ブロックチェーン技術は何に使えるの?仮想通貨(暗号資産)以外の使い道

ブロックチェーン技術と言えばビットコインなどの仮想通貨(暗号資産)をイメージすると思います。ブロックチェーン技術は仮想通貨(暗号通貨)のためにある、と考えてしまうかもしれません。

そこで今回は、ブロックチェーン技術の基本を簡単におさらいしながら、ブロックチェーン技術がどのような可能性を秘めているのか、そして将来、ブロックチェーン技術にはどのような使い道があるのかという、「ブロックチェーン技術の可能性」について紹介します。

もしかしたら、私たちの日常生活も今とは全く違うものになってしまうかもしれませんね。

※この記事では、出来る限り分かりやすい事例や表現を用いているため、あくまでもイメージとしてとらえて頂けると幸いです。

にゃんこ

にゃんこ
ブロックチェーン・・・また難しい用語が。。。名前ぐらいは聞いたことあるにゃん。
ビット先生

ビット先生
ブロックチェーンについて一緒に学んで行こうぞぃ。

ブロックチェーン技術で出来る事は仮想通貨(暗号資産)だけじゃない

ブロックチェーン技術は、電子データである仮想通貨(暗号資産)を信頼性と価値を支えるために考案された仕組みで、不正や改ざんの可能性を限りなく低く保つ事が出来るシステムとして存在します。

不正や改ざんの可能性を低くする事で、インターネットだけでは実現出来なかった”信頼性“を保つ事が出来るようになります。信頼性を得られる技術は、お金などの”揺らいではいけない価値“を扱う事が可能になるのです。

現在、ブロックチェーン技術を利用した仮想通貨(暗号資産)には、国際送金や個人間での送金など、国や中央集権を意識しないボーダレスな”価値の取引“が注目されています。

このような説明だけであれば、やはりブロックチェーンはビットコインを支えるために生まれた技術と考えてしまいますが、これらを切り離しブロックチェーン技術に絞って考える事で、“信頼性と価値を支える”事が必要なシーンに応用する事が可能であることが分かります。

ブロックチェーン技術の特徴を簡単におさらい

まずは簡単にブロックチェーン技術の特徴をおさらいしておきましょう。

ブロックチェーン技術はビットコインが誕生する時、ビットコインを支える仕組みとして同時に誕生した技術です。ブロックチェーン技術がなければ、ビットコインをはじめとした仮想通貨(暗号資産)は成り立ちません。

ブロックチェーン技術は、私たちの日常生活で言うところの地面なのです。私たちは地面の上に、線路や道路を作り、電車や車を走らせますよね。

ここで言う“地面”にあたるものはもちろん、ブロックチェーン技術です。線路や道路にあたるものが、ビットコインやイーサリアムなどの仕組みです。線路や道路の上を走る電車、車にあたるものが、BTCやETHなどのアルトコインを含むコインとなります。

ビットコインを説明する以下のような文章があるとします。

「ビットコインとは、ブロックチェーン技術の上に成り立つ仮想通貨のことである。」

これを、上記の例に当てはめて書き直してみると、以下のようになります。

「電車とは、土地の上に作られた線路の上を走る、車両の事である。」

若干大雑把な例えになりましたが、大まかなイメージとしてとらえてください。

そして、もう一つ考慮しておくべき技術があります。

それがインターネットです。

インターネットは今や世界中を繋げるために必要不可欠な基盤となっていますよね。インターネットを上記の例に加えるならば、私たちが生きる上で無くてはならない基盤である地球そのものだと言えます。

ブロックチェーン技術と私たちの生活基盤を対比させて見ると、その構造がイメージしやすくなります。

以下、対比させた構造を「階層1」を基盤として表しています。

階層4 電車や車など BTCやEHTなどのコイン
階層3 線路や道路など ビットコインシステムやイーサリアムシステムなど
階層2 地面 ブロックチェーン技術
階層1 地球 インターネット

地面の上に創造出来るモノは、線路や道路だけではなく家やビルなどの建物、植物や食物の作る事が出来ますよね。

これと同じようにブロックチェーン技術という地面の上にも、ビットコインシステムやイーサリアムシステムだけではなく、あらゆる分野の多様なシステムを創り出すことが出来ると言う事なのです。

ブロックチェーン技術が幅広い分野で利用される理由

現在、あらゆるシステムはインターネットの上に作られています。

普段私たちが利用するブログやニュースサイトはもちろん、株や為替といった投資システム、コンビニで使うポイントやネットバンキングなど、生活に関係する事柄のほとんどがインターネットの上に成り立っています。

遠隔地との情報共有という土台を作ったインターネットは、私たちの日常を飛躍的に便利なものへと発展させました。

しかし、全てをインターネット上に接続してしまう事には、払拭できない問題点も数多くあるのです。

例えば、デジタルデータとなったモノ(例えば音楽や小説・漫画などクリエイティブな作品)が容易にコピー出来てしまうといった問題や、安易にデジタル化してインターネット上に繋げる事が危険を伴う個人情報の取り扱いなど様々です。

このような問題に対する解決策として、ブロックチェーン技術が期待されており、ブロックチェーン技術が今後幅広く利用される理由にもなっているのです。

▼ブロックチェーン技術とインターネットの活用で秩序が保たれる

上述した問題点は、モノをデジタル化する事で管理が難しくなると言う事です。

デジタルデータは自由にコピー可能な上、インターネット上のデータはセキュリティリスクの回避が困難です。

ですので、インターネット上に作られたモノ全てに、不正や改ざんといったリスクがつきまといます。

だからといって、インターネットという基盤を今更廃止すると世界は大混乱です。

そこで期待されている技術こそ、不正や改ざんがほぼ不可能で、更にデジタルデータ自体に著作権や所有権の付与が可能、そしてそれらの取引(データの追跡)が正しい事である承認を“みんな”で行えるブロックチェーン技術なのです。

ブロックチェーン技術とインターネットの違いを簡単に表すと、次のようなイメージです。

  • インターネット:何でもありで信頼性の無い、無秩序な場所
  • ブロックチェーン技術:みんなの力で秩序が保たれている、信頼性の高い場所

極端な表現になっていますが、これを基にイメージすれば、ブロックチェーン技術の役割は「インターネット上に”信頼性“を提供する技術である」と言えるのです。

▼ブロックチェーン技術で“信頼性”が得られる

これまでは、インターネットという自由なネットワーク上で、様々なデジタルデータをやり取りしていましたが、やはりそれは”信頼性“に欠けるものでした。

事実、企業をはじめ、クラウドストレージ(インターネット上にデータを保管する場所)を使うことには抵抗があり「重要なデータはインターネットから切り離す」という常識がありました。

現在は、徐々にクラウドの利用・導入も増えていますが、インターネットに対しての”信頼性“はまだまだ低いと思います。

しかし、ブロックチェーン技術を使ったサービスが増えることにより、その”信頼性”は一気に高まる事が予想されます。

分かりやすい例で言えば、クリエイティブな作品(音楽や書籍など)をデジタルデータで販売あるいは譲渡する場合、ブロックチェーン技術を利用したプラットフォーム(サービス)を使う事で、デジタルデータである作品に「著作権や所有権」を付与する事が出来るという仕組みが挙げられます。

そして、販売や譲渡によってデジタルデータ作品が取引されていく中で、作品に付与された著作権や所有権は削除される事が無く、条件によってはスマートコントラクト(自動的に契約を実行する仕組み)を適用する事で、印税や所有権の維持も可能になると言う事なのです。

ブロックチェーン技術を導入する事で、デジタルデータに対して無法地帯だったインターネットを、秩序ある健全な“信頼性のある場所”へと改革する事が可能である事からも、ブロックチェーン技術の様々な分野への適用が期待されているのです。

ブロックチェーン技術導入で期待出来る事

信頼性を提供するブロックチェーン技術の導入は、様々な分野の活用が期待されています。

▼既存サービスに対するブロックチェーン技術への載せ替え

ブロックチェーン上に作られるサービスプラットフォームとしては、まずインターネット上にある既存のサービスがブロックチェーン技術に載せ替えられる事が予測されます。

以下、既存サービス分野の一例です。

  • 決済目的:買い物での支払いなど
  • 送金目的:国際送金から個人間の送金も含む
  • 融資目的:定められた条件に沿った貸付業務が自動化される(スマートコントラクトによる自動実行)
  • ポイント関連:ブロックチェーンによる法定通貨とポイントの連携など(ポイントを法定通貨に戻す事も自由になる可能性あり)

など。

信頼性の担保されたプラットフォーム上で取引されるものは、まず“お金”に関するサービスです。

これは、仮想通貨取引を行なっている私たちにとっては“望んでいる”サービスであると思います。

しかし、ブロックチェーン技術を利用して構築されるサービスプラットフォームはこれだけではありません。

▼最新技術とブロックチェーン技術の融合

今後主流となるIT技術を用いた“個人情報を含む”サービスや、国家政治に連動する行動も、信頼性を担保した以下の様なサービスとして普及する事が予想されます。

  • 生体認証のセキュリティ
  • AI(人工知能)とブロックチェーン技術の融合
  • Iotの普及
  • 投票プラットフォーム

全ては、デジタルデータを信頼性のあるネットワーク(ブロックチェーン)に記録する事で成り立つサービスという事です。

また、ブロックチェーン技術が活用される事で変化するのは、この様なデジタルデータの在り方だけではありません。

デジタルデータがブロックチェーンに記録される事で信頼性のあるサービスが作られると共に、それらのサービスを利用する私たちの生活にも変化が訪れるはずです。

▼私たちの生活環境の変化

選挙は自宅で投票

選挙にブロックチェーン技術を利用するといった計画や既にテストを行ったという事例が世界で増えています。

ブロックチェーンは不正や改ざんが出来ないという理由はもちろんですが、さらにシステムの導入費用も安価に抑えられるという理由、また、インターネットさえ繋がっていればパソコンからでもスマートフォンからでも投票出来ると言った利点も挙げられます。

そして、私たちの行動は上記の様に、投票日には家でも外でも、スマートフォンを持っていればどこにいても投票に参加出来るといったスタイルになるでしょう。

デジタルデータの中古売買といった消費行動

iTunesやKindleなど、今や音楽や書籍は電子データで購入する事が出来ます。

しかし現在、一度購入した音楽や書籍を再販する事が出来ません。

一昔前のように、聴かなくなった音楽CDや読まなくなった書籍を中古ショップに売りに行く、または安く仕入れると言った消費行動がデジタルデータでは不可能です。

ここで、これらデジタルデータの販売プラットフォームにブロックチェーン技術が使われていたら話は変わります。

ブロッックチェーン技術を使ったプラットフォームでは、デジタルデータに“消えることの無い”著作権や所有権と言った情報を付加する事が出来るのです。

これは、音楽や書籍といった作品の権利を保ったまま取引が出来る事を意味します。

権利を保つという事は、それらを再販、あるいは二次的取引を行っても権利を守る事が出来るということです。

これが実現すれば、例えば購入した書籍を再販した場合でも、著作権という権利が消える事が無いので印税などの配布が可能になります。

権利を守る事が出来るという信頼性は、私たちの消費行動にも大きく影響を及ぼすのです。

契約書類やり取りの単純化(自動化)で作業の手間が削減

仕事や日常生活での契約事項も、ブロックチェーン技術を利用してサービスプラットフォームを作る事で、スマートコントラクトを代表する「契約を自動的に実行する機能」を付加する事が出来ます。

例えば、一番身近な契約と言えば賃貸契約が挙げられます。

賃貸契約のほとんどは2年更新となっていますが、更新の度に契約書類の郵送やり取りが発生しますよね。名前を書いて印鑑を押して、書類を送付します。間違いがあると差し戻しが行われ、訂正して再び送り返すといった手間も発生します。

これらがスマートコントラクトなどで条件と実行処理が設定されていれば、余計な手間をかける事なく自動的、またはボタン一つで更新手続きが完了するのです。

ビジネスにおける契約も同じです。例えばスーパーやコンビニの商品発注といった取引も自動的に行う事が出来ます。定期的に注文する商品に対しては、契約から発注、そして配達手配までの一連の流れをスマートコントラクトで自動的に行うことが可能となるのです。

重要な確認事項を必要とする上に、ミスの許されない契約作業は、スムーズに取引が出来る環境の元で、作業の手間は大幅に削減されるでしょう。

ブロックチェーン技術は何に使えるの?仮想通貨(暗号資産)以外の使い道 〜まとめ〜

上記に挙げた事例はほんの一部です。

これまで当ブログでも紹介したICO案件での分野は、全てブロックチェーン技術を基盤として作られるプラットフォームです。

私たちが普段の生活で意識しない技術のほとんどがブロックチェーン技術によって支えられ、知らず知らずのうちに生活が便利になっていくでしょう。

それでは最後に、期待されるブロックチェーン技術の使い方をまとめておきます。

  • ブロックチェーン技術で“信頼性”が得られる
  • 既存サービスに対するブロックチェーン技術への載せ替え(決済目的、送金目的、融資目的、ポイント関連など)
  • 最新技術とブロックチェーン技術の融合(生体認証のセキュリティ、AI(人工知能)、Iotの普及など)
  • 選挙は自宅で投票
  • デジタルデータの中古売買といった消費行動
  • 契約書類やり取りの単純化(自動化)で作業の手間が削減

ブロックチェーン技術の利用は、まだまだテスト段階ですが、その利用価値はインターネットが普及した時と同じくらいのインパクトを持っています。

現段階では、投機的な仮想通貨取引に終始しているブロックチェーン技術ですが、今後は投資対象のプロジェクトとなり得るSTO(セキュリティ・トークン・オファリング)などが普及すれば、より一層ブロックチェーン技術の利用速度が加速するはずです。

今、仮想通貨(暗号資産)に興味を持ったならば、ブロックチェーン技術が今後どのように利用されていくのかも同時に知る絶好のチャンスかもしれませんね。

※ STO(セキュリティ・トークン・オファリング)については「STO(セキュリティ・トークン・オファリング)とは?」で分かりやすく紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

※仮想通貨取引所の利用、また仮想通貨取引・ICO・STOへの参加については、リスクを伴うことがあります。これらリスクを自分自身でしっかりと把握した上で、無理のない資金で取引を行うことが大切です。自身でリスク管理をしっかりと行いましょう。

ランキング1位を狙っています。記事が役に立ったら応援お願いします!


にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

ビット先生

ビット先生
~1日1回、上記2つにポチっと応援を宜しくお願いします~

LINE@にて、ビット先生からの非公開情報や最新情報を受け取る!

  • ビット先生が仮想通貨開始から4ヶ月で3,000万円以上稼いだ銘柄選定方法
  • ブログでは公開していない通貨・ICO情報
  • 仮想通貨の最新ニュース
  • オススメの取引所
  • その他、仮想通貨に関する情報を配信
仮想通貨の教科書
【公式】仮想通貨取引所

仮想通貨は、市場規模が70兆円を超え、非常に注目されている市場です。

FXの市場が500兆円、株式市場が6,500兆円ということを考えると、ここから数年で10倍、20倍と拡大を続けることが予想されます。

まだ仮想通貨を始めていない方は、先ずは口座開設から始めてください。

全て無料で作成できますのでご安心ください。

【日本国内の取引所】

【海外の取引所】

仮想通貨取引所・徹底比較ランキング

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

話題のアービトラージの基本情報・やり方・リスクを理解

ICOの詐欺の手口を公開!!

ICOの詐欺の手口を大公開!!

仮想通貨に課される税金のまとめ

仮想通貨に課される税金のまとめ

挨拶

Bitcoin(ビットコイン)をこれから始める皆様にご挨拶

レンディング(貸仮想通貨)って何?レンディング出来る仮想通貨取引所はココ!

COMSAって何!?

COMSA(コムサ)暴落!?高騰!?今仕込みました!!