STO(セキュリティ・トークン・オファリング)とは?

2018年10月中頃から、STO(セキュリティ・トークン・オファリング)という単語を聞く機会が増えました。

その理由は、あのナスダックがSTO(セキュリティ・トークン・オファリング)のためのプラットフォームを立ち上げるというニュースが流れた事が一つの要因となっています。

ナスダックは、価値や信頼性において株式に近い位置付けのSTO(セキュリティ・トークン・オファリング)を行うことが出来るプラットフォームを提供することで、今後の仮想通貨市場に深く関わっていく事が予想されます。

その事実は、仮想通貨市場を大きく揺るがす事になるでしょう。

そこで今回は、そもそもSTO(セキュリティ・トークン・オファリング)とは何なのか、その特徴や今後の期待値について、これまでのICO(イニシャル・コイン・オファリング)との違いに触れながら紹介します。

※出来るだけ簡素な説明にするため、語弊を生じる場合がありますが、あくまでも全体的なイメージとしてとらえて頂けると幸いです。

にゃんこ

にゃんこ
STO(セキュリティ・トークン・オファリング)??難しい言葉は苦手だにゃん。ICOとは何が違うにゃん?
ビット先生

ビット先生
にゃんこ。焦らずに・・・ゆっくり勉強しようぞぃ。

STO(セキュリティ・トークン・オファリング)ってなに?

そもそもSTO(セキュリティ・トークン・オファリング)とは、金融商品である事の価値や信頼性を担保したトークンを発行して資金調達をする方法を指します。

これまで、仮想通貨(暗号資産)での資金調達方法としては「ICO(イニシャル・コイン・オファリング)」が盛んでした。

2018年初めから仮想通貨取引に関わっている人にとっては聞き飽きた単語かもしれません。

そして、ICOのイメージについても「詐欺(scam)が多い」というものが定着してしまいました。

ICOに参加して購入したトークンも、仮想通貨取引所上場した途端、価値の下落(いわゆるICO割れ)を経験した人も少なく無いはずです。

もちろん、これら全てが詐欺(scam)というわけではありませんが、参加したICOのプロジェクトが全く進まない、あるいは実態が見えないまま時間だけが経過しているという現状には落胆の色を隠せません。

このような背景から、ICOよりも信頼性があり、投資対象となり得る仮想通貨(暗号資産)での資金調達方法として生まれたのが「STO(セキュリティ・トークン・オファリング)」です。

ICOとSTO(セキュリティ・トークン・オファリング)の違いを簡単に比較すると次のようになります。

  • ICO:審査が無く、誰でも発行出来るトークンであり、投機対象の資金調達方法
  • STO:証券と同等の厳しい審査が有り、トークン発行には投資対象としての裏付けが必要で、投資対象となる資金調達方法

ですので、STO(セキュリティ・トークン・オファリング)で発行されるトークンは、資産運用を目的に“投資”出来るトークンであると言えます。

このような性質を持つSTO(セキュリティ・トークン・オファリング)において、トークンの発行を管理するプラットフォーム提供を発表したのがナスダックなのです。

このプラットフォームは、テックビューロ社が打ち出したICOをサポートするプラットフォーム「COMSA」をイメージすると分かりやすいかもしれませんね。

証券と同等の信頼性を提供するSTO(セキュリティ・トークン・オファリング)のプラットフォームと、ICOのプラットフォームを比較する事は間違いかもしれませんが、“プラットフォーム”をイメージする上では、それに近いものになります。

※ナスダックとは、NASD(全米証券業協会)が運営する店頭株式市場で、1971年に開設されました。ベンチャー企業やハイテク企業の重要な資金調達の場としても活用される市場です。

※ICO については「ICOとは!?ICOを理解する」で分かりやすく紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

ICOで分かった問題点

これまで行われてきたICO(イニシャル・コイン・オファリング)では、数々の問題点が浮き彫りになりました。

特に目立った問題点が「簡単に詐欺(scam)が行えること」です。

実際に、トークンセールだけ行い、資金を集めた直後に連絡が取れなくなるといったあからさまなICOも蔓延している状態でしたが、トークンセールに参加するユーザーもやはりリターンを期待した投資感覚でICOへ参加しました。

※もちろん、しっかりとしたプロジェクトも多数存在しており、全てのICO案件が詐欺(scam)だったという極端な結論ではありません。

そこには、仮想通貨(暗号資産)という分野の新しさや、先駆けて投資する事によるリターンへの期待値が高かった事が挙げられます。

ICOを仕掛ける側についても、特に厳格な規制が無いため、極端に言えばホワイトペーパー一枚書くだけで誰でも資金調達が可能な状態なのです。

「ICO=詐欺(scam)が多い」というイメージの定着は、上場後のトークン価値の下落(いわゆるICO割れ)を加速させた一因でもあります。

プロジェクトが進まなかったり、途中で頓挫する事の懸念から、上場後すぐにトークンを売ってしまう傾向が強く見られるのです。

残念な事ですが、ICOという資金調達方法の新しい可能性への信頼を奪うには十分なインパクトとなり、元より言われていた通り、ICOは「投機」である事を根付かせてしまいました。

STO(セキュリティ・トークン・オファリング)の主な特徴

ICOの問題点を意識した上で、STO(セキュリティ・トークン・オファリング)の特徴を見ていきましょう。

▼投機目的ではなく投資目的となる

STO(セキュリティ・トークン・オファリング)は、ICOの問題点を克服するための十分な信頼性を保ち、「投資家保護」という観点からも、仮想通貨(暗号資産)での資金調達について「投機」ではなく「投資」として機能するための対策がとられます。

語弊を恐れず、STO側からみて端的に表現すると次のようになります。

  • ICO:リターンを求めない資産の寄付
  • STO:リターンを意識した金融商品への投資

もちろん、STO(セキュリティ・トークン・オファリング)を行うには厳しい審査をクリアするといったハードルが設定されますが、投資するユーザーにとっては安心して参加出来るものへと変わります。

▼SEC(米国証券取引委員会)の規則に準じたトークンを発行する

STO(セキュリティ・トークン・オファリング)では、Howey test(ハウィ・テスト)を実施する事で、トークンに「証券」と同等の信頼性(証券性)を検証し、投資として成り立つことを証明するのです。

これにより、SEC(米国証券取引委員会)の管理課に入るトークンは「投資家保護」が適用され、仮想通貨(暗号資産)での資金調達方法に信頼性を持たせます。

SEC(米国証券取引委員会)とは

SEC(米国証券取引委員会)とは、アメリカ合衆国における株式などの証券取引を監督・監視するための、連邦政府機関の事で、「投資家保護」を目的としています。

Howey test(ハウィ・テスト)とは

Howey test(ハウィ・テスト)とは、投資対象の商品に対して「ユーザーから資金を集めているか」「共同事業(法人)であるかどうか」「収益性(リターン)があるかどうか」という点において、あらゆる項目をスコア制で判断するものです。

このHowey test(ハウィ・テスト)によって、証券に該当するかを判断します。

証券に該当すると判断された場合には、SEC(米国証券取引委員会)によって、運営者や投資家が証券のルールに従って取引を行う事になります。

ですので、これに準じたトークンを発行するということは、STO(セキュリティ・トークン・オファリング)におけるトークンが、SEC(米国証券取引委員会)の管理下で「証券」と同等の信頼性がもたらされ、投資家保護に繋がるのです。

▼STO(セキュリティ・トークン・オファリング)は詐欺(scam)を淘汰する

証券性が認められたトークンを発行出来るSTO(セキュリティ・トークン・オファリング)では、ICOで横行している詐欺(scam)を淘汰されます。

ICOのように“気軽に誰もが実施”出来るものでは無く、信頼性や投資家保護といった観点から裏付けされたトークン発行となるため、資金だけ集めて逃げるといった行為は実質不可能になるためです。

これにより、仮想通貨(暗号資産)への投資に信頼性がもたらされるというメリットが出てきますね。

▼機関投資家の積極的な参入が期待出来る

仮想通貨(暗号通貨)を含め、STO(セキュリティ・トークン・オファリング)への投資に信頼性がもたらされる事で期待出来るのは、機関投資家の積極的な参入が見込める事です。

ICOのような“投機”ではなく、STO(セキュリティ・トークン・オファリング)という“投資”に分類されるため、仮想通貨(暗号通貨)取引のリスクへの懸念が払拭されるという期待が持てます。

▼投資出来るユーザーが限定される可能性がある

私たちユーザーに対するデメリットとなる要素ですが、STO(セキュリティ・トークン・オファリング)がSEC(米国証券取引委員会)のルールに準拠した場合、STO(セキュリティ・トークン・オファリング)で発行されたトークンへ投資可能なユーザーが限定される可能性があります。

というのも、SEC(米国証券取引委員会)の定めるルールでは、投資を行うユーザーの年収や資産などに一定の基準を設けているからです。

これがそのままSTO(セキュリティ・トークン・オファリング)に適用された場合、そこに投資出来るユーザーが限定されてしまう可能性が出てきます。

これは、仮想通貨市場に大きな変化をもたらす事は間違いありません。

※これらのルールが適用されるか否かは未定です。

▼クラウドファンディングのメリットは無くなる

ブロックチェーン技術を利用したプロジェクトを立ち上げる際のデメリットとなる要素となります。

ICOのように容易に資金調達が出来なくなる点や、投資可能なユーザーが限定されるかもしれないという要素は、既存のいわゆるクラウドファンディングのメリットが取り除かれ、これまでの「自由な資金調達」や「自由な投機・投資」が出来なくなる可能性が考えられるのです。

STO(セキュリティ・トークン・オファリング)のリスク要因

STO(セキュリティ・トークン・オファリング)については、まだまだ不確定要素が多くあります。

STO(セキュリティ・トークン・オファリング)のプラットフォームを提供予定のナスダックでも、その内容や提供時期は不透明であり、また、国や地域によっても差が出る事が予想されます。

現段階でもSTO(セキュリティ・トークン・オファリング)でのトークン発行を進めているプロジェクトは存在しますが、これが仮想通貨(暗号資産)市場にどのような影響を与えるかは不透明です。

もちろん、アーリーアダプター(早い段階で新サービスなどを受け入れるユーザー)になる事はとても重要な要素ですが、現段階ではあくまでも実験段階であると認識して、過剰な投資やリターンへの期待だけで必要以上の資産を動かす事は避けた方がいいかもしれません。

STO(セキュリティ・トークン・オファリング)についての動向を細かくチェックして、自身によるリスク管理を徹底する事が、現段階での“動き方”である事を意識しておきましょう。

STO(セキュリティ・トークン・オファリング)とは? 〜まとめ〜

STO(セキュリティ・トークン・オファリング)という用語や、その特徴を今のうちに把握しておく事で、本格的に始動した時に素早く判断する事が可能になります。

それでは最後に、STO(セキュリティ・トークン・オファリング)の特徴をまとめておきます。

  • 投機目的ではなく投資目的となる
  • SEC(米国証券取引委員会)の規則に準じたトークンを発行する
  • STO(セキュリティ・トークン・オファリング)は詐欺(scam)を淘汰する
  • 機関投資家の積極的な参入が期待出来る
  • クラウドファンディングのメリットは無くなる

今後、仮想通貨(暗号資産)や新規プロジェクトにおける仮想通貨(暗号資産)による資金調達に、証券と同等の信頼性が担保される事は市場の流動性を高める上で非常に重要な事となります。

世の中が仮想通貨(暗号資産)を金融商品であると認めた場合、そのインパクトには計り知れないものがあります。

STO(セキュリティ・トークン・オファリング)の普及によって、仮想通貨(暗号資産)市場がより良い方向へ向かっていく事を期待せずにはいられませんね!

※仮想通貨取引所の利用、また仮想通貨取引・ICO・STOへの参加については、リスクを伴うことがあります。これらリスクを自分自身でしっかりと把握した上で、無理のない資金で取引を行うことが大切です。自身でリスク管理をしっかりと行いましょう。

ランキング1位を狙っています。記事が役に立ったら応援お願いします!


にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

ビット先生

ビット先生
~1日1回、上記2つにポチっと応援を宜しくお願いします~

LINE@にて、ビット先生からの非公開情報や最新情報を受け取る!

  • ビット先生が仮想通貨開始から4ヶ月で3,000万円以上稼いだ銘柄選定方法
  • ブログでは公開していない通貨・ICO情報
  • 仮想通貨の最新ニュース
  • オススメの取引所
  • その他、仮想通貨に関する情報を配信
仮想通貨の教科書
【公式】仮想通貨取引所

仮想通貨は、市場規模が70兆円を超え、非常に注目されている市場です。

FXの市場が500兆円、株式市場が6,500兆円ということを考えると、ここから数年で10倍、20倍と拡大を続けることが予想されます。

まだ仮想通貨を始めていない方は、先ずは口座開設から始めてください。

全て無料で作成できますのでご安心ください。

【日本国内の取引所】

【海外の取引所】

仮想通貨取引所・徹底比較ランキング

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

リップル(XRP)の買い方・購入

【仮想通貨の種類】注目したい10選

仮想通貨取引所ハッキング被害まとめ

Withcoin、SPINDLE(スピンドルコイン)=GACKTコインのICO前...

ICOの詐欺の手口を公開!!

ICOの詐欺の手口を大公開!!

仮想通貨の教科書

ビット先生のLINE@をお友達に紹介

コインチェックの対応を時系列でみる

仮想通貨の送金時間・手数料比較表とレビュー