Solidex(ソリデックス)の取引所・登録・使い方を大公開!!

Solidex(ソリデックス)とは、2018年9月にオープンしたばかりの仮想通貨取引所です。

稼働して間もない事もあり、現在の基軸はBTCのみ、また上場しているコインはFountainConnect(FTCT)のみですが、これまで行われた数々のICOトークンが上場する予定となっています。

また、Solidex(ソリデックス)は、国や地域の“仮想通貨(暗号資産)取引の規制”に出来るだけ影響されない取引所を目指しており、実現すれば高い流動性を持つ取引所になる可能性を秘めているのです。

今回は、そもそもSolidex(ソリデックス)とは何なのか、またSolidex(ソリデックス)にしか無い特徴を交えながら、登録方法や使い方を紹介します。

にゃんこ

にゃんこ
2018年9月上場って、今月だにゃん。
ビット先生

ビット先生
人気のICO上場先ということもあり、楽しみな取引所だぞぃ。

Solidex(ソリデックス)の公式サイト

Solidex(ソリデックス)ってなに?

Solidex(ソリデックス)は、2018年9月にオープンした新しい仮想通貨取引所です。

Solidex(ソリデックス)は取引所として、国や地域による”仮想通貨(暗号資産)取引への規制“を出来るだけ緩和し、幅広いユーザーが利用出来る仮想通貨取引所を目指すという思想があり、それはホワイトペーパーにも記載されています。

また、数前年から行われていたICOの数々がSolidex(ソリデックス)に上場する事でも話題になっていますね。

新規にオープンした取引所という事もあり、メンテナンスのために取引が一時不能となっていましたが、2018年9月19日には取引が再開されています。

今後も取引所のメンテナンスは入ると思いますが、国の規制(国別に対する接続規制など)を極力実施しないという方針から、より自由な取引の場を提供する仮想通貨取引所としても重宝される事になりそうです。

そして、Solidex(ソリデックス)では独自トークンの「SDX」を発行します。現在トークンセール中(2018年9月1日〜2018年10月15日まで)ですが、もちろん、保有者には利益還元などの特典なども実施される予定です。

Solidex(ソリデックス)の基本情報

それではまず、Solidex(ソリデックス)の基本情報をしっかりとチェックしておきましょう。

▼手数料

  • 取引手数料:0.10%(手数料支払いにSDXトークンを利用する事で、0.05%の割引率が適用されます。)
  • 入金手数料:無料
  • 出金手数料:ブロックチェーンの状態(混み具合)に応じて定期的に調整されます。

▼SDXトークン

SDXトークンの基本情報

通貨名 SDX 公開日 2018年9月1日
最大発行数 200,000,000SDX
Webサイト https://www.solidexchange.io/
ホワイトペーパー https://goo.gl/NYxBcR

トークン販売フェーズ

販売トークン数 100,000,000 SDX
ICO期間
  • フェーズ1:2018年9月1日〜2018年9月15日
  • フェーズ2:2018年9月15日〜2018年9月30日
  • フェーズ3:2018年9月30日〜2018年10月15日
コイン価格
  • フェーズ1:1SDX = 0.08USD(37,000,000SDX)
  • フェーズ2:1SDX = 0.09SUD(35,000,000SDX)
  • フェーズ3:1SDX = 0.1USD(28,000,000SDX)

ロードマップ

2018年4月 SolideXプロジェクトの開始
2018年9月 SolideXプラットフォームv.1.0がSDXトークンの販売を開始
2018年11月 ロイヤリティプログラムの初期収益配分
2019年第3四半期 投票システムおよびモバイルアプリ
2019年第4四半期 SolideX正式打ち上げ
将来 DEXをlaunch

Solidex(ソリデックス)の特徴

それでは、Solidex(ソリデックス)の特徴をみていきましょう。

▼独自トークン「SDX」がトークンセール中(2018年9月24日現在)

Solidex(ソリデックス)は、取引所の独自トークンである「SDX」を発行します。

SDXは現在トークンセール中ですが、メリットとしては以下のようなものがあります。

  • 手数料支払いにSDXを利用する事で手数料が半額になる
  • 保有量に応じて、上場されるトークンのエアドロップが検討されている
  • 投票制度が導入される予定
  • DEX(分散型取引所)へ移行した際には、手数料として利用出来る
  • レンディング(貸付サービス)にてSDXを貸付する事で、最大24%の金利を得る事が出来る

また、四半期毎に取引手数料の20%がバーンされますので、SDXの希少価値も少しずつ上がっていくという事ですね。

▼国や地域別のアクセス規制などを極力緩和した取引所

流動性が期待出来る

Solidex(ソリデックス)は、仮想通貨取引所を運営するに当たり、国や地域によって異なる仮想通貨(暗号資産)の扱いは市場の成長を妨げるとし、出来る限り多くのユーザーが利用出来る”制限の少ない“取引所を目指しています。

現在日本から利用出来ないという海外の仮想通貨取引所が増えました。これはもちろん、ユーザーを守るためではありますが、日本在住であるがために取引が出来ないコインなど数多く存在します。

このような”仮想通貨(暗号資産)“への不便を解消出来る仮想通貨取引所を目指すのがSolidex(ソリデックス)です。

▼ハッキングテストなどでセキュリティに力を入れている

アクセス規制を出来るだけ緩和するためには、それなりのセキュリティを担保しなければなりませんし、それが無ければ利用者の信頼は得られませんよね。

Solidex(ソリデックス)では、最先端金融システム設計を研究してきたチームで、世界レベルの安定したシステムを保証出来るシステム構築を行なっています。

包括的なハッキングテストを行い、セキュリティの安全レベルを高めているのです。

セキュリティに関しても、ホワイトペーパーに明記されています。

▼ICOトークンが次々に上場予定

Solidex(ソリデックス)の魅力の一つとして、これまで行われてきた数々のICOトークンが上場予定である事が挙げられます。

2018年9月24日現在では以下のトークンが上場予定です。

  • MOOVER(9月)
  • LODE(9月)
  • UNIXON(9月)
  • GeAR(9月)
  • Fountain Connect(9月15日上場済み)
  • FREAK STREAM(2018年内)
  • Regain(12月)
  • Firop(12月)
  • TRUSTEM(12月)

2018年9月24日現在では、未だ上場されているのがFountainConnect(FTCT)のみという事からも、上場時期については若干のズレを見込んでおいた方が良いでしょう。

▼画面が非常にシンプルで見やすい

Solidex(ソリデックス)は、日本語には対応していないものの、全体的な画面が非常にシンプルで、操作直感的に操作しやすい仮想通貨取引所です。

これから機能も増えていくかも知れませんが、現在(2018年9月24日現在)では、メニューは大きく「Home」「Account」「User」だけで、どこでどのような設定を行なうかを予想しやすい操作画面となっています。

▼取引はほぼ成されていない現状がある(2018年9月24日現在)

Solidex(ソリデックス)は、オープンして間もない取引所であり、上場されているのはFTCTのみ、基軸となるコインはBTCのみであるため、まだまだ取引がほぼ行われていない状態でもあります。

独自トークンのSDXがトークンセール中という事もあり、本格始動はこれからという仮想通貨取引所です。

▼現状BTC以外の入出金は出来ない(2018年9月24日現在)

基軸となるBTC以外の入出金は今のところまだ行われていません。

FTCTは上々されているのですが、未だ出金機能は実装されていないため、実質BTCとの取引のみが出来る状態です。

Solidex(ソリデックス)を利用するリスク

Solidex(ソリデックス)は、2018年9月にオープンしたばかりの仮想通貨取引所ですので、実績がありません。

国や地域の規制を超えて、幅広いユーザーが利用出来る取引所として期待できますが、これからの実績をみていかなければ、実際の利用価値は判断出来ないというのが現場です。

これまで行われてきたICOでも、ホワイトペーパーに記載された事が全て実現しているプロジェクトは稀でしょう。

ですので、Solidex(ソリデックス)を利用する際は、まだ実績が無いという事実を把握し、リスクを意識した利用が大切です。

Solidex(ソリデックス)に上場する予定のICOのトークンを保有している人は、登録をしておく事でスムーズな取引を開始する事は出来ますが、様子を見ながら利用を進めていくようにしましょう。

Solidex(ソリデックス)の登録方法と使い方

それでは、Solidex(ソリデックス)の登録方法と使い方を見ていきましょう。

▼登録

公式サイトへアクセス

まずは、下記リンクより公式サイトの登録ページへアクセスしてください。

Solidex(ソリデックス)の公式サイト

情報登録

登録ページが表示されたら、下記を入力してください。

  • Email address(メールアドレス)
  • チェックボタンをクリックしてチェックを入れる

入力が終わると以下のようなイメージになりますので、「Sign UP」ボタンをクリックしてください。

「Sing UP」ボタンをクリックすると、以下の画面が表示されます。

上記で入力したメールアドレスにメールが送信されていますので、登録したメールを確認して、メール内のURLをクリックしてください。

URLをクリックするとパスワード登録画面が表示されますので、以下の項目を入力してください。

  • Password(パスワード)
  • Repeat Password(パスワード確認)

入力を終えると以下のようなイメージになりますので、「Register」ボタンをクリックしてください。

これで、登録が完了となりますので、続けて2段階認証設定をしておきましょう。

2段階認証登録

登録が完了したら、必ず2段階認証の設定を行いましょう。

2段階認証の設定は、以下の手順で行う事をオススメします。

  1. 認証用のQRコードをバックアップする。(バックアップは厳重に管理してください。)
  2. QRコードを読み取り、2段階認証を設定する。

※2段階認証については「二度とログインできなくなる!?仮想通貨取引所の2段階認証における注意点!!」でも詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

ログイン後の画面は非常にシンプルです。

2段階認証を行うには、左のメニューの「User」(画像内①」をクリックして、「2FA」(画像内②)をクリックしてください。

QRコードが表示されますので、まずはバックアップをとりましょう。(バックアップは厳重に保管してください。)

バックアップを終えたら、スマートフォンアプリでQRコードを読み取ってください。

アプリにコードが表示されますので、「Code」の欄に入力しましょう。

入力を終えると以下のようなイメージになりますので、「Activate」をクリックしてください。

2段階認証設定に成功すると、左メニューの「2FA」欄に緑色で「Enabled」が表示されます。

これで、2段階認証設定が完了です。

▼使い方

Solidex(ソリデックス)の画面は非常にシンプルですので、ほとんど迷うことは無いと思います。

基本的な手順としては、以下の順となります。

  1. 日本の仮想通貨取引所でコインを購入する
  2. Solidex(ソリデックス)にコインを送金する
  3. 任意のコインを取引する

「1.」については、Solidex(ソリデックス)では日本円(JPY)を利用出来ません。

また2018年9月24日現在ではBTCしか利用出来ませんので、日本の仮想通貨取引所でBTC(ビットコイン)を購入して、Solidex(ソリデックス)へ送金する必要があります。

Solidex(ソリデックス)にコインを入金する

まずは、Solidex(ソリデックス)にBTCを入金しましょう。

ログインした画面の左メニューから「Account」(画像内①)をクリックして、「BTC Deposit」(画像内②)をクリックしてください。

BTC入金用のアドレスが表示されますので、アドレスをコピーしましょう。

コピーしたアドレスを、送金元となる仮想通貨取引所やウォレットにペースト(貼り付け)して、Solidex(ソリデックス)へBTCを送金してください。

任意のコインを取引する

取引画面は、左メニューの「Home」をクリックする事で表示されます。

使用している画面が狭い場合は、若干下にスクロールすると、取引の入力画面があります。

Solidex(ソリデックス)では、「Buy(売り)」と「Sell(買い)」が同時に表示されているタイプです。

また、取引は「Limit(指値注文)」と「Market(成行注文)」がありますので、「Limit」の部分をクリックして、選択してから取引してください。

Solidex(ソリデックス)の取引所・登録・使い方を大公開!! 〜まとめ〜

Solidex(ソリデックス)は、2018年9月にオープンした新しい仮想通貨取引所であり、取引自体もまだほとんど行われていません。

ただし、これまで行われてきた数々ICOのトークンが上場する予定がありますので、“取引準備”のためにはアカウント登録をしておく事をオススメします。

それでは最後に、Solidex(ソリデックス)の特徴をまとめておきます。

  • 独自トークン「SDX」がトークンセール中(2018年9月24日現在)
  • 国や地域別のアクセス規制などを極力緩和した取引所
  • ハッキングテストなどでセキュリティに力を入れている
  • ICOトークンが次々に上場予定
  • 画面が非常にシンプルで見やすい
  • 取引はほぼ成されていない現状がある(2018年9月24日現在)
  • 現状BTC以外の入出金は出来ない(2018年9月24日現在)

また、Solidex(ソリデックス)の独自トークンである「SDX」(トークンセール中)にも数々のメリットがありますので、注目です。

Solidex(ソリデックス)では、これまで行われてきたICOのトークンが上場予定です。これから実績を積む事で、更に数多くのICOトークンが上場される事も期待できます。ですので、参加したICOのトークンの取引をスムーズに始めるためにも、これまで注目していなかった仮想通貨取引所に予め登録しておく事が大切です。

※仮想通貨取引所の利用、また仮想通貨取引やICOへの参加については、リスクを伴うことがあります。これらリスクを自分自身でしっかりと把握した上で、無理のない資金で取引を行うことが大切です。自身でリスク管理をしっかりと行いましょう。

Solidex(ソリデックス)の公式サイト

ランキング1位を狙っています。記事が役に立ったら応援お願いします!


にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

ビット先生

ビット先生
~1日1回、上記2つにポチっと応援を宜しくお願いします~

LINE@にて、ビット先生からの非公開情報や最新情報を受け取る!

  • ビット先生が仮想通貨開始から4ヶ月で3,000万円以上稼いだ銘柄選定方法
  • ブログでは公開していない通貨・ICO情報
  • 仮想通貨の最新ニュース
  • オススメの取引所
  • その他、仮想通貨に関する情報を配信
仮想通貨の教科書
【公式】仮想通貨取引所

仮想通貨は、市場規模が70兆円を超え、非常に注目されている市場です。

FXの市場が500兆円、株式市場が6,500兆円ということを考えると、ここから数年で10倍、20倍と拡大を続けることが予想されます。

まだ仮想通貨を始めていない方は、先ずは口座開設から始めてください。

全て無料で作成できますのでご安心ください。

【日本国内の取引所】

【海外の取引所】

仮想通貨取引所・徹底比較ランキング

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ZB.com(ジービードットコム)の取引所・登録・使い方を大公開!!

DigiFinex(ディグフィネックス)の取引所・登録・使い方を大公開!!

BITEX(ビットエックス・XBX)のICO・買い方・購入方法

Coinsuper(コインスーパー)の取引所・登録・使い方を大公開!!

RightBTC(ライトビーティーシー)の取引所・登録・使い方を大公開!!

Cryptopia(クリプトピア)

Cryptopia(クリプトピア)の特徴・評判・登録・使い方 ~海外取引所~