投資“だけです。外部決済と流通には使用されません。

もちろん満期になれば、金地金に直接交換して償還する事は出来ます。

▼GGT(グローバルゴールドトークン)は「Goldlinksプラットフォーム」参加への資格証明書

GGT(グローバルゴールドトークン)は、GoldLinksプラットフォームへ参加するトークンという位置付けです。

仮想通貨への投機・投資をメインとする場合には、このGGT(グローバルゴールドトークン)を取引する事になりますので、仮想通貨取引所に上場されるのもGGT(グローバルゴールドトークン)です。

GGT(グローバルゴールドトークン)は発行上限を200億枚とし、追加発行はありません。

ですので、GoldLinksプラットフォームが確固たるポジションを持った時、プラットフォームに参加するためのGGT(グローバルゴールドトークン)は、自動的に価値を上げて行く事になります。

GGT(グローバルゴールドトークン)は複数の取引所に上場予定です。

また、GoldLinksによる買い戻しで、GGT(グローバルゴールドトークン)の絶対数を減らしていく事で、価値を上げる仕組みになっています。

金の価値に固定されたGGC(グローバルゴールドコイン)に対し、価値上昇の見込まれるGGT(グローバルゴールドトークン)は、金を所有する付加価値という位置付けにもなります。

▼GGCとGGTの保有比率を自身で選択する事が出来る

金がデジタル資産となることで、金と同等の価値を持つGGC(グローバルゴールドコイン)と、プラットフォームを運用するGGT(グローバルゴールドトークン)の2種類を所有する事になります。

価値上昇が見込めるGGT(グローバルゴールドトークン)を所有する事で、資産の増加を期待出来るのです。

出来るだけ資産変動を避けたいと言った場合は、GGC(グローバルゴールドコイン)を多く保有すると言った選択も可能なのです。

※今回購入するものは、100%がGGTとなります。

▼GoldLinksデジタルウォレットをリリースする

GoldLinksでは、デジタルウォレットをリリース予定です。

デジタルウォレットでは「金取引通貨」「通貨取引」「GGC償還」「振込決済」「投資」などの機能を備え、プラットフォームでのデジタル資産流通を促進します。

▼GGT(グローバルゴールドトークン)は上場が予定されている

GGT(グローバルゴールドトークン)は、既に仮想通貨取引所への上場が予定されています。

今後も複数の取引所に上場していく予定です。

▼中国の機関投資家が参加

中国の機関投資家が多く参加するようになり、その後、マレーシアの国営銀行、パキスタン、香港の銀行が機関投資家として入っているとのことです。

▼日本および韓国での販売枠が非常に少ない

全体の販売数は200億枚となっています。

▼最初の上場先は、bitforex(ビットフォレックス)

BitForex(ビットフォレックス)は、シンガポールに拠点を置く仮想通貨取引所です。 日本では中々話題に上がらない取引所ですので、初めて聞く...

現地調査を実施したことから理解できた内容

こんばんは。

ビット先生です。

2018年7月頃にビット先生が韓国、中国と4日程の時間をかけて調査して参りました。

中国国営企業の会長との接触や、本プロジェクトのオフィスに訪問し、CEOを始め多数の人と話し合って参りました。

運営側より確認できた情報を記載しておりますが、全ての情報が100%正しいとは言い切れませんのでご了承ください。私が知っている情報で、お伝えできる内容を精査して記載させて頂きました。

基本情報

GGC(グローバルゴールドコイン)は、“金”資産をデジタル資産として運用するための仮想通貨です。

GoldLinksという、ブロックチェーン技術を利用したプラットフォームで、金を“デジタル資産”として取引・保有する事が可能になります。

またGoldLinksではGGC(グローバルゴールドコイン)とは別に、プラットフォームで運用されるトークン「GGT(グローバルゴールドトークン)」を発行します。

  • GGC(グローバルゴールドコイン):金の価値と同等の仮想通貨

→価格が安定:金1g=100GGCで交換

  • GGT(グローバルゴールドトークン):株のようなもの

→価格が上がっていく。

◆上場先
複数の取引所に上場予定

現在はbitforex(ビットフォレックス)に上場済みです。

BitForex(ビットフォレックス)は、シンガポールに拠点を置く仮想通貨取引所です。 日本では中々話題に上がらない取引所ですので、初めて聞く...
GGC=ゴールドとの価値を前提にしている理由とは?

国と国の取引を実施する上で、基軸となるものが必要になります。

一方で、国の通貨というものは経済状況によって価値が上下します。過去にもリーマンショックなどが起こったときにはアメリカのドルの価値が大きく下落したことは記憶に新しいですよね。同様に他の国の通貨でも同じことが起こりえます。

そこで、金(ゴールド)を基軸にすることにより、ゴールドは世界中で安定的な価値をもたらすことができます。

各国の銀行の価値は、金(ゴールド)をどれだけ保管しているか!?

そこが1つの信用力のバロメーターになっているとのことです。

GGCは本当に普及するのか?

このプロジェクトが成功のキーを握るのは、国家と国家での貿易が実現できるかどうかです。

そのため、本プロジェクトを各国の政府を巻き込んで実施する必要があります。

目標は、世界で一番のIDO

本プロジェクトは、ICOではなく、IDOです。

IDOは、既にビジネスモデル、コミュニティ、流通経路が決まっており、安全と言われているものであるとのこと。

運営側の価格予測値(2018年7月頃)

2018年末の価格予想:0,5ドル~1ドル

※bitforex(ビットフォレックス)への上場後の価格は、正に0.5ドル~1.2ドル近辺となっておりました。運営側の予測通りの価格で推移しました。

2019年1月11日現在の価格は、0.37ドルまで下がっております。

リスク要因

機関投資家のみに販売されている事や、仕組みが分かりにくい部分や、情報の裏付けが取りにくい部分が多くあります。

現地に出向き、できる限りの情報を収集致しましたが、運営側が話す情報の全てが正しければ、大きく資産を増やすチャンスになり得ます。一方、プロジェクトが非常に壮大ですので、中国国家、政府、企業としてどれだけの行動が伴われるかが重要です。

GGC(グローバルゴールドコイン)のリスク要因

GGC(グローバルゴールドコイン)のリスク要因

GGC(グローバルゴールドコイン)については、機関投資家のみに販売されている事や、まだまだ情報が少ないため、仕組みが分かりにくい部分や、情報の裏付けが取りにくい部分が多くあります。

情報の全てが正しければ、大きく資産を増やすチャンスになり得ますが、現状はギャンブル性の高い案件かもしれません。

ですので、GGC(グローバルゴールドコイン)に関しては、確実に“余剰資金での参加”を心掛けてください。

GGC(グローバルゴールドコイン)の買い方・購入方法

GGC(グローバルゴールドコイン)の買い方・購入方法ですが、現在、bitforex(ビットフォレックス)に上場済みです。

以下よりご登録の上、検索で『GGT』と入力してください。

bitforex(ビットフォレックス)の公式サイト

GGC(グローバルゴールドコイン)の特徴 〜まとめ〜

GGC(グローバルゴールドコイン)は、移動や分割が困難な資産である“金”を、ブロックチェーン技術を利用した“デジタル資産”として運用するプロジェクトです。

それでは最後に、GGC(グローバルゴールドコイン)の特徴をまとめておきます。

  • GoldLinksは金のデジタル資産プラットフォームを提供する
  • GGC(グローバルゴールドコイン)はデジタル資産の評価基準
  • GGT(グローバルゴールドトークン)は「Goldlinksプラットフォーム」参加への資格証明書
  • GoldLinksデジタルウォレットをリリースする
  • GGT は、一番最初にbitforex(ビットフォレックス)に上場した。
  • GGT(グローバルゴールドトークン)は複数の取引所に上場が予定されている
  • 日本および韓国での販売枠が非常に少ない

GGC(グローバルゴールドコイン)のプロジェクトに投機・投資する際には、現状の“金資産の運用”の仕組みと照らし合わせながら、ブロックチェーン技術が導入される事により、何がどう置き換わるのかを意識した調査をお勧めします。

※仮想通貨取引所の利用、また仮想通貨取引やICOへの参加については、リスクを伴うことがあります。これらリスクを自分自身でしっかりと把握した上で、無理のない資金で取引を行うことが大切です。自身でリスク管理をしっかりと行いましょう。

ランキング1位を狙っています。記事が役に立ったら応援お願いします!


にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ
~1日1回、上記2つにポチっと応援を宜しくお願いします~

LINE@にて、ビット先生からの非公開情報や最新情報を受け取る!

  • ビット先生が仮想通貨開始から4ヶ月で3,000万円以上稼いだ銘柄選定方法
  • ブログでは公開していない通貨・ICO情報
  • 仮想通貨の最新ニュース
  • オススメの取引所
  • その他、仮想通貨に関する情報を配信
仮想通貨の教科書
【公式】仮想通貨取引所

仮想通貨は、市場規模が70兆円を超え、非常に注目されている市場です。

FXの市場が500兆円、株式市場が6,500兆円ということを考えると、ここから数年で10倍、20倍と拡大を続けることが予想されます。

まだ仮想通貨を始めていない方は、先ずは口座開設から始めてください。

全て無料で作成できますのでご安心ください。

【日本国内の取引所】

【海外の取引所】

仮想通貨取引所・徹底比較ランキング

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

DateCoin(デートコイン・DTC)のICO・買い方・購入方法

非公開情報

bitarq(ビットアーク・ARQ)購入情報 ~パスワードのご依頼は、LINE@...

KAISER(カイザーコイン・KIS)のICO・買い方・購入方法

Midex(ミデックス・MDX)のICO・買い方・購入方法・将来性

Midex(ミデックス・MDX)のICO・買い方・購入方法・将来性

ICOとは、ICOを理解

ICOとは!?ICOを理解する

Apollodae(アポロ・DAE)の取引所

Apollodae(アポロ・DAE)のICO・買い方・購入方法・将来性