送金が速いはずの仮想通貨(暗号資産)が遅延する理由

仮想通貨(暗号資産)は、現在の法定通貨(円やドルなど)に変わる、画期的な“通貨“として期待されます。

※もちろん、その根幹となるシステムの「ブロックチェーン技術」が様々な分野に流用出来る仕組みとして、世界中で”通貨“とは別の目的を持つシステム構築も行われています。

ブロックチェーン技術を利用した仮想通貨(暗号資産)には、銀行口座を持てない国や地域の人々が、インターネットだけで資産を持つことが可能になることや、国際送金をはじめとする「資産の送金」が高速である事も大きな特徴としてあげられます。

しかし、2017年末を振り返れば、BTCをはじめとして主要なアルトコインを見ても、”送金の遅延“が発生した事も記憶に新しいのでは無いでしょうか。

そこで今回は、送金が速いと言われる仮想通貨(暗号資産)に”遅延が生じる主な理由“を紹介します。

今後仮想通貨(暗号資産)の取引が増え遅延が発生する事も想定できますので、原因を知っておく事で事前に回避し、仮想通貨取引の機会損失に備えましょう。

にゃんこ

にゃんこ
送金が遅延する理由!??正直、、、説明できないにゃん。
ビット先生

ビット先生
仕組みを理解することでより一層楽しくなるぞぃ。

仮想通貨(暗号資産)の送金遅延の原因

仮想通貨(暗号資産)の送金遅延が発生する理由としては、主に以下の2つが考えられます。

  • 利用者の増加と共にトランザクションが増加し、マイニングが追い付かない
  • 仮想通貨取引所内部での処理が遅延している

どちらも仮想通貨取引ユーザーが増加したという喜ばしい事象が伺えますね。

▼ 利用者の増加と共にトランザクションが増加し、マイニングが追い付かない

仮想通貨取引のユーザーが増えると、当然その取引が増加します。

特に、2017年末にかけてのユーザー増加は爆発的で、BTC(ビットコイン)やETH(イーサリアム)など、各コインで遅延が発生しました。

仮想通貨取引と聞くと、仮想通貨取引所によるコインの売買をイメージすると思いますが、仮想通貨取引における「取引」は、ブロックチェーン上で行われる全ての処理が含まれますので、ユーザーが行う「取引」には次のもの全てが含まれます。

  • コインの購入
  • コインの売却
  • 種類の違うコイン(BTCでETHを購入するなど)の取引
  • コインの送金
  • コインの受信
  • 購入したコインのウォレットへの保管
  • 個人のウォレット操作(個人から個人へのコイン送金など)

意味合い的に重複する記述もありますが、とにかく仮想通貨(暗号資産)であるコインを“扱う”という行為全てがブロックチェーン上で行われていますので、仮想通貨取引を行うユーザーは全て、ブロックチェーン上に参加していることになるのです。

そして、その全ての取引(例えばBTC)は、不正や改ざんが無い事を証明する「マイニング」が行われます。

取引内容を確認(計算して取引が正しいことを証明)し、ブロックチェーン上に記録する作業が行われているという事です。

このマイニング作業は、コインの売買だけに限らず、コインの送金などの「ブロックチェーン上で起こること全て」において、一つ一つ行われる作業です。

そして、「ブロックチェーン上で起こること一つ一つ」の事(処理)をトランザクションという用語で表します。

トランザクションという用語は、仮想通貨取引を行なっていると頻繁に登場しますよね。

仮想通貨取引のユーザーが増えるということは、このトランザクションが増えるということです。トランザクションが膨大になると、マイニング作業が追いつかなくなってしまいます。

いくら高性能なコンピュータを使っても、膨大な量のマイニングを行うには限界があり、承認待ちの行列が発生してしまうのです。

この「承認待ち」を、コインの送金をはじめとする取引(トランザクション)に「遅延」という形で、私たち仮想通貨取引を行うユーザーに反映されるのです。

▼ 仮想通貨取引所内部での処理が遅延している

仮想通貨取引所内部における処理の遅延が原因で、取引が遅延する事もあります。

この場合も、仮想通貨取引におけるユーザーの爆発的な増加で、仮想通貨取引所内の処理が追いつかなくなるといった状態ですね。

仮想通貨取引所からコインを出金する際には、内部で確認が行われ、仮想通貨取引所によっては「出金依頼に間違いがない事を確認するメール」が届き、メール内のリンクをクリックする事でようやく出金処理が開始されるといったステップを踏みます。

また、コイン(法定通貨の入金も含む)についても、仮想通貨取引所内の口座に反映されるまでに時間がかかる時があります。これについても仮想通貨取引所内での処理によるものですが、ここにトランザクションの承認待ち(マイニング待ち)による遅延が重なると、かなり不安な時間を過ごすことになりますね。

機会損失を防ぐための準備と対処方法

上述のような、いわゆる“遅延”は、仮想通貨取引において致命的な機会損失となりますし、取引が完了しない(送ったコインが着金しない)という不安な時間を過ごすことは、精神衛生上にもよくありませんよね。

ですので、今後仮想通貨取引ユーザーが増える事を想定して、準備と対処方法を予め確認しておきましょう。

▼出来るだけ多くの手数料を支払う

トランザクションの処理待ち(マイニング待ち)を少しでもなくすためには、マイニングを優先して行ってもらうために「手数料」を多く支払うという手段が一番効率的です。

手数料は、仮想通貨取引所に支払うものではなく、マイニング(取引の承認)を行うマイナーに支払う手数料です。

例えばETH(イーサリアム)であれば、ETHを送金するときに設定出来る「GAS(ガス)」が手数料に当たります。このGAS(ガス)を出来るだけ多く支払う事で、優先的にマイニングを行なってもらうことが出来るのです。

▼主要な取引所には、予めコインを入金しておく

予めコインを預けておく方法は、思い立った時に、取引をスムーズに開始するための手段です。

仮想通貨(暗号資産)の全体的な価格が上がってくると、テレビをはじめとした各種メディアに取り上げられますよね。

そうすると、仮想通貨取引に参入するユーザーが一気に増加する事が予想されます。

このようなタイミング(兆候)が見られた場合には、主に取引に使っている仮想通貨取引所に、予めコインを入金しておく事で、慌ててウォレットから仮想通貨取引所に送金をするといった手間と時間を省く事が出来ますね。

もちろん、仮想通貨取引所に預けておく資産は余剰資金にとどめておく必要がありますし、そうでなくても取引に利用する最低限の資産にするよう心がけておきましょう。

▼トランザクションを確認する

仮想通貨(暗号資産)の取引遅延は、焦りと不安を感じさせます。仮想通貨取引を行う上で、焦りや不安という感情は危険ですよね。

そこで、万が一取引(送金など)が完了しない場合には、コインのトランザクションを確認するようにしましょう。

トランザクションは、コインの種類はもちろん、1つの取引につき1トランザクションが発生します。

トランザクションを確認するには、仮想通貨取引所の出金処理ページに表示されるトランザクションIDをクリックする事で、トランザクションを確認するページへアクセスする事が出来ます。

以下、仮想通貨取引所「Liquid by Quoine」にてETHを送金した時の例です。

出金履歴の右端にある「ハッシュ」列に表示されているのがトランザクションIDです。

クリックする事で、処理状況を確認する画面を表示する事が出来ます。

以下が、ETHのトランザクション状況を確認するサイトの「Etherscan」です。

「Etherscan」でトランザクションを検索するには、画面上部の検索窓から検索窓にトランザクションIDを貼り付ける事で検索可能です。

また、トランザクションIDだけしかわからない場合には「CoinMarketCap」から確認したいコインのページを表示させ、「Explorer」というリンクからトランザクション確認ページにアクセスする事も可能です。

以下のように、「CoinMarketCap」のコイン一覧から、確認したいコイン名を選択しクリックします。

クリックしたコインのページが表示されますので、左にあるリンクの「Explorer」をクリックする事で「Etherscan」へアクセスする事が出来ます。

「Etherscan」で検索してもトランザクションが見つからない場合には、仮想通貨取引所において取引処理が開始されていない可能性がありますので、ステータスを確認してみましょう。

また、トランザクションIDが間違っている可能性もありますので、検索する場合にはIDを手入力するのではなく、コピー&ペーストで入力するようにしてください。

送金が速いはずの仮想通貨(暗号資産)が遅延する理由 〜まとめ〜

仮想通貨(暗号資産)を使えば、銀行口座を持っていなくても、インターネットさえ繋がっていれば資産を保有する事が出来、世界中に素早く送金が出来ます。

ただし、今はまだ仮想通貨(暗号資産)の黎明期でもあり、全てが想定通りに動くとは限りません。送金が遅延するといった事象をはじめ、これからも細かな問題が出てくるかもしれませんね。

その中でも、仮想通貨取引において私たちが直面する送金遅延は、今後も想定出来る事象ですので、慌てずに対応するための知識を身につけておきましょう。

それでは最後に、送金遅延の主な原因、また、準備と対処方法についてまとめておきますね。

【送金遅延の主な原因】

  • 利用者の増加と共にトランザクションが増加し、マイニングが追い付かない
  • 仮想通貨取引所内部での処理が遅延している

【準備と対処方法】

  • 出来るだけ多くの手数料を支払う
  • 主要な取引所には、予めコインを入金しておく
  • トランザクションの確認する

コインを送金したのに中々反映されない場合、まずは落ち着いて上記の確認をしてみてください。

また、仮想通貨取引所内でのステータス更新があまりにも遅い場合は、仮想通貨取引所に問い合わせをするといった対応も同時に行いましょう。

※仮想通貨取引所の利用、また仮想通貨取引やICOへの参加については、リスクを伴うことがあります。これらのリスクを自分自身でしっかりと把握した上で、無理のない資金で取引を行うことが大切です。自身でリスク管理をしっかりと行いましょう。

ランキング1位を狙っています。記事が役に立ったら応援お願いします!


にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

ビット先生

ビット先生
~1日1回、上記2つにポチっと応援を宜しくお願いします~

LINE@にて、ビット先生からの非公開情報や最新情報を受け取る!

  • ビット先生が仮想通貨開始から4ヶ月で3,000万円以上稼いだ銘柄選定方法
  • ブログでは公開していない通貨・ICO情報
  • 仮想通貨の最新ニュース
  • オススメの取引所
  • その他、仮想通貨に関する情報を配信
仮想通貨の教科書
【公式】仮想通貨取引所

仮想通貨は、市場規模が70兆円を超え、非常に注目されている市場です。

FXの市場が500兆円、株式市場が6,500兆円ということを考えると、ここから数年で10倍、20倍と拡大を続けることが予想されます。

まだ仮想通貨を始めていない方は、先ずは口座開設から始めてください。

全て無料で作成できますのでご安心ください。

【日本国内の取引所】

【海外の取引所】

仮想通貨取引所・徹底比較ランキング

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ビットコインハードフォークの際には付与されるかも!

仮装通貨の仕組み【初心者向け】

暗号資産(仮想通貨)で盛り上がるフィリピン「アジアのクリプトバレー」とは

仮想通貨のマイニングとは!?やり方・方法・利益

コインチェックの対応を時系列でみる

仮想通貨の送金時間・手数料比較表とレビュー

ブロックチェーン技術は何に使えるの?仮想通貨(暗号資産)以外の使い道

ビットコインのチャート 11月3日現在

ビットコインが急上昇中!!どこまで上がるのか!?