Ledger Nano S (レジャー・ナノS)とマイイーサウォレットの便利な使い方

仮想通貨取引所で取引を行なった後、仮想通貨を取引所に置きっ放しにしている人も少なくないと思います。

しかし、仮想通貨を保有する上で大切な事は、自分自身で管理する事です。

ここ1年くらいは沢山のICOが行われている関係もあり、ETH(イーサリアム)を保有している、あるいはETH(イーサリアム)を基盤として作られたICOのトークンを保有する人は多いはずです。

ある程度の期間保有する仮想通貨については、取引所に置きっ放しにするのではなく、仮想通貨のウォレットを利用する事が大切です。

また、ウォレットは、ICOで発行されるトークンを保有する際にも重要な役割を果たします。

今回は、多くの人が利用している仮想通貨のウォレット「Ledger Nano S(レジャー・ナノS)」と「MyEtherWallet(マイイーサウォレット)」について、それぞれの特徴と、二つのウォレットを連携させる便利な使い方を紹介します。

今まで使ったことが無かった人や、どちらか一つしか使っていなかったという人も、2つのウォレットを連携させた便利な使い方として、ぜひ参考にしてください。

にゃんこ

にゃんこ
レジャー・ナノってマイイーサウォレットとも接続できるのかにゃん。それは便利だにゃん。
ビット先生

ビット先生
ビット先生は、レジャー・ナノを利用するときは、いつもマイイーサウォレットに接続して利用しているぞぃ。マイイーサウォレットに使い慣れている方や、さまざまなイーサ対応のコインを管理されている人にとっては非常に便利だぞぃ。

レジャー・ナノの基本的な特徴や使い方を知りたい方はコチラ

Ledger Nano S(レジャー・ナノ レジャー・ナノS) の特徴・使い方
自分の仮想通貨資産を守るためには、いくつか方法があります。 どれも”ウォレット”に管理するという方法ですが、できるだけ「インターネットに繋がっ...

Ledger Nano S(レジャー・ナノS)の公式サイト

Ledger Nano S(レジャー・ナノS)の特徴

まずは、ハードウェアウォレットとして有名なLedgerシリーズの「Ledger Nano S(レジャー・ナノS)」の特徴を簡単に紹介します。

「Ledger Nano S(レジャー・ナノS)」は、仮想通貨を管理する上で最も重要な“秘密鍵”を、インターネットから切り離された、いわゆる“オフライン”にて管理出来るハードウェアウォレットです。

USBメモリ程のサイズのハードウェアに秘密鍵を記録し、使用する際はUSBにてパソコンなどに接続して仮想通貨の取引操作などを行います。

「Ledger Nano S(レジャー・ナノS)がパソコンに接続されてない限り、あなたの資産は外部からのハッキングを受けることが無い、という状態を作り上げる事が出来るのです。

管理出来る仮想通貨の種類も豊富で、主に9種類に対応しています。

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • LTC(ライトコイン)
  • DASH(ダッシュ)
  • XRP(リップル)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • ETC(イーサリアムクラシック)
  • NEO(ネオ)
  • BTG(ビットコインゴールド)

「Ledger Nano S(レジャー・ナノS)では、「EHT(イーサリアム)」やICOで幅広く採用されている「ETHを基盤として作られたトークン」は、管理方法を便利にするために「MyEtherWallet(マイイーサウォレット)」とも連携できるのです。

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)と連携することで、ERC20対応のトークンも管理することができます。

にゃんこ

にゃんこ
レジャー・ナノのETHアドレスにERC20対応のトークンを送るとどうなるのかにゃん。
ビット先生

ビット先生
にゃんこ。良い質問だね。結論としては、ERC20対応のトークンも受取ることができるぞぃ。受取った後は、MyEtherWallet(マイイーサウォレット)と接続してコインを管理できるぞぃ。

※Ledger Nano S(レジャー・ナノS)の使い方や購入方法に関しては「Ledger Nano S(レジャー・ナノ/レジャー・ナノS)の特徴と使い方」に詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

マイイーサウォレットの特徴

ハードウォレットである「Ledger Nano S(レジャー・ナノS)」を利用していない人のほとんどは「MyEtherWallet(マイイーサウォレット)」を使用されているのではないでしょうか。

ICO参加時に、ETH(イーサリアム)を送金する場合にもとても便利なウォレットですよね。

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)では、ETH(イーサリアム)はもちろんのこと、ETH(イーサリアム)の技術を基盤としたトークンの管理(受け取りと保管)も行えるという特徴があります。

ICOが発行するトークンの受け取りも、ほとんどの人はMyEtherWallet(マイイーサウォレット)で受け取っているのではないでしょうか。

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)は便利なウォレットで、ウェブブラウザさえあれば、パソコンなどに保存した秘密鍵を指定する事で自身のウォレットにアクセスできます。

ただ一つ注意しなければならない点は、あくまでも“インターネット上のウォレットである”という事です。

万が一、秘密鍵を保管している自身のパソコンがウィルスなどに感染した場合、サイバー攻撃という形でハッキング被害に遭う可能性が捨てきれません。

ここで注意すべき点は“秘密鍵の管理“ですよね。

ウォレットにアクセスするための秘密鍵をどのような形で保有するのか、これが重要な課題になってくるわけです。

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)の秘密鍵を、パソコンやインターネットから分離されたハードウォレットで管理するというセキュリティ意識が必要になってきます。

そこで使えるのが「Ledger Nano S(レジャー・ナノS)」などのハードウェアウォレットとの連携です。

※MyEtherWalletの登録方法などは「My etherwalleの登録・作り方・使い方」に詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

Ledger Nano S (レジャー・ナノS)とマイイーサウォレットを連携して便利に使う

「Ledger Nano S (レジャー・ナノS)」と「My EtherWallet(マイイーサウォレット)」は、連携した形で利用する事が出来るのです。

「My EtherWallet(マイイーサウォレット)」は、インターネット接続されているので送金がすぐに実行できる反面、秘密鍵の保管に難があります。

しかし、オフライン(インターネット接続無し)の状態で秘密鍵を保管出来る「Ledger Nano S (レジャー・ナノS)」と「My EtherWallet(マイイーサウォレット)」を連携することで、セキュリティを最大限に担保した利用が可能になるのです。

▼連携手順

「Ledger Nano S (レジャー・ナノS)」と「My EtherWallet(マイイーサウォレット)」を連携させる方法は意外と単純です。

※ 「Ledger Nano S (レジャー・ナノS)」および「My EtherWallet(マイイーサウォレット)」の登録などについては、以下の記事を参考にしてください。

手順1.「My EtherWallet(マイイーサウォレット)」にアクセスする

まずは「My EtherWallet(マイイーサウォレット)」にアクセスして、「View Wallet Info(お財布情報の確認)」をクリックします。

手順2.「Ledger Wallet」を選択する

表示された画面左の中に「Ledger Wallet」がありますので、クリックしてください。

手順3.「Ledger Nano S (レジャー・ナノS)」を接続

「Ledger Nano S (レジャー・ナノS)」を、パソコンにUSBで接続します。

「Ledger Nano S (レジャー・ナノS)」のPIN codeを入力
マイイーサウォレットとレジャーナノの接続-min
PIN codeの入力方法・決定のやり方
マイイーサウォレットとレジャーナノの接続2-min
  • PIN codeの番号の変更は、上記画像のボタンの左側を押す
  • PIN codeの番号の決定は、上記画像のボタンの左・右の両方を一緒に押す
Bitcoin→Ethereumへ変更
マイイーサウォレットとレジャーナノの接続3-min
  • Bitcoin→Ethereumへの変更は、右ボタンを1度押し、Ethereumに切り替わるのを確認して、左・右のボタンを一緒に押す。(※左・右のボタンを一緒に押す行為は『決定』)
My EtherWallet(マイイーサウォレット)で『Connect to Ledger Wallet』

My EtherWallet(マイイーサウォレット)で『Connect to Ledger Wallet』を押す。

これにより、My EtherWallet(マイイーサウォレット)と「Ledger Nano S (レジャー・ナノS)」の接続が完了しました。

これで、「Ledger Nano S (レジャー・ナノS)」が接続され、画面上には「Ledger Nano S (レジャー・ナノS)」で管理しているETHアドレスが表示されます。

※万が一表示されない場合は、「Ledger Nano S (レジャー・ナノS)」本体がスリープ状態になっている可能性もありますので、確認してください。

手順4.各アドレスの詳細

マイイーサウォレットとレジャー・ナノを接続

「Ledger Nano S (レジャー・ナノS)」を接続すると、管理しているアドレスの一覧が表示されます。詳細を確認する時は、確認したいアドレスのボタンにチェックをして「お財布を解錠する(Unlock your Wallet)」をクリックする事で確認出来ます。

▼接続後の管理方法

上記手順で「Ledger Nano S (レジャー・ナノS)」を接続する事で、例えば「Send Ether & Tokens(Ether/トークンの送出)」などで送金したり、ICOで受け取ったトークンなどの管理を全て「Ledger Nano S (レジャー・ナノS)」で管理出来るようになります。

使用しない場合は、「Ledger Nano S (レジャー・ナノS)」をパソコンから取り外しておく事で、パソコンにサイバー攻撃を仕掛けられたとしても、秘密鍵をオフライン(インターネットに接続されていない状態)で安全に管理する事が出来るわけです。

▼接続後の送出方法

ビット先生

ビット先生
さて、お待ちかねのコインの送出方法をお伝えするぞぃ。これがわからなくて困った・・・という人が意外と多いので注目して欲しいぞぃ。慣れれば非常に簡単じゃ。

お財布を解錠すると、馴染みのなる画面になります。

My EtherWallet(マイイーサウォレット)で送出情報を入力
マイイーサウォレットとレジャーナノの接続(送金)

さて、いつも通りに以下情報を入力しましょう。

  • 送出先アドレス
  • 送出数量
  • ガスリミット

上記入力をMy EtherWallet(マイイーサウォレット)にて終えた状態では、「Ledger Nano S (レジャー・ナノS)」は以下のような状況になっています。

マイイーサウォレットとレジャーナノの接続6-min

My EtherWallet(マイイーサウォレット)のトランザクション生成ボタンを押しましょう。すると「Ledger Nano S (レジャー・ナノS)」では以下のような『Confirm transaction』という文字に切り替わります。

マイイーサウォレットとレジャーナノの接続4-min
Ledger Nano S (レジャー・ナノS)にて右ボタン
マイイーサウォレットとレジャーナノの接続5-min

「Ledger Nano S (レジャー・ナノS)」にて『Confirm transaction』という文字が表示されたら、右ボタンを1度押します。

My EtherWallet(マイイーサウォレット)にてトランザクションを送出
トランザクション処理

『トランザクションを送出』が表示されました。

『トランザクションを送出』を押して、送出処理完了です。

ビット先生

ビット先生
『トランザクション生成』を押しても何も反応しなくて困った方も多かったのではないでしょうか。
にゃんこ

にゃんこ
にゃんこは、これで2時間迷っていたにゃん。

ウォレットを利用するというリスク管理

どのようなウォレットでも、リスクはあります。

仮想通貨取引所ではクラッキング(悪意あるハッキング)被害も起こっていますし、自身のパソコンがウィルス感染してしまい秘密鍵が盗まれたり、秘密鍵を保管していたパソコン自体が壊れてしまうという事も想定されます。

もちろん、パソコンやインターネットから切り離して保存する”ハードウォレット“も、それ自体を無くしてしまう恐れもありますよね。

どのようなウォレットで管理していてもリスクはつきものです。

しかし、大切なデータは自身がコントロールできる範疇で管理する事が一番確実な管理方法であることは間違いありませんね。

Ledger Nano S (レジャー・ナノS)とマイイーサウォレットの便利な使い方 〜まとめ〜

「Ledger Nano S (レジャー・ナノS)」で仮想通貨を管理し、「My EtherWallet(マイイーサウォレット)」を通して送金などの取引を行うという最大のメリットは”セキュリティ“です。

「Ledger Nano S (レジャー・ナノS)」をオフラインで保管する事は、金庫の鍵を大切に、誰にも触れる事が出来ないよう管理するのと同じ意味を持ちます。

インターネットに接続されている状態は、如何なる状態でも他者からの脅威を免れません。

仮想通貨が世に浸透していく中で、盗難事件が無くなる事はありません。しかし、盗む側から考えても、盗む事が出来る資産には条件があります。

それは”インターネットに接続されている事“です。

そして、盗難などの被害に遭わないためには、出来る限り”大切なデータをインターネットから切り離す“事なのです。

「Ledger Nano S (レジャー・ナノS)」という、インターネット接続されていない”鍵“と、「My EtherWallet(マイイーサウォレット)」という、インターネット接続された”窓口“をうまく組み合わせて利用する事が、最大限に資産を守る事に繋がります。

Ledger Nano S(レジャー・ナノS)の公式サイト

ランキング1位を狙っています。記事が役に立ったら応援お願いします!


にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ
~1日1回、上記2つにポチっと応援を宜しくお願いします~

LINE@にて、ビット先生からの非公開情報や最新情報を受け取る!

  • ビット先生が仮想通貨開始から4ヶ月で3,000万円以上稼いだ銘柄選定方法
  • ブログでは公開していない通貨・ICO情報
  • 仮想通貨の最新ニュース
  • オススメの取引所
  • その他、仮想通貨に関する情報を配信
仮想通貨の教科書
【公式】仮想通貨取引所

仮想通貨は、市場規模が70兆円を超え、非常に注目されている市場です。

FXの市場が500兆円、株式市場が6,500兆円ということを考えると、ここから数年で10倍、20倍と拡大を続けることが予想されます。

まだ仮想通貨を始めていない方は、先ずは口座開設から始めてください。

全て無料で作成できますのでご安心ください。

【日本国内の取引所】

【海外の取引所】

仮想通貨取引所・徹底比較ランキング

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Ledger Nano S(レジャー・ナノ レジャー・ナノS) の特徴・使い方

Ledger Nano S(レジャー・ナノ / レジャー・ナノS) の特徴・使い...