二度とログイン出来なくなる!?仮想通貨取引所の2段階認証における注意点!!

仮想通貨取引を行う上で、最重要課題として意識しておくべき事が“セキュリティ”です。

セキュリティ対策については、仮想通貨取引所の運営会社が行うセキュリティ対策と、私たちユーザー自身が行う対策があります。

例えば、仮想通貨取引所が施すセキュリティ対策としては以下のようなモノが考えられます。

  • 仮想通貨取引所として動作するサーバー自体にファイアウォールを確立する事
  • サーバーへの入り口となるネットワーク機器でのセキュリティを確立する事
  • 仮想通貨取引所として動作するプログラム自体の脆弱性を無くす事
  • 取り扱うデータベースの脆弱性を無くす事
  • 仮想通貨を管理するウォレットについて、ホットウォレットとコールドウォレットを意識して管理する事
  • 仮想通貨取引所を運営する企業の従業員、またそれに関わる情報の取り扱いが可能な人のセキュリティに対する意識を統一する事(ヒューマンエラーを無くす事)
  • 仮想通貨取引所を利用するユーザー自身が設定可能なセキュリティ対策を提供する事

私たちは、仮想通貨取引所これらのセキュリティ対策を提供してもらうことで、ようやく仮想通貨取引という土俵に上がる事が出来、”取引は自己責任“という前提が成り立ちます。

この前提を経て、ユーザーが自身で出来るセキュリティ対策の一つが「2段階認証」の設定です。

にゃんこ

にゃんこ
にゃんこは、、、先日携帯を変更して大変なことになったにゃん。2段階認証のデータが全て消えて・・・。資産を失ったにゃん。
ビット先生

ビット先生
それは非常に辛いことじゃ。。同じことを失敗しないためにもしっかり学んで欲しいぞぃ。

2段階認証ってなに?

2段階認証とは、「IDとパスワード」の他に”もう一つの認証方法“を組み合わせてオンラインサービスにログインする方法で、第三者からの不正ログインやアカウントの乗っ取りを防ぐセキュリティ対策です。

2段階認証は仮想通貨取引所だけに採用されているセキュリティではなく、Gmailやヤフーメール、オンラインショッピングサイトのAmazonや楽天、その他にも、オンラインサービスでログインを必要とするあらゆるサービスで利用されています。

▼2段階認証のタイプ

2段階認証の方法にはいくつかタイプがあり、オンラインサイトによってその方法が異なります。

また、いくつかのタイプからユーザー自身が選んで設定する事が出来るサイトも多くありますので、自分に合った方法で設定を行いましょう。

2段階認証は、大まかに以下のような方法があります。

  • 電話番号によるSMS認証:電話番号を登録する事で、ログインする際にSMS(音声案内もあり)にて毎回異なるコードを受信し、コードを入力する事でログインします。
  • メールアドレスへのコード送信による認証:メールアドレスを登録する事で、ログインの際にはメールアドレスで、毎回異なるコードを受信し、コードを入力する事でログインします。
  • アプリの乱数による認証:ランダムに数字(乱数)が表示され、ログインの際は一定の間隔以内に表示されているランダムの数字を入力してログインします。
  • 「秘密の質問」による認証:飼っているペットの名前や母親の旧姓などを事前に登録しておき、ログインの際にはランダムに表示される”秘密の質問“に回答する事でログインします。

仮想通貨取引所で主に使用される2段階認証の方法は、電話番号によるSMS認証とアプリの乱数による認証です。

これらの2段階認証を登録しておく事で、セキュリティの向上に繋がりますので、2段階認証は必ず設定するようにしましょう。

しかし、アプリを使った2段階認証には欠点があり、ユーザー側の管理ミスや利用している機器(スマートフォンやタブレットなど)の故障や紛失により、ログインそのものが出来なくなってしまう可能性があるのです。

2段階認証での注意点

2段階認証を設定し、セキュリティを高めたにも関わらず、2段階認証の手段を失ってしまい、ログインが出来なくなると言った原因には以下のような事が考えられます。

  • 2段階認証用に設定した電話番号を変更してしまう。
  • 2段階認証用にインストールしたアプリを削除してしまう。
  • アプリをインストールした機器(スマートフォンやタブレット)が紛失したり故障してしまう。
  • 2段階認証のQRコードがわからない。

このような場合、オンラインサービス(仮想通貨取引所など)にログインが出来なくなってしまいます。

運営会社に問い合わせをして解除してもらう事も可能ですが、基本的には時間がかかりますし、海外の仮想通貨取引所を利用している人は、問い合わせが予想以上に大変(言語の壁)だったり、そもそも対応出来ないという事も大いにあり得る事なので注意が必要です。

特に、アプリを利用した2段階認証での注意点は、”2段階認証に使っているアプリが起動できない状況“で、”元となるQRコードもわからない“という状態になる事です。

にゃんこ

にゃんこ
にゃんこは、これをやってしまったにゃん。

アプリを利用した2段階認証で失敗しないための方法

それでは、このような失敗を防ぐためにはどうすれば良いのでしょうか。

基本的には、以下のような対策があります。

  • アプリを使った2段階認証ならば、QRコードなどの元となる情報自体を印刷したり、スクリーンショットを取るなどして、安全な場所に保管しておく。
  • 2段階認証に使用する機器意外に、予備の機器を用意しておく。
  • 出来るだけ操作しやすいアプリを選択する。

これらを念頭に置いて、出来る限りの安全策をとりましょう。

ビット先生

ビット先生
QRコードのスクリーンショットは非常に重要だぞぃ。必ず、必ず保管しておくことをお勧めするぞぃ。

2段階認証を導入するまでの手順としては、以下のように進めて行きましょう。

  1. 利用するアプリを選択する
  2. 機器にアプリをインストールする
  3. 認証用のQRコードをバックアップする
  4. QRコードを読み取り、2段階認証を設定する

この順番で登録を進める事で、万が一機器の故障などで2段階認証のアプリを起動出来なくなっても、慌てる必要がなくなります。

▼1.利用するアプリを選択する

2段階認証に使われるアプリの中で、iOS用とAndroid用にそれぞれアプリが用意されていて、多くの人が利用している代表的なアプリが以下の3つです。

【iOS(iPhoneやiPad)用アプリ】
【Android用アプリ】

それぞれのアプリによって、提供している企業や使い勝手が違いますので、3つのアプリについて簡単な特徴を紹介しておきます。

「Authy」の特徴

「Authy」は、3つのアプリの中でも唯一クラウド経由で他の機器(iPhoneとiPadなど)で“同期”が出来るアプリです。

例えば、iPhoneで設定している2段階認証をiPadでも利用したい場合には、クラウドバックアップを取った後に、iPadに同期する事で、iPhoneとiPadで同じデータを使う事ができます。

iPhoneとiPadで利用したい時、2つの機器に一つずつ登録する必要がありません。日本国内では知名度が低いという不安もありますが、世界のユーザー数としては「Google Authenticator(Google認証システム)」に次ぐ人気のようです。

ただし、全てが英語なので最初は戸惑うかも知れません。

以下、「Authy」の特徴を簡単にまとめておきます。

【良い点】
  • クラウドバックアップを利用する事で異なる機器間でのデータ同期が出来る。
  • アプリ自体にもパスコード設定が出来る。
【残念な点】
  • 全て英語表記なので、最初は分かりにくい部分がある。
  • iPad Pro 10.5インチで、画面横向きには対応していない。(縦向きには完全対応しています)※2018年8月25日現在

「Google Authenticator(Google認証システム)」の特徴

仮想通貨取引所に2段階認証が提供された頃から取引をしていた人のほとんどは「Google Authenticator(Google認証システム)」を利用している、または利用していたのではないでしょうか。

あのGoogleが提供している認証アプリですので、信頼性は抜群です。セキュリティに直結するアプリですので、迷ったら取り敢えず「Google Authenticator(Google認証システム)」を利用するといった選び方でも問題は無いと思います。

ビット先生

ビット先生
ビット先生もGoogle Authenticatorを利用しているぞぃ。

必要最小限の機能だけを備えているだけで、とてもシンプルな作りです。

以下、「Google Authenticator(Google認証システム)」の特徴を簡単にまとめておきます。

【良い点】
  • Googleという大企業への信頼と安心感がある。
  • 「設定」項目も無く、作りがとてもシンプル。
  • 世界でも利用人数が多いので、情報が多い。
【残念な点】
  • エクスポート機能が無いため、機種変などの際には予め2段階認証を解除後、新たに2段階認証を登録し直す必要がある。
  • アプリ自体にはパスコード設定が出来ない。

「IIJ SmartKey」の特徴

「IIJ SmartKey」は、代表的3つのアプリの中では唯一日本国内の企業が提供するアプリです。もちろん、アプリ内の文言はすべて日本語で表示してありますので、操作に迷う事はありません。

また、設定したデータのエクスポート機能を使えば、登録している2段階認証のQRコードが表示可能ですので、別の機器(iPhoneからiPadなど)への移行が可能です。

※2018年8月25日現在、iPad横向きには対応していません。(iPad Pro 10.5インチのみ確認済み)

ビット先生

ビット先生
これも非常にわかりやすいアプリだぞぃ。

以下、「IIJ SmartKey」の特徴を簡単にまとめておきます。

【良い点】
  • 日本国内の企業が提供しているので、全て日本語に対応している。
  • アプリ自体にもパスコード設定が出来る
  • データのエクスポート機能があるので、他の機器に移行しやすい。
【残念な点】
  • iPad Pro 10.5インチの画面に完全対応していない。(2018年8月25日)
  • ストアでの評価が低い事が気になる。

▼2.機器にアプリをインストールする

アプリによる2段階認証には、AndroidやiOSの端末が必要です。機器を2台持っている人は、2台共にアプリをインストールしておくことをオススメします。

万が一、どちらかの機器が壊れたり無くしたり、また機種変更などをする際に慌てる必要がなくなります。

▼3.認証用のQRコードをバックアップする

アプリをインストールしたら、2段階認証を設定する仮想通貨取引所へログインして、2段階認証の設定画面へ進みます。

認証用のQRコードが表示されますので、QRコードを保存しておきましょう。

スクリーンショットや写真、または印刷するなどの方法で保管する事で、2段階認証のコード確認が出来なくなるという大失敗を防ぐ事が出来ます。

注意:保存したQRコードは、絶対に第三者に漏れないよう、厳重に管理してください。

▼4.QRコードを読み取り、2段階認証を設定する

QRコードを保存したら、アプリをインストールした機器でQRコードを読み取りましょう。

アプリに、2段階認証のコードが表示されますので、サイトにコードを入力し設定を完了させてください。

これで、アプリによる2段階認証設定が完了します。

どうしても2段階認証コードが取得出来なくなった場合の救済

2段階認証のアプリを削除してしまったり、アプリをインストールしている機器(スマートフォンやタブレット)が壊れてしまったという場合には、公式の運営会社に問い合わせを行うしかありません。

日本国内の仮想通貨取引所であれば、日本語での問い合わせも可能ですし、実際に2段階認証を解除してもらえたという事例もあります。

にゃんこ

にゃんこ
にゃんこは、これで無事解決できたにゃん。日本の取引所は身分証明がしっかりとできれば対応してくれるにゃん。

海外の仮想通貨取引所の場合、問い合わせも日本語に対応していない取引所も多いですが、2段階認証が出来なくなった経緯などを、Google翻訳などを使って問い合わせを行なってください。

二度とログイン出来なくなる!?仮想通貨取引所の2段階認証における注意点!! 〜まとめ〜

2段階認証のためのアプリを利用している人は多いと思います。

そして、『アプリをインストールしているスマートフォンが壊れてアプリを起動できなくなった』という話を聞いた事がある人、また実際にその状況に陥ってしまったという人もいるのではないでしょうか。

今回ご紹介した”QRコードを保管する“という方法は、QRコードが第三者に漏れてしまうリスクを十分に考慮した管理を意識すれば、自分自身の資産を守るための大切な予防策となります。

面倒だと思った人も、大失敗をする前に予防策を実行しておく事をお勧めします。

ランキング1位を狙っています。記事が役に立ったら応援お願いします!


にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

ビット先生

ビット先生
~1日1回、上記2つにポチっと応援を宜しくお願いします~

LINE@にて、ビット先生からの非公開情報や最新情報を受け取る!

  • ビット先生が仮想通貨開始から4ヶ月で3,000万円以上稼いだ銘柄選定方法
  • ブログでは公開していない通貨・ICO情報
  • 仮想通貨の最新ニュース
  • オススメの取引所
  • その他、仮想通貨に関する情報を配信
仮想通貨の教科書
【公式】仮想通貨取引所

仮想通貨は、市場規模が70兆円を超え、非常に注目されている市場です。

FXの市場が500兆円、株式市場が6,500兆円ということを考えると、ここから数年で10倍、20倍と拡大を続けることが予想されます。

まだ仮想通貨を始めていない方は、先ずは口座開設から始めてください。

全て無料で作成できますのでご安心ください。

【日本国内の取引所】

【海外の取引所】

仮想通貨取引所・徹底比較ランキング

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【初心者向け】仮想通貨の始め方 ~まとめ~

仮装通貨の仕組み

仮想通貨の基本的な知識

ビットコインハードフォークの際には付与されるかも!

仮装通貨の仕組み【初心者向け】

LODE(ロード)のICO参加方法

仮想通貨の購入:取引所と販売所の違い

POW・POS・PoI・PoCの違い

POW・POS・PoI・PoCの違い

仮想通貨FXをやってみる前の心構え

仮想通貨FXをやってみる前の心構え