仮想通貨のマイニングとは!?やり方・方法・利益

仮想通貨のマイニングは、今や日本の大手企業も次々に参入しています。

今後、ブロックチェーン技術が社会に浸透して行く中で、マイニングは重要な作業であり、利益を期待出来るモノだからです。

マイニングは、ブロックチェーン技術の要であり、私たちが普段、仮想通貨取引やコインの保有が出来るのも”マイニングを行う人”が居るからなのです。

今回は、仮想通貨マイニングとはそもそも何なのか、そしてマイニングを初める上で必要なモノやマイニングの種類、マイニングに参加するための窓口について紹介します。

出てくる専門用語についても出来る限り説明を入れていますので、まずはこの記事でマイニングの全体像をイメージしてみてください。

※今回は、マイニングの詳しい計算方法やハッシュ値、PoWなどの単語も省いた記事です。出来るだけ専門用語を避けた説明となっています。

にゃんこ

にゃんこ
マイニングには前から興味があったにゃん。
ビット先生

ビット先生
えっ!??にゃんこマイニングに!?・・・

仮想通貨のマイニングってなに?

仮想通貨のマイニングとは、ブロックチェーン技術の信頼性を保つための作業であり、誰かが行った仮想通貨取引に“不正や改ざんが無い事“を”承認“して「報酬を得る」作業でもあります。

簡単に言うと、電子データの検品作業ですね。

そして、これらの作業(マイニング)を行なっている人の事を”マイナー“と呼びます。

仮想通貨は”ブロックチェーン技術”を基礎として成り立っていますよね。そして、ブロックチェーン技術は「不正や改ざんが出来ない」という最大の特徴を持っています。

この特徴を支えているのがマイナーであり、マイナーはブロックチェーンを支える代わりに報酬を得ているのです。

また、報酬を得るためには、世界中のマイナーと”処理の速さを競争“し、誰よりも速く”承認“をしなければなりません。

仮想通貨は24時間365日休む事なく取引が行われていて、その一つ一つの全ての取引に”マイナー“のチェックが必要です。

”取引“と一口に言っても、その内容は「ブロックチェーン上で行われる情報処理の全て」を指しますので、仮想通貨取引所での通貨取引はもちろんのこと、私たちが個人的に資金を移動させる際のウォレット操作も全て含まれます。

これらの取引は世界中で休まず行われているため、ブロックチェーン技術の信頼性を保つための重要な作業でもあるマイニングは、想像を遥かに超える多くの処理が必要となるのです。

そのため、マイニングを行うマイナーは、高性能(処理が速い)コンピューターや、そのコンピューターを動かし続ける膨大な電力を保つ必要があります。

ブロックチェーン技術を支える“マイニング”は、誰でも出来る事でもありますが、それを維持したり、報酬を得る程の“処理競争に勝ち続ける“事は非常に難しい事も事実です。

仮想通貨のマイニングに必要なモノ

仮想通貨のマイニングに必要なモノは、マイニングの種類によって多少異なりますが、大まかには次のようなモノになります。

  • IT技術の知識(ブロックチェーン技術など)
  • ハードウェア(コンピューター)の知識
  • マイニングソフトウェアの知識
  • 高性能なハードウェア(コンピューター)を購入する資金力
  • ハードウェアを設置する“場所”を確保する資金力
  • 膨大な電気代を支払い続ける資金力

一人でマイニングを行おうとすると、これらの知識や資金力が必要になります。

しかし、全てを兼ね備えていなくてもマイニングに参加する事は可能です。

マイニングの種類には大きく分けて3つあり、それぞれ「クラウドマイニング」「プールマイニング」「ソロマイニング」と呼ばれています。

もしマイニングを行いたいと思う人は、自身に合った方法を選択し、仮想通貨マイニングに参加する事も可能です。

▼投資で行う「クラウドマイニング」

クラウドマイニングとは、企業などが建設したマイニング施設に個人が投資をして、みんなの力を借りた企業がマイニングを行います。マイニングで得た利益は、投資額に応じて配当として受け取る事が出来ます。

ユーザー側から見た「クラウドマイニングで必要なモノ」としては、投資金のみです。

クラウドマイニングを提供する企業が、知識や場所(施設)の全てを用意してくれます。

ブログを始める際に契約するクラウドサーバなどのサービスと同じイメージですね。

仮想通貨マイニングに参加する方法としては一番ハードルが低いものになります。

▼マイナーが協力体制(マイニングプール)で行う「プールマイニング」

※ここでは、「プールマイニング」と「マイニングプール」という、似た単語が出てきますが、この2つの違いを簡単に記載しておきます。

  • プールマイニング:マイニング手法の事
  • マイニングプール:プールマイニングを行うために作られるプラットフォーム

プールマイニングは、クラウドマイニングと同じように、個人が投資をして、みんなの力でマイニングを行いますが、投資をするのは“資金”というよりも“コンピューターのパワー”です。

プールマイニングでは、個人がマイニング用のハードウェア(コンピューター)を用意し、“マイニングプール”に参加して“みんなのパワー“を合わせる事でマイニングを行います。

ですので、プールマイニングでは、クラウドマイニングとは違い”マイニングを行うハードウェアを自分で用意する“必要があります。

ソフトウェアやウォレットを使ってマイナー同士を繋げるサービス(マイニングプール)を利用して、それぞれのマイニング機器のパワーを合わせる事で、高性能なコンピューターを作り上げます。

仮想通貨のマイニングには高性能なコンピューターが不可欠ですので、それを”みんな“で作り上げるというイメージですね。

ですので、プールマイニングでは以下のモノが必要になります。

  • IT技術の知識(ブロックチェーン技術など)
  • マイニングソフトウェアの知識

自身のパソコン(マイニング専用に用意した方が効率的です)は必要になりますが、それを大量に用意する必要はありません。

また、コンピューターを設置する場所も小規模(自宅でも可能)です。

ただし、コンピューターをフル稼働する事になると思いますので、電気代が必要になります。

※使用するコンピューターの推奨スペックについては、各マイニングプールサービスに従ってください。

▼自分の力で行う「ソロマイニング」

ソロマイニングは、マイニングの全てを自分一人で行います。

必要な機器から場所、全ての資金を自分自身で賄うという事ですので、それなりの知識と資金力が必要です。

ソロマイニングを行うためには以下のモノ全てが必要になります。

  • IT技術の知識(ブロックチェーン技術など)
  • ハードウェア(コンピューター)の知識
  • マイニングソフトウェアの知識
  • 高性能なハードウェア(コンピューター)を購入する資金力
  • ハードウェアを設置する“場所”を確保する資金力
  • 膨大な電気代を支払い続ける資金力

IT技術の知識や資金力は必要になりますが、マイニングで得た利益は、もちろん全てが自分の利益になるというメリットはあります。

仮想通貨のマイニングのやり方・方法

大まかな3つのマイニングについて、そのやり方を見ていきましょう。

▼クラウドマイニングの方法

クラウドマイニングを始めるために必要なのは、投資金だけです。クラウドマイニングは、企業のサービスに登録し、投資を行います。

クラウドマイニングのサービスには、様々なプランがあり、企業毎に特徴が異なりますので、普段の投資と同じように、しっかりと内容を確認する事が大切です。

また、クラウドマイニングを謳った詐欺も存在しますので、情報をしっかり集め、実際に投資を行なっているブログなども参考にしましょう。

クラウドマイニングサービスには、下記のような企業があります。

  • Genesis Mining
  • Hashing24
  • HashFlare(2018年7月20日にSHA-256契約のマイニングサービスを完全に停止)

など。

日本の大手企業も次々とクラウドマイニングサービスに参入しています。

  • DMM.com
  • GMOインターネットグループ
  • SBIホールディングス

有名なサービスほど情報も多いので、クラウドマイニングに参加する場合は出来るだけ情報の多いサービスを利用しましょう。

また、上記HashFlare(ハッシュフレア)のように、ビットコインの下落により収益を上げる事が難しくなり、サービスを停止するといった事は、どのサービスにもあり得ます。

様々な事態に対処するためにも、出来るだけ日本語に対応している企業を選択する事をお勧めします。

乱高下の激しい仮想通貨の相場では、”確実に儲けられる“という事はありませんので、必ず余剰資金での投資を心がけましょう。

▼プールマイニングの方法

プールマイニングを始めるには、マイニングに使うコンピューター(パソコンなど)と、”マイニングプール“を提供している事業者からのソフトウェアを入手する必要があります。

また、マイニングする仮想通貨の種類も選択する必要があります。

マイニングプールを選択する際にも、出来るだけ日本語に対応したものを選ぶようにしましょう。

▼ソロマイニングの方法

ソロマイニングを始めるには、IT技術(ブロックチェーン技術含む)や、ハードウェアの知識(機器の種類やスペックなど)、そしてそれらを運用する資金が必要となります。

クラウドマイニングやプールマイニングは“他人に任せる部分”がありますが、ソロマイニングではそれらを全て自分自身で行います。

始め方としては、ブロックチェーン技術の仕組みを理解し、マイニングに必要な機器スペックをチェック、機器の種類を把握した上での機器購入、インターネットの速度や電気代の算出、そして設置スペースと温度管理など、様々な部分に配慮する必要もあります。

また、世界中のマイナー達に負けない(誰よりも速く承認する)事を意識しておかなければ利益が出ません。

マイニングの中でもハードルが高くなりますが、誰かに任せるよりも“責任の所在”が明確なので、比較的自由に試行錯誤をする楽しみもあるのではないでしょうか。

学ぶべきキーワードの入り口としては、以下の様なモノがあります。

  • ブロックチェーンのブロックとは
  • マイニングで行われる計算方法(ハッシュ値など)
  • マイニングで使われるマイニングマシーンの種類(スペック)
  • マイニングマシーンの温度管理
  • 月額でかかる電気代

仮想通貨取引をする上でも、知っておいて損はないと思いますので、これらの知識は決して無駄にはなりません。

また、ソロマイニング を一度でも目指す(興味を持つ)事があれば、”ブロックチェーン技術“そのモノの価値を知るキッカケになるかもしれませんね。

▼マイニングは誰でも出来る

3つの方法のどれかに参加する事で、誰にでもマイニングが出来ます。

仮想通貨の取引だけでは物足りないという人は、マイニングに参加する事も一つの方法です。

今後も、大企業と言われる有名企業がマイニング事業に参加してくる事も予想されます。

ですので、今以上にマイニングという投資方法も広まって行く可能性は高いのではないでしょうか。

仮想通貨のマイニングで得られる利益

仮想通貨のマイニングで得られる利益は、マイニングをする上で一番意識をしておくべき事であり、マイニングを行う意味でもあります。

もちろん参加するマイニング方法によっても異なりますが、例えばGMOのマイニングでは、2018年7月のマイニング報酬は568BTCであった事が報告されています。約4億8,900万円とういう事になります。

この数値だけを見ると「マイニングは儲かる」と思ってしまいますが、マイニングマシーンや施設管理、電気料金などにも莫大な費用がかかっており、例えばソロマイニングで同じ様な利益が出せるかというと、もちろんそうではありません。

言ってしまえば、マイニングに多くの投資が出来れば、性能の良いマイニングマシーンを設置する事ができ、マイニングという”承認競争”に勝つ事が出来るので、多くの報酬が得られる、という事なのです。

さらに、仮想通貨の乱高下が続く中でのマイニング(ビットコインに限らない)は、相場が下落すれば取引量も少なくなるという事です。ソロマイニングでの報酬を報告しているブログなどもありますが、儲けているのは一握りです。

大手企業が行うマイニングよりも“不確定要素”が多いため、クラウドマイニングとプールマイニング、そしてソロマイニングの各種マイニング方法で得られる利益は“別物”として認識する必要があります。

クラウドマイニングの利益が〇〇BTCという数値を、そのままプールマイニングやソロマイニングを行う参考にしてはいけないという事です。

仮想通貨のマイニングを行うリスク要因

“マイニングをすれば儲かる”という過度な期待はリスクになります。

マイニングで報酬を得られるかどうかは“承認の速さ(コンピューターの処理能力)“によって決まります。

クラウドマイニングサービスを行う大企業のマイニング速度がジェット機ならば、個人で行うソロマイニングの速度は良くて自転車です。

過剰な表現かもしれませんが、それくらいの競争を強いられるという認識は必要でしょう。

更には資金力の問題もあります。

これらのリスクを踏まえ、初めて“マイニングを始めるならばクラウドマイニングだ!”という判断になると思いますが、ここにもリスクがあります。

クラウドマイニングが必ず儲かるとは限らないという事です。

途中でサービスを停止せざるを得ない程、仮想通貨の相場が下落すれば、投資金以上に利益を得る事は難しいでしょう。

マイニングにおける投資は、通常の投資(株式や為替、不動産など)よりもリスクが高い事を意識しておきましょう。

独自でソロマイニングを行う際にも、設備や電気代などのコストの元を取る事が難しいかもしれません。

この様なリスクを理解した上で、マイニングに参加する場合は、これからの社会に浸透し得る”ブロックチェーン技術の勉強の一環“として、余剰資金で参加する意識が大切です。

仮想通貨のマイニングとは!?やり方・方法・利益 〜まとめ〜

仮想通貨市場が盛り上がっている時は、マイニングでも利益が出ますが、仮想通貨市場が悲観的になっている時は、マイニングでの利益は厳しいものになるという事を意識しておきましょう。

最後に、仮想通貨のマイニングについてまとめておきます。

  • 仮想通貨のマイニングとは、ブロックチェーン技術の信頼性を保つための作業
  • 仮想通貨取引に“不正や改ざんが無い事“を”承認“して「報酬を得る」作業でもある
  • 仮想通貨のマイニングに必要なモノは主に「IT技術の知識(ブロックチェーン技術など)」「ハードウェア(コンピューター)の知識」「マイニングソフトウェアの知識」「高性能なハードウェア(コンピューター)を購入する資金力」「ハードウェアを設置する“場所”を確保する資金力」」「膨大な電気代を支払い続ける資金力」
  • マイニングの種類は「クラウドマイニング」「プールマイニング」「ソロマイニング」の3種類
  • クラウドマイニングは、”投資“で行うマイニング
  • プールマイニング は、マイナーが協力体制(マイニングプール)で行うマイニング
  • ソロマイニングは、全てを自分自身で行うマイニング
  • マイニングの利益は仮想通貨の相場に左右される
  • マイニングを初めるならば、まず自分に合ったマイニング方法を見つける

仮想通貨のマイニングだけが特別にリスクが高いわけではありません。

仮想通貨のマイニング も、その他の投資と同じように、自分自身で仕組みなどを理解する必要があるという事です。

仮想通貨のマイニングに興味があるという人は、出来る限り”マイニング“についての仕組みを理解した上で参入する事を心がけ、最初は余剰資金から”仮想通貨のマイニング“に参加しましょう。

ランキング1位を狙っています。記事が役に立ったら応援お願いします!


にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ
~1日1回、上記2つにポチっと応援を宜しくお願いします~

LINE@にて、ビット先生からの非公開情報や最新情報を受け取る!

  • ビット先生が仮想通貨開始から4ヶ月で3,000万円以上稼いだ銘柄選定方法
  • ブログでは公開していない通貨・ICO情報
  • 仮想通貨の最新ニュース
  • オススメの取引所
  • その他、仮想通貨に関する情報を配信
仮想通貨の教科書
【公式】仮想通貨取引所

仮想通貨は、市場規模が70兆円を超え、非常に注目されている市場です。

FXの市場が500兆円、株式市場が6,500兆円ということを考えると、ここから数年で10倍、20倍と拡大を続けることが予想されます。

まだ仮想通貨を始めていない方は、先ずは口座開設から始めてください。

全て無料で作成できますのでご安心ください。

【日本国内の取引所】

【海外の取引所】

仮想通貨取引所・徹底比較ランキング

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ブロックチェーン技術は何に使えるの?仮想通貨(暗号資産)以外の使い道

挨拶

Bitcoin(ビットコイン)をこれから始める皆様にご挨拶

仮想通貨の購入方法

仮想通貨の購入方法

二度とログイン出来なくなる!?仮想通貨取引所の2段階認証における注意点!!

仮想通貨業界の便利なサイト・ツールのまとめ

ETH(イーサリアム)のハードフォーク総まとめ