Clean Earth Token(CET・トイレ革命)のICO・買い方・購入方法

Clean Earth Token(CET)のICO・買い方・購入方法

Clean Earth Token(CET)は、「トイレ革命」という目標を掲げ、世界中の衛生環境を“トイレ”という場所から改革を行うプロジェクトです。

そして、「トイレ革命」は中国の国策と完全に合致した取り組みでもあり、Clean Earth Token(CET)は事実上、中国政府と連携した形でプロジェクトを進行しています。

既に、中国政府からの発注と販売ルートを確保しており、その規模は計り知れません。

  • 中国政府・習近平国家主席が中国でトイレ革命を実施
  • 中国で既に予算が30兆円確保されている
  • 既に中国政府からの発注と納品先が決定している
  • 既に多数の販売ルートを確保している
  • 地球規模のマーケット
  • 本プロジェクトのトイレを購入するには『CET』のみ
  • 排泄物の完全無害化する
  • トイレ製品下水処理も不要
  • 衛生的なトイレをどこにでも設置可能
  • トイレのみならず、ごみ処理などでも利用される見込み
  • 工場の拡張建設も開始
  • 「CET」が購入できる取引所は2箇所のみ
  • 第一回 中国国際輸入博覧会にも出展される
  • プロジェクト失敗時のサポート制度あり

【最新情報】

中国中央政府の国家プロジェクトである、トイレ革命に代表される環境保護プロジェクト

Clean Earth Token(CET・トイレ革命)ですが、中国の経済誌にNEWSに掲載

▼記事はコチラ(2018年8月3日)

中国のhuaxiacj.comというサイトに記事を掲載

トイレ革命の潜在的市場は、35億ドルになっているそうです。
また、1年に6トンの水を節約することができる革命的なトイレになっている。

▼記事はコチラ(2018年8月22日)

 

2018年9月3日は政治家、財界人600名と報道機関TV4社他16社以上が参加する中国吉林省長春のハイアットリージェンシーにて16時からCETとkeyfoundationの発表を実施。

そのときのイベント情報が”key foundation”のブログに掲載されております。

CET・トイレ革命

【その他・トイレ革命の参考記事】

https://www.mag2.com/p/news/335505 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29401760U8A410C1MM0000/ http://wedge.ismedia.jp/articles/-/11436 https://www.nhk.or.jp/gendai/kiji/089/

今回は、Clean Earth Token(CET)とはそもそも何なのか、「トイレ革命」を軸にしたプロジェクトは私たちの生活環境にどのような影響を及ぼすのかという視点から、特徴や将来性を紹介していきます。

にゃんこ

にゃんこ
このプロジェクト・・・中国の習近平さんの国家プロジェクトと関係するのかにゃん?・・・。凄すぎる・・。
ビット先生

ビット先生
中国ではトイレ革命の話題が数年前から出ており、トイレ革命の予算をしっかり持っているぞぃ。このプロジェクトは本気で凄いことになりそうだぞぃ

※マカオ公式ライセンス暗号通貨取引所の”KeY EX”へ 2018 年 11 月 11 日 11 時にボードアップ

購入を希望される方は、必ずLINE@にご登録ください。

【LINE@の登録方法は以下2つ】

CET・購入希望とコメントをください

目次

Clean Earth Token(CET)ってなに?

Clean Earth Token(CET)は、世界のトイレ衛生を改革する「トイレ革命」を目的としたプロジェクトです。

また、「CET」は衛生を保つための“トイレ”を売買するためのトークンであり、私たちが投機・投資する対象のトークンとなります。

現在、排泄物に関する衛生問題は、世界中が注目する課題の一つでもあります。不衛生なトイレや不適切な排泄物処理によって「水質汚染」や「環境破壊」、そして「健康被害」などが大きな問題となっている事をご存知でしょうか。

日本に住んでいる私たちは、清潔なトイレが当たり前の日常を送っていますが、世界を見渡すと、日本ほど衛生面が考慮されたトイレは殆どありません。海外の有名人が日本のトイレを購入したというニュースを見た事がある人も少なくないはずです。

特に中国では、2015年に習近平国家主席が「トイレ革命」を国策レベルで進め始めた事も話題となり、現在も「トイレ革命」が国を挙げて進められています。

仕事や観光で中国を訪れた事がある人は、中国のトイレ事情を身を持って体験した人も多いのではないでしょうか。広大な国土を有する中国では、基本的な下水設備なども行き渡らず、劣悪なトイレ環境が多く残っています。

公衆トイレでは地面に穴を掘って、周囲をレンガで囲っただけの設備であり、用をたす時に隣の人と至近距離で顔を合わせるようなスタイルで、「ニーハオ・トイレ」と揶揄されるほどです。

下水や洗浄などの排泄物処理が十分でないトイレは、もちろん衛生環境も悪く、ニオイはもちろん伝染病の元凶となっているのです。

これらは中国に限った話ではなく、世界を見渡せばこのようなトイレ環境は驚くほど多く存在します。

また、人の排泄物だけにとどまらず、家畜などの動物の排泄物も、世界の衛生環境に大きな影響を与えているという事実があります。

Clean Earth Token(CET)は「トイレ革命」で、これら世界規模の衛生環境改善を行い、適切な排泄物処理によって世界中の健康被害や環境破壊を食い止めるために立ち上がったプロジェクトなのです。

そして何より、既に「トイレ革命」を国策で行なっている中国政府からの発注を受け、中国全土への販売ルートまで確保しているのです。

Clean Earth Token(CET)は、中国の国策に完全に合致したプロジェクトであり、2018年12月、受注済み製品の納品開始が予定されています。

Clean Earth Token(CET)の基本情報

CET(トイレ革命)

まずは、Clean Earth Token(CET)の基本情報をしっかりと確認しておきましょう。

通貨名 CET 公開日 2018年7月1日
プラットフォーム イーサリアム 最大発行数 888,888,888CET
Webサイト http://cet-keyfoundation.com/
ホワイトペーパー https://goo.gl/172jo8
購入できる取引所
  • Key EX
  • Bitarq

ICO基本情報

プライベートセール

プレセール(フェーズ1) 2018年7月1日~2018年7月31日
プレセール価格 500CET = 1ETH
販売枚数

プレセール(フェーズ1)

プレセール(フェーズ1) 2018年8月1日~2018年8月7日
プレセール価格 400CET = 1ETH
販売枚数

プレセール(フェーズ2)

プレセール(フェーズ2) 2018年8月8日~2018年8月15日
プレセール価格 300CET = 1ETH
販売枚数

プレセール(フェーズ3)

プレセール(フェーズ3) 2018年8月16日~2018年8月23日
プレセール価格 200CET = 1ETH
販売枚数

プレセール(フェーズ4)

プレセール(フェーズ4) 2018年8月24日~2018年8月31日
プレセール価格 100CET = 1ETH
販売枚数

COUNTRY SALE

プレセール(フェーズ4) 2018年9月1日
プレセール価格 100CET = 1ETH
販売枚数

ロードマップ

2018年7月
  • 工場の拡張建設開始
2018年11月
  • マカオ公式ライセンス暗号通貨取引所「KeY EX」へボードアップ(2018年11月11日11時)
  • 第一回 中国国際輸入博覧会
2018年12月
  • 製品「CINDERELLA」の納品開始(受注済み製品の納品開始)

Clean Earth Token(CET)の特徴と将来性

それでは、Clean Earth Token(CET)の特徴と将来性を見ていきましょう。

▼排泄物の完全無害化するトイレ製品

Clean Earth Token(CET)の製品は、排泄物の全てを”高温焼却“によって処理をします。

その熱処理能力は、300人分の排泄物をたった30g程度の”炭“と無菌の”水“に変えるのです。

これにより、全ての排泄物は”完全無害“のコンパクトな物質となります。もちろんニオイは無く、洗浄水はリサイクル水として利用が出来るのです。

無臭で無菌の排泄物は、どのような環境でもトイレの衛生環境を守ります。

▼下水処理が不要

上述のように、Clean Earth Token(CET)のトイレ製品では水をリサイクルします。

全てを高温焼却によって処理をするため、一般的なトイレに必要な”下水処理“が必要ないのです。

下水の処理には、国家主導となる公的インフラ設備が必要となり、下水道を通したり、配管を設置したり、地域の人口に合わせた大規模な下水処理施設も必要になります。

これらを考慮すると分かるように、下水処理が必要ないというのは大きなメリットで、例えば下水処理施設が行き届いていない場所でも、インフラ設備のための莫大な資金も必要なくなり、誰もが衛生的なトイレを使えるようになるという事なのです。

これにより、汚染による健康被害や、世界を巻き込むような伝染病の抑止にも繋がり、世界的に衛生的な環境を作り出す事が出来ます。

▼衛生的なトイレをどこにでも設置可能

下水処理施設も必要なく、洗浄水もリサイクル出来るという事は、”どこにでも“衛生的なトイレを設置する事が出来るということです。

これは、公共インフラが整っていない地域はもちろん、もっと規模の小さい工事現場の仮設トイレや、被災地に設置する仮設トイレとしても利用出来るという事なのです。

利用出来る環境としては、以下のようなものがホワイトペーパーにも記載されていますので、抜粋します。

  • 観光地、世界遺産、国立公園、野外観光施設、イベント会場
  • 災害発生時の被災地、避難所
  • 山間部、離島の下水道未設置地区、公共施設、一般住宅、集合住宅、別荘、ホテル
  • 電車やバス、船舶などの移動する乗り物
  • 畜産
  • 生ごみ処理

公共インフラが整っていない国や地域はもちろんですが、自然災害の多い地域である日本でも、非常に重宝される製品である事は間違いありませんね。

▼地球規模のマーケット

排泄物処理といえば”人間“が対象になる感覚がありますが、私たちの食生活を支える家畜やペットの排泄物の事も考慮しなければなりません。

国連食糧農業機関では「家畜産業は最も深刻な環境問題」である事を発表しています。

家畜の排泄物に対しても、Clean Earth Token(CET)の”高温焼却“によって、ニオイもなく衛生的な処理が出来る事になります。

また、生ゴミなどの処理に関する問題解決にも非常に有用な仕組みです。

これらは、世界中どのような場所でも当てはまる環境です。

Clean Earth Token(CET)の「トイレ革命」は、人間だけにとどまらず、地球規模のマーケットを視野に入れているのです。

▼既に中国政府からの発注と納品先が決定している

Clean Earth Token(CET)のトイレ製品は、既に中国政府からの発注を得ており、納品先も既に確立されているのです。

既に多数の販売ルートを確保している

中国政府と連携しての販売ルートとしては、下記が決定しています。

  • 北京
  • 上海
  • 天津
  • 深圳
  • 四川省
  • 山東省
  • 青海省
  • 浙江省
  • 江蘇省
  • 江西省
  • 福建省
  • 安徽省
  • 广東省
  • 广西省
  • 内蒙古自治区
  • 河北省
  • 河南省
  • 山西省
  • 西藏自治区
  • 陝西省

中国政府と連携した販売ルートの確立は、確固たるものであると判断しても良いでしょう。

▼工場の拡張建設も開始

Clean Earth Token(CET)では、既に中国政府からの製品発注を受けていますが、工場の拡張建設が必要になる程の受注数に達しているようです。

ホワイトペーパーによれば、2018年7月、既に工場の拡張建設を開始しています。

▼「CET」が購入できる取引所は2箇所のみ

Clean Earth Token(CET)が発行するトークンである「CET」は、ICO終了後は下記2ヶ所の仮想通貨取引所に上場します。

  • KeY EX
  • bitarq

確実に需要が増加する事が想定される「CET」が、たったの2ヶ所の仮想通貨取引所でしか手に入れられないという事実は、取引により一層の”価値“が付加される事が想像出来ます。

手に入れる事が困難になる可能性も、否定は出来ません。

▼第一回 中国国際輸入博覧会にも出展される

Clean Earth Token(CET)のトイレ製品は「第一回 中国国際輸入博覧会」に出展されます。

日程については次の通りです。

開催日程:2018年11月5日〜2018年11月10日

中国国際輸入博覧会の詳細については下記のJETORO(日本貿易振興機構)公式ページにて紹介されていますので参考にしてください。

参考URL:https://goo.gl/DQu9WF

Clean Earth Token(CET)のリスク要因

Clean Earth Token(CET)が目指す「トイレ革命」は、私たち人間はもちろん、家畜などの動物にとっても重要な課題となります。

それ故に、競合するプロジェクトが今後現れる事も容易に想像出来ますし、既に“トイレ先進国”である日本が、Clean Earth Token(CET)を上回る事も考慮しなければなりません。

ブロックチェーン技術を用いたプロジェクトが、全て成功する保証はどこにもありませんので、確実に世界規模となるプロジェクトは、その他の企業の動向も注視しておかなければなりません。

Clean Earth Token(CET)は補償制度がありますので、投資・投機を行った場合でも大きく損をするといった事はないかもしれませんが、リスクは常に考えることが大切です。

Clean Earth Token(CET)のICO・買い方・購入方法

Clean Earth Token(CET)のICO参加・購入方法については、下記よりお申し込みください。

購入を希望される方は、必ずLINE@にご登録ください。

【LINE@の登録方法は以下2つ】

CET・購入希望とコメントをください

Clean Earth Token(CET)の特徴 〜まとめ〜

Clean Earth Token(CET)は、まさに世界のトイレ環境を改革するプロジェクトです。

それでは最後に、Clean Earth Token(CET)の特徴をまとめておきますね。

  • 排泄物の完全無害化する
  • トイレ製品下水処理も不要
  • 衛生的なトイレをどこにでも設置可能
  • 地球規模のマーケット
  • 既に中国政府からの発注と納品先が決定している
  • 既に多数の販売ルートを確保している
  • 工場の拡張建設も開始
  • 「CET」が購入できる取引所は2箇所のみ
  • 第一回 中国国際輸入博覧会にも出展される
  • プロジェクト失敗時のサポート制度あり

トイレ衛生環境の整っている日本でも、公衆トイレや工事現場に設置される簡易トイレ、生活インフラが止まってしまった被災地でのトイレなどでは、どうしても衛生面を担保出来ません。

これらの環境にも適応出来る“トイレ”は、生活の基本となる設備であるが故に、非常に期待出来るプロジェクトです。

私たちの“健康”にも大きく関わるClean Earth Token(CET)のプロジェクトは、今後の動向に注目し、応援したいプロジェクトですね!

※仮想通貨取引所の利用、また仮想通貨取引やICOへの参加については、リスクを伴うことがあります。これらリスクを自分自身でしっかりと把握した上で、無理のない資金で取引を行うことが大切です。自身でリスク管理をしっかりと行いましょう。

購入を希望される方は、必ずLINE@にご登録ください。

【LINE@の登録方法は以下2つ】

CET・購入希望とコメントをください

Q&A(10月6日公開) ※運営側の回答

◆CETトークンに関する質問と回答

  • 大口ファンド、VC(ベンチャーキャピタル)は、CETに投資していますか?

→大口ファンド、VCは投資していません。

  • トイレ事業以外にもCETトークンは利用されますか?

→以下で使われます。

(規模はトイレ事業より小さい) 例:上下水道の整備、土壌改善ゴミ処理…etc

  • 仮想通貨市場の地合いが悪い場合、運営がCETトークンを買い支えますか?

→CETトークンは仮想通貨市場の地合いに影響されません。なぜならCETの発注されれば、CETトークンが購入されるからです。

◆トイレの販売状況、販売計画に関する質問と回答

  • トイレは完成していますか?

→完成しています。また受注後は量産可能です。追加でコマーシャル用CET40台を生産中です。(10月に届く予定)

  • 政府から注文された場合、集金の仕組みはどうなりますか?

→発注時に30%を集金 / 納品時に60%を集金 / 納品後にトイレに問題が無いと確認されたら10%の集金で完了

  • 販売地域を拡大する可能性はありますか?

→あります。中国全土で販売する予定で、すでに省・市へ告知しています。

  • 中国国外からの注文予定はありますか?(トイレ発展途上国との取り組みを進めていきますか)

→政府の人間を通じてカンボジア/フィリピン/ナイジェリア/中東へアピールする予定

  • トイレは、個人でも購入可能ですか?代理店販売が可能か知りたいです。

→基本的に購入できません。 大口(住宅メーカーなど)の注文があった場合、個人の購入可否を検討します。

  • 中国以外からの発注依頼はありますか?

→トイレ革命に参入出来たら、中国以外から受注できる可能性は高いです。

  • トイレが要する排泄物の処理時間は、どれくらいですか?

→30秒です。

  • トイレは「電源式」と「電池式」のどちらですか?

→電源式です。なので電源工事が必要です。

◆トイレの競合に関する質問と回答

  • 「CETのトイレ」は、大手トイレメーカーと競合しますか?また競合対策(差別化や戦略)はありますか?

→競合します。しかし、「CETのトイレ」の方が有利です。例えば大手トイレメーカー「TOTO」は中国に参入しています。しかし下水道が必要な水洗式のため、「CETのトイレ」が有利です。

◆中国国家によるCET、トイレへの影響】

  • 米中の関税交渉は、どれくらいトイレ革命に影響しますか?

→米通関の関税交渉の影響はありません。なぜなら、米中間でのトイレの輸出入は行わないからです。

  • トイレ革命は、中国の仮想通貨規制の影響を受けますか?

→中国人は、国外(マカオなど)の取引所から仮想通貨を購入できます。

ランキング1位を狙っています。記事が役に立ったら応援お願いします!


にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ
~1日1回、上記2つにポチっと応援を宜しくお願いします~

LINE@にて、ビット先生からの非公開情報や最新情報を受け取る!

  • ビット先生が仮想通貨開始から4ヶ月で3,000万円以上稼いだ銘柄選定方法
  • ブログでは公開していない通貨・ICO情報
  • 仮想通貨の最新ニュース
  • オススメの取引所
  • その他、仮想通貨に関する情報を配信
仮想通貨の教科書
【公式】仮想通貨取引所

仮想通貨は、市場規模が70兆円を超え、非常に注目されている市場です。

FXの市場が500兆円、株式市場が6,500兆円ということを考えると、ここから数年で10倍、20倍と拡大を続けることが予想されます。

まだ仮想通貨を始めていない方は、先ずは口座開設から始めてください。

全て無料で作成できますのでご安心ください。

【日本国内の取引所】

【海外の取引所】

仮想通貨取引所・徹底比較ランキング

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

非公開情報

Clean Earth Token(CET)・購入情報 ~パスワードのご依頼は、...